Home / カップル / カップルで行く国内旅行の隠れたオススメスポット

カップルで行く国内旅行の隠れたオススメスポット

皆様は、カップルで旅行に行くことはありますか?好きな人と一緒に行くのであればどこに行っても楽しい、とはよく言いますが、どうせ旅行に行くのであれば、きっちりリサーチして、楽しめるように準備をしておきたいものです。

近頃は格安航空券や格安ツアーが出てきた流れで、海外へ旅行に行く人が非常に多いです。しかし、国内にも楽しめる場所はたくさんありますし、国内旅行だからこその良い部分もたくさんあります。

今回は、国外旅行ではなく国内旅行にフォーカスを絞り、国内旅行のメリットと、おすすめスポットを紹介していきます。これからのシーズン、連休や年末年始など、旅行のタイミングがありますので、ぜひとも参考にしてみてください。

スポンサードリンク

国外旅行より国内旅行を進める理由

手軽に行けて安い

海外に行くには、手続きや各種チケットの購入など、事前に様々な準備が必要となります。久々に海外に行くような人は、パスポートの期限も確認しなければなりません。その点国内旅行であればどうでしょうか。ある程度事前の準備は当然あるでしょうが、海外旅行と比べると圧倒的に手間が少なく済みます。

価格の面でもアドバンテージがあります。時季によりますので一概には言えませんが、成田空港発韓国行は片道約1万1千円で乗ることができます。もう少し遠くのシンガポールは片道約3万円、ハワイは片道約4万5千円です。往復ですのでこの2倍のお金を交通費のみに割かなければなりません。

国内であればいかがでしょうか。例えば東京から大阪へ向かう場合、交通網は様々な選択肢が考えられます。高速バスを利用すれば5千円台で向かうことができます。格安のLCC飛行機で6千円台です(時季により大きく変動します)。いずれにせよ、工夫すれば交通費を大幅カットすることが可能です。浮いた交通費はグルメでも観光でも、好きな部分に充てれば、国内旅行であっても充実度は上がるはずです。

日本語が通じる

当然のことではありますが、言葉が理解できることの安心感は大きいです。日本は単一言語の国ですので、方言である程度の差はあれど、どこに行って誰と喋っても会話が通じます。海外ではなかなかこうはいかないものです。
やはり楽しい旅行ですから、このような不安になる部分を取り除いてのびのび色々なところに行けるメリットは大きいでしょう。

食べ物がおいしい

日本の食の充実っぷりは半端ではありません。街に出れば、和食だろうが中華料理だろうが、食べようと思えば何でも食べられる選択の幅広さと、その選択肢のいずれも超ハイレベルです。外国人観光客は日本の恵まれた食文化に驚くのが普通です。

また単に美味いまずいのみの話ではなく、単純に日本人の舌、腹に合っているという点が安心ポイントでしょう。例えば水道水ですが、アメリカの一部地域の水道水は硬水であることから、日本人が飲むと大抵お腹を壊してしまいます。さらに怖いのが、下水施設が不十分であることによる水の汚染です。中国やインドの水道水は、飲めば確実にトイレに篭ることになるでしょう。水のみならず、氷も避けるべきです。

日本であれば、好き嫌いこそあれど、「食べたらヤバイ」「飲んだらヤバイ」というような物はありませんので、自由に色々食べて構いません。ただし食べ物が美味いからと言って、食べ過ぎてお腹を壊しては元も子もありませんのでご注意ください(笑)。

日程の調整がききやすい

海外旅行の場合、渡航先によっては行くのに1日かかる、などということも珍しくありません。そのため、年末年始やゴールデンウィークなど、ある程度まとまった休みがなければ海外旅行に行くのは難しいでしょう。
国内旅行であれば、朝出発すれば大抵の場所にはその日に到着することが可能です。それどころか、近場であれば日帰り旅行という選択肢もあります。社会人の方にとっては、この小回りの良さは魅力であると言えるでしょう。

静岡

ここからは国内旅行の一例として、実際に行きたい観光スポットをご紹介します。

静岡はロマンチックな観光スポットが多く、また宿泊地としてホテルや旅館も多いので、旅行地として満足度が高い場所と言えます。

恋人岬

カップルで静岡に旅行へ行くなら必ず行きたい場所ではないでしょうか。伊豆にあるこの地は「恋人たちの聖地」と言われており、遠方から訪れるカップルの方も多いとされています。景色も素晴らしく、晴れであれば富士山もしっかり見えます。

また、何とここでは結婚式を挙げることができます。デッキにある「愛の鐘」を3回鳴らして、永遠の愛を誓い合うのです。旅行とは話が逸れましたが、何とも素敵です。

 

虹の郷

景色を楽しみ、それでいてがっつり遊ぶのであれば最適なスポットです。自然と文化をテーマとした園内は、四季折々の自然や花が咲き誇ります。また、彩りを添えるように各所に存在する西洋風の広場や建物がさらに気分を盛り上げます。

園内の移動はぜひとも「ロムニー鉄道」を使いましょう。イギリスに実在する機関車をモチーフにした車両で、景色を楽しみながらのんびり移動すれば、国内旅行なのに海外旅行しているような不思議な気分になることでしょう。

 

熱海温泉街

お泊まりは、日本三大温泉に数えられる熱海の温泉地でいかがでしょうか。かつては日本を代表する温泉地として栄えましたが、バブル期以降客足が離れていました。しかし近年の温泉ブームで再び脚光を浴びるようになり、活気を取り戻しています。

旅館もホテルも、価格に応じてかなりの数がありますので、事前に調べてみてください。繁忙期は予約が殺到しますので、お早めに旅館にご連絡をおすすめします。せっかくカップルで行くのですから、2人で入れる混浴可能な温泉がある宿が良いでしょう。

香川

東京から離れて香川のおすすめスポットをご紹介します。うどん県などど言われていますが、うどんだけではない、香川の魅力がたくさんあります。もちろんカップルで行きたいロマンチックなスポットもちゃんとあります。

エンジェルロード

潮の満ち引きで1日2回、海の中から砂の道が現れます。この道をカップル2人で手を繋いで渡ると、砂洲の真ん中に天使がどこからともなくやって来て、願いを叶えてくれる…という逸話があります。
この地も恋人の聖地としてよく知られる、カップルの旅行の定番として知られています。

瀬戸大橋

本州と四国を結ぶ連絡橋です。旅行ルートによってはやや遠回りになってしまいますが、その大きさは圧巻ですので、ぜひとも立ち寄ってみてほしいスポットです。

橋を渡って四国側にたどり着くと、「瀬戸大橋記念公園」が見えて来ます。ここには瀬戸大橋にまつわる歴史を学べる「瀬戸大橋記念館」や、カップルにオススメの絶景が楽しめる「瀬戸大橋タワー」など、各種観光スポットもあります。

うどん

やはりうどん県ですから、うどんを食べないことには始まらないでしょう。香川には、文字どおり無数のうどん屋がありますので、大抵どこに行っても絶品うどんを楽しむことができます。

まず何と言っても激安です。どこのお店でもかけうどん1杯200円前後で食べられます。加えてお店によってオリジナルメニューも多いですので、1日何回うどんを食べても、飽きずに楽しむことができるでしょう。

本当にどこに行ってもうどん屋がありますので、あまり深く考えずに、行った先で見つけたうどん屋に入ってしまうのが良いのではないでしょうか。

アートの島、直島

瀬戸内海に浮かぶ直島はアートの島として知られています。特に立ち寄って頂きたいのは、「地中美術館」です。その名の通り、建物の大半が地中に埋められているという、変わった作りになっています。

展示内容は、クロード・モネ、ウォルター・デ・マリア、ジェームス・タレルの作品のみで、時間で光が変わることによって、作品の見え方まで変わってくるという、なんとも不思議な美術館です。

他には、草間彌生さん作の「赤いカボチャ」という、巨大なオブジェが有名です。直島では有名なスポットとなりますので、訪ねた際にはぜひとも足を運んでみてください。

 

天使のすむ丘サン・アンジェリーナ展望台

通常は展望台として解放されているこちらのスポットですが、なんと結婚式を挙げることもできます。挙式できる展望台は全国でも珍しいとされており、ロマンチックな雰囲気を求めるカップルの皆様の聖地とされています。瀬戸大橋を一望できる景色も素晴らしいです。

またこちらのスポットでは、「誓いの鍵」というおまじないが有名です。展望台のフェンスに2人で南京錠をかけ、鍵を海に向かって投げると願いが叶う、というもので、フェンスには訪れたカップルの南京錠がたくさんかけられています。

島根

島根には、歴史に馴染みの深いスポットがたくさんあります。景色も非常に魅力的な場所が多く、カップルで行くとロマンチックな雰囲気に浸ることができるのではないでしょうか。

出雲大社

島根へ旅行するとなると、ほぼ必ず訪れる場所になるのではないでしょうか。出雲大社には4つの鳥居があり、その全ての鳥居を順番にくぐるのが参拝の作法とされています。利用する交通網によっては、遠回りになってしまう鳥居が出てくる可能性もあるので、周辺地図を事前にチェックすることをおすすめします。

出雲大社の神様は、あらゆる縁を結ぶ「縁結びの神様」として親しまれています。男女のカップルや夫婦の縁、子宝の縁、お金や商売の縁など、様々な縁を結んでくれると言われています。カップルで行くのはもちろん、そうでなくても日本人ならば1度は行きたいスポットと言えるのではないでしょうか。

 

稲佐の浜

こちらも縁結びのパワースポットとして非常に有名な場所です。弁天島という、一際大きな丸い島が特に有名です。近年急激に砂浜が広がったことにより、現在では弁天島の前まで歩いていけるようになっています。
島の上には鳥居と社が置かれ、遠くから見るとミニチュアのような不思議な島に見えます。

 

しまね海洋館アクアス

カップルのデートの定番として「水族館デート」がありますが、島根でも楽しむことができます。シロイルカのショーが有名で、特にカップルの人気を集めています。こちらのシロイルカは、口から泡の輪っかを吐き出すというパフォーマンスを見せてくれるのですが、この輪っかをカップル2人で見ると、幸せになれると言われています。

 

松江城

実は日本に天守が現存している城は12箇所しかないため、歴史的にも非常に貴重な場所とされています。城の全景は千鳥が羽を広げたように見えることから、「千鳥城」とも呼ばれています。

カップルにおすすめしたいスポットは城内135本の寄木柱の中にあります。この中にハートの形をした木目の木があり、これをカップルで触れると、仲が深まると言われています。

 

島根県立美術館

人間が生み出した芸術と、自然が生み出した芸術、その両方を心ゆくまで堪能できるスポットです。この美術館には、葛飾北斎の富嶽三十六景や、モネ、ゴーギャン、ロダンなど、有名どころの美術作品が数々展示されています。美術にそれほど詳しくない人でも楽しみやすい場所と言えるでしょう。

また、美術館の外エリアには、「宍道湖うさぎ」という12羽のうさぎの彫刻があります。この中の「宍道湖から2番目のうさぎ」にカップルで触れると、縁結びに良いとされています。

 

まとめ

あえて国外ではなく国内の旅行で、というテーマでカップルの皆様へ国内旅行をおすすめして参りましたが、いかがでしたでしょうか。

もちろん、国外旅行には国外旅行の良いところがたくさんあり、一概に比較できるものではないかもしれません。しかし、お金がかからない点や、気軽に行ける点など、国内旅行ならではの魅力は確かに存在します。
次の連休はぜひこの記事を参考にして、国内旅行を満喫して頂きたいと思います。


スポンサーリンク

Check Also

あなたはいくつ知ってる?六本木のおすすめデートスポット14選

六本木といえば、一昔前は高級料 …