Home / 未分類 / 彼女との関係性が冷めた時の兆候と見つめ直したいこと

彼女との関係性が冷めた時の兆候と見つめ直したいこと

ラブラブで付き合っているカップルも、いつまでもそれは続かないもの。長く恋人関係を続けているうちにときめきや燃え上がるような気持ちがなくなり、相手への気持ちが冷めてしまうときがくるのものではないでしょうか。

スポンサードリンク

彼女が自分に冷めたとき

takebe160224230i9a0524

彼女が恋愛に冷めてしまったときどういった兆候が見られるのでしょう。いくつかの点を考えてみましょう

電話やメールの回数が減った

なんとなくあなたに飽きてきたのかも。優先順位が下がっている可能性があり、二人の関係が危険な状態にあります。彼氏の他に興味があることができてしまったとも言えます。

目を見てくれない

興味や関心がなくなった、または嫌いになった、嫌いとまではいかなくてもあなたにとってよくない感情が生まれているということかもしれません。

会話が減る

女性は、好きな男性に自分がどんな人間なのかを理解してほしい、逆に相手がどんな人間なのか理解したい為に会話は欠かせないものなのですが、その会話が減ってきたというこということは別れたいと思っているサインである可能性が。

友人との約束を優先する

女性は恋愛をしている時、多少無理をしてでも彼氏を優先にさせる傾向があるため友人とも疎遠になりがちですが、冷めてきたなら無理をする必要性がなくなります。友人とのことを優先にするようになると、彼女の中であなたへの気持ちが軽くなってきているとか、魅力的な存在ではなくなっていると考えられます。

おしゃれが手抜きになった

付き合い始めの彼女はおしゃれを頑張っていたのに、付き合いが進むにつれて徐々に気が緩み、メイクやおしゃれに手を抜く女性も多いです。しかし、あからさまに面倒くさがり始めた時は、気持ちが冷めたのかもと疑問に思ってもいいかもしれません。

食べ方が汚いのをみられた

食べ方って実は凄く大事なことなのです。一緒に食事をしていて、食べ方が汚いところを目にしてしまうと生理的に無理だと感じてしまう女性は少なくないはず。食べ方が汚いと人格までも疑われて恋心も冷めてしまいます。

イビキがうるさい

大好きな彼でも我慢に限界があります。せっかく楽しみにしていたお泊りデートも、彼のいびきで台無しなんてことも。わざとそうしているわけではないので、最初の何回かは「いびきうるさいよ」と優しく起こしてくれるかもしれませんが、毎回となるとお泊りが億劫になったりして、だんだんと気持ちが離れてしまう原因になりかねません。

金銭感覚が違った

金銭感覚は付き合っていく上でもっとも大事なことに挙げられるのではないでしょうか。育った環境が違えば金銭感覚も違うもの。また男女ではお金にかける物も違います。しかし、あまりにも浪費癖があるとか、逆にけちけちされすぎると二人の関係が険悪なムードになってしま
うかも。

自分に興味をもってくれなくなった

二人の会話が減ってしまうと、冷めているのかなと思ってしまいますよね。最初は相手のことを知りたくてどんなことにも興味を示してくれていた彼女でも、何らかの原因で距離を置きたい、別にどうでもいいと思うようになると、彼が何を話していても聞き流す、髪形などのちょっとした変化にも気付かなくなるということも増えてきます。

ささいなことで怒るようになる

好きという気持ちがあるときは恋人の欠点もさほど気になりません。しかし愛情が消えてくると欠点ばかりが目に付き、彼に対する不満を我慢することなくすぐに怒りとなって出してしまうようになります。慣れて遠慮がなくなったといも言えるでしょう。

スキンシップを拒否する

好きな相手に触れられても嫌な気分にはなりませんが、スキンシップを取ろうとしてそれを断られたり、うっとうしがられたりしたら、それはその男性に対する気持ちは冷めている、別れたいと思っているという可能性大。もしかするとすでにほかに意中の相手がいたりする場合も。

デートに遅刻したり、退屈そうにする

遅刻をしても事情を説明せずに、何事もなかったかのような顔でデートの場所に現れるような人は、そもそもあなたやあなたと過ごす時間をそれほど大切に思っていないと考えてもいいでしょう。

また、女性は退屈になると髪の毛や爪をいじるってみたり、会話に上の空になったりします。

彼女が自分に冷めたときの対処法

con_katawo15092721_tp_v11

そういった兆候が現れてきて危機感を感じるようになったとしても、そのままにせず、彼女の気持ちを取り戻す方法を試してみましょう。
彼女が冷めた瞬間や理由がなかったか振り返ってみてください。

別れを切り出して様子をみる

別れを告げられたときに彼女はどう反応するでしょうか。嫌がったり悲しんだりして縋ってくるでしょうか。逆にすんなりと別れを受け入れたなら完全に冷めています。

気がつかないふりをする

なんとなく彼女が自分に冷めているように感じたとき、例えば話しかけても不機嫌そうだったり、会話がはずまないなど。こんな場合は「自分は嫌われている」と思うことでしょう。そんなときにはまず、自分が何か彼女に対して害を与えていないか考えてみます。

そして、心当たりがあるならそこは反省する必要がありますが、理由が思い当たらない場合気付かない振りをして淡々と接してみましょう。接するときも何事もなかったかのようにさりげなく言葉をかけます。しつこくせずあっさりと。目を見て微笑む程度のつもりで、そうしているうちにわだかまりも消えていくでしょう。

話し合う

この場合、落ち着いて冷静に話し合うことが大事です。感情的になっては相手も本音を話すことができません。相手の意見を聞き自分も落ち着いて話し、優しい気持ちで向き合うことで「もう少しこの人と付き合ってみよう」という気持ちにすることができるでしょう。

自分の好きさをアピールする

一度完全に冷められてしまっては、あなたに対する彼女の愛情をもう一度燃え上がらせることは不可能に近くなります。そうなる前に彼女に対する愛情を恥ずかしがらずに思い切りぶつけてみてください。照れる必要はありません。本気でぶつけることで、彼女の冷めかけていた気持ちをもう一度燃え上がらせることができるのです。

記念日を大切にする

女性は男性よりも記念日を大切にするものです。もし今までそれをあまり重要視していなかったなら今からでも遅くありません。何も、誕生日やイベントごとだけじゃなくても、1年に一回のものだけじゃなくてもいいのです。二人が出会った日とか付き合って100日目記念日とか、あなたが些細なことを覚えてくれていることが彼女には何より嬉しいもので、「こんなこと覚えてくれていたんだ」と彼女が思えたら、冷めかけていた思いがまた燃え上がることでしょう。

マンネリ化しているなら、何か新しいことをする

長く付き合えば付き合うほど、一緒にいることに慣れてしまいマンネリ化はしやすいもの。こんなときに、仕事や勉強、友達などに逃げてしまってはこの状況から脱出することはできません。彼女と向き合ういい機会です。

例えば、初めて行ったデートスポットにもう一度行ってみてそのときの気持ちを思い出す、いつも彼女任せだった料理を一緒に作ってみる、思い切って旅行に出かけてみるなど、ちょっと新鮮な気持ちになれるような時間を一緒に過ごしてみてはいかかでしょうか。

二人の思い出を語る

出会った時のことや楽しかったデートの思い出話など、思い返してみるうちに「こんな楽しかったことがあった」と思うようになると、今退屈に思えていたあなたとの関係も、もう少し付き合ってみようかなというふうに変化することがあります。ただ、これは何度も使える方法ではありませんから、もっと楽しい思い出を作ることができるように努力する必要があるでしょう。

素直に謝り、改善できることはする

これまでの自分を振り返り、悪かったなと思う部分があったなら素直に謝りましょう。彼女がなぜ冷めてしまったのか原因が分かったなら、よく話し合い、一緒に改善方法を見つけていくのも手かもしれません。早めに対処する必要があります。

他の女性と仲のいいところをみせる

彼女の気持ちを確認するために多少焼きもちを焼かせる程度ならこの方法は使えるでしょう。ですが、度が過ぎてしまうと彼女の気持ちは完全に冷めてしまうので注意が必要です。

自分が彼女に冷めたとき

tsuyoshi-31_tp_v

逆に自分が彼女に冷めてしまったときにはどうすればよいでしょうか。

自分と彼女の好きな気持ちに差を感じた

そんなときは少し距離と時間を置いてみてはいかがでしょうか。しばらく会わないというのもいいでしょう。そして自分の気持ちを見直してみるのです。こうすることによって自分だけではなく彼女のほうにも考える時間や余裕を与えることができます。そうすることが、お互いの気持ちの差を思いなおすよい機会になるかもしれません。

長い付き合いでいるのが当たり前になってしまった

こういった感情は安心感からくるものでもありますが、マンネリ化していることが原因かも。そして、一番当たり前のようで難しいのが感謝の気持ちを伝えるということ。慣れてくるとこうした言葉を伝えることが少なくなりがちです。愛情表現を言葉にするというのも大事でしょう。

「ありがとう」や「好きだよ」といった言葉を口にするように心がけることで、彼女からも自然とそういった言葉が返ってくるようになるかもしれません。そうなれば、いるのが当たり前ではなく、そばにいてくれるだけで嬉しい気持ちが戻ってくるでしょう。

食べ方が汚いのをみてしまった

これはほんとに幻滅してしまいますね。どんなに可愛くてスタイルが良い女性でも食べ方が汚いと生理的に受け付けないという男性も多いでしょう。これは彼女に直してもらうしか方法は無いので、率直に「食べ方をもう少し直してほしい」といったことを伝えてみるしかありません。それでも直らないならこれから先お付き合いしていくことは難しいでしょう。

女性らしい所作がなくなった

女らしい所を求めても、女性らしさっていったい何?と女性にはいまいちよく分からないかもしれません。例えば、身だしなみに気を使わなくなったとか、謙虚さがなくなったなどいろいろあると思いますが、あなたに慣れてきたということが原因に挙げられるでしょう。

思っていた性格と違った

そう感じたのはどんなときでしょうか。思っていた性格と違った場合でも、二人でよく話し合いができる間柄ならまだ修復は可能でしょう。しかし、話し合いが難しい場合、無理をして一緒にいることはストレスになるかもしれません。人の性格は簡単に変えることはできないものです。しばらく優しく見守ってあげることも大切ですが、どうしても我慢できず気持ちがなくなってしまったならお別れすることも。

言葉づかいが悪い

二人だけのときならまだ我慢できるかもしれませんが、一緒に出かけているときや友達にあわせたときに彼女の言葉づかいが悪いのは困りもの。恥ずかしい思いをしなければなくなりますよね。その瞬間に冷めてしまうという事もあるでしょう。

彼女のためにも「そういう言葉遣いは相手が傷つくよ」とか「その言葉づかい好きじゃないな」など、ここはきちんと注意してあげましょう。

価値観が違うとわかった

価値観が似ているということはお付き合いを長く続けるのにとても大切。でも、価値観の違いだけで別れるというのは本当の理由ではなく、それぞれの優先順位が違うことが価値観の違いに繋がっているようです。価値観が違うと分かってもその違いをどうすればうまくいくのか一緒に考えると二人の絆を深めるのに良いでしょう。

金銭感覚が違うとわかった

金銭感覚は育ってきた環境や性格などのさまざまな要素が重なりあって出来上がったもの。節約家だったり浪費家だったりいろいろなタイプの人がいます。この金銭感覚が合わなかったり違っていたりすることから別れるカップルもたくさんいるようです。しかし、金銭感覚を近づける、歩み寄ることは出来ます。

全く同じにすることは難しいかもしれませんが、まずは自分の金銭感覚を認識して、二人で協力してお金の使い道を把握するところから始めてはいかがでしょうか。

体の相性が悪かった

長く付き合う上で体の相性はとても重要。付き合い始めは特に相手に合わせていることも多いはず。合わせていられる間はいいかもしれませんが、そのうちだんだん疲れてきて「本当はこういうエッチ好きじゃないの」とか不満をこぼすようになったら男性側は「それなら最初から言ってほしかった」というふうになってしまうでしょう。

そうなるとお互い満足のいくセックスができなくなり、体の相性が合わないことを理由に他の異性に目がいったり、気持ちが揺らいでしまったりすることも起きるかもしれません。少し勇気を出して体の相性についてゆっくりと話し合ってみることも大事だと思います。

マナーが悪かった

マナーの悪いところは一緒にいるといろいろな場面で気付くことがあるでしょう。電車の中、車の運転や助手席での態度、店員さんに対する態度などなど、数え切れないくらいありますが、不快な行動をしたときには「そういう行動やめてほしいな」と相手に伝えましょう。

悪気が全く無いということもあると思います。教えてあげなければまた同じことをしてしまいますし、直るかもしれない可能性を残したままお別れすると後々後悔するかもしれません。

いろいろなことがきっかけとなって気持ちが「冷める」こともあるでしょう。しかしそのまま放置していたらどちらからともなく別れることになるかもしれません。
些細なサインかもしれませんが冷めてきたと感じたらすぐに対処法を考え行動しましょう。今まで以上に努力して二人の関係を盛り上げる必要があります。そのために「冷めてきた」サインを事前に察知して、対処をしましょう。

スポンサーリンク

Check Also

いつまでも好印象!同窓会の年代・場所・目的別おすすめコーデ集

お正月やお盆の帰省の時期が近づ …