Home / カップル / 彼女と喧嘩になってしまう原因と仲直りの方法

彼女と喧嘩になってしまう原因と仲直りの方法

彼女に黙って合コンに行ったとか、デートの約束をドタキャンしたなど、様々なことがきっかけで彼女と喧嘩になってしまうことがあると思います。

でも、プライドが邪魔してなかなか素直に「ごめん」が言えなかったり、どういう風に切り出したら良いかわからずに意地をはったまま喧嘩が長引いているという男性もいらっしゃることでしょう。

では、どんな風に仲直りのきっかけを作れば良いのか、どうなると喧嘩別れに繋がってしまうのかをまとめてみましたので、ご機嫌ななめの彼女に上手に謝るための参考にしてみてください。

スポンサードリンク

彼女と喧嘩してしまったときの仲直りの方法

wc-001

喧嘩するほど仲が良い、という言葉もありますが、喧嘩はこじらせると別れの原因になってしまいます。「仲直りしたいけど自分からどう切り出したら良いかわからない」という方のために、どう接したらうまく仲直りできてよりを戻せるかポイントをいくつか上げてみました。

素直に謝るのが最善

喧嘩した理由が何であれ、まずはきちんと相手と向き合って素直に「ごめん」と謝るのが最善の方法です。怒っている相手もこの一言で一旦冷静さを取り戻しますので、話し合いできる状況を生み出すことができます。

また、素直に謝るという態度は、「反省している」という気持ちがストレートに伝わります。色々言い分はあると思いますが、何よりも先にちゃんと謝って、お互いに少し冷静な状態になってから次の話に進めた方がベターです。

相手を思いやった言葉、行動を心がける

あなたの言葉や行動には悪気がなかったかもしれませんが、そのことで相手が傷ついて怒っているのは事実です。素直に謝った後は、相手を思いやって優しい言葉や行動とるよう心がけて接しましょう。

例えば、家事をしてもらった後に「いつもありがとう」と労いの言葉をかけるなど、「あなたがいることが幸せ」という気持ちを込めて感謝してみるのも良いですね。このようにあなたが相手を思いやることで、相手に誠意が伝わります。相手の態度が柔軟になるまでは常に優しい気持ちで接するようにしてみましょう。

ただし、わざとらしく大げさな態度だと余計に相手を不快にさせますので、ちゃんと反省の気持ちを持って接してくださいね。

怒りにまかせて相手を傷つけないよう配慮する

喧嘩がエスカレートするとどうしても感情的になってしまい、売り言葉に買い言葉で普段言えなかった相手の嫌なことまで口走ってしまいがちですが、怒りにまかせてこのような言葉を発して、これ以上相手が傷つくようなことを言うのはやめましょう。ただでさえ喧嘩が起きてしまった事由で相手は傷ついています。そこにプラスして相手を傷つけてしまっては、関係修復の糸口さえつかめなくなってしまいます。

言い合いになってもここはあなたがぐっと我慢して「悪いのは自分だった」と言い聞かせ、これ以上相手の傷口に塩を塗るようなことをしないよう配慮してください。

手紙やプレゼントが有効な場合も

あなたが全面的に悪い場合や、何をどう謝っても相手が許してくれそうにないときは、手紙やプレゼントに「許して欲しい」という気持ちをこめて渡すと効果がある場合があります。相手の好きなものをチョイスできるセンスが必要になるので、日頃から相手の好みや欲しいものなど洞察力を鍛えておきましょう。

なお、例えばブランドのバッグや大きな花束など、あまりに高価すぎるものや特別感がありすぎるものは度が過ぎると「モノでごまかそうとしているのね!」と更に怒りを招く可能性があるので注意しましょう。

手紙もプレゼントもあなたの素直に仲直りしたいという気持ちを込めたほうが相手の心に響き効果的です。普段はSNSでやり取りすることが多いカップルは、自筆の手紙をもらうと感動するものです。いざという時には恥ずかしがらずに書いてみましょう。

喧嘩の多いカップルの特徴

wc-002

仲が良い証拠かもしれませんが、あまりに喧嘩が頻繁になるとお互いに疲れてうんざりしてしまいますし、せっかく付き合っているのに言い争ってばかりでは楽しい時間を過ごすことができませんよね。傍から見ても喧嘩ばかりしているカップルには良い印象を抱きません。

では、喧嘩の多いカップルにはどんな特徴があるのでしょうか。特徴をまとめてみました。

男女の違いを理解していない

そもそも、個人差はあれど「男性」と「女性」では考え方が異なります。

例えば、水族館でデート中に同じ水槽を見ていたとして、男性は「あの魚はイワシで、群れで泳ぐ特性がある」と考えているし、女性は「あの魚の名前なんてわかんないけどとっても色がきれいだわ」と考えていたります。男性は物事を論理的に考える方が得意ですが、女性は感情的に捉える方が得意です。根本的に性の違いで考え方も違うことを理解していないと、しょっちゅう喧嘩になってしまうでしょう。

すぐカッとなる

些細な事ですぐカッとなる短気な人は、パートナーともすぐ喧嘩になることが多いでしょう。中には自分より弱い立場だと認識した人には特に怒りをぶつけるという人もいます。エスカレートすると口だけでなく身体への暴力へ発展することもあり、場合によっては命に関わるような喧嘩になる可能性もあります。

あなた自身が短気であるいう自覚がある場合は、すぐにカッとならないよう客観的に自分の感情を見つめなおすことができるトレーニングが効果的です。

トレーニングの一つとして、カッとなったら言葉や行動にする前に一旦深呼吸します。一回で怒りが収まらなかったらゆっくり二回、三回と繰り返してください。段々落ち着いてきたら、何に対して怒りの感情を持ったのか冷静に見つめてみます。

掘り下げてみると自分とは直接関係ないことに怒っていることもあります。他人の感情に同調して自分まで怒る必要はありません。あなたがすぐにカッとしなくなれば、相手もきっと幸せになるはずですよ。

相手の考えも自分と同じと思い込む

自己中心的な考えを持つ人は、自分の考えがいつも正しく、他の人も自分と同様に考えるのが当然と思い込んでいます。そのため、自分とは異なる意見を述べられても理解できないので喧嘩になってしまいます。

このタイプの人はそもそも自分の世界しかなく、考え方の違う相手に合わせるという発想がないので、根気強くあなたの考えを理解してもらおうと説明しても通用しないため、いつまでも言い争いが続いてしまいます。

過去にこだわる

過去のあやまちをいつまでも根に持って、事あるたびにそのことを掘り返されると誰でも「もう過ぎたことなのにいつまで言われなきゃならないの?」と不愉快な気持ちになりますよね。あなたにとって許しがたいことだったとしても、すでに謝罪してお互い納得して解決したことはいつまでも責めないようにしましょう。

世の中の大概の女性はねちねちとしつこい男性を嫌います。喧嘩どころか話もできなくなってしまいますので、一度許したことは過去のこととして何度も話題にするのは止めましょう。

相手が悪いと決めつける

相手の言い分も聞かずに一方的に相手が悪いと決めつけてしまうと喧嘩になること間違いなしです。

あなたが思っていることが全て真実とは限りません。結果的に相手が悪かったとしても、なぜ相手がそのようなことをしたのか理由を聞いてみないことにはあなた自身の本当の判断はできません。

相手がとった行動には、あなたにも原因があるかもしれません。相手が悪いと決めつける前に、相手の言い分を聞く場を持ち、冷静に話し合いができる気持ちの余裕を見せたいですね。

命令口調が多い

wc-005

本来付き合っている男女ではどちらの立場が上、というルールはないものですが(もちろんケースバイケースで相手を立てることはありますが)、命令口調で話をされると対等な関係ではなく話しかけられている相手の方が立場が下のように感じ、不愉快な気持ちになります。

育ってきた環境などから、無意識に普段から命令口調になっている人もいますので、相手に不快感を与えないような言葉のチョイスを心がけたいものです。

意地をはりやすい

自分が悪いと思っていても、プライドが邪魔して意地をはってしまうこともあると思いますが、常にそんな感じでは相手も疲れてしまうことでしょう。

一般的には男性の方がプライドが高いといわれます。しかし、プライドを守るために些細なことで意地ばかりはって喧嘩しても謝れないでいては、相手とのコミュニケーションもうまくできず、結果的に付き合っていても面白くないと思われてしまうでしょう。

また、意地をはってばかりだと相手に子供っぽいと思われてしまいます。あなたが大事にしたいのは自分のプライドですか?彼女ですか?大事なものを守るために失うものがあることも理解しておきましょう。

自分から行動しない

次にやることがわかっているはずなのに絶対に自分から行動しない人は、そばで見ているだけで「何でやらないの?!」とイライラしてしまいます。男性にリードしてほしいと思っている女性は多いはず。何事も相手に任せきりでは喧嘩ばかりか、あなたの男性としての魅力も減ってしまいます。

面倒がらずに人から言われる前に行動すべきです。スマートにできる自信がないしかっこ悪いところを見せたくないから自分から積極的に行動しない、という人もいるかもしれませんが、不器用でも一生懸命やる姿は女性には魅力的に映るものですよ。

喧嘩が別れのきっかけになるパターン

喧嘩も度が過ぎれば別れのきっかけになってしまいます。では、どんなことがきっかけで喧嘩が別れに繋がってしまうのでしょうか。

相手の言い分を聞かず、不満ばかり言う

「でも」や「だって」を多く使う人は嫌われやすいと様々なコラムでもよく目にしますが、相手の言い分もろくに聞かずに反論や否定する言葉で打ち消すといつまでも喧嘩は平行線のままです。

「でも」や「だって」の後は大概相手への不満や、相手を否定する言葉しか出ません。言い分を聞いてもらえずあなたの不満ばかり聞かされれば相手もうんざりして「この人とは別れた方が良いのかも」と考えてしまうことでしょう。

相手の考え方や個性を否定する

自分の主張を通したいがために、相手の考え方を真っ向から否定したり、魅力的なところでもある相手の個性をも否定することは、相手を深く傷つけることになります。あまりに強く否定してしまうと、相手は自分自身の存在意義を無くしてしまい、自信を失ってしまうことでしょう。

こんな状態では今後あなたと楽しく付き合っていけるとは思えませんので、間違いなく別れを切り出されることでしょう。

メールや電話で頻繁に相手を責める

あなた自身納得できないことがあり、ずっとその思いを引きずっているのかもしれませんが、頻繁にメールや電話で相手をしつこく責めることは良い解決方法とはいえません。

同じことで何度もメールや電話をされれば相手はうんざりしますし、嫌になってそのうちメールも電話も無視することでしょう。そうなれば仲直りに向けて話し合うことすらできなくなってしまいます。

頻繁に顔の見えない手段で自分の言い分をしつこく述べるよりは、直接会って顔を合わせてじっくり話し合う方がより早く、より良い解決に繋がります。

プライバシーを含む相手の情報を友達にSNSで拡散する

これは完全に相手に対する報復行為ですが、喧嘩のうっぷんをはらすために相手の個人的な情報を自分の友達にSNSで拡散したことを相手に知られたら別れに直結すること間違いなしです。

最近ではリベンジポルノという言葉がありますが、喧嘩して面白くないからといって勝手にこのような写真をばら撒かれたらたまったものじゃありません。ポルノ写真だけではなくても、自分の知らない誰かが自分のプライバシーを知っていることが分かれば、相手は相当な精神的ダメージを負うことになります。もう仲直りは不可能でしょう。

このような行為は内容によっては犯罪行為となりますので、どんなにあなたが怒り心頭でも、このような行為は人として絶対に行わないでください。

イライラが長期間継続する

喧嘩したことがきっかけで相手の行為全てにイライラし、それが長期間継続して改善する見込がないようなときは、冷静に話し合うこともできなくなるため、別れに繋がっていきます。

イライラの原因は、初めは喧嘩したときに自分の言い分が伝わらなかった、相手が話を聞いてくれなかったということでしょうが、日が経つにつれて過去の腹が立った出来事や日頃嫌だと思っていたことなどにも波及してどんどんイライラが増してきます。

こうなってしまうと相手の嫌な部分しか見えてこなくなり、仲直りして元の状態に戻ることは難しくなってくるため、結果として別れることに繋がっていきます。

まとめ

wc-004

いかがでしたでしょうか。せっかく出逢った相手ですから、できれば喧嘩せず仲良く過ごしたいものです。あなたが上記のような行動パターンを自覚しているようなら、相手のためにも見直してみてかいかがでしょうか。もし喧嘩になったとしても、この記事を参考にして上手に謝って喧嘩する前よりラブラブになってください。

スポンサーリンク