Home / 未分類 / 彼女と喧嘩してしまった時の対処方法と別れにつながる喧嘩

彼女と喧嘩してしまった時の対処方法と別れにつながる喧嘩

takebe160224230i9a0524

付き合っている彼女と喧嘩をしてしまった・・・。そんな経験は、付き合っている女性のいる男性なら、誰でも経験したことのある問題でしょう。仲が良いからこそ喧嘩をするのであって、決して喧嘩をすること自体が悪いことなのではありませんよね。

しかし、どう仲直りをしたら良いのかが分からない・・・。そういった悩みを抱えている男性は、多くいるのではないでしょうか?場合によっては、自分から謝る必要がある場合もありますよね。しかし、相手に否がある場合だってあるでしょう。

できれば円満に解決したい・・・。今回はそんな悩める男性に、とっておきの仲直りの方法と、別れにつながってしまうかもしれない喧嘩についてお伝えしたいと思います。

スポンサードリンク

彼女と喧嘩してしまったときの仲直りの方法

pak160224230i9a0330

大好きな彼女と喧嘩をしてしまったけれど、仲直りの仕方が分からない・・・。付き合いたての頃には、喧嘩なんてなかったのに、この頃喧嘩が絶えない・・・。

そういった悩みを持つ方に、ぜひ読んでほしいアドバイスをここに紹介していきたいと思います。また、これを読んでおけば、これから起こりうる事態に備えることができるかもしれません。

素直に謝るのが最善

まず、一番大切なのは、相手の女性に対し、誠意をもって接することです。どうもって誠意を表せばいいかというと、とても簡単。話がこじれてしまう前に、素直に謝ってしまうことです。

言い訳を重ねていたり、つい口に任せてものを言ってしまうと、話はややこしくなりがちです。ここは素直に、こちらから「ごめんなさい」「あの時は悪かった」と謝ってしまいましょう。

相手を思いやった言葉、行動を心がける

喧嘩をしてしまうと、こちらもついムキになって、売り言葉に買い言葉・・・。なんてこともあるかもしれません。

しかし、ここで一番気を付けたいのは、一度冷静になり、相手を思いやった言葉を遣うことです。もしかしたら、あなたの言葉に彼女もムキになってしまっているのかもしれませんから、いつも以上に丁寧な言葉を遣い、角を立てないように心がけましょう。

また、物を投げつけたり、物に当たったりするのも要注意です。気持ちが興奮してしまっているときこそ、冷静になるように心がけましょう。

怒りにまかせて相手を傷つけないよう配慮する

怒りにまかせて興奮してしまうと、人は普段思っていないことまで、つい口に出してしまうものです。思ってもいない言葉で彼女を傷つけてしまうと、彼女もそうなのですが、あなた自身も傷を負ってしまうことを理解しましょう。

まず、なにか言葉を発するときには一つ呼吸をおいて、その言葉を一度自分に投げかけてみましょう。そうすることで、相手を傷つけるような言葉かどうか、または一寸置くことによって、より冷静さを取り戻せるようになるかもしれません。

手紙やプレゼントが有効な場合も

一度喧嘩をしてしまうと、後には引きづらくなる・・・。そう思う人もいるかもしれません。どうしても言葉で謝れない、素直になることができなくて困っている・・・。

そんな人は、手紙を書いて、自分の正直な気持ちを相手に伝えてみるといいかもしれません。手紙と聞くと、恥ずかしい・・・。そう思うかもしれませんが、メールや電話よりも、心をこめることができ、たとえ字が下手でも、その思いは素直に届くものです。

また、仲直りのしるしに、プレゼントを渡してみるというのもひとつの手かもしれません。物で釣る・・・。というと、聞こえが悪いかもしれませんが、実際思わぬプレゼントをされて、それを嫌がる女性は少ないといえます。

むしろ、手紙やプレゼントをしたことも、いい思い出になって、二人の大切な記憶になるかもしれませんね。

喧嘩の多いカップルの特徴

takebe160224360i9a0623

中には、なんだかいつも喧嘩をしてしまうというカップルも存在します。原因はさまざまで、ほんのささいな事でも言い争いに発展し、気付いたら喧嘩になっている・・・。そんな悩みを抱えるカップルも存在するでしょう。

そもそも他人同士なのですから、ある程度の価値観の違いやお互いの個性の違いは認めなければいけませんが、次は喧嘩の多いカップルに共通する、特徴をお伝えしていこうと思います。

男女の違いを理解していない

男と女は、そもそも脳の作りから違うことはご存知でしょうか?合理的で理論的にものごとを組み立てるのに長けている男性と、感情的で共感を大切にする女性とでは、考え方やものの言い方に違いが出てきます。

こうした考え方の違いから、『女性は話が長く何を言いたいのかわからない』、『突然泣いてしまったが、なぜ泣いたのか理由がわからない』ということになるのです。

女性とは、自分とは全く違う生き物なのだということをよく理解し、『相手が女性だから仕方ない』というくらいの広い心を持つと、だいぶ気持ちが楽になるかと思います。

すぐカッとなる

些細なことでも、喧嘩に発展してしまう場合はどうでしょうか。この場合にあり得るのは、怒りの沸点が低いことで生じてしまう、いわゆる“ついカッとなる”という現象です。

小さなことでも相手の怒りに触れてしまう場合、それはもう相性自体が悪いとしかいいようがないかもしれません。それでも関係を続けていきたいと思うなら、相手に対して寛容になることです。

何もかもを許してしまおう。そう思うことによって、ついカッとなってしまう気持ちも、少しは和らぐかもしれません。

相手の考えも自分と同じと思い込む

付き合いも長くなると、つい誤解してしまうのが、『相手も自分と同じように考えてくれている』と思ってしまうことです。

違う人間なのですから、まったく同じことを考えているなんていうことは、どんなに仲の良い関係でもありえません。

意見のすれ違いがあった場合は、必ず相手の気持ちも確認するようにしてみましょう。そうすることで、お互いの考え方が違うことに気づけるかもしれません。

過去にこだわる

中には、一度終わったことを、蒸し返すというパターンもあります。一度清算された過去のことを持ち出すほど、ナンセンスなことはありません。

こうすると、今している喧嘩だけでは収集がつかなくなり、過去にあった事柄まで引っ張り出されて過去の嫌な思い出までが喧嘩をより白熱させてしまうかもしれません。こうならないためにも、過去は過去と考え、決して蒸し返さないようにしましょう。

相手が悪いと決めつける

男女が起こす喧嘩には、実はどちらか一方だけに原因があるということはありません。しかし、自分を正当化したいがために、一方的に相手にすべての責任を押し付けてしまってはいないでしょうか?

自身に否がなかったか。また、相手の立場になって、振り返ってみる。そうすることによって、自分にも悪いところがあったと見つめ返すことができるかもしれません。

命令口調が多い

あなたは、つい相手に対して命令口調で言葉を発してはいないでしょうか?また、相手の方はあなたに対して命令口調でものを言ってきたりはしないでしょうか?

男女の関係が平等であるということを十分わきまえて行動しなければ、つい相手に対して横柄な態度をとってしまいます。そうならないためにも、相手を尊重し、思いやる気持ちを持って言葉を発するようにすれば、自然と命令口調では無くなるはずです。

意地をはりやすい

あなた、もしくは相手の方は、意地をはりやすいといったことはないでしょうか?

最初は可愛く見えるかもしれないこの行動も、いずれはウザがられる対象になるかもしれません。それは、『いい大人が意地をはっても可愛くない』という言葉があるくらい顕著です。

もしあなたが意地を張りやすい性格なのならば、素直になることを心がけましょう。
素直とは、自分の考えばかりを主張するのではなく、相手の意見を取り入れることです。

そうすることによって、今まで困難だと思えた喧嘩が案外簡単に片付くようになるかもしれませんね。

自分から行動しない

あなたは、つい相手にすべてを委ねてしまってはないでしょうか?又は、相手の方にそういった傾向はないでしょうか?自分から行動しないなら、すべてを相手に委ねていればいいのですが、そうしたらそうしたで、また文句を言ってしまっている・・・。なんてことはないでしょうか?

また、つい人任せにして、なんでもかんでも相手に押し付けてしまっているということはないでしょうか?この場合には、まず自主性を持って行動できるようになれば一番いいのかもしれませんが、なかなかそうできない・・・。という方は、相手が提案してくれた事柄に際し、一切口を挟まないようにすることを心掛ければいいかもしれません。

すべてを委ねられたのに、文句を言われた。それでは、面白くないのは当然です。また、喧嘩をしてしまった際に、謝ってこないというのも問題でしょう。あなたが早く彼女と仲直りをしたいのであれば、自分から行動を起こし、すぐに謝ることが大事だといえます。

喧嘩が別れのきっかけになるパターン

unidsdsc00715

ここまでで、彼女と喧嘩をしてしまった際に仲直りをする方法と、喧嘩の多いカップルの特徴について触れてきました。では、もし喧嘩に収束がつかなくなり、別れるきっかけになってしまうのにはどういったパターンがあるかを、念のために確認しておきたいところです。

少々怖いと感じる男性もいるかもしれませんが、これさえおさえておけば、別れるきっかけを解消することになるかもしれませんよね。

なので、しっかり読んでいただきたいと思います。

相手の言い分を聞かず、不満ばかり言う

まず、どんな関係においても言えるのは、不平不満ばかりをいう相手に、人はついてこないということです。

あなた、もしくは彼女に、そんな傾向はみられないでしょうか?

もしも喧嘩のときだけではなく、普段からこのような傾向が見える場合には、別れを切り出される可能性もありますので、自分が不満ばかり言っていると思った際には注意して、相手の意見を素直に受け入れるようにしましょう。そうして、否定的な言葉はなるべく避けるようにしましょう。

相手の考え方や個性を否定する

喧嘩をしているときにやってはいけないのは、喧嘩をした原因そのものではなく、相手の考え方や個性自体を攻撃してしまうパターンです。

これはもう、『あなたを受け入れることはできない』と言っているも同然です。

もしも相手の考え方や個性について思うところがあるのなら、喧嘩が終わってから、それとなく相手に伝えるようにしましょう。もしも喧嘩中にこのことに触れてしまうと、取り返しのつかないことになってしまうかもしれません。

メールや電話で頻繁に相手を責める

ついやってしまいがちなのは、喧嘩中に、相手の悪いところをメールや電話で責めてしまうということです。

会っているときならまだしも、会っていない=プライベートな時間まで相手に責められていると感じてしまうと、相当なストレスを抱え込んでしまうでしょう。

また、会っていない時間があるからこそ関係を修復できるチャンスはあるというもの。
もしも、相手に一言いいたいと思っても、そこはグッと堪えて、次に会った時に思ったことを相手に伝えるようにしたほうがいいといえるでしょう。

プライバシーを含む相手の情報を友達にSNSで拡散する

相手に気に入らないところがあったとしても、絶対にやってはいけないのは、相手のプライバシーに触れてしまうようなことを、第三者が見ているSNSを使って拡散してしまうことです。

喧嘩中の相手のことですから、つい思ってもいないようなことを、SNSに載せてしまうかもしれません。そうなってしまうと、記事は削除できたとしても、一生相手の心には残ってしまいます。

ついカッとなっても、SNSで拡散したりはせず、二人の問題として、心の内に秘めるか、親しい友人に会った時に話す程度にしておいたほうがいいかもしれません。

イライラが長期間継続する

時には、時間が二人の問題を解決してくれるということもあります。
喧嘩をしてしまったあと、いくら時間が経っても怒りがおさまらない。いつまでも引きづってしまう・・・。

そうなった場合、考えはよくない方向へと進むものです。

別れを切り出されないために、喧嘩をして1日、2日は様子をみたとしても、1週間以上音信を途絶えることのないようにするといった工夫も必要です。

まとめ

いかがでしたでしょうか。
どんなカップルにも、喧嘩はつきものであり、その対処法も様々だということをご紹介させていただきましたが、大好きな彼女と無事仲直りをするためにも、この記事を参考に、ぜひ自分から行動を起こしてもらいたものです。

そうして、無事円満に解決し、さらに彼女との絆が深まることを筆者も期待しております。


スポンサーリンク

Check Also

その女子の天然ボケ本物?偽物?

巷でよく使われている性格を表す …