Home / 恋愛 / 彼女へ依存しやすい男性の特徴と依存していると自覚した時の対処方法

彼女へ依存しやすい男性の特徴と依存していると自覚した時の対処方法

なかなか恋人が出来なかった男性、やっと意好意を持っている女性と交際出来た男性の中には、交際に至ることで彼女に依存してしまう人がいます。大好きな人と交際でき、楽しい時間を持てるようになれば誰だって嬉しいですし、「もっと、相手のことを知りたい」「二人の時間を増やしたい」と思うのは当然ですが、この思いが先走ってしまう人も少なくありません。

相手の気持ち、相手の都合を考えずに行動してしまうと、関係性が壊れてしまうこともあります。「依存してしまっているかも」と思っている人は、大切な彼女を失わないためにも、早めにその依存から脱出しましょう。

スポンサードリンク

彼女へ依存する男性の特徴

恋人が出来ると、全て恋人中止の生活になってしまう人がいます。本来であれば、恋人が出来ることで生活にハリが出来、仕事にも力が入るようになるものですが、彼女に依存してしまう人は、彼女のことばかりを考えすぎるばかりに、仕事が疎かになってしまったり、友達関係を壊してしまうこともあります。

これでは、せっかく恋人の存在がマイナスになってしまいます。そうならないためには、恋人に依存し過ぎないことも大切です。「自分は、彼女に依存なんてしない」と思っている人も、自分では気づいていないだけで依存傾向にある人もいるため、注意が必要です。

「自分は依存しない」と思っている人も、「もしかすると、依存しているのだろうか」と不安に思っている人も、依存しやすい特徴をチェックし、自分に当てはまっていないか確認してみましょう。

友達が少ない

恋人に依存してしまう男性の特徴としては、友達が少ないという点が上げられます。恋人がいても、友達がたくさんいれば、友達との時間も大切にしますし、友達という存在も大切にするでしょう。

しかし、友達がいない男性の場合には、恋人に全ての時間をつぎ込んでしまう傾向にあり、それ故に恋人に依存しやすくなります。恋人から、「友達と約束がある」と言われると、「友達と恋人のどちらが大切なの?」と不満を持ち、「どうして、恋人を優先してくれないのだろう」と感じてしまいます。

恋人という存在は特別なものではありますが、友達という存在も大切です。自分に友達がいないため、恋人が友達と遊ぶことを理解出来ない人もいますが、恋人は恋人、友達は友達として大切にする恋人だからこそ、素敵な存在となるのではないでしょうか。

消極的な考え方をする

恋人が出来た男性の中には、「はじめての恋人」という人もいるでしょう。そして、「どうして、こんな素敵な人が自分と交際してくれたのだろう?」と不思議に思っている人もいます。

自分に自信がない男性の場合には、全て消極的に考えてしまうため、交際に関しても消極的に考えてしまう傾向にあります。これでは、恋人はあなたの行動や考え方についていけず、別れを選択してしまう可能性が出てきます。

「自分は消極的」と思っている人は、まずは自分に自信を持つことが必要です。恋人は、あなたを選び、あなたと交際しているわけですから、もっと自分に自信を持ちましょう。そして、周りと比べることは止め、自分をしっかりと持って交際を続けていくことが大切です。

彼女に尽くすが束縛が激しい

依存しやすい男性は、彼女に尽くす人がほとんどです。彼女が求めていること、望んでいることは、「全て叶えたい」と一生懸命になりますし、愛情を注ぐでしょう。これは、女性にとっては本当に嬉しいことです。

しかし、その反面尽くすだけではなく、彼女を束縛しようとする人がたくさんいます。「他の人に取られたくない」「自分だけの彼女でいて欲しい」という気持ちは分かりますが、彼女にも家族や友達、仕事仲間との付き合いもあれば、仕事に追われることもあります。

これを理解出来ず、何でも束縛しようとすれば、相手はどんどん離れて行ってしまいます。束縛すれば、「相手は、どこにもいけない」と思っているかもしれませんが、束縛はすればするほど心が離れてしまいます。束縛するということは、ある意味相手を信用していないということですから、交際期間が長くなっても激しい束縛をすれば、「どうして、いつまでも信用してくれないのだろう」と彼女は不満を持つことになるでしょう。

そして、気持ちがあなたから離れ、別れを考えるようになります。そうなりたくないのであれば、束縛し過ぎないことが大切です。

常に彼女と連絡をとりたい

「自分は、束縛なんてしていない」と思っている男性の中には、知らず知らずのうちに束縛してしまっている人がいます。彼女のことが心配になり、一日に何度も連絡している人はいませんか。「仕事から、帰ってきただろうか」「本当に友達と会っているのだろうか」といった不安から、ついつい何度も連絡してしまっている人もいるのではないでしょうか。

こういった常に連絡を取っていたいという人は、相手を束縛してしまっている可能性があります。「自分が安心したい」という思いで何度も連絡を取ってしまう行為は、相手にとって迷惑になることもあります。連絡をする際は、相手の状況や気持ちも考える必要があります。

また、連絡が取れないと、「何をしていたのか」「どこにいるのか」と問い詰める様なことをすれば、相手を信頼していない証拠となります。こんなことをされれば、彼女の気持ちは冷めてしまうでしょう。

寂しがり屋

彼女が出来ると、常に彼女のことを考えてしまう人の多くは、寂しがり屋の人がほとんどです。「一人でいるのが寂しい」「一人の時間、何をしたら良いのか分からない」という人ほど、恋人が出来ると彼女に依存してしまいます。

依存することは、決して悪いことではありませんが、相手の状況や相手の気持ちを考えずに自分の思いだけで行動するのは、相手にとって重荷になってしまいます。「寂しい」と連絡をして喜ばれるのは、交際間もない頃だけです。交際が長くなったにも関わらず、同じ様に「寂しい」という理由だけで連絡を取ったり、会いに行けば相手は引いてしまうでしょう。

優柔不断

恋人に依存してしまう人の多くは、優柔不断な性格です。物事をなかなか決められない人も、依存しやすいため注意が必要です。例えば、レストランなどに入った際、メニュー選びに何分もかかってしまう人、洋服を購入する際に何時間も迷ってしまう人は、決断力を身に付ける必要があるでしょう。

女性が男性に惹かれるのは、決断力も大きなポイントとなります。いつまでも、ウジウジと悩んでいるようであれば、女性は「もっと早く決められないのだろうか」とイライラしてしまいますから、思い切って「これ」と言えるようにしましょう。

人から認められたい気持ちが強い

恋人が出来ると、「恋人を喜ばせたい」と思い、様々なサプライズを考える男性も多いでしょう。恋人が喜ぶ姿や笑っている姿というのは、やはり恋人として嬉しいものです。

しかし、恋人が何も反応がないと不満を感じる人も多いでしょう。実は、依存しやすい人の傾向としては、「人に認められたい」という気持ちが強い人が多くなります。「どうして、こんなに尽くしているのに気持ちが分かってくれないのだろう」「これだけやっているのに、どうして褒めてくれないのだろう」と思う人は、相手のためではなく、自分のために行動していることになります。

「恋人を喜ばせたい」と思って頑張ったのであれば、相手の反応を期待するのではなく、恋人のために頑張った自分に満足出来れば良いのではないでしょうか。

自分のことが嫌いである

恋人がいる男性は、自分自身のことをどう思っているでしょうか。「自分のことは嫌い」と思っている人もいるでしょう。実は、恋人に依存しやすい人は、自分を嫌いと思っている人が多くいます。自分を嫌いというのは、悲しいことです。

交際している恋人は、「自分自身が嫌い」と思っているあなたことを悲しく思うのではないでしょうか。恋人に好かれるためには、自分自身のことも好きにならなければいけません。自分が嫌いな自分を、相手がもっと好きになってくれる訳がありません。恋人が選んでくれた自分自身にもっと自信を持って、もっと自分自身を好きになりましょう。

彼女への依存を自覚した時の対処方法

恋人に依存してしまう男性は、恋愛がうまくいかないと感じている人がほとんどです。依存し過ぎてしまうことで、相手の気持ちがどんどん離れ、振られてしまう人も多いでしょう。

「どうすれば、うまく恋愛が出来るだろう」と思っている人は、まずは恋人への依存を改善することが必要です。「自分は、依存しやすい」と自覚している人は、努力次第で依存は改善することが出来ます。依存しなくなれば、もっと楽に恋愛が出来ますし、もっと楽しい恋愛が出来るようになるでしょう。恋愛を楽しめるようになれば、恋人も同じように恋愛を楽しいと感じることが出来ますから、長続きするはずです。

「自分は、こういう恋愛しか出来ない」と決めつけず、依存癖を直して楽しい恋愛を目指しましょう。

一人でできる趣味を見つける

恋人に依存してしまうと感じている人は、恋人以外に楽しいと思える時間、幸せと思えることがありません。それ故に、恋人に依存しやすくなります。依存を改善したいと思うのであれば、一人でも楽しい、幸せと思える趣味を見つけることがおすすめです。

趣味というと、「趣味がないから」と思われる人も多いですが、今からいくらでも見つけることが出来ます。体を動かすことが好きな人であれば、何か運動をはじめるのも良いですし、スポーツクラブなどで体を鍛えるのも良いでしょう。

物作りが好きな人であれば、料理をはじめたり、日曜大工などにチャレンジするのもおすすめです。本を読むことが好き、映画を観ることが好きであれば、一人時間に本や映画を思う存分楽しむと良いでしょう。

こうして、一人時間を楽しむことが出来るようになれば、自然と彼女のことが気にならなくなり、依存する気持ちもなくなります。何よりも、趣味が出来れば自分自身が楽しいはずですし、自信も出来るでしょう。「趣味がない」という人は、今から趣味を見つけましょう。趣味が出来れば、彼女との話題も増えるはずです。

彼女との関係が対等であると認識する

依存する人の中には、「自分は、彼女よりも上」と思い込んでいる人も少なくありません。そのため、「どうして、自分の言うことが聞けないのだろう」「自分の思う様に動いてほしい」と思ってしまいます。そして、自分の思い通りの行動が出来ないと、彼女を責めることになります。

そもそも、恋人は対等な関係であることを忘れてはいけません。年齢や男女で恋人の上下関係は決まりません。彼女は、あなたの部下でもなければ、思い通りに動くロボットではありません。

恋人は自分と対等な立場であるということを忘れなければ、「どうして、連絡をくれないのだろう」「どうして、自分を一番に考えないのだろう」という思いはなくなるはずです。

友達との時間を大事にする

恋人が出来ると、ついつい友達との約束を後回しにしてしまう人も多いですが、恋人が出来ても友達は大切な存在です。特に、「彼女に依存してしまう」という人は、友達との時間を大切にしましょう。友達との時間は、彼女のことを忘れられる時間でもありますし、自分の幅を広げたり、気分転換出来る大切な時間です。

「恋人が出来てから、あまり友達に会っていないな」という人は、積極的に自分から連絡を取り、友達との時間を作るようにしましょう。友達との時間は、思っている以上に有意義な時間になるはずですし、改めて友達の大切さに気づくはずです。

仕事に集中する

「彼女に依存しないように、何かに集中したいけれど、その何かが見つからない」という人もいると思いますが、社会人であれば仕事をしている訳ですから、仕事に集中すると良いでしょう。

仕事は、やればやるだけ結果が出ますし、評価されます。仕事で評価されれば、更にやる気が増してきますし、収入アップといった願いも叶えることが出来るでしょう。仕事に一生懸命取り組んでいる姿を彼女が見れば、「素敵だな」と惚れ直すこともあります。

生活をしていく上で、仕事は切り離せないものですから、仕事を楽しむことが出来れば、生活はもっと楽しくなるはずです。集中することで、今まで気づかなかった仕事の魅力に気づけるかもしれません。

彼女の気持ちを考える

「依存してはいけないと思うけれど、なかなか気持ちが切り替えられない」という人は、一度自分の行動を客観的に考えてみると良いでしょう。今まで発言してきたこと、行動してきたことを、彼女の立場になって受け止めてみると、彼女がどんな風に感じたのか気づくこともあります。客観的に見直すことで、「傷つけてしまった」「ショックを与えてしまった」と思うことも多いはずです。

これに気づくことが出来れば、自然と依存する気持ちはなくなるでしょう。常に、相手の気持ちになって発言、行動することが出来れば、今までの様な激しい依存心は消えていくのではないでしょうか。大切な人だからこそ、愛されたい、離れたくない、理解してほしいという気持ちは分かりますが、大切な人だからこそ、相手の立場になって考えることが大切です。

まとめ

恋人が出来れば、誰でも嬉しいものです。特に、今までずっと思いを抱いていた相手と交際出来たり、人生初の恋人が出来れば、「このまま、失いたくない」と思うでしょう。しかし、こういった自分本位の思いで発言、行動してしまうと、相手に依存しやすくなります。

「自分は依存しているかもしれない」と自覚している人は、早めに行動を改善することが必要です。一緒にいたいからこそ、交際を続けたいからこそ、依存は改善しなければいけません。

依存せずに良い関係を築くことが出来れば、互いにとってかけがえのない存在、素敵な恋愛となるはずです。


スポンサーリンク

Check Also

東大生男子との合コンのススメ

日本の学問の最高峰、東大男子が …