Home / 恋愛 / 性格・タイプ / 「彼女いらない」系男性増加中?その心理と振り向かせる方法3つ

「彼女いらない」系男性増加中?その心理と振り向かせる方法3つ

あなたの周りにも「彼女いらない」系男性がいますか?もしかしたらこれからそんな男性に出会うこともあるでしょう。

もしそれがあなたが好意を抱いている男性なら可能性が絶たれたように感じますよね。

でもその「彼女いらない」はどういう心理で言っているのでしょうか。建前?本音?実はどちらのタイプも存在するようです。

そんな「彼女いらない」系男性も彼女がほしくなる瞬間があるのは朗報です。意中の男性のそんな瞬間を逃すわけにはいきませんよね!

今回はそんな男性を振り向かせる方法まで徹底的に解明しますので是非参考にしてください。

スポンサードリンク

建前で「彼女いらない」という男性の心理5つ


男性の言う「彼女いらない」には建前のものがあるようです。そもそもどういう心理で言っているのでしょうか?5つご紹介します。

彼女がほしいけどできないことの言い訳

本当はいますぐにでも彼女がほしいけどできないときに言い訳としていう強がりの「彼女いらない」というパターンです。建前の中でもこのケースは結構多いです。

プライドが高い男性ほど見栄を張って、彼女ができないんじゃなくて自分が彼女を作ろうとしていないだけと繕うのです。

このタイプの男性はこちらが好意を示すとまんざらでもない反応が返ってくるので落としやすいですよ。

恋愛対象外の女性に向かって言う場合

自分の恋愛対象外の女性に対して「あなたは対象外です」と言うわけにはいかないので、オブラートに包んで「彼女いらない」と言っておくケースです。

この場合は自分のタイプの女性がいるとしっかりアプローチをするのでいつのまにか他の女性と付き合っているということがよくあります。

告白してきた女性を傷つけないために言う場合


女性のほうから告白されたときに断るための断り文句として「今彼女欲しくないんだよね」と言う男性もいます。

この場合は、今後告白してきた女性と付き合うつもりはないけど、きっぱり断るとかわいそうとか自分が悪く思われたくないといった心理が働いて彼女と言う存在を作りたいと思っていないというように濁すのです。

すこしずるがしこいタイプとも言えますね。

すでに本命がいる場合

実は心に決めている人がいてその人と付き合いたいと思っている場合、他の女性から声がかからないようにするために「彼女はいらない」と言う場合があります。

本命の女性へのアプローチを水面下で内々にしたい男性はよくこの方法を使います。

実は恋愛対象が男性の場合

男性が男性を恋愛対象とすることも今や珍しくありませんが、周囲に内緒にしている場合は女性から恋愛対象にされても困ってしまうので「彼女はいらない」ということにしている場合があります。

なかなか見分けるのは難しいですが、もしや?と思うそぶりがあればこういった男性はきっぱりあきらめたほうが良いでしょう。

本心から「彼女いらない」という男性の心理5つ


男性ならみんな彼女がほしいとうわけではありません。本心から「彼女いらない」と言っている男性のその心理を見ていきましょう。

仕事や趣味が充実しているので集中したいから

彼女ができるとどうしても彼女とのための時間を取り分けなければならなくなります。

仕事や趣味が充実していて今はそれに集中したいという場合、恋愛を優先順位から外す男性はいます。こういった男性は根気強く待つ必要があるかもしれませんね。

色んな女性と遊びたいから

彼女がほしくない心理の一つに色んな女性とまだまだ遊びたいから特定の彼女が必要ないという理由の男性もいます。

あまり良い印象は持たれないことなので声を大にして言うことは少ないかもしれませんが、魅力的でよくモテる男性に見られやすい傾向です。

このタイプの男性は自分もその男性の女友達としてそばにいて、時期を見計らうのがベストですが遊び人の気質があるので要注意です。

過去の恋愛においてトラウマがあるから


過去の恋愛で彼女に浮気されたり騙されるなどしてトラウマがあるために、もう彼女なんてこりごりという心理から「彼女いらない」と言う場合もあります。

心に傷を負っているのでなかなか心を開いてはくれませんが、誠実であることに努め信頼関係を地道に築いていくようにすると良いでしょう。

単純に独りのほうが気楽だから

男性は女性よりも一人の時間を必要とする生き物です。彼女がいると彼女と会ったり話したり何かと時間がとられて自分の時間が無くなるのが嫌だという男性もいます。

また、生活習慣やお金の使い方、友人関係など彼女から自分のことに口出しされるのが嫌という心理もあります。一人のほうが自由気ままにやりたいことをやっていきたい所に行って気楽と言うわけです。

このタイプの男性にはある程度自由にさせてあげるタイプの女性であることを知ってもらうといいかもしれませんね。間違っても束縛系女子と思われることのないようにしましょう。

男同士でいるほうが楽しいから

男同士で遊んだり飲みに行ったりするほうが楽しいというタイプの男性は彼女と言う存在を煙たく思うことがあります。

男同士なら彼女との度々ある記念日のようなものもないのでプレゼントをしたりどこかに連れて行ってあげたりする必要もなく、そういったことにお金が消えていくこともないのです。

こういった男性は女性としては自分の器の大きさの見せ所です。友達感覚でラフな関係で仲良くしているうちにこの子なら彼女にしても良いかもしれないと思ってもらえるかもしれません。

次ページ:「彼女いらない」男性が彼女が欲しくなる瞬間3選

「彼女いらない」男性が彼女が欲しくなる瞬間3選


たとえ本音で「彼女いらない」と言っている男性でもふとした時に彼女がほしいと思う瞬間ってあるんです。その瞬間を逃すわけにはいきませんよね!

どんな時に彼女がほしくなるのか予習しておきましょう!

カップルならではのイベントごとの時期

クリスマスやバレンタインデーなど世のカップルたちが一緒に時間を過ごし楽しそうにしているのを見ると彼女がほしくなる男性はかなり多いです。

周りは見渡す限り幸せそうな笑顔にあふれるカップルだらけの中、仕事帰りの一人ぼっちで一緒にいられるのは同じく寂しい男友達だけ、なんていう自分に気づくと無性にむなしくなるのです。

普段隙のない男性でもこういったシーズンはねらい目だったりします。

いつも一緒に遊んでいた男友達に彼女ができた時

「男同士気楽に遊ぼうぜ!」なんて言ってたのにそんな男友達に急に彼女ができた時、自分も彼女がほしくなるのが男の性です。

ましてやあいつに彼女ができて自分に彼女がいないなんてという対抗心も合わさると居ても立っても居られないのです。

いつも男性とつるんでいるのに休日は一人で過ごすことが多くなったなんて話を聞いたらほっておくわけにはいきませんよ!

男友達が結婚した時

ある程度年齢を重ねると周りの友達の結婚ラッシュに差し掛かる時期がきます。

身を固め皆に祝福され幸せそうにしている友達を見ると自分もいつまでも一人でいたくないなという気持ちが押し寄せてきます。

結婚式参加後の独り身男性は意外とナイーブなのです。

「彼女いらない」と言っている男性を振り向かせる方法3選


ここまででわかるように、「彼女いらない」と言っているからといってまったく見込みがないのかと言うとそうではないのです。

では最後にどのように振り向かせるのかその方法を3つご紹介します。

女友達という存在からスタートする

最初から恋愛ありきのアプローチをかけると「彼女いらない」系男性からは距離を置かれてしまいかねません。ですからまずはその男性の「女友達」から始めるのです。

彼にとって気楽に話したり接したりでき信頼できる良き友達であるように心がけましょう。決して彼の身の回りのことに勝手に口出しをしてはいけません。

彼を肯定する存在であるようにし、求められた時だけ意見するようにしましょう。

そうして良き友達という関係を確立させると同時に、肝心の彼の理想のカップル像や好きなタイプの女性像をさりげなくリサーチすることも忘れずに。

こうして彼の理想の彼女像になれるように努力しながら良いタイミングを待つようにしましょう。

イベントの時期を狙う

彼女を作るつもりがなくてもクリスマスなどのイベントの時期は人恋しくなるものですから、その日をみすみす見逃してはなりません!

デートという感じで予定を立てるのではなく、あくまでも友達同士仲良く楽しもう!という感じで軽く飲みに行くだけで十分です。

その日はちょっとおしゃれしてみましょう。彼女がほしくなっているときに目の前に現れた魅力的なあなたにコロッと心を奪われるなんてことがあるかもしれませんよ。

建前タイプの男性には積極的に

彼女がほしいのにできないから強がっているだけの男性だと分かったなら、積極的にアプローチしましょう。待っているだけでは一生形になりません。

もともと恋愛対象にされていなくても、こちらが好意を持っていることが分かればとたんに恋愛対象になるなんてこともありますから積極的にご飯に誘うなど分かりやすいアピールがお勧めです。

まとめ


「彼女いらない」と言う言葉をそのまま鵜呑みにして諦めてしまうのがもったいないということが分かったのではないでしょうか?

意中の男性をよく観察し、本音と建前を見分けることで攻略できる可能性は十分にあります!

恋愛と言っても人間関係ですから、相手の男性との信頼関係をしっかり築き、「彼女いらない」系男性を上手に振り向かせることができるといいですね。

スポンサーリンク