Home / 美容・健康 / かゆいのはもう嫌!乾燥肌によるかゆみの対処法とその改善点

かゆいのはもう嫌!乾燥肌によるかゆみの対処法とその改善点

人によって肌質は様々です。特に乾燥肌の方は肌のかゆみに悩まされていませんか?

そこで乾燥肌の人が肌のかゆみを感じる原因やかゆみに対する対処法についてまとめました。乾燥肌で悩んでいる人は参考にしてみてください。そして乾燥肌によるかゆみを改善してみましょう。

スポンサードリンク

そもそもかゆみって?

どんな人も生活を送っていると、肌の不快感を感じたことがあるでしょう。その不快感を感じた時には、手でかいて不快感を消したいと考える人が多いです。この不快感の正体こそ、かゆみです。

かゆみはどんな人も感じたことがあるものですが、特に乾燥肌の人はかゆみを感じやすくなっています。そのため乾燥肌の人の多くは、乾燥によって起きるかゆみに悩まされています。

かゆみを感じるのはなぜか?

実は人が肌のかゆみを感じる原因は、ハッキリと解明されていません。

しかし、かゆみを引き起こす原因となっているものは解明されています。その原因こそが「ヒスタミン」です。ヒスタミンは身体の中にある細胞から分泌される成分で、どんな人の体内にも存在しています。

このヒスタミンが分泌されると痛みなどを感じるために存在している知覚神経へと伝わり、知覚神経にかゆみとして伝わるので、人はかゆみの不快感を感じるようになります。

かくことによる悪循環

人は肌にかゆみの不快感を感じた場合にかくことで不快感をなくそうとしますが、肌にかゆみを感じたときにかいた人の多くは、その後にさらに強いかゆみを感じています。その結果、さらに肌をかいてしまった経験がある人もいると思います。

実は肌にかゆみを感じた時にかいた場合には、知覚神経が刺激されてしまいます。

そして知覚神経が刺激されることで、かゆみを感じる「ヒスタミン」がさらに分泌されるようになるので強いかゆみを感じるようになるのです。

このように肌にかゆみを感じてかいた場合には、さらに強いかゆみを感じる悪循環を起こしてしまう可能性があります。かゆみを感じた場合には、強くかきすぎてしまわないように注意しましょう。

乾燥肌とかゆみの主な原因

乾燥肌が原因で起きるかゆみに悩まされている人は多いと思われます。そのかゆみの理由とは何なのかを知っておきましょう。

エアコン・暖房器具の使い過ぎ

まず乾燥肌によって起きるかゆみの理由として考えられるものの1つに、エアコンや暖房器具の使い過ぎがあります。

実は乾燥肌の人の多くは肌の皮脂が少ない状態であるため、肌を守る皮脂が少ないことから肌の中にある水分が蒸発しやすい状態となっています。

つまり肌の中にある水分が蒸発してしまうことで、肌の乾燥が悪化してかゆみを感じやすくなります。そしてエアコンや暖房器具は肌の水分を蒸発させてしまうので、乾燥肌が悪化してかゆみを感じるようになります。

乾燥肌の人はエアコンや暖房器具を使用する際には、乾燥肌を悪化させてしまう可能性があることを理解しておきましょう。

入浴の仕方や、洗い過ぎの問題

乾燥肌によって起きるかゆみの理由として考えられるものの1つに、入浴があります。

入浴は肌に付着した汚れを落として綺麗にする効果があります。しかし、入浴をする際にお湯の温度が高い場合やボディソープなどで洗い過ぎてしまった場合には、必要な皮脂を落とし過ぎてしまう可能性があります。

肌にとって必要な皮脂を落としてしまった場合には、肌の中にある水分が蒸発しやすい状態になりかゆみが起きてしまいます。

乾燥肌の人の多くは、入浴の際にお湯の温度が高い傾向にあるので注意しましょう。

不規則な生活や不健康な食生活

乾燥肌によって起きるかゆみの理由として考えられるもう1つに、生活や食生活があります。

人の身体は日々の生活や食生活によって作られているため、不規則な生活を送ったり不健康な食事を取っていると身体の不調を感じるようになります。心当たりのある方は、まずは現在の生活リズムや食生活を見直してみましょう。

それ以外の原因

実は乾燥肌でない人の中にも、強いかゆみを感じて悩んでいる人もいます。乾燥肌でない場合には、他の原因が隠れている可能性があります。どんな原因が潜んでいるのか考えてみましょう。

肝臓

強いかゆみを感じる原因の1つに、肝臓の病気があります。肝臓は身体の内部に存在するものなので、目に見えません。そのため肝臓に病気が潜んでいても、なかなか発見することができない場合もあります。

そんな発見しにくい肝臓の病気の症状には、身体に強いかゆみを感じるというものがあります。乾燥肌ではないけど強いかゆみを頻繁に感じるという人の場合には、肝臓の病気が潜んでいる可能性があります。

心配な場合には病院を受診してみましょう。

腎臓

強いかゆみを感じる原因の1つに、腎臓の病気があります。

腎臓は、肝臓と同じで身体の内部にあるため病気が潜んでいても発見しにくい傾向にあります。そして腎臓に病気が潜んでいた場合には、肝臓と同じように肌にかゆみを感じる場合があります。

もし肌に強いかゆみを感じるときには、肝臓と一緒に腎臓も検査してもらいましょう。

ストレスや栄養不足

肌に強いかゆみを感じる人の中には、ストレスや栄養不足が原因の人もいます。ストレスは、人の身体に色々な不調をもたらす原因の1つです。

そのため大きなストレスを抱えてしまっている人の中には、かゆみや頭痛、腹痛などの色々な不調を感じている人もいます。

かゆみの原因がストレスだと感じた場合には、ストレスを発散するように心掛けましょう。ストレスだけでなく栄養不足の人の場合も、肌に強いかゆみを感じることがあります。

人は栄養不足になると免疫が低下し、肌のかゆみが起きやすい状態になります。栄養不足に陥る人の多くは忙しい生活を送っている傾向にありますが、たまには身体を労わるように心掛けましょう。

アレルギー

肌に強いかゆみを感じる人の中には、アレルギーが原因の人もいます。強いかゆみを感じる前に何か普段と変わったことをしていないか思い返してみましょう。

もし思い当たるものが見つかった場合には、そのことを避けるように過ごすことでかゆみを感じなくなる可能性があります。何が原因でアレルギーを起こしているのか考えてみましょう。

乾燥肌によるかゆみの対処法

乾燥肌の人は、肌のかゆみを感じやすくなっています。しかし乾燥肌が原因で感じるかゆみは、正しい対処法を行うことでかゆみを改善することができます。

肌のかゆみで悩んでいる場合には、以下の対処法を試してみましょう。

肌の保湿をしっかりする

乾燥肌が原因でかゆみが起きている場合には、しっかりと保湿を行うことで改善することができます。特に入浴後は乾燥しやすくなっているので、念入りに保湿を行うようにしましょう。

十分な睡眠をとる

寝不足は免疫を低下させてしまうため、肌のかゆみを感じやすくなります。

忙しい生活を送っている人の中には、睡眠不足が原因で肌のかゆみを感じている場合もあるので免疫を低下させないためにも十分な睡眠をとるように心掛けましょう。

肌に優しい食生活をする

乾燥肌や乾燥肌が原因で起こるかゆみは、食生活を改めることでも改善することができます。まずは普段の食生活の悪い点を探してみましょう。そして改善できる点が見つかったら、改善するように心掛けましょう。

低めの温度で入浴する

乾燥肌が原因でかゆみが起きている人の中には、入浴によって必要な皮脂を落としてしまっているという可能性も考えられるので、入浴の際のお湯の温度を見直す必要があります。

高すぎる温度のお湯で入浴している場合には、必要な皮脂を落としてしまうことがあります。低めのお湯で入浴するように心掛けましょう。

肌に優しい衣類を身に着ける

乾燥肌を起こしてしまう人の中には、着用している衣服が肌に合っていない可能性もあります。着用している衣類の繊維はどんな素材なのか確認してみましょう。

そして、もし肌に合っていない様子がある場合には、肌に優しい素材の衣類に変えることで乾燥肌を改善することができます。肌にあう優しい素材の衣類に変えていきましょう。

無理なダイエットや喫煙を避ける

無理なダイエットや喫煙をしている人も乾燥肌に悩まされていることがあり、改善したいと考えている人が多いです。

まずは身体に負担を掛けてしまうダイエットを行っていないか考えてみましょう。喫煙をしている人は煙草を吸いすぎてしまっている可能性があるので、1日に吸う煙草の本数を減らすように努力しましょう。

まとめ

人には様々な肌質の人がいて、人それぞれ肌の悩みを抱えているのではないでしょうか。そんな肌の悩みの1つに、乾燥肌によって起きるかゆみがあります。乾燥肌によって起きるかゆみには、原因があります。

かゆみの原因を理解して変えていくことで、乾燥肌や乾燥肌によって起きるかゆみを改善することができます。乾燥肌やかゆみを改善したい場合には、原因を考えた上で原因に合った対処法を行い乾燥肌を改善していきましょう。

スポンサーリンク