Home / 恋愛 / 看護師の恋愛事情と看護師と付き合うためにすべきこと

看護師の恋愛事情と看護師と付き合うためにすべきこと

“今付き合っている彼女はいないけれど、次に付き合うのであれば是非看護師をお願いしたい、若い頃からずっとナースの恋人を欲しいと思っていた、そう考えている男性も一定数いることでしょう。

今回はそんな男性を対象に、看護師のよくある恋愛パターンと看護師と付き合うために必要なことを紹介いたします。

スポンサードリンク

看護師のよくあるお付き合いパターン

“看護師は人の生命に関わる仕事をしているため、ストレスが溜まりやすく大変な職業です。

最近では男性の看護師も増えきましたが職場は女性が大半であるため、出会いが少ない業種でもあります。

今回はそんな看護師の恋愛事情と、交際相手と付き合うきっかけなどについて紹介していきます。

パターン1

都内の大学病院に努める30歳の女性は、現在2歳年上の会社員の男性とお付き合いをしています。

彼と出会ったきっかけは同僚の友人であったことで、合コンのような飲み会で知り合いました。

同僚の後押しもあり出会いからまもなくして交際をスタートすることになったのです。彼女は仕事で病棟を担当しているため週に1回か2回程度夜勤の業務もあります。

夜勤の翌日は休日になることがほとんどですが、会社員の彼は主に土曜日と日曜日が休日になるため休みが一致しないことも多いのです。ですが1日でも休みが一致すれば一緒にいることができるので、不満はありながらも交際は順調に続いていました。

そんな時彼がもっと一緒にいる時間を増やしたいからということで同棲を提案してきました。

女性もゆくゆくは結婚も考えていたので、同棲することを快諾したのです。ですが同棲生活をしてすぐに彼があまり家事をしない男性であることが発覚したのです。

夜勤で疲れて家に帰ってきても、溜まった洗濯物や食器の片付けをしなければならず彼女のストレスはどんどん溜まっていきました。

男性に家事を手伝ってとお願いしても状態は改善されず、どんどん関係だけが悪くなり別れることになってしまいました。

この女性の場合はただデートだけをしている時は幸せだったのですが、結婚を意識しだした時点から少しずつ関係が悪くなってしまったようです。

男性がもう少し協力的な人であればこういった結果にはならなかったかもしれませんが、結婚する前に現実がわかったのは良かったことかもしれません。

パターン2

25歳になる女性は総合病院の外来で働いています。夜勤は月に3回ほどだったので、その日以外は6時には帰宅できる職場でした。

週に一度テニス教室に通っているのですが、そこで知り合った22歳のコーチと仲良くなり交際をすることになったのです。

あまりプライベートの時間が合わない二人でしたが、いつも彼女の家に彼が遊びにくる形でデートをしていました。

年下の彼はとても甘え上手で世話好きの彼女にはぴったりの相手で、人懐っこい彼のことを彼女はとても愛していたそうです。女性は仕事が終わってから買い物をして家でご飯を作り、彼が来るのを待つ生活を続けていました。

おいしいと料理を食べてくれて「明日はこれが食べたいな。」とリクエストする彼の期待に応えるのが、女性は大変だと感じながらも頼られる喜びの方が強くなりやめることができなかったのです。

ですが仕事で疲れてしまった日は料理をするのが苦痛になり、ご飯を作らない日は彼が家に来なくなりました。そうして頼られることに疲れた女性は自分から彼に別れを切り出したそうです。それでも彼はしばらく別れたくないと言っていましたが、彼女が何もしてくれなくなるとあっさり去っていったそうです。

この女性は年下男性に頼られるのが最初は幸せだったにも関わらず、続くことで苦痛へと変化していったようです。

看護師という職業柄人のお世話をすることが得意な反面、仕事でもプライベートでも続くのは大きな負担だったことでしょう。現在この女性は包容力のある年上男性との恋愛を楽しんでいるようです。

パターン3

入院病棟で主任をしている29歳の女性は、仕事にやりがいを感じプライベートよりも仕事を率先していました。そんな時に新人医師がこの病棟の担当になったのです。

若くて元気な医師は仕事にも一生懸命取り組み、不眠不休で頑張っていたためその姿に女性は恋をしてしまいました。

偶然同じ年齢であることがわかり、きっかけができた二人は休日に食事に行くことになりました。プライベートで話をしてみるとお互いに仕事好きという共通点もあり、自然に交際へと発展していきました。

職場では交際していることは秘密にしていたので、会うのはいつも女性の自宅の中だけでした。お互いの時間が合うことも少なかったのですが、お互い信頼し合って女性はわがままを言うこと無く男性を支えていたのです。

男性も大変な仕事の中で、支えてくれる女性の存在が次第に大きくなっていったそうです。人目を避けて交際すること2年、ついに男性のプロポーズがあり二人は結婚することになりました。その後男性は親が経営する病院で働くことになり、女性は仕事を辞めて家庭に入ることにしたそうです。

今では幸せな結婚生活を送っているそうです。

医者との恋はあまり経験者は多くないようですが、タイミングときっかけさえあれば発展するケースだそうです。お互いに理解しやすい職場にいるからこそ、恋もしやすいのかもしれません。患者との恋愛を楽しむ人もいて、出会いのきっかけはどこにでもあるのかもしれません。”

看護師と付き合うためには

看護師と出会うには!?

昔から白衣の天使と呼ばれる看護師さんは優しいイメージ、ふわふわして柔らかいイメージがあるなど、男性にとってはプラスのイメージが多く、女性の中でモテる職業と言えるでしょう。

ではその看護師さんと出会うにはどうすればよいでしょうか。

彼女達は病院で働いていますので、同じ職業の人であったり医師であったり医療関係者であったりとの出会いが多いと思いがちですが、実際には仕事内容があまりにもハードなために職場恋愛になる確率は低いようです。

命を預かる仕事ゆえ、病院にいる時には一生懸命でそれどころではない、というのは頷ける話です。

そして勤務先の病院にもよりますが夜勤がある看護師たちは仕事の予定が不規則なため、いいなと思う男性に出会えても発展しにくいこともあるようで、病院関係者がよくいくバーや飲食店などで働く人からのツテやコネ、その人たちが開く合コンなどが主な出会いのようです。

あなたの友人や知人に病院関係、医療関係者がいれば、きっと一人や二人知り合いを紹介してくれることでしょう。

現役のナース達にアンケートをしても一番多いのは知人関係の合コンとか紹介で出会ったという意見が多くみられるので可能性は高いと思えます。あとは看護師の登録が多い出会い系サイトや恋愛アプリ、結婚相談所などがありますから、将来を真剣に考えるのであれば結婚紹介所も良いのではないでしょうか。

専用のマッチングサービスもあるくらいですから出会うことはさほど難しいことではないのです。

問題は、時間に不規則でハードな仕事内容の彼女との関係を続かせるにはあなたが大丈夫だと言える男性であることかどうかなのです。

看護師と付き合うにあたって乗り越えなければならない壁①

とにかく勤務が不規則です。日勤に夜勤、急な呼び出しなどの変動シフトのために、一般の会社で勤めるサラリーマンと休日などを合わせるのは基本的には至難の技です。

そのため男性側がいつも自分は放置されている、などと拗ねるような態度をとれば、彼女の気持ちは辛く苦しいものになり、最後は面倒になって別れがくる、というパターンになります。

ナースを選ぶ上で不規則な生活は必ずついてくるものであると理解して、急に出勤になってしまった彼女には優しい言葉をかけて見送れなければなりません。

そこで拗ねていじけるようでは付き合うことすら出来ないでしょう。

看護師と付き合うにあたって乗り越えなければならない壁②

精神的に厳しい仕事をしているので、相手の支えになる必要があります。ナースと恋人になりたい、という願望を抱く男性に多いのが、「優しそうだから」とか「甘えさせてくれそうだから」というのが多いのは問題です。

ナース達は常日頃死とも向き合っている職業のため、厳しい現場や患者さんの状態を見て処置していくので精神的なストレスやプレッシャーは大変なものです。

そこに休日までホッとするどころか彼氏を甘えさせなければならないなんてことはしんどすぎて出来ません。むしろ、毎日精神的にもギリギリで激務をこなしている彼女を支え、慰め、安心させて甘えさせてくれる男性が必要なのです。

ナース達が「白衣の天使」になるのはあくまでも患者だけである、ということを先に理解しておきましょう。

看護師と付き合うにあたって乗り越えなければならない壁③

冷静でプライドも高く自立している人が多い。精神的、肉体的に辛い、苦しんでいる人に寄り添ってよくなるまで寄り添うのが医療関係者の仕事です。

ですから勿論性格のもとになるのは優しさでしょう。しかし生きるか死ぬかの選択肢を突きつけられることが日常的にある仕事のため、医療関係者は総じて冷静です。

ただ優しくしてくれるだけではなく、冷静な目で見て判断する能力がある上に仕事に誇りを持っている人が大半ですからプライドも高いのが特徴なのです。

職場だけでなくそれはプライベートでも発揮されるでしょうから、いつも男の3歩後を歩いて自分のことを気にかけていて欲しいと願う男性はうまくいかない場合があると知っておくことです。また女性の中では給料がよい職業に入るので、自立している女性が多いことも

特徴としてあげられます。男性のプライドを前面に押し出せば出すほど好かれる可能性は低くなると理解しておきましょう。

看護師と付き合うにあたって乗り越えなければならない壁④

看護というのは激務で献身的な仕事です。

それは事実であるのに実はなかなか褒められることが少ない職業とも言えます。用意から何からするのはナースであるのに、医者に比べてお給料が低いなど、待遇面でも優遇されているとは言えません。

あなたも褒められると嬉しいように、恋人もそうなのです。二人であったときには小さなことでもいいですから褒めてあげてください。その心根に女性は胸をときめかせ、あなたに好意を持つようになるでしょう。”

まとめ


いかがでしたでしょうか。看護師は患者の命を預かっていることもあり、とても大変な仕事です。

職場で気を張っているそんな看護師達をプライベートで癒すことができれば、付き合えるチャンスは高くなりますよ。


スポンサーリンク

Check Also

女子に人気?ロールキャベツ男子の特徴と落とし方

あなたは「ロールキャベツ男子」 …