Home / 美容 / 花粉症による肌荒れの対処法

花粉症による肌荒れの対処法

花粉症のアレルギーがある人の場合には、外出が億劫になったり、花粉症の症状で苦痛を感じて憂鬱になったりするかと思います。花粉症は鼻水やくしゃみが主な症状となっています。その為、アレルギーで症状を緩和する薬を服用している人もいます。しかし花粉症の症状は、鼻水やくしゃみ以外にも存在します。

鼻水やくしゃみ以外の症状には、肌荒れがあります。肌荒れをしてしまう事で、メイクなどを行えなくなってしまいますし、痛みを感じてしまう場合もあります。その為、花粉症が原因の肌荒れで苦痛を感じてしまっている人もいます。そこで花粉症が原因で起こる肌荒れの対処法についてまとめました。

花粉症が原因で肌荒れが起こりやすい人は、正しい対処法を行って症状の緩和をしてみてください。そして肌荒れを治した後は、予防を行うように心掛けましょう。

スポンサードリンク

花粉皮膚炎について

花粉症のアレルギーは、鼻水やくしゃみが主な症状だと思っている人が多いです。しかし花粉症はこれらの症状だけではなく、肌荒れとして症状が現れる人もいます。このように花粉が原因で起きる肌荒れは、花粉皮膚炎と呼ばれています。花粉皮膚炎は花粉の時期に起きるものなので、春には肌荒れで悩んでしまう人もいます。

しかし中には秋の花粉症で、秋に肌荒れを起こしてしまう人もいます。肌荒れを起こしてしまうと、メイクをできなくなってしまったり、スキンケアを行うと痛みを感じてしまう場合があります。そこで肌荒れを起こしてしまう花粉以外の原因についてもまとめました。

他の原因が重なる事で肌荒れが悪化してしまったり、他の肌トラブルを引き起こしてしまう可能性があります。肌の為にも改善できる点は改善して、肌荒れの症状の緩和や悪化させない事を心掛けましょう。

春は乾燥や紫外線が深刻な問題

花粉症は春に起きやすいものとされています。花粉症で肌荒れを起こしている場合には、肌は良くない状態となっています。その為、小さな刺激でも肌荒れを悪化させてしまう可能性があります。そして肌荒れを悪化させるだけでなく、新たな肌トラブルを引き起こしてしまう可能性もあります。

特に乾燥や紫外線の刺激は、肌荒れを悪化させてしまう原因となります。その為、花粉で肌荒れを起こしている時には乾燥や紫外線の予防を行っていく必要があります。しかし肌荒れを起こしている時には、普段使用しているスキンケア用品を使用すると刺激が強すぎてしまう可能性があります。

その為、普段と同じスキンケア用品で乾燥や紫外線の予防を行うと痛みを感じてしまう場合があります。花粉で肌荒れを起こしている時には、普段よりも低刺激のものでスキンケアを行うようにしましょう。そして紫外線対策を行う際に、日焼け止めクリームを使用する場合にも低刺激のものを使用するように心掛けましょう。

もし低刺激の日焼け止めクリームでも肌荒れが悪化してしまう場合には、使用を控えるようにしましょう。そして日傘や帽子を使用して紫外線対策を行うようにしましょう。

黄砂やPM2.5

黄砂やPM2.5は粒子状の物質です。その為、身体の中に入りやすいものとなっています。そんな黄砂やPM2.5は人体に悪影響があるものとされています。特に黄砂は汚染物質を含んだものとなっている為、悪影響があるとされています。その為、気象情報と共に黄砂やPM2.5の飛散量をチェックしている人が多いです。

黄砂やPM2.5は人体に悪影響があると言われていますが、花粉が原因で肌荒れを起こしている場合には肌荒れを悪化させる可能性があります。これは肌荒れが原因で、肌のバリア機能が弱っている事で起こります。つまり肌荒れを起こしている時は黄砂やPM2.5にも気を付ける必要があります。

しかし外出する以上は、避けられないものです。黄砂やPM2.5は付着している時間が長ければ長いほど、悪影響があるとされています。その為、外出から帰宅したら早く洗顔を行って落とす事をおすすめします。

摩擦に伴う炎症

肌荒れを起こしている場合には、肌がデリケートな状態になっています。その為、わずかな刺激でも肌荒れを悪化させてしまったり、新たな肌トラブルを引き起こしてしまう可能性があるのです。特に摩擦によって炎症を起こしやすい状態となっています。摩擦で肌に刺激を与えてしまうと、赤くなってしまったり、痛みを感じるようになってしまいます。

炎症を起こさないようにする為にスキンケアを行う時やメイクを行う時には、摩擦が起きないように優しく肌に触れる必要があります。ゆっくりと優しく行うように心掛けましょう。そしてコットンやメイク用のパフは摩擦を起こしやすくなっています。花粉で肌荒れを起こしている時には使用の頻度を控えたり、使用する際には注意して使用するようにしましょう。

対処法

花粉が原因で肌荒れを起こしてしまっている場合には、正しい対処法を行う必要があります。もし正しい対処法を行わないと、肌荒れを悪化させてしまったり、新たな肌トラブルを引き起こしてしまう可能性があります。悪化してしまったり、他の肌トラブルが起きてしまった場合には治るまで時間が掛かってしまいます。

肌荒れを早く治す為にも、正しい対処法を行って悪化させないように心掛けましょう。そして悪化させないだけでなく、綺麗に治すように努力しましょう。

スキンケア

花粉が原因で肌荒れを起こしてしまっている時には、肌がデリケートな状態となっています。その為、小さな刺激でも肌荒れを悪化させてしまう可能性があります。そして、いつも使ってきたスキンケア用品でも肌荒れを悪化させてしまう可能性もあるのです。花粉が原因で肌荒れを起こしてしまっている場合には、普段以上に気を付けながらスキンケアを行う事をおすすめします。

もし普段使用しているスキンケア用品で肌荒れが悪化してしまった場合には、低刺激のものでスキンケアを行うようにしましょう。そして乾燥や紫外線が原因で肌荒れが悪化してしまう場合が多いので、乾燥や紫外線対策はしっかりと行うように心掛けましょう。

食生活

花粉で肌荒れをしてしまった場合には、食生活を変える事で症状を緩和する事ができる場合があります。肌荒れがひどくて悩んでいる場合は、症状を緩和する食材を食べるように心掛けましょう。まずおすすめの食材は、レンコンやごぼうなどの根菜類です。根菜類は食物繊維が豊富なので、解毒作用があります。

その為、肌荒れの原因となっている花粉を身体の中から出してくれる効果があります。そして根菜類にはポリフェノールも含まれています。ポリフェノールはアレルギー症状を緩和させる効果があると言われています。その為、花粉のアレルギー症状を緩和する事ができるかもしれないので積極的に食べるようにしましょう。

その他にもヨーグルトや味噌などの発酵食品はアレルギー症状によって起きる炎症を緩和する効果が期待できます。これらは腸内環境を整えてくれる効果もある為、健康面でも嬉しい効果があります。花粉で肌荒れを起こしやすい時期は、食生活も見直すようにしましょう。そして毎年、花粉の季節になると肌荒れを起こしてしまう場合には、花粉の季節になる前からこれらの食材を食べて予防を行うように心掛けましょう。

生活習慣

肌荒れを起こしやすい時期は、生活習慣も見直す必要があります。肌荒れは生活習慣によって悪化してしまう可能性があるからです。特にストレスの溜めすぎや寝不足、過労は肌荒れの原因となるものです。その為、花粉で肌荒れを起こすだけでなく、これらの生活習慣が原因で別の肌荒れを引き起こしてしまう場合もあります。

肌荒れの原因が増えてしまうと治すのが大変になってしまいます。肌荒れを起こしている時はストレスを発散したり、しっかりと睡眠を取るようにするなど心掛けましょう。そして肌荒れを早く治す為にも、原因を増やさないように気を付けましょう。

良質なマスク

花粉症の人は、なるべく花粉を身体の中に取り込まないようにする為にマスクをつけて外出をするかと思います。マスクをつけておく事で、鼻水やくしゃみなどの症状は緩和されるからです。しかし、これらの症状が緩和されても肌荒れを起こしてしまう人がいます。その原因は使用しているマスクです。

マスクが立体でない場合には、マスクによって摩擦が起きてしまい肌荒れを起こしてしまう場合があります。花粉症でマスクをつける場合には、立体になっていて肌とマスクの間で摩擦が起きにくいものを使用するように心掛けましょう。

メイク

花粉で肌荒れを起こしやすい時期にはメイクをする事で肌荒れを悪化させてしまう可能性があります。その為、可能であればメイクをしない事をおすすめします。しかし仕事などで外出する場合には、メイクをするかと思います。もし肌荒れを起こしている時にメイクをしなくてはいけない場合には、注意しなくてはいけない点がいくつかあります。

まず1つ目の注意する点は、肌への負担を減らすという事です。普段使用しているメイク用品の刺激が強い場合には、低刺激のものでメイクするようにしましょう。そして2つ目の注意点は保湿を行うという事です。肌が乾燥している状態だと、肌荒れを悪化させてしまう可能性があります。

メイクをする前には、保湿をしっかりと行って肌のバリア機能を保つように心掛けましょう。最後の注意点は、早めにメイクを落とすという事です。メイクをした場合には、メイク用品が原因で肌荒れを悪化させてしまう可能性があります。さらに外出した事で黄砂やPM2.5が肌に付いてしまっています。

その為、帰宅してからもメイクや黄砂、PM2.5が付着している状態でいると肌に負担を掛けてしまいます。外出が終わった後には、肌への負担を軽くする為にも早くメイクを落とすように心掛けましょう。そして、メイクを落とす際にも肌へ負担を掛けないように行う必要があります。ごしごしと擦らずに優しくゆっくりとメイクを落とすようにしましょう。

皮膚科

花粉が原因で肌荒れを起こしている場合には、スキンケアや生活習慣、食生活を見直す事で改善する可能性があります。しかし中には、これらの事を見直しても改善できない人もいます。色々な対処法を行っても改善しない場合には、肌荒れの状態がひどい可能性があります。その為、対処法を行うだけでは改善できないのかもしれません。

このような場合には、皮膚科を受診する事をおすすめします。医師が肌荒れの状態を見て、肌や症状に合った塗り薬や飲み薬を処方してくれます。ひどい場合には、しっかりと治すようにしましょう。そして薬を服用する事で綺麗に治った場合には、肌荒れを起こさないように予防を行っていく必要があります。肌荒れを起こさないようなスキンケアや生活習慣、食生活をするように心掛けましょう。

まとめ

花粉が飛ぶ時期には、花粉症で悩んでいる人が多いです。そんな花粉症は鼻水やくしゃみが主な症状だと思われています。しかし花粉症は、鼻水やくしゃみ以外にも肌荒れとして症状が現れる場合もあります。そんな花粉が原因の肌荒れは、小さな刺激によって悪化しやすいです。特に乾燥や紫外線によって症状が悪化する場合が多いです。

その為、乾燥や紫外線対策はしっかりと行う必要があります。肌荒れを悪化させない為にもしっかりと対策を行うように心掛けましょう。その他にも黄砂やPM2.5、摩擦によって肌荒れが悪化してしまう可能性があります。黄砂やPM2.5は人体に悪影響があるものとされています。その為、外出した後には早めに洗顔を行って洗い流す事をおすすめします。

そして肌荒れを悪化させてしまう原因になる摩擦は、スキンケアやメイクを行っている時に起こりやすいものです。スキンケアやメイクを行う際には摩擦を起こしやすいコットンやパフの使用を控えたり、摩擦を起こさないように使用するなど気をつけましょう。さらに花粉によって起きる肌荒れは、スキンケアや生活習慣、食生活を見直す事で症状を緩和する事が可能です。

改善できる点が見つかった場合には、改善を行うなど正しい対処法を行うように心掛けましょう。しかし、肌荒れに対する正しい対処法を行っても、肌荒れが改善しない場合もあります。肌荒れが改善されない場合には、肌荒れの状態がひどくなってしまっている可能性があります。肌荒れの状態がひどい場合には、皮膚科を受診する事をおすすめします。

肌や症状に合った塗り薬や飲み薬を処方してもらって、治すようにしましょう。そして肌荒れを治せた後は、予防も行っていくように心掛けましょう。


スポンサーリンク

Check Also

毛穴が詰まる原因と対策を徹底解説!

毛穴の詰まりがあるとメイクのノ …