Home / 恋愛 / モテ / 男が思わず二度見する色気ある女になるための15の方法

男が思わず二度見する色気ある女になるための15の方法

大人の色気をまとう女性は男性からも女性からも憧れの存在ですよね。

色気のある女性というのは、外見、内面、仕草全てに女性として品性が表れます。逆に、そのどれか一つが疎かになってしまうと、色気は一気に失われます。

本記事では、色気を出す方法を、外見、内面、仕草の3つの観点からご紹介します。この方法を実践すれば、色気ある女性になること間違いなしです。

スポンサードリンク

外見を磨いて女の色気を出す7つの方法

いつまでも美しくいたいと思うのが女性の性です。その為、様々な努力をしながら過ごしている女性は多くいます。

しかし、男性から魅力的だと思ってもらうには、美しくあるだけでなく、色気をまとうことも必要です。美しくいるための努力だけでなく、色気を出すための努力も行なっていきましょう。

1.清潔感を出す

女性は外見を美しく保とうと努力します。しかし、美しさだけでなく清潔感も大事です。

例えば、外見は美しいのに、たくさんシワがついた洋服を着ていた場合には残念な感じがしてしまいます。

女性が男性の清潔感を重要視するように、男性も外見の美しさだけでなく、清潔感がある女性に惹かれやすいです。

2.姿勢・スタイルを正す

男性はスタイルが良い女性に魅力を感じます。そのため、ダイエットに力を入れて美しいスタイルを維持しようと努力している女性が多いです。

しかし、スタイルが美しくても姿勢が悪かった場合には、魅力が半減してしまいます。猫背になっていないか鏡を見てチェックしてみましょう。

そして男性の多くは女性の脚に色気を感じますので、脚もチェックすることをオススメします。

実は歩き方の癖や普段の姿勢が原因で、O脚やX脚になっている女性が増えてきています。男性から魅力的な脚だと思ったもらうためには、O脚やX脚を治していく必要があります。

O脚やX脚だった場合には、歩き方の癖や姿勢を改善していきましょう。そして美しいスタイルと姿勢でいるように心掛けましょう。

3.良い香りをまとう

男性は女性と話す時に、女性の外見だけでなく、香りも気にしています。

香りによってその人の印象は大きく左右されます。どんなにキレイで性格が良くても、臭いがきつかったら、その人のイメージは大きく下がってしまい、ましてや色気など出るはずもありません。

ですから、女性らしい気品のある香りを身にまとうようにしましょう。最近では、スメハラという言葉もあるように、たとえ良い香りであっても、それがあまりにも強すぎたら周りに悪影響です。

そういったバランスを上手くとって周りに配慮しながら、素敵な香りを身にまとうようにしましょう。香りだけでなく、そういった心遣いからも、色気が滲み出るのです。

4.美しい髪

美しい髪は女性らしさの象徴です。そのため、髪のお手入れを念入りにしている女性は多いです。そんな女性も気合を入れている髪は、男性にとって色気を感じるポイントの1つです。

現在、髪のお手入れに力を入れている女性は継続していきましょう。そして髪のお手入れをしていない女性は、これからお手入れするようにしていきましょう。

5.手先、足先までキレイに

男性は女性の細かいところにまで注目しています。その為、手先や足先まで見ています。スタイルや服装などに気を遣っていてもネイルが剥がれていたり、ムダ毛があったりした場合には残念だと思われてしまいます。

残念だと思われないように、常に手先や足先までキレイにしておきましょう。そういった細かいところまでお手入れがいきとどいている女性は、男性からとても魅力的に映ります。

また、女性自身もそういった細かいところまでケアしている自分に自信を抱き、それが色気を演出するのです。

6.メイクや服装をシンプルに

男性に魅力的だとおもってもらうために、メイクや服装に力を入れている女性は多いです。

しかし、男性の中には清楚な女性を好む人もいます。そして清楚な女性がタイプの男性は、メイクや服装にあまりにも力を入れている女性を苦手だと思っています。そのため、魅力的だと思ってもらえない場合もあります。

もし清楚な女性がタイプだと言っている男性から魅力的だと思ってもらいたい場合には、メイクや服装をシンプルなものに変えてみましょう。

そして落ち着いた大人の女性を目指すように心掛けましょう。色気のある女性は、シンプルさの中に気品を感じさせるのです。

7.適度な露出

女性の中には、男性から色気があると思われたいからこそ露出の多い服装をしている人がいます。そして、その逆で肌を見せるのが苦手で露出が少ない服装をしている女性も多いです。

しかし男性は、適度に抜け感がある女性を好みます。その為、露出が少なすぎても多すぎても魅力的だと感じてもらえません。

適度に露出がある服装をして、色気のある女を目指してみましょう。

内面を磨いて女の色気を出す3つの方法

男性から色気のある女だと感じてもらうために、外見に気を遣っている人は多いです。しかし、外見でうまく色気を演出できても、内面の稚拙さが垣間見えただけで、一気に色気は失われます。

人の性格は外見に表れます。内面あってこその外見なのです。人間として成熟している人ほど、人間関係を築く上で相手の内面を見ます。

以下、内面を磨いて色気を出す方法をご紹介します。

1.教養を身につける

社会人になると男女関係なく教養が求められます。教養のある女性は知的で非常に魅力的です。その知的さが色気を演出する一因となります。

学生の間は知的さはモテの要素としてあまり重視されませんが、社会人になると、知的で造詣に深いことがモテるために必須になります。特に、一流の男性ほど、教養ある女性を求める傾向にあります。

そういった男性から魅力的だと思ってもらうためにも、教養を身につける努力を怠らないようにしましょう。まずは、一日20分からでも良いので、勉強する習慣を身につけると、自然と教養も備わるでしょう。

2.自分に自信を持つ

女性の多くは自分に自信がないと言っています。しかし、自分に自信がない女性は、自信のなさが仕草にも出てしまっています。そういった負のオーラが漂う女性に、男性は魅力を感じません。

男性から魅力的だと思ってもらうためには、まず自分に自信を持つ必要があります。自分の良い所を見つけて自信を持つようにしましょう。

また、根拠のない自信でも、持つと持たないとでは大きく違います。プラシーボ効果とも言われるように、人間の想像力は絶大です。その想像力を良い方向に働かせるよう、日々意識してみてください。

3.秘密を持つ

どんな人にも秘密の1つや2つはあるものです。しかし、女性の多くは、気になった男性や恋人には自分の全てを知っていてもらいたいと考えます。そのため、自分が持っている秘密を言ってしまう人が多いです。もちろん全てを相手にさらけ出せるのは、信頼関係があるからこそです。

しかし、恋愛は駆け引きも重要なものとなっているので、少しは秘密を持つ必要があります。そして男性は秘密にされると気になってしまい、その事ばかり考えます。

そのため、敢えて秘密を持つことで男性から興味を持ってもらえるようになります。

秘密はその人をミステリアスにし、ミステリアスな雰囲気はその人に色気を感じさせます。些細な事でも良いので秘密を持ってみましょう。ただし、何もかも懐にしまうと、とっつきにくい人だと思われるのでくれぐれも程々に。

女の色気を演出する5つの仕草

男性から魅力を感じてもらうためには、仕草も意識しなくてはいけません。まずは男性が色気を感じる仕草を知ってみましょう。そして出来そうなものは普段の生活の中に取り入れてみましょう。

1.脚を組む

男性の多くは、女性の脚に色気を感じています。そのため、座っている女性の脚をつい見てしまいます。

そして女性が脚を組む姿は、より色気を感じると思っている男性は多いです。脚の長さを強調し、セクシーさを演出します。また、適度に脚を組み替えることで、より一層、色気が引き立ちます。

男性をドキッとさせたい場合には、脚を組んでみましょう。ただ、脚を組む行為は時には失礼ととられることもあるので、TPOをわきまえて行いましょう。

2.髪をかき上げる

綺麗な髪や長い髪は女性らしさの象徴で、女性の髪に色気を感じるという男性は多いです。

そんな色気を感じさせる髪は、かき上げる仕草をすることでさらに色気を出すことができます。髪をかき上げる仕草をして、色気を振りまいてみましょう。

3.落ち着いた動作で余裕を見せる

穏やか

男性は可愛らしい女性や美人な女性に魅力を感じます。しかし、いくら外見がタイプでも行動が落ち着いていないと気品を感じられません。

女性らしさを出すために、落ち着いた動作をするように心掛けましょう。そして落ち着いた動作をしている女性は、余裕があって大人っぽく見えます。

つまり、魅力的な色気ある大人の女性だと思ってもらえるようになります。余裕のある大人の女性でいるように意識しましょう。

4.物を大切に扱う

物を大切に扱うことは女性としてどうのこうのというよりは、人間として当然のことです。物を大切にできない人は人も大切にできないという印象を与えてしまいます。

部屋が乱雑になっていませんか?乱暴に物を扱っていませんか?今一度、自身を振り返ってみてください。

5.上品な言葉遣いをこころがける

最近、言葉遣いが悪い女性が増えてきました。そして周囲の女性も言葉遣いが悪いからこそ、自分の言葉遣いに違和感を感じていない女性も多いです。しかし、言葉遣いが悪い女性には、女性らしさを感じられないと思っている男性は多いです。

学生の間では、そういった言葉遣いは気にならないとは思いますが、社会に出たら、言葉遣いの大切さを痛感するでしょう。

言葉は、その人の知性や教養を映します。言葉遣いが悪い女性は気品や色気がないと思われるのも当然です。男性から色気のある女だと思ってもらうためには、女性らしい態度や上品な言葉遣いを心掛ける必要があります。

まずは普段の自分の言葉遣いを振り返ってみましょう。そして言葉遣いが悪いと感じた場合には、意識して直していくようにしましょう。

まとめ

女性の多くは、男性から色気があって魅力的だと感じて欲しいと考えています。その為、普段から外見に気を遣っています。しかし外見だけ気を遣ってもそのように感じてもらえない場合が多いです。

男性から色気がある、魅力的だと感じてもらうためには、外見や内面、仕草などに気を遣う必要があります。そのような女性になるための努力を行っていきましょう。

スポンサーリンク

Check Also

明日何着る?”おしゃれ”と”モテ”を両方叶える私服コーデの作り方

おしゃれかつモテる私服を目指し …