Home / 未分類 / 可能性がまだある?復縁したいときにするべき行動とおまじない

可能性がまだある?復縁したいときにするべき行動とおまじない

彼氏と別れてしまったけど、あきらめきれずに復縁したい方。

復縁に向けた様々なアプローチがあります。

今回は、取っておくべき行動や、復縁に効果があるとされるおまじないをご紹介します。

スポンサードリンク

可能性あり?復縁したくなったときに取るべき行動

別れてしまった相手と復縁したいと考えたことはありますか?

どうしても忘れることができないとか、他の人と付き合ってみたけどやっぱりあの人しかいないなど、よりを戻したいと思うこともあるのではないでしょうか。それは決して悪いことではありませんし、後から自分の本当の気持ちに気づくこともあるのです。

ですが一度別れてしまった相手ともう一度付き合うのは容易なことではありません。

まず第一に相手の気持ちが同じかどうか確認する必要があるのです。

でも確認してダメだった時のことを考えると怖くなってしまうので、もしかしたら復縁の可能性があるかどうかはある程度知ることも大切です。

そこで今回はよりを戻したい相手にどういった行動を取ればいいのか、そして復縁の可能性があるかどうかを判断するポイントについて紹介していきます。

SNSを使う

まずどのような行動をするかですが、一番簡単かつ便利なのが電話やメールというツールになります。

最近ではSNSといった手段もあるでしょう。ですが簡単かつ便利な反面、リスクもあることを理解しなければなりません。それは思った通りに事が運ばないリスクと、相手の感情を読み取れなくなってしまうリスクです。

これはとある女性の体験談なのですが、元彼が忘れられなかった彼女はメールをしてみることにしたのです。

内容は元気にしてる?とか今度時間があれば食事に行かない?といったものでした。勇気を出してメールを送信したのですがいつまでたっても返信が来ないので、彼女はそれ以上どうすることもできなくなってしまったそうです。ではメールを受け取った元彼はなぜ返信しなかったのでしょうか。

それには二人が別れたきっかけが関係していたそうです。

二人の別れの原因は彼女が他の男性と食事に行っていたことが元彼にバレてしまい、それ以降元彼の不信感は消えることが無くそれが原因になっていました。

そのため元彼は彼女が自分を都合よく利用しているのではないか、自分も浮気相手の一人にされるのではないかという不信感が芽生えてしまったので、メールには返信をしなかったそうです。実際二人とも別れには後悔をしており、恋愛感情も強く残っていました。

ですが事がうまく進まなかったことで、結局復縁することは無かったそうです。

このケースでいうと、もしメールではなく電話だったとしたらどうだったのでしょうか。

元彼が電話に出てくれなかったケースも考えられますし、もしかしたら会話をして再会できていたかもしれません。やはりメールは時間をかけて内容を考えていつでも送信できるという便利な特徴がある反面、突然であればなお相手に理解されない確率も高くなってしまうのです。

送る側にしてみれば悩んで勇気を出して送信したことになりますが、相手にしてみれば突然の出来事なのです。理解されないとなると返信が来ませんし、そこで終了となってしまいます。

アクションを起こす

そのため行動を起こす時はしっかりと相手と向き合うことが大切になってきます。

もしメールをして返信がなければ次は電話をしてみることも一つの手段です。何もしなければ状況は変わらないので、とにかくアクションを起こすことが重要です。電話をして少しでも関係が前進すれば、作戦は成功で復縁の可能性も少なからず出てきたことがわかります。

一番確実な手段はやはり相手ともう一度会うことにあります。そこに辿りつくためにメールや電話を活用するのは一つの手段ですが、それが使えない時は共通の友人や知人に確認したりする方法を使います。

ですが交際相手もいないのであれば、行動を起こすことは問題ありません。

再会の場を提供してくれるような友人や知人がいるのであれば、それを活用させてもらうのも一つの手段です。あくまで再会の場なのであって、そこに来てくれるだけでも可能性は高くなっていると判断できます。そこから先は自分の行動ひとつで未来は変化していきます。

どうしたいのか、どう思っているのかは相手に率直に伝えることが大切です。

実際に対面して気持ちを伝えることで、相手にもあなたの本心を伝えることができますし相手にも向き合ってもらうことができます。人の気持ちはやはり実際に聞かなければわかりませんし、理解することが難しくなってしまいます。

そこでどのような結論が出るかは人それぞれになってくるでしょうが、行動を起こすことでどのような結果になっても今の状態からは抜け出すことができるのです。

復縁できたのならば以前のような別れを繰り返さないように気をつけて交際できますし、振られてしまったとしても気持ちを引きずるのではなく次に進もうと気持ちを切り替えることが大切です。

復縁に成功するおまじないとは

「別れた相手ともう一度付き合いたい」など恋愛において復縁を望む人は珍しくありません。

しかし実際に関係を取り戻すとなると、その道のりは険しいものです。そんな厳しさが待ち構える道のりにおまじないをすれば気休めにもなりますし、関係を修復を望む人にとっては心の救いになります。

効果の有無については断言できませんが、少なくともストレス発散になるはずです。

そのせいか復縁のおまじないはたくさんあります。

枕を使った願掛け

例えば別れた恋人の持ち物を使って関係の修復を働きかけるものがありますが、比較的願掛けとしては有名です。

まず別れた恋人の持ち物を就寝前に自分の目の前に置き、両手を自分の胸に当てて恋人との楽しい思い出を振り返ります。

そして「現在でもそれは続いている。未来でもそれは続く」と3回実際に口に出して唱えれば終了です。。毎晩寝る前にしなくてはいけないところがポイントです。

恋人の持ち物は歯ブラシやスプーンなど意外と持っているケースが多いので入手は難しくないはずですが、そういった限定的なアイテムを使わない願掛けもあります。

基本的に時間帯の指定はないものの、就寝前に行えば効果があると言われている願掛けです。

用意するものは枕あるいは使い捨ての枕カバーのみとなります。まずは枕に直接関係を修復したい人物の名前をフルネームで書きますが、直接枕に書く事が嫌な人はかわりに使い捨て枕カバーに書けば問題ありません。

この時の注意事項は大きく名前を書かない事です。

何故なら関係を修復したい人物の名前の上に自分の名前を書き足す必要があるからです。関係を修復したい人物の名前の上に自分の名前を書く作業を3回繰り返し、書き終わったら別れた恋人を思いながら枕にキスすれば願掛けの作業は完了となります。

作業が求められると少々面倒臭いかもしれませんが、枕の願掛けはローズマリーのドライハーブを用いる願掛けほどアイテムも作業も多くありません。

ローズマリーを使った願掛け

ローズマリーのドライハーブを用いる願掛けは強力な反面、用意するアイテムと行う作業は数多いです。

まず用意するアイテムは全部で5つ。

ローズマリーのドライハーブに赤い糸、小さめの封筒に方位磁石、そして道で拾った硬貨となります。硬貨はコインでも構いません。アイテムの準備ができたら封筒の内側に別れた恋人の名前を書き、書き終わったらローズマリーで拾った硬貨を擦って磨きます。

次に磨いた硬貨とローズマリーを利き手に握りしめ、別れた恋人の名前を4回唱えるのですが、1回唱える度に方角を変えなければなりません。順番は北、東、南、西です。もしも方角が分からなければ方位磁石の使用をおすすめします。

4回唱えた後は封筒に硬貨を入れて封をし、その封筒にキスをします。

そして封筒を丸めて赤い糸を巻きつけて結び、お気に入りの場所に大切に閉まってから残った ローズマリーを風へ飛ばしますが、この時のポイントは2つです。1つはちゃんと外に出る事、もう1つは「私の元に戻ってきて」か「come back to me」と心の中で強く祈りながら3回唱える事となります。これで作業は終了です。

ローズマリーのドライハーブを用いた願掛けは別れた恋人が再び関係を持ち掛けるための作用を持つと言われていますが、似たような願掛けは他にもあります。

例えば市販されている折り紙に必ずあるピンク色の紙を使った願掛けは相手からの連絡をうながすと言われています。

その方法はローズマリーの願掛けよりも簡単です。ピンクの折り紙の白い面に関係を修復したい人物の名前と自分の名前をフルネームで書き、二つ折りにして財布に入れます。これで完了です。ただし使うピンク色の折り紙は小さくなければなりません。

それから自分にとってのライバルと別れた恋人の縁をなかった事にし、関係の修復をはかる願掛けもあります。

用意するアイテムは赤い画用紙だけです。その画用紙にライバルの名前を書き、折り鶴を作ります。そして作った鶴に「彼はどうしても渡せない。

あなたには別の幸せが待っている」と語りかけ、次の日の日没までに高い場所から飛ばしたら願掛けは終了です。もしも書く相手の名前が分からない場合は「紫色の憂鬱」と書くことで効果は正しく発揮します。

あとはアイテムを使うシンプルな願掛けでは消しゴムが有名です。

新品の消しゴムに恋人になりたい相手の名前を書いて使い切れば願いが叶うと言われています。ネット上では実際に「おまじないに効果があった」という評判があるほど強力です。

それから塩まじないも願いを叶えるおまじないとして広く知られています。

塩まじないはトイレットペーパーなどの白い紙に願い事を書いて一匙の塩を紙に包み、それを燃やした後トイレに流すおまじないです。復縁に限らず「お金が欲しい」など様々な願い事に効果があるそうですが、書き方に気を付けなくてはなりません。

例えば金銭的な願い事なら「お金が欲しい」ではなく、「お金がない」というように反対な文章を作る事がルールとなっています。
このように多少のルールはあるものの、パワーを発揮する方法として復縁のおまじないはおすすめです。

最後に

いかがでしたでしょうか。

もし、まだ思いが残っているのであればあきらめる必要はありませんし、あらゆるチャレンジをしてみましょう。


スポンサーリンク

Check Also

その女子の天然ボケ本物?偽物?

巷でよく使われている性格を表す …