Home / 未分類 / 正しい保湿をするだけで理想の肌に

正しい保湿をするだけで理想の肌に

肌の調子は生活習慣や洗顔方法、スキンケアの方法によって変わってきます。生活習慣は変えられない事が多いのですが、洗顔方法やスキンケアの方法は変えていく事が可能です。

そこで、理想の肌を手に入れる為の洗顔方法やスキンケアの方法についてまとめました。正しい洗顔方法やスキンケアを行って、理想の肌を手に入れてみましょう。そして肌が乾燥してしまうメカニズムについてもまとめました。

肌が乾燥してしまう理由を知って、改善できる事は改善していきましょう。

スポンサードリンク

肌乾燥のメカニズム

乾燥は肌にとっての大敵です。乾燥をしないように心掛けていても、乾燥してしまったり、乾燥が原因で肌トラブルを引き起こしてしまう場合があります。そこで肌が乾燥してしまうメカニズムについてまとめました。

メカニズムを理解した上で、乾燥の予防を行っていきましょう。

角質層

肌には角質層というものが存在します。この角質層は肌の表面にあります。そして、その肌の表面にある角質層は、古くなった肌の細胞の集まりです。こう聞くと汚いもののイメージを想像してしまうかもしれませんが、この角質層は肌にとって大事な役割を担っています。

そしてその役割は2つあります。

まず1つ目の役割は、外部の刺激から肌を守るという役割です。
肌は何かに触れる場面が多いです。顔の肌の場合には、洗顔やスキンケアの時に手と触れる事があるのですが摩擦によって傷みやすいです。そんな傷みやすい肌を守る役割をしているのが角質層です。

そして、もう1つの役割は肌の水分が逃げて行かないようにするという役割です。この角質層が肌の表面を覆っている事で、肌の中にある水分が逃げにくくなります。つまり乾燥を起こさないように守ってくれているのです。

角質層は古くなった肌の細胞なので汚いと感じたり、取り除きたいと思うかもしれませんが、この角質層があると乾燥肌を防ぐ事が出来るのです。

皮脂膜

そして角質層の表面には皮脂膜というものがあります。この皮脂膜の正体は、自然に分泌された皮脂と汗が合わさったものです。その為、洗顔をする事で取り除く事が可能です。

しかし、この皮脂膜も角質層と同様の役割を担っています。その為、必要以上に取り除いてしまうと乾燥を起こしてしまうのです。更にこの皮脂膜は、年齢と共に皮脂の分泌量が減少していくので薄くなっていきます。

つまり年齢と共に乾燥を引き起こしやすくなっていくのです。洗顔後のスキンケアでは、年齢と共に減少する皮脂を保湿クリームで補う必要があります。正しいスキンケアを行って乾燥肌の予防もしましょう。

肌乾燥の理由

肌が乾燥してしまうのには理由があります。そして、その理由はいくつかあります。理想の肌を手に入れるには、乾燥を起こさないように心掛ける必要があります。乾燥を起こしてしまう理由を知って、改善できる点は改善していきましょう。

すすぎの水の温度

洗顔を行う際には、お湯で行う場合が多いです。特に入浴時などは、温度設定が高めになったまま洗顔をしてしまうかと思います。しかし洗顔を行う際は、高い温度のお湯はおすすめできません。その理由は、肌にとって必要な皮脂を落としてしまう可能性があるからです。肌にとって必要な皮脂を落としてしまうと、肌を守る事ができません。

その結果、肌から水分が蒸発してしまい乾燥を起こしてしまうのです。

しかし、冷たいお水では不要な皮脂を落とす事ができなくなってしまいます。不要な皮脂が残ってしまう事で吹き出物や肌荒れといった肌トラブルを引き起こしてしまう可能性があります。肌にとって必要な皮脂だけを残す為には、ぬるめが良いです。洗顔を行う際には、すすぎの水の温度に注意しながら行いましょう。

洗顔回数

肌にある皮脂はすぐに落とした方が良いと考えている人もいます。そして、その考えから1日に何度も洗顔を行っている人がいます。

しかし、皮脂は肌を守ってくれる役割があります。洗顔を行って皮脂をすぐに落としてしまうと肌を守れなくなってしまいます。

その結果、乾燥を起こしてしまうのです。乾燥を起こさない為にも、洗顔回数は朝と晩の2回がおすすめです。しかし皮脂の量が少なめの人の場合には、朝と晩に洗顔する事で乾燥を起こしてしまう可能性があります。そんな人の場合には朝はお湯だけで洗顔を行って、晩は洗顔石鹸を使用して洗顔するなど乾燥を起こさないように工夫を行う必要があります。

肌の状態を見ながら、自分にとってベストな洗顔回数を探してみましょう。

化粧水の量

洗顔後は肌にあった汚れや皮脂が取り除かれて綺麗な状態なので、水分を吸収しやすい状態になっています。その為、洗顔後にはなるべく早く化粧水で水分を補給する必要があります。化粧水を塗る際には、化粧水の量が重要なポイントとなっています。

実は化粧水を使用する量が少ない人が多いのです。化粧水の量が少ない場合には、肌が必要としている水分量を補給できない事になります。その結果、肌は水分量が足りない状態になってしまいます。

肌の水分量が少ない状態が続いてしまう事で乾燥肌を引き起こしやすくなります。普段使用している量よりも多く使う事をおすすめします。

しかし塗り過ぎは新たな肌トラブルを引き起こしてしまう可能性もあるので、自分にとっての適量を塗るようにしましょう。

化粧水の塗り方

そして化粧水の塗り方にもポイントがあります。化粧水は肌に叩き込むように塗る方が良いと聞いた事がある人も多いかと思います。

しかし化粧水を塗る時に肌を叩くように塗ってしまう事で、肌へ刺激を与えてしまいます。特に肌に吹き出物などが出来ている場合には、刺激を与えてしまうと、悪化につながることもあるので注意しましょう。

さらに叩き込む際の摩擦で肌を痛めてしまう可能性もあります。化粧水を塗る際は、ゆっくりと肌に押し付けるようなイメージで塗りましょう。そして、押し付けるように塗る時にも優しく行うように心掛けましょう。

クリームの量

化粧水を塗った後には、保湿の為にクリームを塗る場合が多いかと思います。そんなクリームも量が重要なポイントとなっています。保湿のクリームの量が少なかった場合には、肌から水分が逃げてしまい乾燥を引き起こしてしまいます。

しかし保湿のクリームの量が多かった場合には、肌にベタつきが残ります。そして、そのベタつきが毛穴を詰まらせてしまう原因になります。毛穴が詰まってしまうと吹き出物ができてしまう場合があるので注意が必要です。

保湿クリームの量は、顔の大きさや肌の状態によって毎日使用する量が異なります。その為、様子を見ながら量を調節して塗っていく事をおすすめします。乾燥や吹き出物といった肌トラブルを引き起こさないように、肌の状態に合わせて量を変えていきましょう。

生活習慣

肌が乾燥してしまう理由は洗顔やスキンケア方法にも原因はあるのですが、生活習慣にも原因はあります。そして原因になりやすい生活習慣はいくつかあります。

まず大きな原因の1つに睡眠不足があります。睡眠をしている間に出されるホルモンによって、肌は綺麗な状態になっていきます。しかし最近は忙しい人が増えてきて睡眠時間が少なかったり、ストレスが原因で睡眠の質が落ちている人が多いです。その結果、乾燥肌の人が増えてきています。

睡眠時間が少なかったり熟睡できないと自覚がある場合には、睡眠時間を増やしたり寝る前にはリラックスできる時間を過ごすなど改善していきましょう。そして忙しい人の場合には、スキンケアに対する時間が少なかったり、スキンケア自体をサボってしまう事が多いです。スキンケアを怠ってしまうと乾燥しやすくなります。

忙しいかと思います、乾燥などの肌トラブルを起こさない為にもしっかりとスキンケアを行うようにしましょう。

その他にも、空気が乾燥しやすい部屋にいる時間が長い場合には乾燥肌になりやすい傾向にあります。
職場などでエアコンが使用されている場合には、特に乾燥しやすいと言えます。
乾燥している場所にいる時間が長いと感じる場合には、加湿を行って乾燥を予防する事をおすすめします。

正しい保湿の手順

乾燥肌はスキンケアの方法や手順によって改善や予防を行う事ができます。
しかし乾燥肌で悩んでいる人の多くは、スキンケアの方法や手順を間違えていたり、した方が良い事をしていなかったりします。つまり間違ったスキンケアこそが乾燥肌の原因になってしまうのです。

乾燥を起こさない為には、正しい保湿の方法や手順を行う必要があります。正しい保湿の手順や気を付ける点についてまとめたので、乾燥肌で悩んでいる人は参考にしてみてください。そして乾燥肌の改善や予防を行いましょう。

水分を顔に残したままにしない

洗顔後はすぐに顔を拭いているかと思います。しかし、顔をしっかりと拭いているつもりでも水分が残ってしまっている人が多いです。水分が残ってしまっている事で、そこから肌の水分も蒸発しやすくなります。肌の水分が蒸発してしまう事で乾燥肌を起こしてしまいます。さらに肌に水分が残ってしまっていると、化粧水をなかなか吸収しなくなってしまいます。

肌が化粧水を吸収できないと、肌にとって必要な水分を補給する事ができません。その結果、乾燥肌になってしまうのです。肌にとって必要な水分を維持する為にも、顔に水分を残したままにしないように心掛けましょう。

水分を取ったらすぐ化粧水

顔にある水分をしっかりと拭き取った後には、肌が乾燥を起こしやすい状態になっています。肌が乾燥しないように、すぐに化粧水を塗るように心掛けましょう。そして化粧水の量は、肌の状態によって変わってきます。乾燥が特にひどい日には、化粧水を吸収しやすくなっています。

化粧水がすぐに吸収されたと感じた場合には、もう少し塗るなど肌の様子を見ながら調節しましょう。そして化粧水を塗る際は強く叩き込んだりしないで、優しく押し込むようなイメージで塗りましょう。
優しく押し込む事で化粧水が肌の深い部分にも浸透しやすくなります。

クリームをつける

化粧水を浸透させた後は乾燥しないように保湿クリームを塗ります。保湿クリームは、肌に塗った化粧水を閉じ込める役割をしています。その為、塗っていない場所がないように均等に塗る必要があります。塗り残しがないように気をつけましょう。

そして、乾燥を防ぎたいからと大量に保湿クリームを塗ってしまう人がいます。しかし塗り過ぎてしまう事で、吹き出物や肌荒れの原因になってしまうことがあります。塗り過ぎないように注意しましょう。

朝も肌の保湿を怠らずやりましょう

洗顔後にスキンケアを行うのは日課になっているかと思います。しかし朝は忙しいので、スキンケアを怠ってしまう人もいます。スキンケアは怠ってしまうと、すぐに乾燥をしてしまいます。特に保湿は行わないと、肌から必要な水分が逃げてしまうので乾燥をしてしまいます。

つまり、保湿は洗顔後にしっかりと行う必要があるのです。洗顔は夜だけでなく朝も行うと思います。乾燥を起こさない為にも、朝も保湿はしっかりと行うように心掛けましょう。

まとめ

肌が乾燥してしまうのには、肌のメカニズムが深く関係しています。まず肌の表面には角質層というものが存在します。この角質層は肌を外部の刺激から守ったり、水分が逃げてしまうのを防ぐ役割をしています。そして、その角質層の上には皮脂膜というものが存在します。

この皮脂膜は、分泌された皮脂と汗が混ざったものとなっています。その為、洗顔で取り除く事が可能なのですが、この皮脂膜も外部や乾燥から肌を守る役割をしています。必要な皮脂まで取り除いてしまうと乾燥を起こしてしまうので注意が必要です。

そして、皮脂は年齢と共に減少していきます。つまり、年齢を重ねていくと乾燥を起こしやすくなっていくのです。その為スキンケアを行って、減少してしまった皮脂を補う必要があるのです。そして乾燥肌を引き起こしてしまう原因はいくつか存在するのですが、その原因の多くは間違った洗顔やスキンケアです。

つまり乾燥肌の改善や予防を行うには、正しい洗顔や適切なスキンケアを行う必要があります。

洗顔後はしっかりと水分を拭いて、化粧水や保湿クリームを正しく塗りましょう。そして保湿は朝もしっかりと行って乾燥を予防するように心掛けましょう。
忙しいかもしれませんが、毎日の積み重ねで乾燥肌の改善や予防をする事ができるので頑張ってみてください。


スポンサーリンク

Check Also

男性からモテる、色気ある女性になるテクニック

出会いの場において、「第一印象 …