Home / 恋愛 / 性格・タイプ / 一人っ子恋愛傾向って?性格の特徴と相性の良いタイプ3選

一人っ子恋愛傾向って?性格の特徴と相性の良いタイプ3選

一人っ子は、兄弟や姉妹がいる子よりも自分勝手でわがままな性格というイメージを持っている人が多くいると思います。

そのイメージはあながち間違っていないことが多いですが、詳しく観察することでより細かい性格・恋愛傾向が見えてきます。また、どんなタイプの人が一人っ子の人と相性が良いのか、といった点も見えてきます。

気になる相手が一人っ子だという方は是非チェックしてみてください。

スポンサードリンク

一人っ子の性格の特徴

 

自分を大事にする

一人っ子は、家族からとても大切にされている場合がほとんどです。

親からの愛を一人に対して、全て注がれてきているので「自分が好き」という性格をしているタイプが多いです。また、小さな頃から兄弟や姉妹と比べられることがなく育っているので、自分のペースで全てをこなそうとする傾向があります。

それは大人になってからも変わることはほとんどなく、周りに合わせるや誰かに合わせるということをあまりせずに、自分の意思やペースを大事にします。

そのため誰に何をいわれても自分は自分と思っていることが多く「自分を大事にする」傾向が強いです。

金銭感覚がずれている

とても金銭感覚がずれているということがあります。

小さい時から欲しいというものは買い与えられていることが多いからです。一人に愛情を注がれて成長してきているので、我慢をするということをあまり知りません。

また、一人っ子は自分が1番最初なので、お兄ちゃんからのお下がりなどをきたりする経験が非常に少ないです。

そのため、常に欲しいものは買うというような性格になってしまい、周りと金銭感覚が違ったりします。

兄弟や姉妹がいれば、一つのものを分けるということを経験して、それが大人になっても1つの物を分けるという発想になるのですが、それがないため周りからみると金銭感覚がずれているという印象を与えてしまうことがあります。

一人遊びが好き

一人っ子は、一人遊びがとても上手です。それは、小さな頃家で遊んでもらえる兄弟や姉妹がいないためです。

親が仕事で外出している時などは、遊ぶ相手がいないので自然と一人で遊ぶようになります。

そうした傾向は大人になっても根付いていることが多く、一人の時間を楽しめる余裕があります。

そうしたことから、一人っ子の女性は「一人でご飯を外に食べに行ける」というような特徴をもっている人も少なくありません。

また、ショッピングを一人でするのも好きです。本を読むことが好き。カフェで一人でゆっくりするのが好き。というような特徴をもっている人も多くいます。

兄弟や姉妹がいる人は、一人でいると孤独感などに襲われたり、周りの目を気にするという傾向がありますが、一人っ子は小さい頃から一人で行動をすることが多くあったため、あまりこのような傾向はありません。

一人で過ごすことが好きですし、とても一人の時間を上手に使える人が多いです。

好きな事に対してすごく集中する

一人っ子は一人遊びが得意と先ほど紹介しましたが、それと関係していることがあります。

好きな事に対してすごく集中するということです。小さい頃に周りと比べたり、周りに合わせるということをあまりしてこなかったので、自然と好きなことを一人で集中してするということができるようになっています。

そのため、自分の好きなことなら周りがどう言おうが、とことん集中することができます。しかし、一方で自分のしたくないことの場合はなかなかそれに取り組むことができません。

また、自分はこれをしたくないという欲求が強いため、なかなか集中することができません。

一人っ子の恋愛傾向

一人っ子には、性格の特徴だけではなく、恋愛傾向もあります。

どのような特徴や傾向があるのかについて、ご紹介致します。

独占欲が強い

一人っ子は、欲しいものを何でも買ってもらえたという幼少期の頃があった人がたくさんいます。

何かをシェアして使うということをあまりしてこなかったので、自分のものは自分のものという感覚を持っています。

そのため、自分の好きな人を人にとられたくないという気持ちがとても強いです。とても独占欲が強いという傾向を持っています。

束縛されたくない

一人っ子は、束縛をされることを嫌う傾向にあります。それは、自分のしたいことや自分の行動を他の人に決められたくないという気持ちがあるからです。

小さいときから、自由にしてきたという人が多いので、束縛をされたくないという人が多い傾向にあります。

そのため、一人っ子の人に対して「これをしなさい!」というような発言や行動を縛るということは、あまりよくありません。

とてもストレスを感じてしまいます。そうしたストレス状態では、何かに取り組んでも良い結果にならないということがほとんどなのです。

一人っ子の人には何かを頼みたい時は上手に頼むようにしましょう。「これはあなたにしか、できないから頼んでいいかな?これはあなたに向いていると思うから、頼んでいいかな?」というようなお願いの仕方を試してみるのが良いです。

他には選択肢を与えるような頼み方も好ましいです。「これとこれのどちらかできる?」というように、自分の意思で決めているような感じを与えるようにしましょう。

自分の時間を取りたい

自分の時間を大切にしている一人っ子の人は、自分の時間がないことをとても苦痛に感じます。

自分の時間をしっかりとって、考え事や物事を整理する時間が必要なのは一人っ子の特徴的な部分です。自分一人の時間を楽しむことが好きな一人っ子にとって、時間をとられることはとても嫌なことになります。

好きな相手や気になる相手が一人っ子の場合は、きちんと一人の時間を作ってあげるようにしましょう。

また一人っ子の人が、自分の時間をきちんととれていないなと感じた場合などは「少し考える時間」をとった方がいいんじゃない?と提案するということがとても良いです。

そうすることで、自分のことを気にかけてくれてありがとう。というように感じますし、自分の時間を得ることで心の状態がよくなったりすることに繋がります。

でも寂しがり屋

一人っ子は、自分の時間を大切にしていて、必要としていますが寂しがり屋という特徴も持っています。

一人の時間が大事だからといって干渉を一切せずに放置するということをしていると、とても寂しがります。相手が時間を必要だなと感じた時は、できるだけ時間を作ってあげるようにして、適度にかまってあげるようにしましょう。

そうすることで、一人っ子の人はとても居心地が良いと感じます。そのような居心地の良さが良い関係性を築くのに、大事になってきます。

また寂しがり屋さんという特徴の人には、好きという気持ちを伝えるだけではダメです。好きと伝えるだけではなく、きちんと相手にかまってあげることが大事になってきます。好きと言っているから、会わなくても大丈夫ということは決してありません。

ですので、できるだけ時間を作って少しでも良いので「二人で同じ時間」を過ごすということをしましょう。そうすることで、自分は愛されているんだ、自分は大事にされているんだ、というような感情が芽生え、とても安心することに繋がります。

気持ちを伝えたり駆け引きするが苦手

一人っ子の性格として「気持ちを伝えたり駆け引きするが苦手」ということがあります。

小さい頃に兄弟や姉妹がいる環境で育つと、何らかの原因で喧嘩をすることになります。それは「これがいやだ、これが好きだ」というように相手に気持ちをきちんと伝えるからこそ喧嘩になります。

何か気にいらないことがあるとそれを相手に伝えますよね?それを兄弟や姉妹という存在を通じて小さい頃に学習します。また、何かが欲しい時に「これをあげるから、それを頂戴」というような会話を兄弟や姉妹がいると自然とします。

一人っ子だとそういった経験が少ないため、気持ちを伝えたり駆け引きすることが苦手というという人が多いです。一人っ子は、何を考えているのかわからない。何を伝えたいのか理解できない。というような意見は、幼少期の環境が関係しています。

一人っ子と相性がいい性格は?

一人っ子は、自分の時間が欲しいけど寂しがり屋というような性格の持ち主です。

そんな特徴を持った一人っ子はどんな性格の人と相性がいいのか、分からない方もいらっしゃるのではないかと思います。

一人っ子との相性の良い性格をご紹介致します。

1.気持ちを読んで気遣ってくれる人

一人っ子は、自分の気持ちを相手に伝えることが苦手な人がほとんどです。

また、何を考えているのかわからないというイメージを持たれていることが多いです。

そのため、一人っ子と合う性格の人は「気持ちを読んで気遣ってくれる人」です。気持ちを伝えることが苦手なので、何を考えているのかということに対して説明しなくても察してくれるような人を好みます。

また察するだけではなく、察してからどのようにすれば良いのかを考えて行動する人が一人っ子には、合っている人です。

2.器が大きい人

一人っ子の人は、わがままで何よりも自分を大切にするという傾向があります。

そのため、いやなことはいやと言います。「これはいやだ、これはしたくない」というような反応を一人っ子の人はよくします。その度に、「たまには合わせてよ、わがままばかり言わないで」というような反応ばかりをしているとすぐに喧嘩に発展してしまいます。

一人っ子の人は、自分の欲求が通らないことや自分のしたくないことをさせられていると「居心地が悪いな」というように感じてしまいます。そのため器が大きい人でなくては一人っ子のパートナーとして成り立ちません。

一人っ子の人が「これはいやだ」というような反応をした時は、「そうなんだね。じゃあ何がしたい?」と相手に委ねたり、少し余裕を持った対応が求められます。

それをできる器のある人が一人っ子の人と合っています。そうでなくては、すぐにストレスが溜まってしまいます。

自分に少し余裕がある、相手のことを理解してあげようという気持ちが強い人が向いています。

3.腹黒くなく素直な人

一人っ子の人は、伝え方が苦手な人が多くて駆け引きが苦手な人が多いです。

そのため、腹黒い人は一人っ子の人とはあまり相性がよくありません。それは「この人は何を思ってこの発言をしたのだろう」と一人っ子の人に思わせてしまうからです。

そうしてしまうと、一人っ子の人は「駆け引きが苦手」なので、すぐに疲れてしまいます。そうすると、余裕がなくなってしまって関係性が壊れてしまうことに繋がります。

また、素直でない人も「何を伝えたいのだろう」というようなイメージを与えてしまうのであまり相性がよくありません。

ですので、腹黒くなく素直な人が一人っ子の人ととても相性が良いです。一人っ子の人は「素直な愛情」を求めている傾向があります。

そのため、素直に気持ちや愛情を注がれることに非常に喜びを感じます。またそのようなものを受け取ると同じように「素直な愛情」を返す傾向があります。

結果として、うまく関係性が築けていくことになります。

まとめ

一人っ子の人は、自分を大切にする傾向や金銭感覚がズレていることがよくあります。また恋愛傾向としては、独占欲が強いということがあります。他には、自分の時間をとても大切にするという性格の持ち主です。

しかし一方で、すごく寂しがり屋さんという性格も持ち合わせています。そのため「うまくバランス」をとってくれるパートナーを理想としています。

一人っ子と、相性の良い人は気持ちを伝えなくても察してくれるような人です。気持ちを伝えるのがとても苦手なので、自然と気持ちをわかってくれる人がとても相性が良いです。

一人っ子は、性格や特徴からしてあまりいいイメージを持たない人が多いですが、とても良い面がたくさんあります。

愛情を注がれると、その分しっかりと愛情を注いでくれるということも良い面の一つです。

一人っ子は、相手に対して素直に付き合う傾向があるのでとても良い人が多いという傾向もあります。

一人っ子だからダメなんだというようなイメージを持たずに、その人の魅力の部分をしっかりと見るようにすると、すごく良い面が発見できると思います。

周りの一人っ子の人に対して、しっかりと良い面を見てあげるようにしましょう。そうすることで良い関係をつくることに繋がりますよ。

スポンサーリンク