Home / 結婚式 / 披露宴の流れや演出、ドレスの選び方をご紹介!

披露宴の流れや演出、ドレスの選び方をご紹介!

披露宴、それは新郎新婦にとってとても大切な会ですよね。

今回は、そんな披露宴の流れから女性のドレス選び、演出などについて見ていきたいと思います。

 

スポンサードリンク

披露宴のスタイルの変化と流れ

披露宴とは

結婚を決めた夫婦であれば入籍を済ませるだけでなく、結婚式を開くことが多くなっています。その際には披露宴も行われますが、結婚式とは違う存在であることを理解しましょう。結婚式は婚姻を成立させる儀式のような役割を持ったものです。

披露宴は結婚する夫婦のお披露目の場で、たくさんの人が集まって夫婦の門出を祝い、楽しむ宴会としての意味が込められています。しかし、日本では両方を同時に行うケースが多くなっています。披露宴を行う際にはゲストを呼ぶようにします。

人数は自由に選ぶことができますが、予算に合わせたり、夫婦の付き合いの規模によって設定するようにするのが一般的です。親族が呼ばれるようになります。また、夫婦の親しい友人や恩師、勤務先の上司や同僚を呼ぶケースが大多数です。

仲人を呼ぶケースが昔はとても多かったものの、現在では仲人を立てる夫婦が極端に減っており、全体の1%ほどの割合しかありません。よほどの拘りが無い限り、今のスタイルであれば仲人を立てる必要はないといえるでしょう。

披露宴の流れ

時代の変化とともに昔ながらのスタイルとは違ったものが増えているものの、ホテルなどで行われる一般的な披露宴の流れは大体決まっています。

まずは新郎新婦が会場に入場し、司会者が紹介してくれます。紹介が終わるとウェディングケーキに入刀する儀式が行われます。以前はイミテーションケーキという入刀する部分のみ本物のケーキがよく使われていましたが、現在は生ケーキを使うのが主流です。

入刀後のケーキはゲストに振る舞われます。続いて祝辞と乾杯が行われ、食事や歓談へと流れていきます。両親がゲストにお酌をしながら、感謝の気持ちと伝えるなどして各席を回っていきます。ゲストが楽しくくつろげる時間帯です。

途中でお色直しをするために新郎新婦が退場しますが、エスコート役として両親などの身近な人が担当するのが現在の傾向です。お色直しが終了して、新郎新婦が再入場します。再入場の際にはゲストの席を回りながらキャンドルサービスを行います。キャンドルサービス終了後に、ゲストなどが参加して楽しむ演出が実施されます。ゲストだけが参加するものから、新郎新婦も参加するスタイルまで様々です。

演出を楽しんだ後に、新婦が両親に向けて手紙を朗読します。最も感動的なシーンだといえるでしょう。新郎新婦が両親に花束を渡します。記念品を渡すタイプも存在します。新郎の父親の謝辞の後、新郎が挨拶をします。新郎新婦が退場後、両親と新郎新婦がゲストを見送って終了です。

全体の所要時間としては2時間半くらいです。お色直しでおおよそ30分くらいかかります。お色直しまでの前半の方がやや短めで、45分くらいで終了します。

後半は1時間以上です。意外に忙しいのが、新郎新婦の両親です。集まってくれたゲストに対して挨拶したり、お酌をするなど頻繁に動き回ります。

流れとしては大体決まってはいるものの、決まっている中にもオリジナリティを出したり、おもてなしに工夫が凝らされたものに仕上げることで、ゲストに喜ばれるようになります。

ゲストが最も注目するのは食事の部分です。楽しい席でも食事に魅力がなければゲストに喜んでもらえなくなりますので、料理には拘ることをおすすめします。洋風でも和風でも行えますが、一般的に洋風の形式が多くなっており、フランス料理をもてなす傾向が強くなっています。

大人から子供まで楽しめるのが、フランス料理のメリットです。食も和食も楽しめる折衷料理も人気が高くなっています。フランス料理と折衷料理の割合が大半で、和食やイタリア料理、その他の料理になってくると極端に割合が低くなります。

披露宴で着るドレスの選び方

結婚式は人生において何度もするものではなく、多くの人は一生に一度の大きな儀式です。婚姻を決めた二人がこれから末永く仲良く暮らしていくということを神様や仏様、あるいは親族や友人たちの前で誓い合って、周囲の方々にもお披露目をするセレモニーです。

日本の神話においてはイザナギのミコトとイザナミのミコトがオノコロ島で天の御柱を建てて、「右からと左からと回ってきて、出会ったところで遭いましょう」という約束を交わし、そして結ばれたことが結婚式の起源と言われていますが、平安時代や鎌倉時代には夫が妻の家に通う「婿入り婚」でした。

武家社会の発展とともに室町時代には「嫁入り婚」となったのですが、そのころの結婚式には陰と陽の二つの儀式で構成されていて、陰の儀式では花嫁は白無地の着物を着て花婿の家に行って合杯の礼をし、その3日後に陽の儀式で花嫁は色物の着物を着たとされています。

白無垢は武家の家に嫁ぐときの衣装で、古来から白は神聖な色と言われ平安時代の頃から花嫁衣装には白がよくつかわれていたといわれています。また「嫁ぐ家の色に染まります」という意味もあり、花嫁は白無垢を着用していたのです。

女性にとってウェディングドレスというのは憧れの1つです。

結婚式の時にしか着られないものなので、デザインや色などにこだわりを持つ人も少なくはありません。しかし今日では多くのデザイナーや芸能人がブランドを立ち上げてドレスを発表しているため、一体どれが自分に合っているのかが分からず候補をなかなか絞ることができないという人もいます。

どのような選び方をすれば自分に合った理想的なドレス選びができるのでしょうか。

ラインの種類を知る

まず知っておくべきはラインの種類を知るということです。ドレスには大きく分けてプリンセスライン・Aライン・マーメイドライン・スレンダーライン・エンパイアライン・ベルラインの6種類が存在します。

プリンセスラインというのはその名の通りお姫様のようにふわっと広がったシルエットが特徴のラインです。そのため可愛らしいデザインのものが多い傾向にあり、少女らしさを演出してくれる上に下半身のスタイルを気にする必要もありません。

プリンセスラインに近いデザインとしてAラインというものがあります。同じように腰のあたりで切り返しがついているため下半身の体型カバーにもなります。しかしプリンセスラインほどの広がりはないため可愛らしいデザインから女性らしい上品なデザインまで多種多様です。

マーメイドラインは人魚のように体のラインを前面に出したデザインです。膨らんでいるところは膨らみ、締まるところは締まるというメリハリがはっきりしたものなので、全身のスタイルが一目で分かります。そのため少しハードルが高く感じてしまいますが、選ぶ人が比較的少ないラインなので人と被ることが少なく、また大人っぽくカッコイイ着こなしを可能としてくれます。

スレンダーラインはパーティードレスのように上から下まで真っ直ぐに伸びたラインです。広がりがあまりないため動きやすく、またシンプルで女性らしさを演出してくれます。

エンパイアラインは胸の下で切り返しがついたラインです。ウエストが気になる人や妊婦さんなどはお腹に負担がかからないためよく選ばれています。

ベルラインはその名の通りベルのような形のシルエットが特徴的です。これも下半身の体型カバーになる上に丸みを帯びた可愛らしさを演出してくれます。

このようにラインだけでも合う合わないというものがあります。まずは自分がどのような着こなしをしたいのかを考えてラインから絞っていきましょう。

デザインと色

それが決まれば次はデザインや色です。

デザインや色というのはその人の印象を表します。そのため基本的には好きな色のものを選んで着ればよいのですが、ここで注意しなければならないのが新郎とのバランスです。披露宴では常に新郎新婦はセットでいることになります。

つまり、2人が並んで立った時に違和感がないようにバランスを取る必要があるということなのです。

新婦の衣装にばかり力を入れて新郎の衣装をおろそかにしてしまうと、必ずアンバランスさを生み出します。そうした違和感を感じさせないように、衣装合わせの際には必ず2人並んでみるということをしましょう。

またその他にも会場の雰囲気に衣装を合わせるということも考えなければなりません。シンプルな会場なのに衣装だけが派手だととても浮いてしまいますし、自分たちにお金をかけることを重視しているというのがゲストから見ても分かります。

ドレス選びというのは一生に一度ですしとても楽しいのですが、自分の好みだけで完結させるのは危険です。必ず新郎や家族、担当のプランナーなどにも相談しながら決めていくように心がけましょう。そうして自分に合った衣装を選ぶことによって初めて「キレイ」と周りから誉めてもらえるのです。

披露宴にオススメの演出

儀式として厳かな挙式を終えた後に待っているのは結婚披露宴です。最近ではパーティー感覚で楽しみたいという人も多いため、あまり堅苦しい形式にはせずガーデンで行ったり、料理をビュッフェ形式にしたりなどの思考をこらすカップルが増えています。

どんな楽しみ方も新郎新婦の自由ですが、楽しみたいが故にゲストに失礼があってはなりません。そのため自分たちだけではなくゲストも楽しめるようにとパーティー形式にするとしても、乾杯の挨拶や新郎新婦からの挨拶など、必要なことは必ず行うというのが前提です。

披露宴には様々な演出が行われます。ゲスト全員が参加できるキャンドルリレーや、未婚の女性たちが参加するブーケプルズやブーケトス、友人ゲストによる余興などがよく見られる演出です。しかし人生に一度きりの結婚式です。

中には「あまり人がやったことがないことをやりたい」「オリジナルの演出を行いたい」と考える人も少なくはありません。そんな人々におすすめしたいのがパラパラ漫画を使った演出です。

パラパラ漫画を使用する

パラパラ漫画と言えば古くから存在しますが、某芸能人が音楽に合わせて作品を作り上げていっているのを皮切りに、企業PRの映像やサプライズ映像など様々な場面で使用されるようになりました。その需要は年々増加傾向にあり、今ではパラパラ漫画専門の業者も多数存在します。

披露宴でもパラパラ漫画を使用する人が増えてきています。例えばきちんとプロポーズができていないため結婚式の場を借りて改めてプロポーズをしたいという人や、日頃は素直に言えない感謝の気持ちを特別な形で伝えたいという人などに需要があります。

パラパラ漫画の魅力というのはまず映像の展開が想像できない点にあります。手描きで描かれたキャラクターたちがころころと表情を変えながらストーリーが展開していくため見ている側は飽きることなく見ることができます。

また実写よりも表情を豊かにすることができるためキャラクターの感情というものを間違いなく伝えることできるというのも魅力でしょう。パラパラ漫画は紙とペンさえあれば作成できます。しかし非常に時間と手間がかかるため、とても隠れて準備するのが難しいという人も少なくはありません。

そういった場合には専門の業者に制作依頼をかけることをおすすめします。専門業者には専属の漫画家が在籍しており、好きな絵のタッチを選んで依頼をかけることができます。まずはどれくらいの長さでどのようなストーリーで制作するのかというのを打ち合わせしていきます。

ストーリーが決まればそれで絵コンテを作成し、流れの最終確認を行います。ストーリーと長さ、絵のタッチや添付する音楽などを決めたらいよいよ漫画家による制作作業がスタートします。すべて手描きであることから、依頼を受けた漫画家は1件の案件に集中します。

そのため制作費用の値引きは基本的に受け付けていません。つまり1つのムービー作りにとても丁寧に取り組んでくれるということなのです。

こうして出来上がったパラパラ漫画はDVDとして送られてきます。形に残るので、見たい時にいつでも見ることができるというのもおすすめのポイントです。できあがったムービーは披露宴で上映するだけで多くの人々の感動を呼ぶのです。

心にも形にも残るこの演出は、性別・年代問わず多くの人から人気があります。伝えたい思いを伝える演出として面白い作品にも感動する作品にも変化します。また実写ではなく漫画なので見ている側も気恥ずかしさというのを感じることなく見ることができますし、写真素材を集める必要もありません。

普段あまり写真を撮らないというカップルには特におすすめです。

まとめ

いかがでしたでしょうか。新郎新婦だけでなく、参加者もたのしめるような披露宴にしたいですよね。

本記事がその一助になれれば幸いです。


スポンサーリンク

Check Also

結婚式に役立つアイテム紹介~ぐるなび、みんなのウェディングなど

人生最大のライフイベントの一つ …