Home / 恋愛 / 片思い / 片思い相手の女性からLINEの返事がないのはなぜ?

片思い相手の女性からLINEの返事がないのはなぜ?

気になる相手からのLINEはとても嬉しいもの。しかし、一方で返事がない。。。これって既読スルー?と不安になることも。送ったLINEを見返したり、後から「こう言えばよかった・・・」「変なこと言ったかな?」と後悔したことも誰だって一度はあるはず。

そんなLINEの返事で悩むあなたへ、気になる女性からLINEの返事がないのはなぜか。そんなときはどうすればよいか。
今日はその原因と対策について考えてみました。これを読んだあとには、そのモヤモヤした気持ちがなくなっていますように。
ではいきます!

スポンサードリンク

LINEの返信が来ない理由6パターン

そもそもなぜLINEの返事が来ないのか?もしかして嫌われている?送った内容が悪かった?忙しい?こんなふうに心配しているあなたへ。LINEの返事に一喜一憂する気持ちはよくわかりますが、すぐにマイナス思考に陥らないで。冷静に分析してみましょう。返事が来ないことには、いくつかの理由が考えられます。ここでは、その理由について、「相手」側と「自分」側の両方の面から見てみることにします。

「相手」側の理由によるもの

単純に「忙しい」から

相手が社会人であれば、月末など仕事に追われる時期もあります。また学生であればテストや論文で時間がないときも。そんなときはプライベートに気が回らず、LINEが送られてきても返事を後回しにしたり、読んでそのまま返事をするのを忘れてしまうこともあります。私も過去に、仕事中に送られてきたLINEは休み時間に読んでそのまま放置してしまっていた!ということがありました。これは、特にあなたのことが嫌い、とか悪気があるわけではありません。ただ、読んで、そのまま返事をした気になっていただけです。

というわけで、片思いの相手が忙しい!そんな人は、そうならないためにも、あらかじめ相手の仕事の忙しい時期などは把握しておきましょう。そして、もし相手が忙しそうな時は返事を急がせるのは逆効果です。返事がないのに一方的に何通も送ってはいけません。しつこいと思われて相手がどんどんと遠ざかってしまいますよ。こんなときは、「ああ、相手も忙しいんだなぁ~」と気長に待って余裕を見せてみましょう。そうすると相手も時間ができたときに連絡をくれるはず。

そもそもLINEやメールなどの返信テンポが遅い

LINEやメールの返事の頻度は人によってさまざまです。既読後すぐに返信をする人もいれば、家に帰ってじっくり返信する人もいます。これは本当にさまざまです。私は基本的に(忘れないためにも)LINEが来たらすぐに返信を心掛けているのですが、友人間では、すぐにせずにじっくり返事をする、という人もいます。これは男性の場合も同じではないでしょうか。ぱぱっと短文で返す人もいれば、時間をとって長文を送ってくれる人もいます。

これは相手がどうというよりも、あくまでその人のペースなのです。連絡を取り始めたら、相手がどんなLINEのテンポを好むのか。まずは相手のペースをつかんでみましょう。

残念ながら!脈なしのパターンも

考えたくはないですが、こればかりはどうしようもありません。「返信がない」=「脈なし」の可能性は低くはありません。逆の立場を少し想像してみましょう。そんなに好きではない相手からLINEが来たら、すぐに返事をしますか。酷な話ですが、そもそも好きではない相手のLINEやメールへの返事はおっくうなものにもなり得ます。

実は、この「返信がない」ということがあなたへの「返事」にもなり得ます。返事がないから、気づいてね。といった相手からのやんわりとしたお断りの態度なのです。誰しも、告白はされてはいないものの、相手もあなたからの好意には気づいているはず。だけれども、あなたをハッキリとは気づつけたくない…「返事がない」こと「返事が遅いこと」にはやんわりとそんなメッセージが隠されています。

じゃあどうするか?スパっと身を引きますか?こればかりは、あなた次第です。返事がないからとあきらめますか?それとも、頑張ってみますか?もし、どうしてもあきらめきれなければ、時間をおいてからまた連絡してみましょう。連絡の方法は後述しているとおりです。
注意してほしいのは、こんなとき、返事を催促しては絶対に逆効果ですよ。

もしかしたら、駆け引きかも?

これは見極めが少し難しいですが、ひょっとして、相手もあなたに気があるのかも。この場合、あなたはすでに相手の駆け引きにはまっています。ただし、これはあくまでも、駆け引きの場合相手からのデートのお誘いやそれを醸し出すようなメール内容がそれ以前にあることが前提です。LINEやメールの文脈などそれまでのやりとりを振り返って客観的に判断してみましょう。

※駆け引きメールの見分け方※
・相手からのメールに疑問文が多い…これは相手もあなたとのLINEを続けたいと思っているサインです
・絵文字を使っていたり、丁寧な内容…なんとも思っていない相手へのLINEはそっけないもの。絵文字が入っていたり、文章が長く丁寧な印象を受ける場合脈ありかも。

「自分」側の理由によるもの

さて、これまでは「相手」側の理由について見ていきました。それでは視点を変えて「自分」に向けてみましょう。自分の送ったLINEに何か問題はなかったでしょうか?今一度振り返ってみましょう。

LINEの内容が報告で終わっている。せめて疑問文に

そもそも相手が「返事をすべきなのか」とハッキリしないようなLINEの内容をおくっていませんか?例えば「今日○○した」「今家に帰ったよ」なんて一方的なメールは、もらった相手にとっては「ふーん。そうなんだ」でしかありません。こんなLINEをもらったら、どう返事をしていいかわからない、そもそも返信すべき?と思ってしまいます。

じゃあどうするか。聞いたこともあると思いますが、LINEの鉄板!疑問文ですよ!もっと会話を膨らませられるよう、文末を疑問文にして答えやすい文章にしてみましょう。「今日○○だったけど、そっちはどうだった?」と相手に聞いてみましょう。疑問文で返されることで、「返事がほしいんだ」ということが相手に伝わり、返信の頻度も増えるでしょう。しかも、これは、相手に答えやすいLINEを送ってくれる思いやりのある親切な人という印象を与えてくれます。もう一度LINEを見返して、さてどうでしょうか?疑問文になっていましたか?

頻繁にLINEを送りすぎている

相手のペースを無視して頻繁にLINEを送りすぎていませんか?相手が自分に興味を示していないのに、LINEを送り続けたりしていませんか。これは気持ちが焦っていたり、相手の気を引こうとしてエスカレートしてしまっている状態です。だれでも恋愛をすると周りが見えなくなるものですが、焦りは禁物。
相手からの返事がなければ、焦らず待ってみましょう。

LINEで既読無視されたときに、さりげなく返信を促す一言3選

せっかく送ったLINEの返事がない!これって既読無視?そんな時、再度LINEを送るにはどうしたらいいか。相手に返事のプレッシャーを与えずに返信しやすくなるようなLINEの送り方を紹介します!

さりげなく伝えよう!「…そういえば○○ってどうなった?」

LINEが既読なのに返事がない!そんなときは「そういえば」と過去のLINEの内容を思い出して、相手に疑問文で聞いてみましょう。大事なのは、相手に興味を持っていることを示すこと。あくまで、さりげなく、軽く聞いてみましょう。

時間をおいてから!「久しぶり!仕事忙しかった?」

既読無視されたときはまず時間をおいてみましょう。そのあとで明るく送ってみましょう!ここでのポイントは、時間を置くことと、相手の負担にならないようにあくまで軽く送ってみることです。

相手の気持ちもさぐりつつ!「最近どう?」

さらっと近況を探ってみましょう。「最近わりと暇だよ~」と返信が来たら、すかさずデートに誘ってみる!「忙しい」と言われたら、「そっか、また暇になったらご飯行こう!」と言ってみましょう。ただし、毎回「忙しい」であれば脈なしかもしれません。。。
さて、これら3つに共通することですが、連絡が来なくても催促しない!ということです。ふんわりと、返事のしやすいLINEをしてあげると、相手も返信しやすくなりますよ。

番外編…「LINE送るの、迷惑かな?」

何度も返信を促すようなLINEを送っても返事がない!そっけない!そんな時は、ズバリ聞いてしまいましょう。なんとなく中途半端にモヤモヤとした気持ちでいるならば、さっさと聞いてしまうのもアリ。脈があれば、「全然迷惑じゃないし、嬉しいよ!」と帰ってくるはず。一方で、脈がない場合でも、相手ははぐらかさずに自分に正直に話してくれるでしょう。どうしても相手が自分に好意を持っているか気になる。知りたい。そんなときはハッキリと聞いてしまいましょう。
ただし、これは聞く勇気と準備ができてからですよ。

女の子に喜ばれるLINE5選

それでは、女の子はどんなLINEが好きなんでしょうか?ここではその時間帯と内容についてみていきます!

仕事終わりのタイミングに「お疲れさま。今日どうだった?」

仕事が終わってスマホを見て誰かからの連絡があると嬉しいもの。仕事終わりのタイミングを見計らってLINEを送ってみよう。また、朝の通勤時間のタイミングに送ってみるのもあり。電車の中で返事をくれるかも。

デート後はすかさず「今日は楽しかったよ。ありがとう」の連絡を!

二人でご飯に行ったりデートをした後は、帰りの電車など必ずその日のうちに連絡をしよう。また、相手が家についたころを見計らって「ちゃんと帰れた?」と連絡するのもアリ。マメにちゃんとLINEをくれる人はポイントが高い!

思いやりを持って、内容は丁寧に!

女の子に喜ばれるLINEは丁寧さがポイント。例えば「元気?」だけではそっけなく思えるので、「最近暑いけど、元気してる?」など少し前置きを入れたり、たまには4~5行の長めのLINEをしてみると、あなたの誠実さをアピールすることができます。
ちゃんと考えてメッセージを送ってくれてる、と女の子には喜ばれます。

女子は新しいものやおいしい料理、イベントが大好き!「新しくできた○○行ってみない?」「この映画観たいんだけどつきあってくれない?」

近くに新しい店がオープンした、おいしそうな店の前を通った、友達がおいしい料理屋さんを紹介してくれた。そんなときは、是非気になる相手を誘ってみましょう!女の子は新しいお店や口コミのよいお店が大好き!新たな情報をゲットしたら、それを口実にデートに誘ってみましょう!新しい映画や野球観戦などイベント類も同様に、デートには誘いやすいですね。

ズバリ聞いてみる!「次、いつ空いてる?」

次のデートのお誘いは、なるべく具体的に日にちを聞いてみましょう。「また遊ぼうね!」だけでは何となく日にちが決まらないままデートが流れてしまう可能性も。本当に相手のことが好きであれば、ここは積極的に次の約束を取りつけたいもの。勇気を持って聞いてみましょう。
ただし、ここでも相手の返事が何となく曖昧だったり、返事が来なければ脈なしの可能性もそんな時は少し期間をあけて連絡をとってみましょう。

まとめ

LINEの返信が来ないのにはいろいろな原因が考えられます。相手のことを好きでいればいるほど、返信がないと不安になるのも当然です。
ただし、焦りは禁物。返事もないのにさらに連絡を送ったり、返事を催促してしまうと逆効果であなたとの距離はどんどん遠ざかっていってしまいます。そんな時は焦らず時間をおいて待ってみることです。

待ってみて、それでも返事がそっけない場合は、ほかに好きな人がいたり、あなたを友達以上に見られないこともあります。「返事がないこと」があなたのLINEへの答えであったりもします。大事なことは一方的にならずに、相手の気持ちや様子をくみ取って連絡をしてみることです。

そして、LINEはあくまでも連絡手段の一つです。LINEの返事に一喜一憂するのはとてもよくわかりますが、気になった相手に自分の思いを伝えたり、思い切って告白するには、会って直接話すのが一番です。
それでは、あなたの恋愛になにかプラスになれば幸いです!応援しています!


スポンサーリンク

Check Also

心理学に基づいた、好きな人と結ばれるための実践テクニック

恋をしたら「好きな人を振り向か …