Home / 恋愛 / 幸せな結婚をするための準備

幸せな結婚をするための準備

結婚をするのであれば、たくさん準備をしなくてはならないことがあります。

実際に結婚するとなったら、どのような準備が必要なのでしょうか。

スポンサードリンク

結婚する前の準備

結婚には資金が必要

結婚をするためには、相手を見つけるだけではなく、資金を溜めておくことも必要になります。相手を見つけることが出来、今が二人の想いも頂点に達して結婚をするタイミングだというのに、資金がないために踏み込むことが出来ないということになってもいけません。

二人が結婚をして生活を始めていくためにも、お金を貯めるようにしていかなくてはなりません。

実際、どれくらい必要?

結婚をするためにたくさんのお金が必要だとわかっていても、実際にはいくらくらい貯めればいいのかわからないことでしょう。

貯金が多ければ多いほどいいですが、目標金額も設定していない状態では、貯めにくくなってしまいます。 目標金額をはっきりさせておくことによって、貯める気力も怒りやすくなりますので、必要な金額を設定して目標を持ってためていくようにするといいでしょう。

何にお金がかかるの?

必要な資金としては、婚約時に必要なお金、結婚式、新婚旅行、新居の契約時に必要なお金などがあります。

まず婚約時には、婚約指輪や両家の顔合わせのための食事会などで30万円程度は考えておきましょう。

式に関しては、一般的な式だったとしても、300万円程度は必要になります。

新婚旅行は海外に行くことが多いですので、滞在先などからも変わってきますが、お土産代なども含めると70万円程度を考えておくことです。

そして新居に関しては、最初の家賃や敷金礼金なども考えると30万円から40万円くらいは必要になります。

単純に考えただけでも、450万円程度は必要になりますので、二人でこの金額を用意しなくてはなりませんが、これだけをいきなり貯めようと思っても、何年先になるのか不安になってしまいます。

どれくらい貯めておけばいいの?

実際にはご祝儀や親からの援助なども考えられますので、300万円を目標にためていくといいでしょう。

300万円は二人で合わせた金額になりますので、どちらが多く貯めなければいけないというものでもありません。
二人で折半し足り、男性が少し多めに支払うようにする人が多いですので、一人150万円程度を目標にしておけばいいでしょう。 150万円であれば、現在の貯金と合わせても何とかなる金額だと考えられますので、気の遠くなるような話ではありません。

あまりにも目標が遠すぎる場合には、諦めてしまいがちですが、達成できそうな目標であれば苦になることなく貯めることが出来るでしょう。

貯められそうにないなら

しかし、それでもなかなか貯められそうにないのであれば、削る部分を削っていくしかありません。

結婚式には莫大な費用が掛かりますので、式自体を取りやめるようにするのか、それとも規模を小さくしたり新婚旅行と合わせて海外で式をするなど、柔軟に対応していくようにしましょう。

一度きりの式ですので、妥協をしたくない部分はあるはずです。 妥協をしたくない部分を妥協してしまえば、後悔が出てしまうことになりますので、本当に妥協をしてもいのかを考え てみなくてはなりません。
新婚旅行もお金がないからと行かずにいれば、後悔することになるでしょう。 すぐに子供が出来た場合には、旅行に行きたくてもしばらくは行くことが出来なくなります。

新婚旅行は生活が落ち着いてから行こうと思っていた人でも、妻が妊娠中となれば新婚旅行に行くのは不安に感じるようになります。

初産となればどんなことが起きるかわかりませんので、旅行中に母子に危険が及ぶようなことがあってもいけません。 安全に旅行を楽しむためには、妊娠前の式後に行くようにしたほうがいいでしょう。

いつか行こうとか、いつか買って準備をしようという気持ちでは、いつまでたっても後回しにしてしまいがちです 今した方がいいことは今するようにし、必要なところにお金をかけて準備をしましょう。

結婚するときになったら

結婚式の準備

まずは結婚式や披露宴をするのであれば、その準備をしていかなくてはなりません。

式や披露宴を行うためにはあらゆることを決めていかなくてはなりませんので、大忙しになることでしょう。

招待客を決めたり、会場を決めたりと行わなくてはならないことは山のようにあります。

そんな中でも花嫁は、ドレスに合うようなボディーケアをしたり、肌の手入れなどもしていかなくてはなりませんので、順序を決めて効率よくいろんなことをこなしていく事になります。

新居の準備

準備をしなくてはならないのは、結婚式だけではありません。二人で暮らしていくための新居が必要になりますので、これも探す必要があります。

二人ともが仕事を続けていくのであれば、お互いが職場に通いやすい場所を探さなくてはなりませんし、家賃の問題も出てくることになるでしょう。

二人で働いている間は支払うことが出来たとしても、妊娠をして出産をするとなれば退職をする可能性もあります。その時には家賃が支払えなくなってもいけませんので、一馬力で働くことになった時に生活が出来るかどうかも物件を選ぶときの基準にしていかなくてはなりません。

そして新居を決めたのであれば、家具や家電も購入する必要があります。これに関しても二人だけの生活として考えるのではなく、子どもが出来たときのことも考えて購入するようにしなければ、すぐに買い替えの必要が出てしまうでしょう。

生活をしていくためには無駄にお金を使うわけにはいきませんので、先のことまで考えて準備を進めていく必要があります。

交友関係の整理

結婚生活をするためには、式や新居の準備が必要になります。 しかし肝心なのは、身辺整理もすることです。

交際期間中にパートナー以外の異性とは浮気などの交遊をしていなかったとしても、友人関係も整理していく必要があるでしょう。

結婚をするとなれば、必要以上に異性と交遊を持つことは良くありません。あらぬ誤解を受けるようなことになってもいけませんし、あらぬ関係へと発展するようなことがあってもいけないからです。

電話帳に登録してある異性の不要な電話番号は消去するようにし、異性との不要な友人関係は断つようにしましょう。

もうほとんど連絡を取っていない異性であれば、わざわざこちらから連絡をして関係を絶つようなことまではしなくてもいいですが、気持ちとしてきっぱりと関係を絶つ気持ちを持っておかなくてはなりません。何らかの誘いがあった時に、ふらふらと気持ちが揺らいでしまうようなことになれば、パートナーを裏切ることになってしまいます。

 

結婚をするということは、精神的な準備も必要になります。 決意をして家庭を持つことにしたのですから、全力で家庭を守ることを最優先に考えるようにしなくてはなりません。

いつまでも遊ぶことばかりを考えているようでは、精神的に覚悟ができていないことになります。

これからは家族を中心とした生活をしていくように気持ちを切り替え、自分一人の時間ばかりを優先するようなことも考えないようにしましょう。

もちろん婚姻生活を始めたからといっても、時には一人の時間も必要になりますが、それを休日のたびに行っているようではいけません。

趣味がある人は、趣味に没頭しやすくなってしまいますが、家族で一緒にできる趣味に切り替えていくようにしたほうがいいでしょう。

そうすることで、パートナーから不満を抱かれることもなくなりますので、不要な喧嘩をすることもなくなります。

幸せな婚姻生活のために、もう一人ではないのだということを自覚するようにし、精神的な部分を切り替えていくようにしましょう。

結婚指輪も準備の一つ

婚約指輪は男性がプロポーズの時に女性に渡すものというイメージがありますが、結婚指輪は二人で負担しあって買うケースが多いようです。

60%以上のカップルが二人で費用を負担して、これからの夫婦生活の証明にしています。

結婚指輪の相場は?

結婚指輪の相場は、10万円代というカップルが多いです。

購入時期は結婚式の6ヶ月前後が多く、この時期だと余裕を持ってサイズ直しなどもできるメリットがあります。

買うときのポイントは?

デザインにこだわる

購入のポイントは、どんなデザインにするかを考えておくことです。

無計画にたくさんのお店を見ても、くたびれて選べないということになってしまう可能性が高いからです。

結婚式前は式の準備などでただでさえ時間がないので、スムーズに決められるようにあらかじめデザインを考えておきましょう。
ペアのデザインでもいいですが、最近では個人を尊重してお互いの好きなデザインをそれぞれ選ぶカップルも増えています。必ずしも同じデザインではなくても構いません。

その場合は女性側の指輪の方が費用が高くなることが多いようです。
もしくは、オーダーメイドで世界に一つだけのデザインを作ることも可能です。オーダーメイドは時間とお金がかかりますが、アフターサービスやメンテナンスが充実していて、サイズが小さくなった時や傷がついてしまった時に無料で直してくれる場合が多いです。

普段ずっとつけるのであれば、あまり凝りすぎずにつけていて邪魔にならないデザインを選ぶといいでしょう。

素材にこだわる

イメージが決まったら、予算を決めます。二人で話し合って予算を決めておきましょう。

指輪の決定ポイントは素材です。長く使うことになるので、傷がつきにくいなどという耐久性を重視しましょう。

耐久性が高い素材には、プラチナ、ピンクゴールド、ホワイトゴールド、などがあります。

8割近くのカップルが選んでいる素材がプラチナです。
プラチナのメリットは、金属アレルギーが起こりにくいところです。金属アレルギー持ちの人や、アレルギーのリスクが高い人でも安心して使うことができます。

硬度が高くて傷や変形にも強いので、耐久性の点でも合格です。唯一のデメリットは、プラチナは希少性が高いので値段が高くなってしまうところです。
一生に一度の買い物ですから、ここは割り切って考えた方がいいかもしれません。
ゴールドの中でも、銀と銅を混ぜ合わせたピンクゴールドは人気があります。

肌を明るく見せる効果もあり、女性からも人気が高い色です。硬度も高く、プラチナと同じように耐久性にも優れています。ゴールド単独であれば金属アレルギーを発症するリスクは少ないですが、合金の場合は他の金属によってアレルギーが起こる可能性があるので注意が必要です。

試着が重要

あとは、購入する時には試着は必ずさせてもらいましょう。デザインが良くてもつけ心地が悪いのでは実用性がありません。

女性は普段からアクセサリーをつける人が多いですが、男性は指には何もつけない人が多いので違和感を感じやすいので、違和感を感じにくいつけ心地のものを選びましょう。
アフターサービスのあるお店だと、購入してからも安心です。

長く使っていればサイズがきつくなったり、ゆるくなったりする可能性があります。壊れたり傷がつく可能性もあります。サービスが良いお店ではそういうトラブルにもしっかり対応してくれるので、長く安心して使えるでしょう。
あまりにも派手なものを選んでしまうと、年齢が高くなってからつけづらくなることもあります。ずっとつけていられるデザインであるかどうかも結婚指輪の決定ポイントとして重要です。
予算やカップル同士の意見が合わずに、適当なもので妥協してしまうのはもったいないです。一生に一度のものですから、しっかり計画を立てて買うようにしましょう。

さいごに

結婚にはさまざまな準備が必要です。

万全な準備をして、幸せな結婚ができるようにしたいですね。


スポンサーリンク

Check Also

あなたは幾つ当てはまる?O型男子の特徴と恋愛傾向をご紹介

誰でも恋愛を始めたら、その恋を …