Home / 恋愛 / マッチングアプリ / 恋活アプリ / 印象はメールで決まる!ハッピーメールで返信率を上げる6つのポイント

印象はメールで決まる!ハッピーメールで返信率を上げる6つのポイント

初対面の印象は目で決まると言われていますが、メールの場合は何で印象が決まってしまうのでしょうか?

実に興味深いところですが、人それぞれの素振りも見えないメールでは実はさまざまな気付かない部分であなたの印象が決まっています。

ハッピーメールで相手とやり取りを続けてメッセージ交換を楽しみたいあなたは、知らず知らずのうちに相手に自分の印象を与えてしまっている事実を知りましょう。

本記事ではあなたの印象が決まってしまうポイントや、ハッピーメールでのメッセージの返信率をあげるポイントをご紹介します。ポイントを知っておき、今後のメッセージに活かしていただければと思います。

スポンサードリンク

メールをやり取りする前に!返信率を上げるプロフィールとは


マッチング成立ができると、すぐにやり取りをしたいですよね。ですが、ちょっと待ってください。マッチング後でも遅くないので、返信率に関係があるプロフィールをもう1度見直してみませんか?

プロフィール写真は1番良いものを乗せる

自分を理解してもらうのに1番分かりやすいのがプロフィール写真ですが、その写真は自分の良いところが映し出されていますか?

会ったこともない誰かに自分を分かってもらうのには、プロフィールと写真だけが頼りです。

見た目で判断されてしまうところがプロフィール写真でしょう。その大事なプロフィール写真ですが、適当に撮ったものやなんとなく「これでいいか」と適当に写したものを使っていませんか?もしそうだっだならすぐに替えることをおすすめします。

何回も撮り直して、これでベスト!と思えるような自分至上最高の映り具合の写真をプロフィール写真に載せると、ぐっと印象が良くなって返信率も確実にアップするでしょう。

さらに詳しいコツはこちらの記事をチェック!↓

マッチングアプリでいいねを集めるコツ!写真編

紹介文にひっかりのある文章を入れる

ただのシンプルでベーシックな文章では、読んだ人の記憶にあまり残らないでしょう。

「私は〇〇です。趣味は〇〇が好きです。仕事は〇〇です。よろしくお願いします。」などというようなありきたりで変化球のない文章では、異性に出会おうとするやる気も魅力も感じることができません。

誰かに見てもらおうとするのであれば、文章に読みたいと思えるようなちょっとしたエッセンスを入れることが大切です。

「趣味は好きな音楽を演奏することですが、その楽器は吹奏楽でも1番有名なあの楽器です。」など「え?なんの楽器?」とちょっとした疑問を読む相手に与えると、音楽好きな相手からメッセージが来る可能性があるでしょう。

全てを正直に出すのも良いのですが、ちょっとした面白いエッセンスや質問したくなるような文章にすることもコツなのです。

読みやすく体裁を整えた文体にする

プロフィールの文章は、基本的には自分がどのような人間であるかを相手に分かるように理解しやすく文章で表すことが大切です。

ただのプロフィールの自己紹介だからと軽く見ていると、それに見合った文章になってしまいます。それは読んだ人にも伝わってしまうでしょう。

そして基本的な「てにをは」が支離滅裂でめちゃくちゃだったりすると、一般的な教養がない人だと思われてしまうはずです。

また、逆に難しい言葉ばかりを並べるのも、付き合うとどんな会話をするんだろうといらぬ想像をしてしまうため、おすすめしません。

相手にとって分かりやすく、極端な言いまわしがなく適度に礼儀をわきまえた文章が1番好印象な文でしょう。

その他大勢にならない!ファーストメールで印象を残す6つのポイント

ありふれた文体や文章、見慣れた挨拶や言葉の文句などは、メッセージで読むとすっと印象に残らずに通り過ぎてしまうでしょう。ファーストメールで印象を残し、相手にインパクトを与えるポイントとは一体何でしょうか?ポイントをそれぞれ見ていきましょう。

①短めのメッセージを送る

ハッピーメールでメッセージのやり取りをする時に、1番大切なのがファーストメールです。やっとやり取りができて嬉しい気持ちが先立って、自分のためていた思いを沢山書いて相手に伝えたくなりますよね。

ですがあまりだらだらと長い文章は、まだそんなに親しくない関係の相手だと見る方も気持ちがついていかず、少し引いて見てしまう可能性もあります。ファーストメールでは、できるだけ短めのメッセージで長くならないようにするのがコツです。

②一言で終わらない

短めのメッセージがファーストメールには適しているのですが、だからと言って極端に「よろしくお願いします」などの挨拶だけや本当に一言で終わってしまうメッセージだと、これから親しくなろうという意欲が感じられない可能性があります。

単なる一言はメッセージ性が感じられないため、できれば2,3行程度は文章があった方が好印象でしょう。また、自分がメッセージをもらったらどのように感じるかを考えてみるとよいメッセージが送れるはずです。

③メッセージは200字程度にまとめる

あまりに短いメッセージも印象が良くないですが、長すぎるメッセージの文章も読むのがしんどくなるでしょう。ハッピーメールで送信可能な文字数は800字ですが、その半分の400字でもかなり多い印象になります。

短すぎるのもイマイチですが長すぎるのも読む方が大変になるため、実際に好印象なほどよいメッセージの文字数はおよそ200字程度とされています。返信率アップを期待するなら、大体200字程度にまとめるメッセージにしましょう。

④挨拶を入れる

顔も写真でしか最初は確認できないマッチングアプリでは、手掛かりはその写真と自己紹介とメッセージのみです。ですから相手は1つ1つに重きを置いて見ていると言ってよいでしょう。

これからメッセージ交換をしていくためにも、ファーストメッセージには必ず挨拶を入れるようにしましょう。

挨拶があることで礼儀をわきまえた人間性をアピールすることができますし、何よりも相手からの信頼を得ることができるはずです。気持ちの良い挨拶文は他のメッセージの内容と同じくらい大切なことなのです。

➄段落を区切るか改行をする

メッセージやその他の文章に触れる機会がある時に、読みやすい文章とそうでない文章ってありませんか?なんとなく読みにくい文章はだらだらと文章がずっと続いていて、切れ目がないものが多いものです。

実は段落や改行などをしていない時には文章が読みにくく、ぱっと見ただけで読もうという気が失せてしまうのです。ですからメッセージを書く時には、段落や文章を区切ったり改行をするように心がけることが大切です。

⑥相手に返信してほしい質問の最後に?マークをつける

相手へのメッセージには自分のことを述べるだけではなく、相手のことについての質問も必ず入れることが大切です。相手に対しての質問があれば、自分のことに興味を持ち詳しく知りたいと思われていると感じてもらえます。

質問を尋ねる時に、ただ単に「〇さんは〇〇ですか」と語りかけるように書くと、質問とは受け取ってもらえないこともあります。質問する時には、「〇〇ですか?」と質問の最後に「?」マークを必ず付けるようにすると質問と認識してもらえるでしょう。

どのくらいメールをすればOK?連絡先を交換するための3ステップ

気に入った相手とのメールのやり取りは、1回ごとにお金がかかる仕組みになっています。ですから早めに連絡先を交換することができるとすぐにやり取りができてお財布にも嬉しいものです。

その連絡先を交換するために必要な3ステップをご紹介します。

①共通の趣味や話題話をする

メッセージのやり取りの内容はどんな内容が盛り上がりやすいでしょうか?やはり相手が興味のある話題や趣味などについて語るのが1番話を進めやすいでしょう。そのためには、自分の話ではなく相手の興味や関心事の話題を振ってみることが大切です。

相手が興味を持っている話題についてメッセージの返信があり、それに共感できるのであれば同じ気持ちを強調して「私も〇〇が好きなんですよ、一緒ですね!」などと同感するメッセージを送ると好印象でしょう。

②好きな食べ物やお店の話をする

あまりまだ親しくない人とも盛り上がれる話題として、好きな食べ物の話題はテッパンでしょう。相手の好きな食べ物は何か、プロフィールの自己紹介に書いてあれば事前にチェックしておき話を伺ってみましょう。

好きな食べ物の話題になれば、普段家で食べているのか、外食しているのかなどを聞いてみるとグッドです。そうすれば自然と相手のライフスタイルや食生活が分かってくるはずです。外食の話になれば「今度そのお店に行ってみようよ」などと自然と誘うこともできるでしょう。

③LINEで連絡を取りやすい話をすすめる

ハッピーメールのメッセージ交換だと1回ごとにお金が発生してしまいますし、届いたメールをすぐに見てくれるかは疑問ですよね。それに対して、世間に普及しているLINEメールだと受信が早く気付きやすいはずです。また、無料通話機能もついているのもポイントです。

ですが、早々に個別に連絡を知られるのに抵抗のある人もいるでしょう。連絡先を知りたいがために、早々に焦って「LINEを教えて」と聞かないようにしましょう。質問を我慢することも必要なのです。

相手の気持ちを考えながら丁寧にメッセージのやり取りをしていくことが大切です。

メール交換の目安は約10往復

では相手に連絡先を交換してほしいという意思を伝えるためには、どの程度のメッセージ交換が目安なのでしょうか?すぐに連絡先を聞き出せないため、煮え切らない思いでメッセージを送っている人もいることでしょう。

相手がどのような人か何となく分かり、趣味や色々な話題を1通り話すことができて1段落つくまでのメール交換数は約10往復程度でしょう。そのくらいになれば、相手もそろそろ警戒心が薄れて心が開けてくるはずです。

今はライフスタイルの中で携帯電話も必須の時代です。「LINEて便利だよね、〇〇さんてLINEしてる?」と相手にそれとなく聞いてみましょう。

ワンクッションなく「〇〇さんと直接やり取りしたいからLINEを教えてくれないかな」などといきなり聞いてはNGです。メッセージのやり取りは、常に相手の気持ちを考えて行うことが大切です。

次ページ:返信の催促はNG!ハッピーメールで送ってはダメなメール2選

返信の催促はNG!ハッピーメールで送ってはダメなメール2選

相手とメッセージのやり取りをしていて、早く返事が来てほしい、早く会いたいと思ってしまう気持ちが高まりますよね。ですが焦って返信の催促をしてしまうのは逆効果です。その逆効果と言えるダメなメールの例を見てみましょう。

順序を踏まずにいきなり会おうとする

メッセージ交換が順調に進んでいたら、メールだけでは物足りない気持ちに誰もがなってくるはずです。やり取りするうちに会いたい気持ちが高まるのは当然のことでしょう。

ですが「今度いつ会えますか?」などとふとした拍子にいきなり会おうとするメッセージ内容は、メール内容の流れも相手の気持ちも無視しているためNGです。

絶対に○○へ行こうと強引なメール

いきなり会おうとするメッセージ内容も論外ですが、とにかく自分の思いばかりが強調されるメール内容は受け入れられないでしょう。

相手が興味のある場所の話題になると、会いたいがために「今度〇〇へ絶対に行きましょう!」と必ず行こうとする言葉を入れて返信するのは相手がひいてしまう原因になります。

「行けたらよいですね」などさらっとメッセージを送るのが自然体で、相手に好印象を持たれるコツです。

効率よく出会うなら「かけもち」!

マッチングアプリで効率よく出会いたいなら、アプリのかけもちがおすすめです。

マッチングアプリによってユーザー層にも特徴があるので、幅広い範囲にアプローチするためマッチングアプリのかけもちをするひとが増えています。

多数あるマッチングアプリの比較は以下から!

【2018年版】絶対に選べる!マッチングアプリおすすめ10選

かけもちにおすすめなマッチングアプリ↓↓






まとめ

いかがでしょうか?ハッピーメールでメッセージを送るコツは沢山あることが分かりましたよね。直接会うのではなくメッセージ交換をするということは、簡単なようで大変テクニックがいることです。

気になる相手とメッセージ交換ができるという事実だけで気持ちが舞い上がってしまうところを、知恵をふりしぼり文章という方法で、自分を魅力的に見せていくことが大切でしょう。それは人間関係を続ける人間力にもつながってきます。

自分を魅力的にあげていくメッセージ交換の方法を心得て、気になる相手と良い関係を築けると良いですね。

スポンサーリンク