Home / 美容 / ストレスがもたらす肌荒れを治そう!

ストレスがもたらす肌荒れを治そう!

肌荒れとはどんな状態を言うのでしょうか?通常の自分の肌と比べ、乾燥がひどい、肌に赤みがある、毛穴が開いている、キメが粗くなる等のいつもと違う肌の状態の時は肌荒れが起きていると言えるでしょう。

では肌荒れを起こす原因にはどんなものがあるでしょう。紫外線をたくさん浴びた時、夏場の冷房や冬場の暖房で肌が乾燥してしまった時、睡眠不足や食べ物が偏ってしまったとき等も考えられますが、ストレスによる肌荒れもかなりの多いようです。

ストレスによる肌荒れによって、もっと肌の奥にあるシミの原因等にもなるので女性にとってストレスによる肌荒れはより大変な問題です。

現代の社会に置いてはどんな人もストレスを避けて生活するのは難しいのが現実です。ストレスの感じ方は個人差がありますが、出きるだけストレスは溜めないようにして、綺麗な肌を保ちたいのが女心でしょう。

しかもストレスは何かで測れるものではないので、感じ方の度合いも難しいと思います。ここではストレスがもたらす肌荒れやその解消方法を紹介します!

スポンサードリンク

ストレスと肌荒れの関係

ストレスが溜まってしまうと、体には良くないことは誰もが知っていることです。しかしストレスと肌荒れの関係を熟知している人は少ないのではないでしょうか?
ストレスで何故肌荒れを起こしてしまうのでしょうか?ストレスを感じることで自律神経が乱れてしまうことが大きな原因となってしまいます。

そもそもストレスとは?

ストレスというのは一般的には精神的に大きな負担が掛かり心も体も疲れてしまう状態を言います。心身に大きな負担がかかれば自分でもストレスが溜まっていることはわかるでしょう。

しかし厄介なのはそれだけではなく、気候が変化や、紫外線や花粉等、夏冬の冷暖房等も肌には大きなストレスとなり、肌荒れを引き起こす事になってしまいます。これらのものは生活していく上では、なかなか避けて通れないものです。

ストレスを感じると免疫力が低下や、紫外線などの外的な刺激の影響も受けやすくなります。そして肌には大事な水分や皮脂量にまで影響します。更に人にとって一番大事な自律神経の乱れが大きな原因となります。

交感神経と副交感神経で構成される自立神経ですが、交感神経は体を動かしたりする神経で主に昼間に働きます。副交感神経は眠りなどの休息を促す神経で夜に主に働くものです。この神経が上手くバランスを保つ事で、人は健康でいられるのです。

ストレスが溜まると交感神経が優位に立ち、緊張した状態が続いてしまいます。緊張した状態が続くと体が休むことができず、人間の消化器官や色々な部分に支障をきたします。

ストレスが肌荒れを起こす原因

ストレスが掛かると人は自律神経に狂いが生じ、体にも変調をきたすことは説明しました。しかしそれが何故肌荒れにつながるのでしょうか?先にも書いた自律神経は人間には生きるために意識しなくても循環器や消化器や呼吸器の活動を調整する自律神経があります。自律神経の活動により、人が無意識に呼吸することができます。

しかしこの自律神経がストレスにより乱れてしまうことで、肌にも影響が出ます。更にストレスが溜まってしまうことで血管が収縮して血流が悪くなります。その結果肌の老廃物が溜まってしまう事や、肌が再生するターンオーバーの働きに乱れてしまいます。

肌が敏感になっているところに、紫外線や乾燥等の刺激や睡眠不足や食生活の乱れが加わってしまうと更に肌荒れは加速が付くように悪い方に行ってしまいます。

ストレスニキビの特徴は?

ストレスが原因でニキビができることは知っていますか?人はストレスを受けると、ホルモンが分泌され、ストレスに対抗しようとします。

この場合は主に男性ホルモンなどが挙げられますが、その男性ホルモンが過剰に皮脂の分泌を促してしまいます。その結果毛穴が詰まり皮脂が溜まりやすくなることでニキビができやすくなるのです。

男性ホルモンの影響で出るニキビなので、顎や口の周りなどにできやすくなります。これは男性ホルモンが活発に働く場所であり皮脂の分泌も多い場所です。顎や口の周りだけにニキビが出来やすい人は、ストレスによるニキビかもしれないと考えたほうが良いのかもしれません。

このストレスによるニキビは同じ場所にできやすく、治りにくい傾向があります。乾燥からもニキビはできますが、その場合は保湿などでケアすることでできにくくなります。女性は生理の周期によってもニキビは出来やすくなりますが、ホルモンバランスの乱れが原因の場合が多数あり、こちらもホルモンバランスが正常になれば治ります。

しかし、ストレスによって出来るニキビは、その原因であるストレスを取り除かない限りは繰り返しできてしまう可能性が高くなります。洗顔や保湿などしっかりケアしても、なかなか口の周りに何度もニキビを繰り返す人は、その原因はもしかするとストレスが原因なのかもしれません。

どんな時ストレスを感じ、肌が荒れるか

男女ともにストレスの多くは仕事や人間関係等が多いと思います。女性特有のストレスには子育てなどでも感じる方は多いのではないのでしょうか?しかも仕事と家事と子育ての3役の女性も多いと思います。一つでも大変なのに、全部一人でやるとなるとストレスを感じるのは当たり前です。

特に子供が小さい時は更に睡眠不足までという方も多いでしょう。そうなると時間はないのでスキンケアにも時間をかけられず、お肌が荒れるのも無理もないですね。一人で全部を抱え込まず、周りに助けを求めながら上手にストレスを軽減できるのが一番良い方法なのではないでしょうか。

忙しさに追われる毎日

忙しい毎日が続くとストレスは溜まったままになります。これではどんな人でも肌は荒れ放題、更にもっと深刻になると心の病になってしまっては仕事どころではなくなります。一日の中で少しでも息抜きできるような時間を持てるようにするとか、全部自分で背負い過ぎないのも重要なことでしょう。

ずっと体の緊張状態が続くのは良いことではないので、適度に休憩を上手に取り入れながら生活する事が重要です。

環境の変化

個人差はありますが、環境の変化で強いストレスを感じる人も多いようです。環境の変化は仕事環境の変化だけではなく、季節が変化することも十分な環境変化です。四季がハッキリしている日本に住んでいると避けられない問題です。

季節が変化する時期は特に注意が必要です。肌も季節によってかなり変化します。暖かくなると毛穴が広がりやすくなり、寒くなると乾燥などが気になるようになります。そんな時期には特に食べるものや睡眠不足に注意をすることを忘れず、十分なスキンケアを心がけ肌荒れに気をつけましょう。

人間関係

人間関係もストレスに大敵です。勿論人が生きていく上で人と関わりがなく生きてゆくことは無理です。色々な人が居るので自分とどうしても合わない人がいたりすると、そこでストレスが溜まり肌荒れにまでいってしまうと大変です。あまり難しく考えすぎないで、多少の人間関係も受け流せるようにしていけるとストレスに対しても耐性が付くようになります。

色んな人がいて当たり前ぐらいの気持ちで、自分が一番合っているストレス解消法を見つけることが一番の肌荒れの薬にもなるでしょう。

ストレスをいかに改善するか

ストレスがどれだけお肌に悪影響を及ぼしているかはここまでの説明でお分かりかと思いますが、どうしても避けられないストレスは溜め込まないで発散することが一番の改善への道です。よく言うストレス解消法ですが、色々なものが考えられると思います。

個人差があると思うのでこれが一番と言えるものはなかなか難しいですが、一番リラックスできるものをやってみたりしながら、一番ストレスが解消できるものを探してみましょう。きっと自分に合う物が見つかると、それが肌荒れをなくすのに一番良いと思います。ストレスも解消でき美肌が取り戻せるものを探してみましょう。

自律神経の働き

まずはストレスと肌荒れに一番大切な自律神経の働きをよくする方法があります。24時間働いている自律神経の交感神経と副交感神経のバランスが改善されることで、自律神経の働きを良くすることができます。本来は規則正しい生活をしてバランスよく食事を取ってよく寝ることと言っても、ストレスを抱えている人にはよく眠るのも難しいですね。

まずは呼吸をゆっくりとして自律神経に働きかけることからはじめてみることなら誰でも出来そうですね。昼間働く交感神経が優位になると呼吸も浅くなると言われています。リラックスしようと思って休んでいる時も呼吸が浅いままだと交感神経が優位に働くので、上手に休むことができなくなるのです。

腹式呼吸などをすることで副交感神経を優位にすると、自律神経をコントロールすることができるようになるとも言われています。ちょっと疲れたなと思った時に腹式呼吸するくせをつけておくことで、自律神経のバランスが良くなります。

酸素を多く体に取り込むとストレス感も減り代謝や血流もよくなることが分かっているので、肌荒れもなくなるでしょう。自律神経が上手く働くようになると内臓の働きも良くなるので、体にとってもとても良いことです。まずは腹式呼吸で自律神経のバランスを整えてみるのもよいでしょう。

食べ物に気を遣う

バランスの良い食べ物を摂ることでホルモンの自律神経やホルモンのバランスが整うのでストレスに打ち勝つエネルギーが出てきます。自律神経とホルモンのバランスが整っていると心と体の調和が取れるので、物事に対して肯定的に考えることができるようになります。

バランス良く食事を摂ることでストレスを感じにくい体にすることもできるようになります。バランスの良い食事とは3大栄養素のタンパク質、糖質、脂質等、これらは体を作る上で重要になりますので、きちんと摂る方が良いです。

そしてストレスを受けてもダメージを軽減できる食べ物も摂っておくと良いです。ストレスに耐性を強くする食べ物には豆腐や納豆の大豆食品、大根やレンコン等の根菜類、ひじきやわかめ等の海藻類、ほうれん草や人参などの緑黄色野菜等があります。

これらの食べ物をバランスよく1日のカロリーを考えながら上手に摂る事がストレスに対して強い体を作ることに繋がります。ストレスが溜まると体が疲れやすくなりストレスの耐性を弱めるので、疲労回復に効果がある食物や飲み物を摂りしっかり披露を取り除きましょう。

疲れには豚肉や梅干しやゴマやナッツ類も効果があります。また疲労回復に効果のある飲み物には、果物や野菜のスムジーやジュースは酵素を多く含み飲み物です。他にはレモンやグレープフルーツやりんごジュースなどもクエン酸を多く含んでいますので疲れが取れます。特に果物などはビタミンを多く含んでいるので荒れた肌にも効果があります。

また、ココアなどにも疲労を回復する効果があるので疲れた時には効果を発揮します。食物や飲み物で体の疲れを取るようにしておくことで、ストレスから守ることもできます。バランスよく食事を取ることは肌にとっても大切なので心がけましょう。

質の良い睡眠

睡眠をしっかり取ることは人間が健康でいるために欠かせないものです。体力の回復や体内時計の調節などやストレス解消には効果的です。睡眠時間だけでなく質の良い睡眠をとることがとても大切です。

では質の良い睡眠とはどんなものでしょう?ただ睡眠時間を取るだけでは質の良い睡眠とは言えません。朝はしっかり太陽の光を浴び、バランスの良い食事をとり、夜はシャワーですましてしまうのではなくお風呂に入ってくつろぐことで副交感神経が刺激され良い眠りに付きやすくなります。

そしてお肌のターンオーバーに欠かせない成長ホルモンは眠り始めてからの3時間程までの深い眠りの時に多く作られることがしられています。よく知られている「お肌のゴールデンタイム」は夜の10時頃から2時頃までがお肌のターンオーバーが活発に行われる時間と言われています。

現代の社会生活ではこの時間に眠りにつくことは難しいですが、寝始めて3時間深い眠りになれるように心がけましょう。

思いっきり笑う

ストレス解消に思いっきり笑うことも効果があります。人はストレスを抱えていると白血球の働きが弱くなり免疫力が弱くなります。笑うことで白血球の働きを活性化するので免疫力が上がります。

また笑うことで副交感神経が優位になり、寝つきが良くなる効果も得られます。思い切りゲラゲラ笑うと自然に腹式呼吸になり、深呼吸の2倍の酸素を体に取り入れることもできます。腹式呼吸は自律神経にも良いので、笑うことでストレス解消になります。

笑うことが肌荒れを解消することに繋がります。

泣いてみる

笑うこととは反対に泣いてみるというのもストレスの解消には良いとされています。人間はストレスを溜め込んでしまうと何でもないことに突然涙が出たりすることもあります。これは体がストレスをこれ以上溜め込んでしまうと危険だと判断し、強制的に涙を流す事でストレス解消を行った行為だと考えられています。

更に泣くという行為は自律神経の副交感神経を優位にさせることで強制的にリラックス状態に変える効果があると言われています。笑うことと同じように泣くこともストレスを解消させるのに効果的です。どちらも肌荒れには効果的です。

まとめ

いかがでしたでしょうか?なかなかケアしても治らない肌荒れの原因はストレスかもしれません。現代生活ではストレスは誰にでもあるものですから、あまり溜め込まないことが大切です。更にバランスの良い食事や、疲れが取れる食品を食べる事も重要です。

ストレスには自律神経のバランスを整えることが大切となってきます。人が寝ていても休まずに働いている自律神経は目に見えるものでもないので、バランスが崩れているかどうかを判断するのも大変ですが、出来るだけ規則正しい生活や緊張時に腹式呼吸を意識することで副交感神経を優位にたたせることができるので、その意識だけでも変わってくると思います。

女性にとって肌荒れはできるだけ避けたいものです。そのためには毎日の生活を見直すことから始めると、きっと自分がストレスを溜め込んでいるときや解消法も見つかると思います。
いつでも肌荒れのない綺麗な肌のために、自分の生活を少し変えることから始めてみましょう。


スポンサーリンク

Check Also

肌荒れしている時の肌によく効く食べ物・飲み物のまとめ

女性は肌に対して一生懸命、ケア …