Home / 未分類 / 美肌を手に入れよう~肌荒れ防止の習慣とおすすめの洗顔方法

美肌を手に入れよう~肌荒れ防止の習慣とおすすめの洗顔方法

肌が美しいことも、外見的な武器の一つですよね。

今回は肌荒れを防ぐための習慣やおすすめの洗顔方法をご紹介します。

スポンサードリンク

肌荒れを防ぐためにしておきたいこと

注意してほしい肌荒れ

肌荒れに悩んでいる人ほど、スキンケアなどであれこれと試行錯誤を繰り返し、余計に肌を傷めてしまうということが多々あります。

インターネットなどで何の根拠もない、斬新で無茶なスキンケア方法の裏技が出回ると、それに飛びついたりしていませんか?肌荒れは、年中同じではなく、季節や生活リズムによって異なるといわれています。

具体的なものは、肌のカサつき、赤くなる、湿疹などかゆみが出る、肌のくすみや毛穴の開き、吹き出物やニキビができる、などです。

肌がカサカサするのは、乾燥が原因であることは言うまでもありませんが、合成界面活性剤の長期使用や、紫外線など外部刺激を受け続けたことにより、肌バリアの力が弱まることが原因のひとつです。肌バリアが弱まると水分保持力も弱まり、肌がカサついてしまいます。

肌が赤くなるのは、肌が薄くなっていて毛細血管が浮き出て見えている場合や、スキンケア化粧品の配合成分が刺激を与えてしまった場合にも起こります。

赤みと同時にピリピリとした感覚が出ることもあります。湿疹などかゆみが出るのは、何らかのアレルギーに反応しているか、化粧品成分が合っていないのかもしれません。

くすみは肌のゴワつきなどが原因で肌のツヤがなくなり、顔全体が暗く見えるというもので、毛穴の開きは過剰な皮脂や、反対に肌の乾燥が原因となることもあります。

そして、一番多い肌荒れは、吹き出物やニキビではないでしょうか。

吹き出物やニキビの原因に、ストレスや月経前症候群(PMS)、体調不良などがありますが、これらがホルモンバランスに影響し、皮脂量を過剰にしたり、古い角質と合わさって毛穴をつまらせ、吹き出物やニキビを誘発します。

ストレスやPMS、体調不良などは、いずれもなかなか避けられないことで、結果的に顔にいくつもポツポツと出てきてしまいます。

毎日のスキンケアを欠かさずに

このような肌荒れを防ぐためには、毎日のスキンケアや食生活などの生活習慣を見直すことが近道だといえます。

肌が乾燥することによって起こる肌のカサつきや毛穴の開きは、十分な保湿を心掛けることは言うまでもありません。十分な保湿が期待できる化粧品成分は、ヒアルロン酸やコラーゲン、セラミド、グリセリンなどです。

特に、毛穴の開きは保湿が有効で、十分な潤いのある肌はふっくらしますので、毛穴の周辺の肌がふっくらすることによって、毛穴そのものが目立ちにくくなります。

また、思春期を除いて、乾燥が治まれば肌が潤い、油分をたくさん出して肌を守る必要がなくなりますので、皮脂の分泌量も落ち着き、皮脂量の過剰による毛穴の開きにも効果が期待できます。

赤みやかゆみを引き起こすのは、敏感肌からくるものだと考えられますので、まずは肌本来の力を取り戻すことが大切です。肌の防御力を取り戻すには、一度スキンケア化粧品を見直し、成分が最もシンプルなものを使ってみましょう。

例えば、精製水とグリセリン、尿素、ヒアルロン酸のみの製品を購入するのも良し、余計な成分を入れずに手作りしてみるのも良し、とりあえず不要な化学物質を肌に入れないようにしてみて下さい。

化学物質は全てが危険なものでは決してありませんが、合成界面活性剤は肌バリアを壊すという話もありますので、やはり肌が弱っている状態では使わない方が良いのではないかと思います。肌に優しいスキンケア化粧品でお手入れを続けていくうちに、肌の調子が整ってくるのを感じることができると思います。

また、くすみは肌の血行促進をすると改善されることがよくあります。濡れタオルを二枚用意し、一枚を電子レンジで温めて温タオルを作り、もう一枚を冷凍庫に冷やして冷やしタオルを作ります。

それを交互に当てると、血行が良くなり、顔色がワントーン明るくなります。肌のキメも整い、毛穴も引き締まります。手間はかかりますが気持ちが良く、お金もかかりませんのでおすすめです。

肌悩みNo.1の吹き出物やニキビですが、こちらも実は保湿が有効なのです。肌が潤うことでターンオーバーが整い、古い角質がスムーズに外側に押し出されますので、毛穴に汚れがつまることもなくなり、ニキビの元が作られることもなくなります。

また、スキンケアだけでなく、ビタミンを摂取することも非常に大切で、ビタミンの中でも、ビタミンB群やビタミンCを積極的に摂ることをおすすめします。野菜だけでなく、たんぱく質からもビタミンを摂取し、バランスの良い食生活を目指します。

バランスの良い食事は、どのサプリメントよりも優れていますので、できるだけ食事から摂ることをおすすめします。

誰もが経験したことがあると思いますが、睡眠不足と肌荒れはとても関係があります。

寝不足の状態が続くと、一気に肌がザラザラし始め、吹き出物やニキビができ始めます。

よく眠った翌朝は、肌が反射するほどツルツルになっていることもあるくらい、肌にとっても睡眠はとても大切なものです。

よく、お肌のゴールデンタイムは22時から翌2時までと言われますが、その時間帯に眠ることができない場合でも、自分が十分に眠れたという爽快感があれば良い気がします。

 

みんなにオススメしたい洗顔方法

 

日頃のお手入れ方法に気を使う人がとても多いのですが、洗顔も以外と大事です。

正しく洗うことができていないと肌に付着した汚れや毛穴に詰まった皮脂を放置してしまうことになりますし、過度な乾燥を招いたり刺激を与えたりして肌コンディションの低下を引き起こすこともあります。
顔を洗うというのは毎日行うことですので、正しい方法をマスターして洗うことでも肌対策が行えるようにしたいところです。

 

洗顔方法

まず最初に洗う時の温度に着目しなければなりません。おすすめはぬるま湯程度であり、この位が一番肌に負担をかけないといわれています。

冷たい水で洗うことで毛穴が引き締まると感じている人もいるかもしれませんが、一瞬引き締まったように見えるのは急に冷やされて毛穴が縮んでいるからです。

これはほんの短時間のことであってすぐに戻ってしまいますので、引き締め効果を期待できるものではありません。冷水は急速に肌を冷やしてしまいますので乾燥につながったり赤ら顔の原因になるとも指摘されていますので行わない方が安心です。

熱いお湯で洗うのが好きな人は、汚れや皮脂をしっかりと落とせていると感じていているために続けてしまうようですが、肌を守るために必要な皮脂まで奪ってしまいますので実はとても危険なことです。

乾燥し過ぎると日常生活の中で受ける何でもない刺激にも負けてしまいますし、過度な乾燥から皮脂分泌が増やされるケースもあります。これらのことから、ぬるま湯なら余分な皮脂や汚れをきちんと落とすことができますし、冷水にように負担をかけることもありませんので優しく洗うことができます。

次におすすめしたいのが、泡タイプでない洗顔フォームなども泡立てて洗う方法です。

その場合、少ない水で泡立てるようにするとキメの細かな弾力のある泡を作ることができます。弾力力のあるボリュームのある泡で、尚且つ適度な水分を含んでいる場合、肌に刺激を与えずにキレイにすることができます。

泡には毛穴にもぐりこんでいる皮脂や汚れを吸着する作用がありますので、力を入れなくてもスッキリ毛穴を作ることができます。通常の洗顔フォームなどは手で泡立てるのは難しいので、泡立てネットを活用します。

泡立てネットを使う場合、少しずつ水を足しながらボリュームのある泡を作っていくようにします。泡は手と顔との間に入ってクッションの役割を果たしてくれますので、普通に洗うよりもずっと肌に優しい洗い方だといえます。

ここでポイントとなるのが泡立ての作業であり、どれだけキメの細かな泡を作ることができるかが重要です。キメが細かければ細かいほど、毛穴にスムーズに入り込んで皮脂などを取り除きやすくなります。

意外と見落としがちなのが、じっくりと時間をかけて洗ってしまっていることです。確かに顔に付着した汚れなどはしっかりと落とさないと雑菌の繁殖を招きますし、毛穴が汚いとニキビの原因にもなります。

しかし、時間をかけ過ぎると肌への負担が大きくなりますので、毎日続けるといつか負担に負けてしまうかもしれません。

おすすめは1分から1分半の間に行うことであり、この数字だけを聞くとかなり短いように感じますが、実際に洗ってみると十分な時間です。それ以上の時間をかけると洗顔料も長時間顔についていることになりますので、成分によって受ける刺激も大きくなります。

時間をたっぷりとかけて洗っているという人の場合、負担によって既に乾燥が引き起こされている可能性がありますので自分の肌をチェックしてみると良いかもしれません。

洗顔するときの注意

その他、細かいことですが全ての指を使って洗っている人は見直す必要があります。

おすすめは指2本程度を使って洗う方法であり、これなら過度な力が入りませんのでゴシゴシと洗う心配もなくなります。全ての指を使って洗っている場合、必要以上の負荷がかかって肌はその負担を毎日受けていることになります。

こするということ自体が本来ならNGですので、少しでも負担を減らすために指2本で洗うことをおすすめします。できれば自分で試してみて力の入りにくい指を探し、それを使うことで優しく洗うことができます。

2本では弱すぎて洗い足りないのではないかと感じる人もいるようですが、お湯を使うだけでもかなりの皮脂や汚れを落とすことができますし、泡洗顔を行えばクルクルと指の腹を使ってマッサージをするだけで毛穴の中までキレイにできますので、力を入れる必要などありません。

どれもすぐに取り入れることのできる方法であり、それほどコツもいりません。

もっとも大事なのは肌をいたわりながら洗うという意識を持つことであり、正しい方法が分かったら毎日実践することも重要です。

たかが洗顔だと思っていても、5年後・10年後の肌に影響を与える大事な要素となりますので、トラブルが起こる前に取り入れたいところです。洗った後の水気を拭く作業にも注意が必要であり、タオルでこするのではなくて軽く押さえるようにします。

最後に

いかがでしたでしょうか。

日々の生活習慣や洗顔方法を見直して、ぜひ美肌を手に入れてください。


スポンサーリンク

Check Also

その女子の天然ボケ本物?偽物?

巷でよく使われている性格を表す …