Home / 美容 / マスクを正しく装着して肌荒れを防ごう!

マスクを正しく装着して肌荒れを防ごう!

風邪の予防、のどの保護、唇のかさつき予防、顔の肌の予防、メイク落ち予防などでマスクをすることがあると思いますが、マスクを着け始めてから、着ける前より状態が悪くなった、とくに肌荒れがひどくなったという話を聞きます。
今では、季節に関係なくマスクをしている人を多く見かけます。
せっかくマスクで予防しているのに、マスクを着けて悪くなっってしまっては、マスクをする意味がありません。
今回は、マスクでの肌荒れ原因、選び方、使う時の肌対策について紹介していこうと思います。

スポンサードリンク

マスクで肌荒れが起きる原因は?

人それぞれ理由は違うかもしれませんが、マスクをするということは、予防の為という理由がほとんどだと思います。
マスクをしているということは、そのマスクは肌に直接触れているわけですから、何か症状が出てもおかしくはありません。
では、実際にマスクをしているとどのような影響が出る恐れがあるのかを見ていきましょう。

摩擦による肌へのダメージ

マスクでの肌荒れの原因の一つに「摩擦によるダメージ」があります。
マスクが肌に触れている以上、肌は多かれ少なかれストレスを感じているのです。
あなたも頬にできたニキビや吹き出物が気になって、ついつい触ってしまい症状がひどくなったという経験はないでしょうか?
その状態と同じなのです。
これは、正常な肌にも起こりえることです。
摩擦での肌荒れは、今まで何も肌に触れていなかったのに、マスクという肌への刺激によって肌は影響を受けているということです。

蒸れによる雑菌の増殖

マスクをしている時の呼吸が問題です。
加湿器を使用している人は分かると思いますが、マスクの中はある程度密閉状態ですので、そのマスクの中で呼吸をすると、そこの湿度は上がります。
一見、湿度が上がると潤うという感じがしますが、マスクを着けている時間は長く、その間もずっと呼吸はしている状態です。
これでは、過度に湿度を加えていることおなじなので、マスクの中はジメジメしているということです。
ジメジメしているところには、雑菌が繁殖しやすいですよね。
この雑菌が肌に触れて肌荒れを引き起こす場合があるのです。

肌に合わない素材のマスクによる肌荒れ

現在は、形、値段、サイズ、色など様々なマスクが販売されています。
購入するときに使途を考えて購入するのですが、多くの人は「密閉率」や「値段」で購入しているのではないでしょうか?
密閉率〇〇%!とか、60枚で〇〇円!だけを見て購入している人がほとんどだと思います。
それも大事ですが、素材も気にするようにしましょう。
みなさんが使うほとんどのマスクは衛生マスクで、素材はガーゼか不織布が多いですね。
今ではコットンを加工したものやタオル生地、後ほど紹介するエアマスクなども販売されていますので、マスクを購入するときは素材も少し気にしてみてください。

ゴムの圧迫力による刺激

これは耳の部分になります。
みなさんの中でも、ゴムがかかっている耳の上や後ろ部分が痛くなったり、かゆくなったりしたことありませんか?
これは、ゴムの圧迫による刺激が起こすものです。
ベルトや靴下のゴム、サンダルなどの紐で経験したこともあるかと思います。
マスクを落ちないようにする以上、ゴムなどの装備は不可欠ですが、ゴムの太さ、素材、マスクのサイズなどを考慮して購入するようにしましょう。
ゴムの部分にガーゼや布を挟んで使用している人もいます。

抗菌剤によるニキビの症状悪化

多くの衛生マスクはガーゼや不織布ですが、そこに抗菌剤を含ませているマスクもあります。
こういったマスクは、菌の繁殖を抑えてくれますが、反面この抗菌剤が肌に合わない場合があります。
特にマスクが触れる場所にニキビなどがあると、摩擦と抗菌剤の影響でニキビが悪化する場合があるので、抗菌剤付きのマスクを着けて、状態が悪くなったときは、すぐに使用をやめた方が良いでしょう。

マスクの選び方は?

多くの種類のマスクが販売されていますが、実際にどんなマスクを選べばいいのでしょうか。
今まで紹介してきた内容も頭に入れながら、それに追加する形で見ていきたいと思います。

適切なサイズのマスク選びを

マスクをする時は、サイズも気にしてください。
特にありがちなのが、少しサイズが大きいけど、安いからこれでいいとか、密閉していた方が良いから小さめのマスクを購入していることです。
こういったマスクを使って、予防できて肌にも影響がない人はいいともいますが、目的が達成できても肌がボロボロになっていては、もったいない気がします。
サイズがフィットして、肌に合うマスクが必ずあるはずですので、自分のサイズのマスクを見つけるようにしましょう。

素材はガーゼタイプがGOOD!

衛生マスクのほとんどの素材がガーゼか不織布と紹介していますが、そもそもガーゼ、不織布ってどんな素材なのでしょう。
「ガーゼ」
・一般的な物よりも、細いコットン素材を漂白して、目を粗くしたうえで平織りにした柔かい布
・日本では「綿紗(めんしゃ)」と呼称されることがある
・通気性に優れた一方で、吸湿性もよいため、多くの汗をかいたり何かを吸収して乾かす必要がある場合に適する
「不織布」
・繊維を織らず、絡み合わせて作るシート状の布
・不織布は繊維を熱や機械的または化学的な外的力作用によって、接着または絡み合わせることで布に形成したもの

ガーゼマスクと不織布マスクの用途については一長一短ですが、ガーゼタイプのマスクの方が良いと思います。
不織布タイプのマスクよりも保湿性がありますし、洗って使えます。

使い捨てタイプで清潔感を保つ

洗って使えるマスクもありますが、長く使っていると性能が落ちてきたり、不潔になってきます。
今は、ガーゼマスクでも不織布マスクでも、使いきりタイプがありますので、一回ずつ使用したら捨てるという考え方もあります。
これは何より清潔感が保てます。
もちろん、材質、サイズ等を考慮してください。

マスクを使うための肌対策

予防ためのマスクですが、ニキビが悪化したり、肌荒れを起こしてしまっては意味がありません。
今までご紹介したように、マスクをするといろいろな影響が出てくることは分かりました。
でも、会議があって風邪をひけない、デートがあって風邪をひけない、人ごみに行かなきゃならないなど、マスクをして予防をしなければならない時もありますよね。
では、マスクを着ける前と着けている時に、リスクを軽減するにはどうすればよいのでしょうか。

マスクの使用時間をなるべく減らそう

上記で紹介したように、マスクは肌へ直接的に触れるため、肌はストレスを感じます。
なので、極力マスクを着けている時間を減らすようにしましょう。
仕事場でもプライベートでも、マスクを外せる時間はあるはずですし、あまり予防に執着したり、過敏になるのも良くありません。
できるかぎり肌への負担を無くすために、マスクの着用時間を減らしましょう。

ガーゼで肌への負担を軽く

口や頬に触れる部分は、何を挟んでも触れるので、肌を守る対応は難しいですが、ガーゼやコットンを挟み、クッション性を上げて少しでも肌に優しい状態で着用することも一つの手段です。
差し込み用のポケットがついているマスクもあります。
特に耳にかかるゴムの部分は、ゴムが細めということもあり、圧力がそこに集中し分散されにくく、負担が大きくなるので、ガーゼを挟んだり要らなくなったタオルを小さく切って挟むなどの工夫をしてみてはいかがでしょう。

保湿をしてからマスクをしよう

マスクをすると、呼吸で潤うと思いがちですが、長時間着用していると、マスク維持隊に水分や皮脂が付いて(吸い取られて)いきますので、乾燥が進みます。
マスクを取った時に口の周りがカピカピのことってありませんか?
あの状態です。
なので、マスク自体に水分や皮脂を吸い取られないように、マスクをする時はいつもより入念に保湿をしてから着用するようにしましょう。

取替え頻度を高くし、空気の入れ替えも忘れずに

予防の目的とはいえ、マスクを長時間着用するのは、肌に良いことではありません。
細菌の繁殖や感想を進行させやすくなります。
なので、マスクの着用時間を減らすと同時に、マスクを新しいものに取り換えることも必要です。
洗えるタイプのマスクは複数枚持ち歩いたり、使い捨てタイプのマスクも複数枚もって出かけるようにしましょう。

エアマスクも注目!

マスクって予防はもちろんですが、顔を隠すという目的でも使われることが多いですよね。
女性に多いですが、化粧をしていないから恥ずかしいとか、芸能人で多いと思いますが、顔がばれたくないなど。
でも、着けるのが面倒くさい、相手に失礼、言葉が伝えられない(相手が聞きとりにくい)などの理由から、マスクをしなくても予防効果のあるエアマスクもあります。
部屋専用で使用する設置型タイプのエアマスクもありますし、今話題となっているのは、胸から名札のようにしてかけるタイプのエアマスクが人気の様です。
医療現場で医師や看護師さんたちが着けているのを見ますよね。

その他気になる疑問

ここまでマスクでの肌荒れとその原因、選び方、対策と見てきました。
マスクを着けるといろいろな予防はできるけど、使い方によってはリスクもあるということが分かりました。
では、もう少し掘り下げて気になるところを見ていきましょう。

①マスクと化粧はどっちがいい?

マスクと化粧はどちらも肌に触れるということでは同じです。
では、風から肌を守る、細菌などから肌を守るというような「防御」の目的としての意味合いでは、どちらが良いのでしょうか?
これはみなさんもお気づきとは思いますが、マスクの方が肌には良いです。
んっ?今までマスクは肌に触れるからリスクがあるという話をしてきたのに、なぜマスクの方が良いんだろう?と思っている人もいるかとは思いますが、化粧はマスクよりももっと直接的に成分が触れていますし、マスクのように取り外しができるわけではありません。
女優やタレントさんも化粧は肌によくないことが分かっているので、テレビ以外のところではすっぴんにマスクが多いのです。

②寝るときにマスクを使うのもよくない?

女性の人で多いと思いますが、寝ている時もマスクをして喉の保護や風邪予防をしているという人がいますが、本当に体に良いのでしょうか。
以下にマスクをして寝た時のメリットとデメリットを紹介します。
「メリット」
・自分の呼吸でマスクの中は湿度が上がるので、唇や肌の保湿効果が期待できる
・吸い込む空気に湿気が多いので、喉の乾燥を防ぐ効果が期待できる
・ウイルスは冷えて乾燥した空気を好むので、湿度を含んだ空気で呼吸をすると風邪予防になる
・外での防御と同じように、ウイルスや細菌、ほこりなどから守ることができる
「デメリット」
・保湿し過ぎな状態になるため、唇やほほがふやけた状態になったり、細菌が繁殖する恐れがある
・着けている時間が長くなるので、肌への負担が大きく、肌荒れの原因やニキビが悪化する恐れがある
・寝相が悪いと呼吸がしずらくなったり、ゴムに過度に力がかかったりして、朝起きたら耳が痛くなったりする
・肌にストレスを与えながら寝ているので、熟睡できなかったり、寝起きが悪くなったりと睡眠の質が落ちる
マスクをして寝ること自体は、絶対してはダメという訳ではありませんが、少なくとも負担がかかっていることは間違いありません。
環境や肌の状態は人それぞれですし、今は睡眠時に着用するためのマスクも売っていますので、マスクをして寝た方が良いかどうかは、個人個人で判断してください。
まだ、マスクをしながら寝たことないという人は、やってみる価値はあるかもしれませんね。

③ニキビができたときはマスクしてもいい?

これは、良くないと言っておきます。
ニキビは乾燥を防ぐのが良いとはいっても、マスクをして寝るのはニキビ部分への負担が大きすぎます。
寝ている状態次第ではマスクがニキビに一晩中触れている状態、すなわち、ずっとニキビを触っている状態と同じです。
これではニキビに良いはずはありません。
ニキビは正しい洗顔、自分の肌に合った化粧水や保湿クリームを使って正しい方法でケアするのが一番の方法です。

まとめ

身近にあるマスクといっても、注意して使用しなければ、予防のつもりが状態を悪化させてしまう場合があるということが分かりました。
いろいろな種類がありますので、マスクを使うときはサイズ、素材など自分に合ったものを選び、使う前のケア、使っている時のケアをしっかりと行いましょう。


スポンサーリンク

Check Also

毛穴が詰まる原因と対策を徹底解説!

毛穴の詰まりがあるとメイクのノ …