Home / 未分類 / 花粉症による肌荒れの対処法

花粉症による肌荒れの対処法

季節の変わり目が来ると花粉症に悩まされている人は物凄く多いですが、特に女性にとっては大問題ですよね!

鼻水や涙が止まらないという一般的に知られる症状だけでなく、お肌まで荒れてしまうともう外出もしたくなくなってしまいます。

近年、花粉症による鼻水や涙を抑える薬はかなり効果的なものが販売されるようになっていますが、肌荒れに効果的な薬はまだまだといった感があります。そこで今回は薬はもちろんですが、それ以外にも花粉症による肌荒れに使える対処法をお教えしたいと思います!

スポンサードリンク

花粉皮膚炎について

花粉はアレルギー体質の人はもちろんですが、そうでない人に対しても悪い影響を及ぼすことがあります。特に一年を通して最も花粉が飛散する春先は要注意です。

花粉症の顕著な症状として知られる涙や鼻水が止まらない、肌がかゆくなるといった症状から花粉症による皮膚炎を起こすという人が急増しています。まずはこの花粉皮膚炎について詳しくお教えします!

春は乾燥や紫外線が深刻な問題

そもそも春という季節は温暖な季節という印象ですが、実は本来、この春という季節は気温の寒暖差が比較的大きく、乾燥しやすい季節なのです。加えてだいたい3月頃からは紫外線の量も増えてきます。このため、お肌への負担が大きくなります。

女性なら誰もがご存知のように、乾燥も紫外線もお肌にとっては大敵です。このため、花粉症の人はお肌のトラブルが一層加速してしまう傾向にあるのです。

春以外の季節の変わり目に起こる花粉症以上に症状が悪化し、我慢できないかゆみのせいで「肌が腫れぼったい」「肌が粉をふいたようにカサカサする」「顔全体が激しくかゆい」などの症状から、花粉症による皮膚炎を起こしてしまうというわけです。

つまり、花粉症の人にとって春という季節は大変深刻な季節ということができるのです。

黄砂やPM2.5

花粉症の人にとって無視できない深刻な問題が他にもあります。それはお隣の中国からやってくる「黄砂」と「PM2.5」。

皮膚科や耳鼻咽喉科のお医者さんたちの間では、この黄砂とPM2.5は花粉症の症状を悪化させるということが言われてきました。特に影響を受けるのが「スギ花粉症」の人です。

ただでさえ花粉症の症状が酷くなる時期に黄砂がやってきます。黄砂は花粉症でない人でさえ口腔内を荒れさせ、気管支に問題を引き起こします。

この時期になると駐車してある車に黄色い粉(砂)が積もっているのをよく目にしますよね?そう、あの細かい黄色い粒が体内に入って花粉症のようなアレルギー体質の人はその症状が悪化してしまいやすくなるのです。

また、PM2.5は黄砂以上にこれらの症状を急速に悪化させると言われていますし、厄介なのは黄砂とは違い、PM2.5には季節は関係ないということ。つまり、春先に花粉症の症状が悪化してしまった人がこのPM2.5によって、一年を通してどんどん症状が悪化していく危険があるのです。

黄砂がやってくる時期だけでなく、PM2.5に対する警戒も必要ということになります。日頃からマスクを着用するのは当たり前ですが、花粉や黄砂を意識したマスクではなく、PM2.5に対応したマスクを用意した方が良いでしょう。PM2.5の粒子は花粉や黄砂とは比べ物にならないほど小さいですから。

摩擦に伴う炎症

先にも述べましたが、花粉症が悪化すると目の周りや鼻がかゆくなるというのはよく知られた代表的な症状です。

これが酷くなるとかゆみを我慢できなくなり、ひたすら掻きむしるなんていうことになります。こうなると当然掻きむしった部分は腫れてしまいます。これも花粉症が引き起こした皮膚炎ということになるのですが、もっと違った形でお肌が炎症を起こしてしまう場合があります。

つまりそれは、花粉症によって過敏になったお肌に下着や衣類が擦れることによってその部分がかゆくなり、そこも掻きむしることでミミズ腫れのようになってしまうというもの。

こうして腫れてしまった部分は体がそこを修復しようと体温を上げますから、ますますかゆくなってさらにそこを掻きむしるという悪循環に陥ってしまうのです。

こうなると肌から出血してしまって、傷になります。できれば掻きむしらず、かゆみ止めなどの軟膏を塗ってかゆみを抑えるべきです。どうしても我慢できないようなら早めに皮膚科などを受診してお薬を出してもらった方が良いでしょう。

対処法

では、花粉症の人がこうした皮膚炎を起こしてしまわないようにする予防法や、なってしまった時に使える対処法はあるのでしょうか?

「できるだけ薬には頼りたくない」という人もいるでしょうし、「いや、薬を使ってでも早くトラブルから解放されたい!」という人もいるでしょう。ここからはそんなお悩みに役立つ対処法をお教えしていきます!

いくつかご紹介していきますから、ご自分に合った対処法を見つけて下さいね!

スキンケア

花粉症の人はみなさん、ほとんどの人がマスクや花粉対策の眼鏡や飲み薬を使っていると思いますが、花粉症によって引き起こされる皮膚炎を予防する意味で、花粉がなるべくお肌に付着しないようにすることも忘れてはいけません。

あくまで予防としてですが、メイクをする時に、バウダー型のファンデーションや、フェイスパウダーなどを使ってお肌の表面を覆うようにすると、お肌の表面がサラサラになるので、花粉がくっ付きにくくなります。花粉症の症状が出てしまっている人にはこの方法、逆効果になりますから気を付けて下さい。

また、お肌の免疫力や抵抗力も弱くなっているので、顔の洗い過ぎも要注意です。お化粧は刺激の少ないクレンジングを使って落とし、ぬるめのお湯で優しく洗うようにしましょう。

洗顔後、もっとも大切なのはお肌の保湿。刺激の少ない化粧水を使って保湿して寝るようにしましょう。こうすることで寝ている間に体の修復機能が働いて、肌荒れを防ぐことができます。

食生活

食生活の乱れが体に変調をきたすことはもう誰でも知っていることですよね。これは花粉症の人も決して例外ではありません。また、バランスのとれた食事に加えて日頃からサプリメントを摂取しておくことも覚えておくと良いでしょう。

ここでは具体的にどんな栄養素やサプリメントが有効なのかを簡単にご紹介しましょう。

●ケルセチン

花粉症やアレルギー性鼻炎の直接的な原因であるヒスタミンをブロックする作用があり、タマネギやリンゴ、ブロッコリーなどから摂取できますが、食事からだけではどうしても不足しがちなので、ケルセチンを含むサプリメント(抗ヒスタミン系サプリメント)で補うのが効果的です。

●α-リノレン酸

これはもっとも身近な食材では「大葉しそ」がありますが、このシソの実から採れる油にはα-リノレン酸という脂肪酸が含まれています。
このα-リノレン酸は、免疫力を高める作用があり、アレルギー性鼻炎を抑える抗ロイコトリエン作用があります。

●EPA、DHA

近年テレビCMでも注目される青魚に含まれる血液サラサラ成分EPAとDHA。
EPA(エイコサペンタエン酸)もDHA(ドコサヘキサエン酸)も脂肪酸の一種で、免疫力を正常化し、鼻のトラブルを抑制する効果が期待されています。

●βカロテン、亜鉛、セレン

βカロテンも亜鉛も、人体の粘膜を保護する働きのある栄養素で、花粉症やアレルギー性鼻炎で問題になる鼻の粘膜や口、喉の粘膜を保護してくれます。
また、セレンはちょっと聞き慣れない成分ですが、鼻炎の原因となるロイコトリエンを破壊してくれます。

●甜茶ポリフェノール

甜茶も近年、健康食品ブームに乗って、健康茶としてご存知の方も多いのではないでしょうか?
ただ、甜茶なら何でも良いというわけではなく、花粉症に効果があるのは甜茶ポリフェノールを含むバラ科の「甜葉懸鈎子」だけなので注意して下さい。

●バラの花エキス

バラの花にはオイゲニインというポリフェノールが含まれています。このポリフェノールはまだまだ研究が続けられており、その潜在能力に注目が集まっているのですが、現時点で分かっているのは抗アレルギー作用です。単にバラの花なんて言われてもどうやって摂取すればいいの?と思われるでしょう。一番手っ取り早いのはハーブティーではないでしょうか?

生活習慣

生活習慣の悪化は花粉症やアレルギーに関係なく、ほとんど全ての病気の原因になることはみなさんもよくご存じのことでしょう。つまり、病気予防の生活習慣改善が、花粉症やアレルギー体質改善や予防に役立つとも言えるのです!

●食生活と睡眠の重要性を理解しよう!

毎日の食事は栄養のバランスと腹8分を心掛けることが重要です。さらに夜更かしなどは禁物で、毎日きちんと睡眠をとることも大切なのです。

●禁煙しましょう!

喫煙は体に悪いだけではなく、鼻づまりを悪化させる原因にもなります。あなたがタバコを吸わなくても、近くにタバコを吸う人がいるならなるべく接近は避けた方がいいのです。やむを得ない場合はマスクを着用するなどして、タバコの煙に含まれる有害な微粒子を吸い込まないように心掛けましょう。

●アルコールの飲みすぎにも注意!

アルコールも適量なら健康に良いとされていますが、アレルギーの改善や症状の悪化を予防したいなら、アルコールも極力控える方が賢明です。アルコールは血管を拡張し、鼻づまりや目の充血を引き起こしやすくなります。ご自分の適量を把握し、無理なく楽しんでお酒を楽しむようにしましょう。

●運動不足にも注意しましょう!!

運動するために外出なんて、花粉症に悩む人からすればとんでもない!って話なんですが、これが意外な落とし穴なんです。
花粉が少ない早朝から午前中に外を歩いたり、金銭的に余裕があるならジムなど屋内でスポーツに取り組むことで花粉症の症状に苦しむリスクが軽減されます。運動不足は体の体力低下と免疫力低下を招きます。こうなると花粉症の症状が悪化するとも言われているのです。

良質なマスク

花粉症の人なら、普通の人よりマスクにも詳しいことと思いますが、本当にそのマスクで大丈夫なのでしょうか?また、その使い方は正しいでしょうか?

今、いろんなメーカーから「花粉症対策マスク」が販売されていますが、実はどれでもいいというわけではないのです。人によって合うものと合わないものがありますから、面倒でもいろいろ使ってみてご自分に一番合ったものを探してみましょう。

あなたにとって一番良かったマスクがあなたにとっての良質なマスクということになります。

メイク

あなたは花粉症対策のメイク、気を付けていますか?

花粉症は肌に花粉を付着させないことが重要です。そのために使える化粧品について触れておきます。

花粉症で敏感になっている肌にいきなりファンデーションを塗るのは考えものです。刺激の少ないクリームを塗ってからファンデーションを塗ることを意識しましょう。

先に触れたように、ファンデーションなどはパウダータイプを使うと花粉が肌に付きにくくなるのは間違いありませんが、これはあくまで予防的な意味です。花粉症の症状が出てきてしまっているならこれは逆効果になってしまうので、リキッドタイプやクリームタイプのファンデーションを使うようにして下さい。

皮膚科

「いろいろ試したけどやっぱりダメだった」、「やっぱり手っ取り早く楽になりたい」というなら、最終的にはやっぱりお医者さんに診てもらう必要があります。

日頃の生活習慣を変えて体質改善をなんて悠長なことは言っていられないという花粉症の患者さんは実際、本当に多いのです。

特に女性にとって花粉症の症状によってお肌が荒れてしまうなんて大問題です。でもどうすることもできないと諦めるわけにはいきませんから、そういう時は迷わず皮膚科の診察を受けましょう。

まとめ

いかがでしたか?花粉症とお肌の関係や対処法について、理解できましたか?

花粉症の人にとってその症状は本当に苦しくてつらいもの。ましてや女性でお肌にトラブルが起こった場合、外出したくなくなるなどのネガティブな精神状態に陥ってしまうことも少なくありません。もうすでにかなり酷い症状が出ているなら少しでも早く病院に行くことをお薦めしますが、症状自体はまだそれほど酷くなっていないというなら、症状が軽い今の内に、生活の改善を心掛けましょう。

花粉症だけでなく、他の様々な病気の予防にも繋がりますよ!!


スポンサーリンク

Check Also

ダイエットだけどチョコレートはやめなくていい!?チョコで痩せる方法まとめ

好きなあの人を振り向かせたい、 …