Home / 美容 / クレンジング / 肌荒れが気になる!たくさんの要因とすぐできる対策

肌荒れが気になる!たくさんの要因とすぐできる対策

美肌の天敵である「肌荒れ」。肌のキメが乱れて乾燥し、痛みやかゆみ、赤み、吹き出物などのトラブルが起きている状態です。肌荒れが長引くといつまでも痛みやかゆみに耐えることになってしまいますし、もちろん見た目も気になりますよね。

肌荒れを起こしてしまう原因は、体調や生活習慣など様々。しかし、毎日のちょっとしたケアで、肌荒れを改善したり肌荒れしにくい肌を作ったりすることは可能です。

今回は肌荒れの原因や、肌荒れの対策法をご紹介します。肌荒れに関する知識を深めて、健康な肌を取り戻しましょう。

スポンサードリンク

肌荒れの原因‐肌への刺激‐


私たちの肌は、「角層(皮膚の一番表面にあたる部分)」の働きによって守られています。角層には細菌や紫外線、気温などの外部刺激から肌をガードするバリア機能がありますし、角層に含まれる「角層細胞間脂質」という成分によって、肌のうるおいはキープされているのです。

しかし、この角層のバリア機能が弱ってしまうと、外部の刺激から肌を守りきることができなくなり肌荒れが起こってしまいます。

肌荒れの原因となる刺激はじつに様々で、日常生活でつい行ってしまう行動が、肌を痛めつける刺激になっていることも。ここからは、肌荒れの原因となる刺激について確認していきましょう。

紫外線

人の肌は紫外線を浴びることでダメージを受け、肌の内部に隙間ができ、水分が蒸発しやすくなります。そうすると肌表面のキメが乱れてしまい、ガサガサしたり皮膚がめくれたりといった肌荒れの状態を引き起こしてしまうのです。

外出時は日焼け止めや日傘を使用し、帰宅後に肌の赤みやほてりがひどい場合は冷たいタオルなどで肌を冷やしましょう。

乾燥

乾燥も、肌のバリア機能を衰えさせる天敵です。乾燥によって衰えた肌は、それでも刺激から肌を守ろうとして角質(肌表面の死んだ細胞)を厚くしていくため、手触りの悪いごわついた肌になってしまいます。

また、乾燥した肌や溜まった角質は、毛穴の黒ずみ、ニキビ、シワ、くすみなどあらゆる肌トラブルの原因となります。肌をうるおす「セラミド」配合の基礎化粧品を使うなど、保湿対策をしましょう。

間違ったお手入れ

スキンケアの際に強くこすったり叩いたりすると、それが刺激になってしまいますし、乾燥の原因にもなります。また、拭き取り用の基礎化粧品は必要な水分まで奪ってしまう可能性があるため、乾燥肌の人はなるべく避け、優しく肌に浸透させるようなスキンケアで保湿を行いましょう。

それから、過剰なスキンケアも肌には悪影響です。肌を綺麗にしたいからと1日に何度も洗顔をする人もいますが、これも肌の水分を奪い、かえって肌荒れを悪化させてしまいます。基礎化粧品を大量に付けるのも、場合によっては肌のべたつきを招き、吹き出物などを悪化させます。

化粧を落とさずに寝る

ファンデーションなどの化粧品には油分や顔料などの成分が含まれており、肌に密着しやすくなっています。それを放置すると皮脂や汗と混ざってしまい、活性酸素が発生して、肌の働きを壊してしまうのです。

また、汚れや皮脂と混ざって長時間経ったメイクが毛穴に詰まると、ニキビができたり、微生物や顔ダニなどが発生してしまったりすることもあります。

肌荒れの原因‐生活‐

肌荒れの原因は、実は生活環境や体の内部にあることもあります。生活習慣を見直し、肌荒れの原因を取り除きましょう。

寝不足

人の脳は睡眠中に「成長ホルモン」を分泌し、これによって肌のターンオーバーや傷んだ肌組織の修復、コラーゲンの生成などを行います。肌荒れを根本的に解決するためには、肌の働きを正常にして新陳代謝を促進し、新たに健康な肌を生み出すことが必要なので、睡眠は6時間以上とるようにしましょう。

栄養不足

健康な肌を作るためにはもちろん栄養も大切。肌荒れは、「ビタミン」が不足していることで起こりやすくなります。特に「ビタミンB2」はターンオーバーや細胞の再生に関わる栄養素なので、レバーや納豆などの食品や、サプリンメントで補いましょう。

他にも、皮脂をコントロールする「ビタミンB6」、コラーゲンを作る「ビタミンC」なども効果的。

逆に、スナック菓子や過剰な糖分は皮脂が増えすぎて吹き出物ができやすくなりますし、カフェインは肌の新陳代謝を阻害するため、とりすぎには注意してください。

日々のストレス

ストレスが溜まると肌荒れしやすくなる、という言葉はよく耳にしますよね。これは、ストレスを感じることで自律神経が乱れるからだと言われています。

自律神経には、興奮時に働く交感神経とリラックス時に働く副交感神経があり、ストレスが溜まると交感神経のほうばかりが優位になります。その結果、血行が悪くなって肌の温度まで下がってしまったり、便秘になったりして、肌荒れを起こしてしまうのです。

また、「ストレスでホルモンバランスが崩れるとニキビや乾燥を引き起こす」「ストレスを受けると体内で活性酸素が作られて肌が老化する」といったことも言われています。

生理前

生理には、「エストロゲン」と「プロゲステロン」という女性ホルモンが大きく関係しています。生理後は体内で「エストロゲン」が増え、このホルモンは肌ツヤも良くしてくれると言われているのですが、反対に生理前に増える「プロゲステロン」は肌荒れを招きやすいのです。

まず、プロゲステロンは皮脂の分泌を過剰にしやすいホルモンのため、肌が脂っぽくなり、ニキビができやすくなります。さらに、紫外線から肌を守ってくれる「抗菌ペプチド」という物質を減少させてしまうとも言われています。

今すぐにできる肌荒れ対策8選

肌荒れを改善するためには、毎日の肌荒れ対策でゆっくりと肌を健康な状態へと戻していく必要があります。ここからは、毎日の生活に取り入れられる肌荒れ対策を見ていきましょう。

保湿をする

健康な肌には、やはり水分が欠かせません。美容液などで肌荒れを改善しようと思っても、あまりに肌が乾燥していると栄養が外に逃げ出して、効果が出にくくなってしまいます。

まずは、洗顔やクレンジングの方法を見直しましょう。皮脂が原因で吹き出物などができている人でも、肌がつっぱるほど何度も顔を洗ったり、クレンジングオイルでゴシゴシこすって皮脂を落としたりしてはいけません。

化粧水を付けるときもバシバシと叩きつけるようにするのではなく、手のひらやコットンを使い、時間をかけてじっくり浸透させるようにしましょう。

それから、部屋の湿度にも要注意。冬場は特に空気が乾燥しやすいため、加湿器などを使って湿度を保ちましょう。夏場も、エアコンで室内が乾燥したり、風が直接肌に当たって乾いたりすることがありますので気を付けてください。

低刺激の基礎化粧品を使用する

肌が荒れていると基礎化粧品の香料やアルコールにも反応しやすくなり、余計に肌荒れを起こしてしまう場合があります。付けたときにピリピリしたり、赤くなったりする基礎化粧品は使用を中止しましょう。

今まで使っていた基礎化粧品が合わなくなってきた場合には、低刺激の基礎化粧を使ってみるのもオススメです。

【オススメの低刺激基礎化粧品】

◆アヤナス

ストレスによって低下した肌温度を上昇させて血行を良くし、肌のバリア機能を回復させます。特許を取得している独自のバリア膜「ヴァイタサイクルヴェール」で肌を刺激から守ってくれる、敏感肌用の基礎化粧品です。

ayanasu(アヤナス) / プレミアム エイジングケア|DECENCIA(ディセンシア)公式サイト

◆オルビス

オルビスの基礎化粧品はすべて無香料・無着色。肌に必要な成分だけが入っているシンプルな基礎化粧品なので、刺激を受けやすい敏感肌の人でも比較的安心して使用できます。エイジングケア用やニキビケア用などの種類があるので、目的に合わせて選びましょう。

オルビスのスキンケア・化粧品、ダイエット、美容サプリメント・健康食品、ボディウェア

アロマオイルを使用する

血行を悪くしたりニキビを作ったりと、ストレスは肌の天敵。ストレスを溜めないように生活するのは難しいかもしれませんが、1日の終わりにはアロマテラピーなどを行って、ゆっくりリラックスしてみましょう。

特にラベンダーやスイートオレンジのアロマオイルには、ストレスを和らげたり、寝付きを良くしたりする効果があるためオススメです。

またアロマオイルには肌を改善する効果があると言われている物もあり、乾燥肌には「サンダルウッド」、ニキビには「シダーウッド」、皮脂が多すぎる肌には「イランイラン」などが良いそうです。

アロマオイルはお風呂に入れたり化粧品に混ぜたりすることもできますが、人によっては肌に合わないこともあるため注意してください。

質の良い睡眠をとる

肌を根本から生まれ変わらせるためには、新陳代謝(ターンオーバー)が欠かせません。肌の新陳代謝が行われるのは、睡眠中。特に入眠後3~4時間に最も活発になると言われているため、この時間に深い眠りにつけるようにしましょう。

人は体温が下がるときに眠りにつきやすくなるため、寝る2~3時間前にゆっくりお風呂に入って体を温め、少し体温が下がり始める頃に布団に入ると寝付きが良くなります。

また、寝る前にブルーライトを見ると交感神経を高ぶらせて眠りを浅くしてしまうため、スマホやテレビはなるべく見ないようにしましょう。高さの合った枕に変えたり、着心地の良いゆったりとしたパジャマを着たりすることも効果的です。

肌に良い栄養素を含んだ食事を心がける

先程もお伝えした通り、肌の改善にはビタミンが効果的です。

レバー・納豆・乳製品・豚肉・青魚などに含まれる「ビタミンB群」は皮膚の新陳代謝や皮脂に影響しますし、果物・野菜などに含まれる「ビタミンC」はコラーゲンを作ってくれます。

緑黄色野菜・うなぎ・チーズなどに含まれる「ビタミンA」も肌を健康にしてうるおいを保ってくれるため、肌荒れが気になる人は積極的にとるようにしましょう。

ビタミン以外にも、老廃物を排出するための「食物繊維」や、コラーゲンを作る「たんぱく質」なども大切。逆に、脂質や糖分の多いお菓子などは肌に悪いため食べ過ぎは禁物です。バランスのとれた食事は肌だけでなく体全体を健康にしてくれますので、一度普段の食事の栄養バランスを見直してみましょう。

サプリメントを摂取する

食事で足りない栄養は、サプリメントで補うこともできます。肌荒れには、複数のビタミンを一度にとれる「マルチビタミン」や、肌を健康にしてくれる「亜鉛」、血流を改善したり皮膚を守ったりしてくれる「高麗人参」などのサプリが効果的です。

本来、食事に気を付けるのが一番健康的な栄養のとり方ですが、食事だけでは効果が感じられない人などは一度試してみると良いでしょう。

【肌荒れ改善が期待できるサプリメント】

◆DHC マルチビタミン

1日1粒で、12種類のビタミンを摂取することが可能。野菜不足をなかなか改善できない人や、不規則な生活をしている人に適しています。

マルチビタミン 30日分【栄養機能食品(ビタミンB1・ビタミンC・ビタミンE)】|健康食品のDHC

◆ディアナチュラ(ストロング39 アミノ マルチビタミン&ミネラル)

ビタミンとミネラルが同時に摂取できるサプリメント。肌に良いとされるビタミンB2やビタミンB6を含んでいます。

ストロング39 アミノ マルチビタミン&ミネラル | ラインナップ | ディアナチュラ | アサヒグループ食品

血行を促進する

血行が滞ると肌に必要な栄養が行き渡りにくくなり、老廃物の排出もスムーズにいかなくなります。結果、肌のターンオーバーが阻害されて、なかなか肌荒れが治らなくなってしまうのです。

血行促進には、まず適度な運動が大切。血を巡らせる筋肉を付けるためにも、無理のない範囲でなるべく歩いたり、ジョギングをしたりしてみましょう。また、首から肩や、ふくらはぎから膝に向けてのマッサージも、血流を良くしてくれると言われています。

腸内環境を整える

人の腸内には、免疫機能に関わる「善玉菌」や「悪玉菌」などの細菌がたくさん生息しています。善玉菌は肌や髪などの代謝機能をアップさせたり、ビタミンB2を作り出してくれたりする大切な細菌。

しかし、運動不足やストレス、食生活などによって悪玉菌のほうが増えてしまうと、善玉菌が減って様々な不調を招いてしまうのです。また、腸内環境が乱れて便秘がちになると、腸に溜まった腐敗物質が血液にまで流れ出して、吹き出物などの肌荒れを招きます。

腸内環境を改善するためには、「乳酸菌」や「ビフィズス菌」の入った乳製品を食べる、水を1日2リットル飲む、腸を活動させるためになるべく歩くといった方法を試してみてください。

まとめ

栄養不足や睡眠不足、ストレスなど、肌荒れの原因は毎日の生活の中に潜んでいます。日常生活を少し見直し、毎日できることから肌荒れ対策を行っていきましょう。

すぐに肌荒れしない肌を作ることは難しいかもしれませんが、肌に良い生活習慣やケアをコツコツ積み重ねていくことで、健康的に生まれ変わった肌を手に入れることができるはずです。


スポンサーリンク

Check Also

ニッポン美肌グランプリとは?なぜアノ県は1位なの?

色の白いは七難隠す、とは昔から …