Home / 美容 / 洗顔 / 肌のくすみは種類別に改善していくのがコツ!

肌のくすみは種類別に改善していくのがコツ!

一生懸命ケアをしていても、肌に関する悩みは尽きないものです。

そんな肌の悩みの中には、多くの人が悩んでいるものがあります。その悩みの一つに、肌のくすみがあります。肌のくすみは、洗顔やスキンケアを行っていても気になってきてしまうものです。そして、そんな肌のくすみには原因がいくつかあります。

肌のくすみを改善するには、原因に合った対処法を行っていく必要があります。そこで肌のくすみの原因や改善方法についてまとめました。肌のくすみで悩んでいる人は、何が原因か知って、対処していきましょう。

 

スポンサードリンク

肌のくすみの基礎知識

肌のくすみは色々な原因があります。そしてくすみを改善するには、原因を知る必要があります。まずはくすみの原因が何かを知ってみましょう。

くすみって?

美容関係の雑誌やテレビで「肌のくすみ」と言われているのを聞いた事はあると思います。肌のくすみは誰にでも起こる現象です。そんなくすみは、肌の透明感が失われてしまっている状態です。顔色が悪く見えてしまう場合もある為、不健康そうなイメージを持たれてしまう場合もあります。その為、くすみを改善したいと思っている人は多いのです。

古い角質によるくすみ

古い角質が原因で肌がくすんで見える場合があります。古い角質は通常では自然と剥がれ落ちてくるものです。しかし老化や睡眠不足など様々な事が原因でターンオーバーが正常に行われない場合には、古い角質が肌に残ったままの状態になってしまいます。そして、この古い角質にはメラニンが含まれています。その為、古い角質が残ってしまうと肌がくすんで見えるのです。

乾燥が原因のくすみ

肌の乾燥が原因でくすんで見える場合もあります。

肌の乾燥が起きてしまっている場合には、これ以上乾燥を起こさないようにと肌は働きます。その為、肌の水分が蒸発しないように肌の角質が重なって分厚くなっていきます。このように角質が重なっていく事で肌の乾燥は改善されます。しかし、角質が重なっている事で、肌の透明感が失われてくすんで見えます。この現象は肌の乾燥が起きやすい冬に頻繁に起きます。

血行不良によるくすみ

ダイエットや冷えが原因で血行不良が起きてしまっている場合にも、肌はくすんで見えやすいです。その場合には、顔色も悪く見えやすいです。その為、不健康や体調不良に見られてしまう場合もあります。周囲の人から体調を心配されやすい人の場合には、血行不良が原因で肌がくすんで見えている可能性が高いです。

紫外線によるくすみ

紫外線を多く浴びている人は肌の中にメラニンが蓄積されてしまっている可能性があります。

メラニンが蓄積されてしまうと肌がくすんで見えます。しかし肌の中にメラニンが蓄積されてくすんでいる場合には、肌が日焼けしたように見えます。その為、くすみではなく日焼けだと勘違いしてしまう人も多いです。

紫外線によるメラニンの蓄積が原因で肌がくすんで見える場合には、くすみからシミへと変わっていってしまう可能性もあります。ゆえに、シミを予防する為にもくすみを改善する必要があるのです。

毛穴の汚れによるくすみ

毛穴に汚れが残ってしまっている場合にも、肌がくすんで見えます。毛穴の汚れは皮脂の過剰分泌が原因の場合があります。その為、肌のくすみ以外にも肌のベタつきなどを感じる事もあります。毛穴の汚れが原因の場合には、皮脂の過剰分泌の改善と毛穴のケアを行っていく必要があります。

糖化によるくすみ

炭水化物などの糖質を摂りすぎてしまう事で肌がくすんでしまう場合もあります。糖質を摂りすぎて肌がくすんでしまう場合には、肌が黄色っぽく見えます。この現象は糖質とタンパク質が結びついてしまう事で起きるので注意が必要です。

種類別のケアや治し方

肌のくすみは原因に合った対処法を行う事で改善する事ができます。くすみを改善したい場合には、それぞれの原因に合った対処法を行っていきましょう。そしてくすみの改善は、日々の積み重ねが大事です。ケアを継続していくように心掛けましょう。

古い角質によるくすみ

古い角質が原因でくすみが起きている場合には、残ってしまっている古い角質を取り除く必要があります。

まず古い角質を取るには、しっかりとメイクを落として洗顔を行う必要があります。クレンジングは肌の汚れも落としてくれる効果があるので、丁寧に行うように心掛けましょう。

そして洗顔も肌の汚れを落とす為に重要なものです。洗顔は泡をしっかりと泡立ててきめ細かい泡で行うようにしましょう。そして、顔を強く擦らずに泡を転がすように洗顔していきます。
洗顔を行えた後は、泡が残らないようにしっかりとすすいでいきましょう。

クレンジングと洗顔は毎日行うのですが、これだけでは古い角質を落としきる事はできません。週に1~2回程ピーリングを行う事をおすすめします。ピーリングは専用の洗顔料が販売されているので自宅で簡単に行う事ができます。古い角質を取り除いた後は乾燥しやすくなっているので、しっかりとスキンケアを行うようにしましょう。

そして、古い角質を取る為にクレンジングや洗顔を行いすぎると肌に大きな負担が掛かってしまいます。行う際は優しく行って、洗いすぎないように注意しましょう。古い角質を取り除いて、くすみのない透明感がある肌を目指してみましょう。

乾燥が原因のくすみ

乾燥が原因でくすみが起きてしまっている場合には、まずは乾燥を改善していく必要があります。

乾燥が起きやすい人はスキンケア方法が間違っている可能性があります。まずはスキンケア方法を見直して、間違っていた場合には改善していきましょう。そして他にも使用しているスキンケア用品が肌に合っていない事で乾燥が起きてしまっている可能性もあります。

乾燥肌用のスキンケア用品を使用してみたり、乾燥肌用の保湿クリームや美容液を使用してみましょう。乾燥肌用のものを使用する事で乾燥が改善されていくと思います。乾燥が改善されていくと重なっていた角質も改善されていくので、少しずつくすみも治ると思います。

血行不良によるくすみ

血行不良でくすみが起きてしまっている場合には、血流を良くする必要があります。

また、血行不良が起きている人は、冷え性の可能性もあります。冷え性の場合には身体も冷えてしまって血流が悪くなっているので、身体を温めるように心掛けましょう。特に入浴を行う時は、しっかりとあったまるようにしましょう。身体の血流を改善しても、顔の血流が改善しない場合もあります。

そんな時におすすめなのが、蒸しタオルで顔を温める事です。入浴を行っている時に一緒に行うのも良いかと思います。朝起きた時に血行不良からくすんで見える場合には、メイクの前に蒸しタオルを行ってみましょう。そして蒸しタオルを行った後にスキンケアを行う際には、マッサージを行う事をおすすめします。

マッサージの摩擦によって肌を痛めてしまう可能性があるので、スキンケアで使用するクリームなどで滑りを良くして行うようにしましょう。

紫外線によるくすみ

肌にメラニンが蓄積される事でくすんでしまう場合には、メラニンを増やさないように心掛ける必要があります。

メラニンを増やさない為には、紫外線対策を行う必要があります。紫外線対策は夏場に行う人が多いのですが、一年中行わなければメラニンは増えてしまいます。

紫外線が弱いと感じる季節も、日焼け止めクリームを塗るなどして紫外線対策を行いましょう。そしてメラニンは摩擦などの刺激によって生成されやすくなってしまいます。洗顔やスキンケアを行う時には、強く擦らないように気をつけましょう。

毛穴の汚れによるくすみ

毛穴の汚れが原因で肌がくすんで見えてしまう場合には、毛穴の汚れを改善する必要があります。毛穴の汚れを落としていくには、クレンジングや洗顔を正しく行っていく必要があります。

毎日のクレンジングや洗顔をしっかりと行って、毛穴の汚れを落としていくようにしましょう。そして毛穴の汚れは一気に落とせるものではありません。

毎日少しずつ落としていくものなので、継続してケアを行っていくように心掛けましょう。毛穴の汚れは皮脂の過剰分泌が原因の可能性があります。皮脂の過剰分泌は乾燥が原因で起きてしまっている場合もあります。肌が乾燥しないように、しっかりと乾燥対策を行いましょう。

糖化によるくすみ

糖化によるくすみは、炭水化物などの糖分を摂取しすぎの可能性があります。

肌が黄色くくすんでいる場合には食生活を見直す必要があります。食生活を見直した時に糖分を摂りすぎていると感じた場合には、糖分を控えるように心掛けましょう。特に甘いものの糖分が黄色くくすんでしまう原因となります。

おやつの食べ過ぎなどには注意しましょう。そして肌が黄色くくすんでしまう場合には、血糖値が急激に上昇してしまっている可能性があります。血糖値の急激な上昇を防ぐためにも、野菜や海藻から食べ始めるなど食べる順番に気を付けるようにしましょう。

メイクでもくすみのカバーを

肌のくすみの改善は時間が掛かってしまう場合が多いです。加えて、肌のくすみを改善したくて努力をしていても、完全にくすみを改善する事は難しい場合もあります。

そんな時には、メイクでくすみをカバーする事ができます。くすみが気になってしまう場合には、メイクでくすみをカバーしてみましょう。

まずはメイク前に保湿ケアを

メイクでくすみをカバーしたい場合には、普段のメイクよりも丁寧に行う必要があります。普段のメイク以上に色々な事を丁寧に行うように心掛けましょう。

まず1番最初に丁寧に行って欲しい事は保湿です。メイクを行う事で肌に負担を掛けてしまいやすくなります。その為、少しでも負担を軽くする為に保湿を行うように心掛けましょう。

さらに、しっかりと保湿を行う事で乾燥によるくすみの予防や肌トラブルの予防を行う事ができます。肌の為にも行うようにしましょう。

化粧下地を使って色むらを整える

しっかりと保湿を行った後には、化粧下地を使用します。化粧下地を使用する事で、くすみによる肌の色むらを整える事ができます。そしてファンデーションを塗った時に、しっかりと肌につくようになるので重要なものです。肌のくすみを隠すためには必要なものなので、化粧下地を使用して整えていきましょう。

自分の肌色に合ったファンデーション選びを

化粧下地で肌の色むらを整えた後はファンデーションを塗っていきます。

顔色を良く見せたいからと自分の肌色よりも明るい色を使用する人がいるのですが、顔だけ浮いて見えてしまうのでおすすめできません。そして顔だけ浮いてしまうと、厚化粧と思われてしまう可能性もあります。肌を綺麗に見せたい場合には、自分の肌の色に合った色のファンデーションを使用していく必要があります。

新しくファンデーションを購入する際には、肌の色に合っているのかしっかりと確認するようにしましょう。

まとめ

毎日、洗顔やスキンケアを行っていても肌の透明感がなくなってくすみを感じる事があります。

くすみは様々な事が原因で起こる複雑な現象です。その為、くすみを改善するにはそれぞれの原因に合った改善策を行う必要があります。まずは、くすみの原因が何かを知る事から始めてみましょう。そして原因を知った後は、その原因に合った改善策を行ってくすみの改善を目指しましょう。原因を分析するのが非常に大切です。

しかし、肌のくすみを改善するには時間が掛かる事があります。ゆえに、継続してケアを行っていく事が大事です。そして早くくすみを改善したいからと改善策を行いすぎてしまう事で肌に大きな負担を掛けてしまう可能性があります。肌に大きな負担を掛けてしまうと、他の肌トラブルを引き起こしてしまう可能性があるので注意しましょう。

くすみがなかなか改善しない時や完全に治らない場合には、メイクでくすみをカバーする事ができます。メイクでくすみをカバーしたい場合には、しっかりと保湿を行ってから肌の色むらを整える下地を使用しましょう。

そして顔が浮いてしまうと厚化粧と思われてしまう可能性があるので、ファンデーションは自分の肌の色に合ったものを使用するようにしましょう。正しい改善策やケアを行って、くすみの改善や予防を行っていきましょう。


スポンサーリンク

Check Also

ニッポン美肌グランプリとは?なぜアノ県は1位なの?

色の白いは七難隠す、とは昔から …