Home / 美容 / クレンジング / 乾燥肌に「しない」「させない」日々のコツ

乾燥肌に「しない」「させない」日々のコツ

毎年、冬になると肌が乾燥してしまい、悩んでしまう人はとても多いのではないでしょうか。実は肌は一年中、様々な要因から乾燥の危険にさらされています。冬だけのケアだけではなく、一年を通して乾燥肌の悩みはつきものです。

乾燥肌は日々のケアが とても大切なのですが、化粧品だけのケアではなかなか解消するのが難しく、日々の生活習慣なども大きく影響します。保湿がとても重要だと言われる乾燥肌ですが、基礎化粧品選びにも注意が必要です。そこで、今回は乾燥肌に悩んでいる方に、日々の乾燥肌のケアのコツなどをご紹介します。

スポンサードリンク

そもそも「乾燥肌」って?

乾燥肌とは、慢性的に肌の表面の角質層の水分が足りない状態をいいます。角質層は肌の最も上層にあるサランラップのような薄い層です。乾燥から肌を守るためには、この 角質層を正常に保つことが重要です。冬に肌が粉をふいた状態になる人や、乾燥肌のケアをあきらめかけていた人など、あらためて乾燥肌とは一体どんな状態なのか、肌の構造や乾燥肌のメカニズムから、乾燥肌のケアを見ていきましょう。

乾燥肌の種類

乾燥肌にも色々な種類があるのを知っていますか?

乾燥肌の種類として、潤い不足が原因の乾燥肌、いわゆる混合肌と言われる肌で、部分的に乾燥しているところと脂っぽいところが混在している脂性乾燥肌、その他に、加齢による老人性乾燥肌、アレルギーや外部の刺激によるアトピー性皮膚炎の4つのタイプがあります。

基本的にどのタイプの乾燥肌も、必要な成分や毎日のスキンケアに、大差はありません。乾燥肌で悩んでいる人は、自分の肌がどのタイプの乾燥肌なのかを知ることが、乾燥肌改善の近道になります。

乾燥肌のメカニズム

乾燥肌は、文字通り乾いてしまった肌のことを言いますが、具体的に肌がどんな状態になっているのでしょうか。乾燥肌のメカニズムを見ていきましょう。肌の表面は角質層と皮脂膜でできています。角質層は、NMF(天然保湿因子)、角質細胞間脂質で出来ています。角質細胞の間の脂質(セラミドなど)が満たされている肌は正常な肌と言えます。

セラミドには、外部からの刺激物や、水分の蒸発を防いでくれるバリア機能があり、この機能が壊れてしまうと、水分が足りない肌は乾燥し、外部の刺激によって、肌は炎症を起こしやすくなります。バリア機能が低下してしまう原因として考えられるのは、過度な洗顔や紫外線、湿度、加齢などが考えられます。バリア機能を正常に保つためには、セラミドなどの成分が配合されている化粧水などを使用して、保湿することが最も大切です。

乾燥肌なのに、にきびができてしまうのは、乾燥そのものが原因です。肌が乾燥すると、皮脂が過剰に分泌されてしまうので、にきびが出来やすくなってしまうのです。

乾燥肌になりやすい時期

乾燥肌は冬だけの問題と思われがちですが、そうではありません。春の乾燥肌も侮れません。春はうっかりと紫外線対策を怠ってしまうことにより、乾燥肌になりやすい時期です。紫外線は一年中降り注いでいますので、紫外線対策も一年中必要です。また、春は花粉などの外部からの刺激により、肌が敏感になりやすい時期でもあり、入学や引越しなどの環境の変化が多い季節です。

それらのストレスから、体内のエストロゲンという女性ホルモンのバランスが崩れてしまうことが原因で、乾燥肌を招きやすくなります。秋は夏の間に受けた紫外線の影響が一番出やすい季節です。夏からの季節の移り変わりで、急に涼しくなり、この時期は1年で急に肌の乾燥を感じ始める季節です。

加齢によるお肌の乾燥

若い頃は乾燥肌を気にせずにいた人も、加齢によって乾燥が気になり始める人が多いようです。一般的に女性は30代から、男性は40歳を境にして肌の保護機能が衰えると言われています。肌のバリア機能やターンオーバーも衰えてしまい、ストレスが原因で自律神経やホルモンバランスが乱れ、その影響が肌に出やすくなります。

この加齢による肌の乾燥は、近年エアコンなどの普及が原因で低年齢化しています。 まだ若いからと言って、安心はできないようです。

お肌に乾燥を招くやってはいけないコト

元々肌が健全であれば、紫外線などの外部刺激による乾燥で悩むことは少ないはずですが、乾燥肌を引き起こしてしまう原因は、日常生活の中にあるはずです。乾燥肌は化粧水などでケアすることが大切ですが、それと並行して日々の生活習慣を見直すことも重要です。具体的に乾燥肌を招いてしまう原因とは、どのようなことなのか、具体的に見ていきましょう。

睡眠不足

睡眠中は、成長ホルモンと性ホルモンが多く分泌されます。この2つのホルモンは肌の保水量にとても影響があり、しっかりとした睡眠で、保水量もアップします。しかし、睡眠不足になると、肌のターンオーバーが正常に働かず、セラミドなどの肌の保湿成分が生成されなくなり、乾燥肌を招きます。しっかりと睡眠をとることは、肌にも精神にも安定をもたらしてくれます。

イケナイ食生活

女性にありがちなダイエットで、野菜ばかりを摂取して、肉や魚などの肌に必要なタンパク質をきちんと摂取しないでいると、乾燥肌を引き起こします。また、忙しいからと、インスタント食品ばかり食べていたり、ファーストフードなどで簡単に済ませている人、コンビニ弁当のバランスも気になります。好きなものばかりを食べる毎日ではなく、出来る限りバランスを考えた食事を心がけましょう。

紫外線を浴びる

紫外線は、角質層にダメージを与えるだけでなく、肌の奥深くにあり肌のハリを保ってくれるコラーゲン、エラスチンにもダメージを与えてしまい、しわやたるみの原因になります。紫外線を浴びすぎてしまうと、肌がもともと持っているバリア機能も破壊してしまい、外部からの異物や刺激物の影響をもろに受けやすい肌になってしまいます。同時に肌の老化が加速する原因にもなってしまいます。

喫煙

喫煙は肌にも悪影響を与えます。喫煙によりニコチン、タール、一酸化炭素などの有害物質が体に悪影響を与えます。有害物質が体内に入ると活性酸素が発生しし、老化を老化の原因になります。また、体内のコラーゲンが減ってしまい、乾燥肌を招います。喫煙をやめた人が禁煙をしたら、肌荒れが治り乾燥肌も改善したという人もいます。喫煙は肌だけでなく、体にも悪影響ですので控えましょう。

お肌の乾燥を防ぐ日々の習慣

十分な睡眠

人は眠っている時に肌が再生されます。 肌の保湿に必要なセラミドなどの角質細胞間脂質は、不足してしまうと、肌の乾燥が進んでしまいます。角質細胞間脂質は睡眠中に分泌されるので、睡眠不足になると、脂質が分泌されずに不足してしまい、乾燥肌を招きます。

大切なのは、睡眠の長さではなく、寝始めから3時間にいかに深く眠りに入れるかなのだそうです。3時間で深く眠りにつくには、就寝する前に飲食をして血糖値を上げない、寝る1時間前に身体を温め、眠る頃には体温が下がる状態にし、寝る前の1時間は脳が覚醒するようなことをしないことです。乾燥肌を治したいという人は、まずは十分な睡眠を心がけるようにしましょう。

食生活

乾燥肌と食生活は密接なつながりがあります。栄養不足が乾燥肌を招き、乱れた食生活を改善をすることにより、乾燥肌を改善してくれる食べ物もあります。偏った食事をせずに、バランスの良い食生活をしていたら、栄養が不足することはありません。しかし、生活時間が不規則であったり、面倒だから簡単に済ませたいと言う人も、出来る範囲でバランスを考えた食事を摂ることをおすすめします。

肌に良いとされるには、タンパク質とビタミンで、ビタミンはA、B、Eなどの種類があります。お肉などのタンパク質を摂った後に、果物などのビタミンを摂取するのもおすすめです。その他、黒ゴマ、黒まめ、ひじきなどの黒い食品には肌に必要な「セラミド」が豊富に含まれています。納豆やなめこ、海藻類などのネバネバ食材は、粘りの素が肌を活性化させて、保湿効果を高めてくれます。

これらを中心にバランスよく摂取するように心がけましょう。逆にコーヒーや冷たいものの取り過ぎも、肌によくありませんので注意が必要です。

衣類

乾燥肌の原因の一つには、衣類の素材による接触もあると言われています。乾燥肌が気になる人は、化繊やウールなどの吸湿性に悪い素材は、肌にかゆみが発生してしまうことが多いようです。特に下着に化繊やかわいいレース付きの物を好む人は、吸湿性の優れた木綿の下着に代えるだけで、肌の刺激をカットすることができます。

乾燥肌の人には、天然繊維でできているものがおすすめです。天然繊維というのは、綿、ウール、カシミヤ、絹などです。また、敏感肌の人は、衣類のタグでかぶれてしまう人も多いようです。タグはカットしてしまうか、タグの角をハサミで丸くカットするだけでも、チクチクする刺激が軽減されます。肌に刺激と与えるものを避けることで、肌の負担が軽減されます。

加湿

乾燥肌の人は、加湿器などをうまく利用して、肌が乾燥しないように注意しましょう。特にアトピーの人は、湿度が低くなっていしまうことで、肌にかゆみが発生してしまいます。通常、部屋の湿度は50%~60%程度に保つことがおすすめです。また、加湿器を使って乾燥を防ぐと、化粧崩れを防いでくれる効果も期待できます。

なぜ加湿器を使わずに乾燥した部屋の中などで化粧崩れが起きるかと言うと、皮膚は乾燥を感じると、自ら皮脂を分泌して水分を逃げないようにします。この分泌された余分な皮脂が化粧崩れの原因となってしまうのです。

乾燥肌におすすめのスキンケア

クレンジング・洗顔

クレンジングにはジェルタイプや、クリーム、石けん、オリーブオイルなどの植物性オイルなどがあります。クレンジング剤は、メイクを落とすものなので、肌に刺激がある界面活性剤入りが多いので、肌に負担を考えてなるべく短時間で済ませるのがポイントです。

<おすすめのクレンジング>プレティア スパ・エ・メールファンゴWクレンズ
「ファンゴ W クレンズ」は、・天然ミネラル泥配合で洗い流し専用のクレンジングです。洗い上がりがスパの施術を受けた後のような、透明感がありキメの細かいふっくらとした肌になります。ライトグリーンシプレの香りで癒されます。

リンク先→ プレティア スパ・エ・メールファンゴWクレンズ

また、乾燥肌の人におすすめの洗顔は固形石鹸での洗顔です。一般的な洗顔フォームには、合成界面活性剤や乳化剤などが、使われているものが多く、それだけでも肌に負担がかかってしまいます。固形石鹸にも界面活性剤は配合されていますが、天然由来の界面活性剤なので、肌への負担が軽減されます。負担が少ないからと言って、長い時間をかけての洗顔や、1日に何度も洗顔をすることはおすすめできません。

<おすすめ洗顔料>VCOマイルドソープ
「VCOマイルドソープ」は、天然の美容オイルVCO(ヴァージンココナッツオイル)が配合されている保湿の特化した洗顔石鹸です。泡立ちが濃厚で毛穴の汚れをしっかり吸着してくれて、洗顔後もしっとりとした洗い上がりの石鹸です。価格:2,847円(税別)

リンク先→ VCOマイルドソープ

化粧水

乾燥肌の人は、しっかり高保湿の化粧水を使って、たっぷりの水分と高保湿成分を肌にしっかりと与えてあげることが重要です。なかでもセラミド配合の化粧水は、もっとも高保湿な成分なので、乾燥肌におすすめです。

<おすすめ化粧水>アヤナス ローション コンセントレート(DECENCIA)
「アヤナス ローション コンセントレート」は、ポーラ・オルビスグループの敏感肌・乾燥肌用のスキンケアブランド「DECENCIA(ディセンシア)」の化粧水です。「ヒト型ナノセラミド」が配合されていて、肌の奥まで浸透してくれます。高保湿とエイジングケアを一度に叶えてくれるおすすめの化粧水です。

リンク先→ アヤナス ローション コンセントレート

まとめ

乾燥肌に「しない」「させない」日々のコツをご紹介しましたが、いかがでしたか?乾燥肌の悩みを持つ人は、まずは食事や睡眠などの生活習慣を見直してみてはいかがでしょうか。そして、しっかりと肌を潤してくれる自分にあった高保湿化粧水で日々のケアで、ふっくらとした乾燥知らずの美肌を手に入れましょう!

 


スポンサーリンク

Check Also

毛穴が詰まる原因と対策を徹底解説!

毛穴の詰まりがあるとメイクのノ …