Home / 結婚式 / 結婚式を挙げるなら!話題の海外&ゲストハウスウェディング

結婚式を挙げるなら!話題の海外&ゲストハウスウェディング

結婚して、結婚式を挙げたい。そう考えているあなたに、ぜひ知ってほしい結婚式があります。

スポンサードリンク

結婚式は人それぞれ

結婚をしようと思うのは、愛し合っている二人の気持ちが固まったときになることでしょう。

そのタイミングというのは二人で決めていくものですが、子供ができてしまったりする場合もあるでしょうし、仕事の関係などが深くかかわることもあるでしょう。それぞれの事情で日時や方法も決めていくようになります。
二人の考え方によっても違うのですが、盛大に多くのゲストを招いて挙式を行いたいというカップルもいれば、二人だけで行いたいというカップルや家族や親族だけにしたいというカップルもいることでしょう。
普段お世話になっている人がとても多く、そういった人たちをみんな招きたいという場合には、結婚式場やホテルなどのウェディングをして派手に披露をしていくことにもなることでしょう。

盛大に行う場合には、費用もかなりかかりますし、式に備えてかなりの時間をかけて準備を進めることになります。

しかし、あまり派手に行わずに入籍だけにするとか、地味に挙式を二人だけでして、お金をかけないようにしたいということもあります。これは授かり婚などで妊娠をしていたり、再婚同士のカップル、子連れのカップルなど、事情がある場合では多くなります。
肉体的にも経済的にも負担をかけないようにしようという動きで海外で挙式をするというカップルも中にはいるものです。

海外ウエディングはリーズナブル?

海外ウェディングになると、新婚旅行と兼ねて行くことができたりするので、国内で結婚式や披露宴を行うよりもずっとリーズナブルに済ませることができるでしょう。

国内で会場を押さえたりしておき、現地で衣装やメイクも打ち合わせて決めていくというようにとても気軽にいくこともできるので、いいといえましょう。ツアーなどにウェディングのプランを含めて手配をしていくこともできますし、自分たちで個別に手配をすることもできます。

また、地元の結婚式場紹介の会社などでもそういったプランを出していたり、手配をしてくれたりするところもあります。
ですから、いろいろな方法で海外ウェディングを実現することができるようになっているのです。

海外で挙式するなら

基本的には日本国内で挙式を行う場所やチャペルなどを予約をしておくようになります。
自分でドレスなどの衣装を持ち込みたい時などではそういった希望を申し出るようにします。

新郎も新婦も現地でレンタルすることができたりしますし、事前に現地で衣装やお花、教会、写真などを含めた式の流れ、送迎などについて、数時間の打ち合わせをすることで、当日の式をスムーズに執り行うことができたりすることになります。

費用は?

海外で挙式をする費用としては、ツアー代金のほかにチャペルや送迎、衣装のレンタル、お花、写真などで費用がかかることになるので、プラスで30万円から50万円程度になることでしょう。

しかしながら、現地の物価などによっても違ってきます。
それでも国内のホテルや式場で行うよりもかなり安く済ませることができることが多いので、その分を新生活などにかけることができるようになるのです。

人気の海外ウェディングエリア

人気の海外ウェディングのエリアとしては、ハワイを挙げることができます。

海が見えるチャペルや自然豊かな緑あふれるチャペルなど、数多くの教会があります。新婚旅行を楽しみながら、一緒に式も行うようにするというカップルが多いのです。また、ハワイほど遠くないリゾート地としてグアムやサイパンにして、時間やお金をあまりかけないようにする人たちもいます。

ニューカレドニアやオーストラリア、フィジーやモルディブ、バリ島などのリゾート地も人気です。

ハワイでの挙式

特に人気のある、カジュアルなハワイでの挙式を紹介します。

教会で30分程度で式を挙げて、それからはゲストと一緒に食事会を兼ねてカジュアルなパーティを行います。披露宴はなく、パーティでお披露目をするスタイルです。

特別な日に適した環境

ハワイは年間を通して暖かくて過ごしやすいですし、海が見えるチャペルがあるなどロケーションが良いので人気があります。

ハネムーンもできますし、日本語が通じるところも多いので安心して挙式ができます。

準備も難しくない

ハワイウェディングというと準備がものすごく大変なイメージがありますが、準備は全て日本で行えるので、国内での挙式と同じくらいの期間で準備を済ませることができます。

半年くらいが一般的ですが、時間がないのであれば3ヶ月で間に合わせる事も可能です。

ゲストのことをしっかり考えて

ただし、ゲストの渡航の負担も考えておく必要があります。大勢は呼ばず、6〜10名ほどに来てもらうケースが多いです。

来て欲しい人には早めに声をかけてスケジュールを聞いておきましょう。ハワイウェディングは、国内とは違ってさすがに日帰りではできません。
平均3泊で式はできますが、先輩カップルが選んでいる期間で多いのは5泊7日〜6泊8日です。

ハワイでの過ごし方

1日目はエステや家族と過ごす時間として使い、2日目は写真撮影と挙式、夜には両家との食事会を行います。
3日目は観光や家族の帰国、4日目と5日目はビーチなどでカップルだけでハワイを楽しむケースが多いです。

費用は?

ゲストの平均人数は6〜10名で、この人数であれば特別なオプションなしなら100〜150万円程度でできます。
海外の挙式手配会社に申し込むだけでOKです。

時期はいつがいい?

結婚式に何を求めるかで、何月の挙式が最適かが変わります。

日差しが強い方がいいのか、ビーチや買い物が目当てか、などを考えて選びましょう。

気候が安定していて観光客が少なく、費用が安くなるのは5月中旬〜下旬、7月上旬〜中旬です。土日に礼拝が行われる協会を使いたい場合は、平日ではないとできない可能性が高いので気をつけましょう。
気候の変動はそれほど激しくありませんが、6〜8月くらいまでは最高気温29〜31℃、最低気温21〜23度で、9月に入ると蒸し暑い日が増えます。
気温が7・8月よりも低くても体感気温は9月の方が暑く感じる事もあります。

12月〜2月までは最高気温21〜23℃、最低気温18〜21℃程度です。照り返しの強いビーチなどは気温がこれよりも高くなります。

また、日差しも強いのが特徴です。
日が沈むと急に気温が下がって肌寒くなる事も多いので、服装には気をつけた方がいいでしょう。

特に冬場は一気に体感気温が下がったように感じられます。

また、ハワイでは乾季と雨季があります。11月〜4月くらいまでが雨季で、夕立のような短時間にふる激しい雨が何度かあります。

ただし傘はほとんどの場合不要で、日本のように一日中ダラダラ降るわけではありません。雨季は避けた方がいいように感じますが、雨季はきれいな虹が出る季節でもあり、雨上がりに虹がかかる事もあります。
ダブルで登場することもあり、幻想的な雰囲気の中で式が挙げられます。

会場を選ぶときには、チャーチではなくチャペルを選んだ方がいいでしょう。
チャーチは日曜礼拝が行われる場所で、チャペルは結婚式のために作られた施設です。

教会風の結婚式会場なので、海外が不慣れなカップルはチャペルを選んだ方が何かと安心です。

チャペルだと専用のスタッフもついてくれるので、英語に不安を感じている場合も安心でしょう。

渡航費や滞在費はゲスト負担となるため、パーティの会費やご祝儀はいただかないのがマナーです。招待状に一言添えておくとゲストも悩まずに済むでしょう。

ベストブライダルの結婚式

海外ウエディングに魅力を感じるあなたには、ベストブライダルのゲストハウスウエディングもおすすめです。ベストブライダルは結婚式場を運営する会社で、主に首都圏を中心にサービス展開しています。

ゲストハウスウェディング

主力となっているのが、ゲストハウスウエディングです。

大阪や京都、名古屋や仙台などでもゲストハウスウエディングを挙げることができますから、最寄りの利用しやすい会場を選ぶのがおすすめです。海外も、ハワイとバリに対応しています。

ゲストハウスウェディングとは

ゲストハウスウエディングとは邸宅などの物件を丸ごと借りる形で、自分たちと参加してくれたゲストだけの空間を作り上げ、周囲を気にすること無く結婚式を楽しめるスタイルのことです。

一般的なホテルや冠婚葬祭の会場とはまた違った雰囲気の中で、ゲストと楽しい時間を過ごせるのがメリットです。比較的自由度の高い演出ができるため、オリジナリティあふれる結婚式を希望する新郎新婦にぴったりです。

東京アフロディテ

会場の一例として、東京都中央区にある東京アフロディテは、東京駅からタクシーで5分の場所にあります。

最寄りの駅からなら徒歩で2~5分でたどり着けるほど交通の利便性が良く、遠方から訪れるゲストでも楽に向かうことができます。

公式サイトから予約を申し込めば、東京駅の直ぐ側から無料サービスで送迎バスを利用できますので、この機会を逃さないようにしたいところです。

 

イタリアの郊外にある邸宅をイメージした会場になっており、デザートブッフェなどを開くことができます。

フランス料理やフレンチ料理、専属パティシエのケーキやスイーツなどが堪能できます。

ワインやシャンパンといったお酒や、女性でも飲みやすい健康に優しいドリンクまで用意されていますので、ゲストの嗜好に合わせて食事を用意できるよう、配慮がなされているのが助かる部分です。

プランは人数や季節、曜日ごとなど、様々な種類が用意されており、予算に合わせたプラン選びが容易になっています。洋館での挙式ではあるものの、希望とあれば神前式にも対応してくれます。
和服を着て神社で挙式が可能なプランが存在しますので、興味を持ってみても良いでしょう。

自分にピッタリのウェディングドレスをオーダーメイドしてくれる、ドレスサロンが館内に存在します。ドレス選びだけでなく、メイクやプレケアに関するアドバイスを受けることができます。

自分に合った会場選びを

東京アフロディテの他の会場に関しても、おおよそ似たようなサービスが提供されています。

ベストブライダルの公式サイトではウェディングスタイルや料理スタイルなど、各要素に分類して最適な会場を調べることができます。平日の挙式や少人数で行う、オリジナル料理や教会式、神前式に人前式などの希望にそった選び方ができますので、時間を掛けてじっくりと探してみたいところです。

ベストブライダルが提供しているゲストハウスウエディングの会場は、それぞれ公式サイトが用意されています。細かな情報を確認したいなら、会場ごとの専門サイトを閲覧すると役に立つでしょう。

サイトの情報だけでなく、もっとじっくりと会場の特徴を知りたいのであれば、資料請求を行ってください。
見学予約と同じような専用フォームが用意されています。

また、会場は見学に応じてくれます。

邸宅の外観や風景などを直接確認して、2人にとって記念に残る会場を選び出してみましょう。それぞれの会場のサイトに見学予約のフォームが用意されていますから、希望日時や人数、連絡先などを入力して送信してください。

希望日時は定休日以外を指定しましょう。

予約方法についてわからないことがあれば、電話の問い合わせにも対応可能です。積極的に話を伺ってみることをおすすめします。

さいごに

結婚式は、一生に一度の自分たちが主役になることができる大きなイベント。
素敵で思い出に残るようにしたいものですね。


スポンサーリンク