Home / 恋愛 / 合コンで何話せば良いかわからない方のための会話の話題

合コンで何話せば良いかわからない方のための会話の話題

張り切って合コンに出掛けたものの、何を話していいかわからない、どんな話題が盛り上がるのだろう?という人は多いと思います。せっかく合コンに行くのであれば、楽しい話題で盛り上がりたいですよね?

そんな方のために、今回は「相手を知るための話題」「共通点をみつけられる話題」「親しくなってから聞いてみたいこと」の3つに分けて、どんなことを話したらいいのかを紹介したいと思います。

ぜひ、今度の合コンに活かしてしてみてください。

スポンサードリンク

相手を知るための合コンの話題

合コンで、まず最初の話題といえば、自己紹介をしたり、相手のことを知るための質問をしたりするのが一般的だと思います。
相手のことをまずはおおまかに知ることで、相手がどんな人なのかを推測することができると、次の話題にもつながりやすくなりますね。

あまり深い、答えにくいようなことを聞くのではなく、ごく一般的なことを自然な会話の流れで聞いてみちゃいましょう。

今している仕事or勉強?


相手がどんな仕事をしているのか、学生なら、何を勉強してるのかや、どんなサークルに入ってるのかを聞いてみましょう。 共通の職種だったり、自分が興味のある分野の仕事ならそのまま盛り上がれますし、知らない世界のことなら、どんなことをするのかや、どうやってその道にたどり着いたのかなどを聞いてみてもいいですね。

また、「その仕事、何年目ですか?」「転職経験ありますか?」「過去にどんなアルバイトをしたことがありますか?」「子供の頃になりたかった職業は?」なども合わせて聞いてみると、さらに話が広がりますね。

出身はどこ?


「出身地」を聞くことはその後の会話につなげやすいです。 同じ地元の出身なら盛り上がること間違いなし!通っていた学校のこと、好きなレストランのことなど、いろいろな話題に花が咲くでしょう。共通の知人がいた!なんてことも。

相手が遠いところや自分の知らないところの出身なら、「ここまでどうやって来たの?」「何が有名?」などと聞いたりも出来ますしし、自分が行ったことがある場所だったり、友達や親戚が住んでいる場所だと、共通の話題も見つかりやすいですね。

他にも、出身地から、方言、特産品、ご当地キャラ、出身の芸能人などにも話題を広げやすいです。「出身地」はよりプライベートな話題を引き出しやすい合コンのテーマでもあります。

兄弟や家族構成は?

家族のことを聞いてみましょう。 兄弟姉妹がいるのか?や、何人兄弟なのか、単純に聞いてみてもいいですし、クイズにして当てっこしたりするものいいですね。同じ世代なら、家族構成が似ていることも多いので、共通点をみつけやすいと思います。

また兄弟や家族のエピソードから、相手の性格や価値観もわかるかもしれません。「長男長女あるある」「末っ子あるある」「一人っ子あるある」などで盛り上がるのもいいですね。

家族の話題の中に、「ペットを飼っているか?」を合わせて聞いてみるのもいいと思います。動物好き同士なら、お互いのペットの写真を見せ合ったり、ここから話題が広がること間違いなしです!

第一印象は?

「長男(長女)っぽいね」や「○○系の仕事してそう」と印象を伝えてみるのもいいと思います。また、「何歳に見える?」など、自分の印象を相手に聞いてみてもいいですね。

合コンらしく、「1番○○そうな人!」をみんなで一斉に指さしたりと、複数人でゲームにすると盛り上がるでしょう。

ただし、「モテそう」→チャラいってこと?、「一人っ子っぽい」→わがままそうってこと? など、ネガティブな印象に繋がる可能性があることもあるので、注意してくださいね。

他にも、まず「初対面で相手のどこをみるか」を聞いてみて、そのパーツについての印象を伝えてみるのもいいかもしれません。

共通点を見つけられる合コンの話題

人は、共通点が見つかると、妙に親近感がわいてくるものです。共通点がたくさん見つかると、相手との距離も縮むかもしれませんね。
また、範囲を広くとる(自分だけでなく、友人がとか、家族が、など)ことで、話をつなげやすくもなります。

共通の話題が多かった相手との会話は、合コンから帰ったあとも、強く印象に残っているでしょう。

では、共通点を見つけられる話題には、実際、どんなものがあるのか、ご紹介します。

休みの日は何しているの?

相手の趣味や生活パターンを知る質問ですね。 「休みの日は何しているの?」「先週末は何をしてた?」などと聞いてあげると、「趣味は?」と漠然と聞かれるよりも答えやすいと思います。

特に趣味がなく「週末は1日中寝てた」という相手には、「仕事忙しくて疲れちゃってた?」などと聞いてあげたり、「自分もこのあいだ○時間も寝ちゃったー!」などと共感してみてもいいですね。

共通の趣味や似たような生活習慣があれば、さらに話題は広がりますし、自分とは全然違った過ごし方をしている相手には、「それ何?気になるー!今度やってみたい!」といえば、合コン後のデートにもつながるかもしれませんよ?!

部活やサークル、アルバイトは?

相手が学生なら、ほとんど人が何かしらの部活やサークルに入っているでしょうから、ぜひ聞いてみましょう。
部活内のルールや実績などで共通の話題(先輩後輩関係が厳しい!!など)も見つかりやすいでしょう。

また、相手の好きなことを探るチャンスにもなります。

アルバイトや習い事を聞いてみるのもいいですね。 変わったアルバイトをしていれば、どんな感じなのか聞いてみたり、お金を貯めて何がしたいか?など、次の話題にもつながりやすいです。

好きな食べ物は?


好きな食べ物なら、共通するものが簡単に見つかるかもしれません。 「和食派?洋食派?」や「甘いもの好き?」「辛いもの好き?」などと聞いてから、さらに細かく掘り下げていくのもいいですね。

ここで、相手の好きな食べ物を聞いておいて、合コンのあとデートに行くときまでに相手の好きなものが食べれる素敵なレストランをリサーチしておくのはいかがでしょうか?

デートに誘うにも、いきなり「今度食事行こう!」よりも、共通の好きな食べ物がみつかったときに、「今度一緒に食べに行こう!」や「それ美味しい店知ってるよ!」のほうが、より誘いやすいですね!

趣味は?

趣味についての質問は、相手のプライベートを知るきっかけがつかめます。旅行やドライブが好きなら、今まで行ったところ、印象に残ってるところ、また行きたいと思うところ、などと話題も広がりやすいですね。

音楽が趣味であれば、どんなジャンルが好きか、好きなアーティストは誰か聞いたり、合コンのあと、一緒にライブやカラオケに行って盛り上がったりもできます。スポーツが好きな場合は、共通点があれば、一緒に出来るかもしれませんし、知識のないスポーツであれば、「教えて!」と言ってみましょう。

また、その趣味にハマったきっかけなどを聞いてみるのも、話題が広がります。

親しくなってから聞いてみたいこと

相手を知るための話題、共通点を見つけられる話題から、少しづつ話も盛り上がってきたところで、せっかく出来たこの縁、やっぱり次の機会に繋げたいですよね。

はじめより、親しくなってきたことで、今まで話した話題の内容を、もう少し深く、追及してみてもいいのではないでしょうか。

では、合コンのあとの次の約束にもつなげやすいような話題を見てみましょう!

興味のあることは?

休みの日の過ごし方や、趣味など、すでに聞いているかもしれませんが、自分の好きなこと、興味のあることを語るのは、楽しいと思います。相手の趣味であることを自分もやってみたい!とか、逆に自分が相手に話した趣味で、相手が興味を持った、やってみたいと思ったことがないかどうか聞いてみたりするのもいですね。

また、自分も相手も、興味はあるけど、なかなか一人でやってみるチャンスがなかった!なんていうものも、一緒に初めるきっかけにするのもいいと思います。

レジャー系に関心はある?


これからの季節、お花見や、バーベキュー、海や、キャンプなど、みんなでワイワイするのが好きなら、気軽に誘いやすいですね。
「2人きりで会うのはまだちょっと、、、、」という人も、「みんなでだったら、、、」と思えるかもしれません。

お花見や、バーベキューの話題で盛り上がるうちに、さらにお互いの性格などもわかってくるでしょうし、そこから、次のきっかけが生まれるかもしれませんよ!

逆に、みんなでワイワイするのはちょっと苦手だったり、アウトドアはあんまり、、、という人もいるでしょうから、また違ったアプローチをしていくにも、レジャー系に関心があるかは聞いておいて損はないですね!

まとめ

いかがでしたでしょうか? 合コンのように、初対面の人がたくさんいる中で、何を話したらいいのかわからない!と思ってしまうあなた、ぜひ、この記事で紹介したことを参考にしてみてください。

せっかくの出会いが、その場限りで終わってしまわないよう、相手の好きなことなどをうまく探りだし、ゆっくりと話を聞きながら、楽しい時間をお過ごしくださいね!

スポンサーリンク

Check Also

明日何着る?”おしゃれ”と”モテ”を両方叶える私服コーデの作り方

おしゃれかつモテる私服を目指し …