Home / 未分類 / 外国人特集~外国人の魅力と外国人のキス

外国人特集~外国人の魅力と外国人のキス

最近増えつつある、国際結婚。

日本人ももちろんですが、外国人の方々も非常に魅力的です。

今回はその外国人の魅力やキスの違いについてご紹介します。

スポンサードリンク

魅力的な外国人

外国人と日本人の違い

外国の異性に憧れを抱く日本人は多いです。

俳優さんなどを見ても、国が違うだけでかなり印象も違いますね。顔の彫が深く、長身のしっかりとした体形も魅力的に見えます。目の色の違い・肌の色の違いなど好きな国の好みもそれぞれあるでしょう。

欧米だけでなくアジア圏が好きな人もいますね。

親日家の国も割と多いので、実際に日本が好きと言う外国人もたくさんいます。見た目の違いもありますが、やはり異性に対しての対応が素敵に見えるのでしょう。

基本的に海外の男性はレディーファーストです。

常に女性に気を使ってくれ、優しくしてくれます。大袈裟なくらい褒めてくれたり、日常的にスキンシップも多いでしょう。良い所は良いときちんと言葉にしてくれます。

反対に日本の男性はシャイで硬派な印象です。

会話が苦手で思った事をちゃんと言ってくれなかったり、わざと女性をけなしたりも日本の男性によく見る光景です。特に亭主関白タイプの男性が周りに多い女性は、優しい対応をされると惹かれてしまう事も多いでしょう。

そして女性も国が違うとずいぶん特徴も違ってきます。

海外の女性は積極的です。自分の意見をはっきり言えるため、少々きつく見えることもありますがその強さが素敵に見えるのです。日本の女性はおしとやかでおとなしく見えるので、その違いが大きいですね。

でも日本の女性は優しいので、海外の男性からの支持は高いです。

身体の小さな日本女性に比べてボリュームのある外見なので、見た目に惹かれる男性もいるでしょう。男性・女性どちらにしても感情表現を素直に出せるのが魅力的に映るのです。

外国人と出会うには

しかしいくら素敵でも外国人との出会いは少ないです。

最近は海外からの観光客もかなり増えていますが、だからといって簡単に親しくなれるわけではありません。

そして国が違うことの一番の問題点は言葉の壁でしょう。

やはりお互いに相手の国の言葉が理解できないと、お付き合いをするにしてもなかなか大変です。片言でも簡単な日常会話ができるとだいぶ違ってくるでしょう。

出会いのスタートラインに立つ上で、多少言葉の勉強はしておくと良いですね。いざお付き合いが始まってしまえば、言葉は意外と覚えるものです。外国語を早く覚えたかったら、実際に親しくなりどんどん会話をするのが一番良い方法なのです。気付いたら英語がペラペラになっていることもあります。

言葉がわからなくても、ボディランゲージで何となく相手の言いたいことがわかることも多いです。しかし細かなニュアンスを伝えたりするのが難しいのです。特に日本はあいまいなニュアンスを使ったり、白黒はっきりさせないことも多いです。

それが日本の良い所でもありますが、海外から見るとデメリットになる要因でもあるのです。

日本人同士なら理解できることも、わかってもらえない場合もあります。そのため相手の国の言葉が話せることは、大きな強みになります。それ以外には文化の違いもポイントになってきます。宗教や食事など生活する上で色々と細かい違いが多いです。

カルチャーショックを受けることもあるかもしれません。生活があまりにも違うのはストレスにもなりかねません。

とても好きになった相手でも文化の違いで心が離れていくこともあります。それだけ国際結婚やお付き合いは難しくもあるのです。それさえ乗り越えてくれる相手に出会えると良いですね。

最近は日本の文化にはまり、日本に移住してくるパターンもあるようです。そんな方との出会いが理想ではありますね。

出会う場所としては、イベント・英会話教室・学校の留学生・知り合いからの紹介などが多いです。日本は多国籍な国ではないので、出会う場所も限られてきますね。

普通に生活していては、ほとんど出会いはないでしょう。相手を探したくても出会いそのものが少ないのが現実でしょう。

もし出会ってお付き合いに発展しても、いつか自国へ帰ってしまう場合もあります。周りの反対があったり、協力が必要な場合もあります。問題点は意外と多く次々に出てきます。

それでも魅力的に感じるのは、日本にない雰囲気を醸し出しているところです。異国の空気はそれだけ惹かれるものがあるのです。もし気になる相手にあったら、物おじせずにガンガン話しかけることをおすすめします。

相手も日本にいると気を使ってしまったり、言葉の壁を気にして話さないこともあるかもしれません。

良いと思ってもせっかくのタイミングを逃してしまうことも。チャンスはそれほど多くないので、もじもじしてタイミングを逃さないようにしましょう。

思い切って話しかけると、相手も嬉しく思ってくれて仲良くなれるかもしれません。正しく言葉が話せなくても、間違ってもよいので話すをすることは大事です。

日本は違う国の言葉を話すのを恥ずかしいと思う人種ですが、一生懸命話せば相手はきっと聞いてくれます。お互いに国の違いや文化を理解し、分かり合える相手に出会えると良いですね。

 

日本とは違う外国のキス文化

頬や唇など、相手のどこの部分にキスをするのかというのは非常に重要です。

挨拶代わりとして行っている外国人とは違い、日本にはそういった文化がないため非常に抵抗があるものです。

しかし昔と比べて今の日本というのは非常にグローバルになっています。国内ではたくさんの外国人を目にするようになりましたし、日本からも海外に行く人というのは増えています。

つまり日本の文化が他国に渡るのと同様に、外国の文化も日本に入って来ているのです。そのため場合によってはトラブルになってしまうこともあるので、一体どういう文化の違いがあるのかを今一度知っておくことは重要です。


コミュニケーションの違い


日本では多くの人が感情を言葉や表情にして相手に伝えます。

そのため言葉による表現力というのは他国よりも長けている傾向にあります。それに対して外国ではボディランゲージを多用します。

日本とは違い様々な国の人が共存している場合もあることから、言葉だけではコミュニケーションに限界が生まれます。

そういった理由もあり日本のように言葉や表情だけではなく、ボディランゲージによって身振り手振りで相手に伝えたり、またハグやキスによって喜びを表現するというのは比較的当たり前のことなのです。

この違いから、日本でキスというのは恋人にしかしないものという認識が当たり前となっていますが、海外では挨拶の1つとなっています。


意味を弁えている


キスという一括りでしか考えられないのが日本の文化です。

しかし、海外ではどこに唇を寄せるのかで意味合いが全く違うのです。それを理解しているため誤解がうまれるということはありません。

例えば手の甲に唇を寄せるのは相手に対して尊敬を意味します。よく映画のワンシーンで男性が女性の手を取って唇を寄せる場面がありますが、それは互いに恋仲ということではなく相手を敬っているという行為なのです。

唯一共通しているのは、お互いの唇同士は恋仲の場合のみに行うということです。


イメージの違い


日本ではキスをするというのはセックスの前戯だという認識があります。

つまり性的なことに直結する行為というイメージがあるのです。例え唇同士ではなく頬に軽くするだけでも、公衆の面前で行うのはハレンチであると非難されます。

しかし海外ではセックスの前戯であるという認識がないため、性的なことに結びつかないのです。つまり、挨拶の一種ととらえられているため恥ずかしいというような認識もありません。外国でのキスは、日本でいう手を繋ぐ行為くらいのものです。

 

「文化の違い」を意識しよう

挨拶の意味合いが強いからこそ日本と海外ではこれだけ文化の違いが生まれてしまうのですが、これはお国柄というものもあるので仕方がないのです。

どちらかに合わせる必要はありませんし、非難する必要もありません。しかし郷に入っては郷に従えという言葉があるように、今自分がいる国の文化に合わせるということは大切です。

今まで「こんにちは」の一言で済んでいた挨拶も、海外にいれば頬を合わせる行為で行わなければならない場合もありますし、今までは頬に口づけをして挨拶をしていたのに日本に来てそれをやってしまったらトラブルになる可能性もあります。

私が中学生の頃、学校には英語の教師としてアメリカの男性が在中していました。

まだ日本に来て間もないという彼はほとんど日本語をしゃべることができなかったのですが、勉強中だと言って片言ではありますが一生懸命日本語を話そうとしていました。そんな姿を私を含め多くの生徒が見ていたため、とても好感が持てる先生でした。

しかしある日、早朝に学校に登校した際のこと、たまたまその先生と同じタイミングで学校に着いたことがありました。私は片手をあげて挨拶をすると、先生は駆け寄ってきて頬に口づけをして挨拶をしたのです。

彼は何の悪気もなくその場を去ったのですが、中学生の私にはあまりにも刺激が強かったですし、若干不快にも思ってしまったのです。

それからというもの、先生の顔をまともに見ることができなくなってしまいましたし、先生から声かけられても知らない振りをしてしまったこともあります。

つまり、文化の違いを理解していないと、相手と距離を縮めようとして行った行為が逆に距離を遠ざけてしまう可能性もあるということなのです。

20代に成長した今では「どうして許してあげられなかったのだろう」と自分に対して不思議な思いがありますが、幼さ故にどうしても異文化を受け入れられなかったのは事実です。

今日ではビジネスにおいても、観光においても非常に海外との結びつきが強くなっています。国内でもわざわざ外国語で案内が書かれた看板が設置されるほど、海外からの観光客というのが珍しくはない時代となったのです。

自分の国の文化だけに縛られるのが決して正解というわけではなくなっているので、お互いがお互いの文化を理解し、認め合っていくということが必要なのです。

最後に

いかがでしたでしょうか。

是非、参考にしてみてください。


スポンサーリンク

Check Also

その女子の天然ボケ本物?偽物?

巷でよく使われている性格を表す …