Home / 恋愛 / 復縁に向けてあなたがすべきこと

復縁に向けてあなたがすべきこと

彼氏・彼女と別れてしまった。でも頭のなかは元カレ・元カノでいっぱい。仕事にも集中できない。新しい恋も考えられない。

そんな方に向けて、元カレ・元カノとよりを戻すためにあなたがするべきことを解説していきましょう!

スポンサードリンク

失恋してしまった私が復縁に向けてすべきこと

1.冷静でいること

別れた相手と復縁ができるかどうかは、その後の行動に掛かっているといっても過言ではありません。もしかしたらこれから行おうとしているアクションが良くない結果を招くこともありますので、まずは一旦落ち着いて冷静な行動を心掛けるようにしましょう。

ポイントとしては焦らずに時間を置くことです。別れた相手に別のパートナーができる可能性もありますから不安を感じてしまうかもしれませんが、だからといって急いで復縁を迫ってしまうと失敗をします。

相手の気持ちがまだ落ち着いていない可能性もある中で、自分本位にアクションを起こすことで敬遠されてしまう恐れもあります。お互いの気持ちの整理がつかないと冷静な判断ができなくなってしまいますから、冷却期間も踏まえた行動が大切です。

 

2.自分を見つめ直すこと

別れの原因を考える

別れの原因をきちんと把握することも欠かせません。男女が別れてしまうのには何かしらの理由があるはずです。時にはのっぴきならない事情での別れに至ることもありますが、そうではないのなら自身を見直すことも必要です。

特に相手から嫌われてしまった原因がある場合は見つめ直す作業が必須と言えるでしょう。悪い部分があるのならば、そこを改善しないことにはやり直せる可能性は低いです。

復縁をするためには、別れた時よりもステップアップする必要もありますから、なぜ別れることになったのかを考えてみるようにしましょう。

自分磨きに励む

自分磨きに勤しむのも心掛けたいことの一つです。やり直しの可能性を高めるには、改善点を改めつつ、より魅力的な人間へと変化を遂げるのも有効です。特に女性はいくらでも化けることができます。メイクや髪型への工夫や少しのダイエットによって見違えるように魅力的に変化できることもありますし、相手から魅力的と感じてもらうことができればチャンスも高まります。

なお、反対にグレードダウンしてしまうようなことにはならないようにしましょう。これは私自身がやってしまった失敗なのですが、振られてしまったショックで、肌荒れをはじめ、体重も随分と変わってしまったことがあります。

そんな状態で相手に迫ったことがありますが、みすぼらしくなった私への対応は冷たかったです。今考えれば相手の反応が悪くなるのも仕方なかったと思いますが、でもショックを受けている場合は客観的に自分を見ることもできなかったりします。自分自身を客観視して、魅力的な人間になることも大事ですので、また魅力的に感じてもらえるように自分を磨いておくようにしましょう。

身の周りの人に相談をしてみることも時には必要です。別れの問題に自分一人で立ち向かう姿勢も良いのですが、ただ冷静な判断ができなくなっていることもあります。そういった時には周りからの意見を聞くようにすることで、考えを整理するきっかけにもなってくれることがありますし、見えていないものが見えてくることもあるでしょう。

心をリフレッシュ

自分一人の世界に閉じこもってしまうと、悪い方向へと行ってしまうこともありますから、一人で無理せず相談に乗ってもらう姿勢も持つようにした方が良いと言えます。 一旦、復縁についてのことは忘れてリフレッシュに時間を掛けてみるのもおすすめです。

頭の中が相手のことで一杯になってしまうのも無理はありませんが、しかしながら考え過ぎてしまうのも良くありません。思い詰めてしまうことで冷静さを欠き、良くない行動を起こしてしまう可能性もあります。まずは気持ちをフラットにして考えることも時には必要ですので、そのためにもリフレッシュが効果的です。 例えば友人同士で旅行へ行くのも良いですし、異性と遊ぶのも良いでしょう。

また、もし人と関わり合うのが辛いほどなら、一人で傷心旅行へ行くのも効果的です。恋愛以外の部分で楽しさを感じることで気持ちを落ち着けることができ、心に感じているモヤモヤも取っ払うことができるはずです。

3.有効なアプローチを

ある程度の冷却期間を置いて冷静になることができたらアプローチもそろそろ考える必要がありますが、連絡を取る際にはいきなり復縁について切り出さないように注意しましょう。

しばらく連絡を取っていない状況で復縁をいきなり迫られてしまうと、相手も戸惑ってしまう可能性があります。別れてしまった二人がよりを戻すのは容易ではないこともあり、最初からがっつくと失敗しやすくなります。

まずはそれとなく自然なアプローチをすることが大切です。お互いの近況を何となく話してみて、少しずつ距離を埋めていくようにしましょう。そして何気ないやりとりの中で、相手の考えや今の気持ちを推し量り、どのようなアプローチをすべきなのか考えてみる必要があります。

もしかしたら相手の気持ちは自分にはない可能性もありますから、そういった時には潔く諦める姿勢も必要です。 よりを戻すにはこういった方法で着実に歩を進めていくのがポイントです。とにかく焦ることなく行動するのが鉄則ですので、まずは冷静になるための時間を置いてそれから距離を近付けていくようにしましょう。

復縁傾向の男女差

元カノはもう新しい恋をしているかも…

女性の方が恋の切り替えが早い

女性であれば、前の彼氏と再び付き合いたいと思うことはあまりなく、前は前、今は今という形で切り替えをすぐに行って新たな恋愛に舵を切ることができる一方、男性の場合は、元カノの存在を思い出し、できれば復縁をしたいという形になりがちです。

この場合、元カノがすでに新たな恋愛を始めている可能性もあるため、そうしたものをしっかりと判断をしたうえで、復縁に向けた行動というものをとっていくことが求められます。そして、段階を踏んでアクションを起こしていくことで再び関係性を復活させることができるようになります。

とにかく自省する

まず基本的なこととして、なぜ別れることになってしまったのかという部分を自己分析するところから始めなければなりません。結局、再び付き合ったとして、また同じ理由で別れることになれば二度と関係性は築くことはできなくなります。

今度は長く付き合いたいと誰もが思うため、それには自らの原因というものを洗い出して、それを改善していくことが重要です。例えば、男性側の浮気が原因だったという場合には、絶対に浮気はしないというのを誓い、もし浮気をした場合には何かしらの補償をするなどのことを示すというのも大事です。

性格の問題であればそれを改善する努力を見せていかなければなりません。 別れの原因を明らかにし、対策を立てたら次は元カノにアプローチをかける段階です。ただ、いきなり復縁を要求しても相手は拒絶をする、もしくは警戒をすることになります。

そのため、いったんは関係を特別な友人という関係性にし、親友のような状態にして様子を見ていくことが大事です。

元カノに彼氏がいる場合もあきらめない

親友として変わった姿をアピール

その間、元カノは別の男性と付き合うことになるかもしれませんが、ここで諦めてしまっては復縁をすることはできなくなります。

付き合っている間も親友として接し、今の彼氏とのケンカや愚痴などを下心を見せずに聞いていけば、相手としては親友として私のことを大事に思ってくれていると感じるようになります。 親友の関係性で評価を取り戻していけば、いずれは再び恋人候補になることがあります。

今の彼氏と別れれば、その段階では親友として求めていても、いずれそれを超えるものを相手が求めてくることが考えられます。

その時に一気に攻勢をかけ、今度は悲しい思いはさせないと男気を見せてしまえば、親友の時に築き上げた関係性、プラスの印象が先に出てくるため、今度こそうまくいくはずと相手も思ってくれるはずです。復縁をする場合、長いスパンで物事を考えていくということも必要です。

時間と労力を元カノに費やす覚悟を!

要するに、元カノと関係性を戻したい場合、そこまでのことができるかというのが問われます。のちに結婚をすることになるカップルの中にはいったんは別れたものの、再び関係性が復活して結婚に至る人たちが結構います。

しかしながら、そうした人たちはすぐに関係性が戻ったわけではありません。かなりのブランクを経て、偶然の再会を果たすケースや友達関係からやり直して復活させるケースなど様々です。共通してるのは、関係性が戻るまでに数年単位の時間がかかったということであり、そこまでの覚悟があるのかが問われることとなります。

やってはいけないこととしては、ネガティブな行動です。例えば、今の彼氏をこき下ろし、俺の方が上だとか、その後誰とも付き合っていない元カノをつかまえ、俺みたいな男をリリースしたのは間違いだったなどと言うのは明らかな逆効果であり、復縁の可能性を自ら潰す、いわば自滅行為とも言えます。

元カノにアピールする際のNG行為

こうなってしまうと、二度と会うことすらできなくなるため、そう思っていたとしても絶対に口にしないことが大事です。そして、体目当てで関係性を戻したいのではと思われない行動というのも必要になっていきます。

体目当てと思われないためには、食事に行く場合にも時間に余裕を持たせて帰らせるなどのことが大事です。終電までギリギリ粘るようなことをすると、なんやかんや理由をつけてホテルに行こうとしたり、部屋に招こうとするのではないかと思われ、結局うまくいきません。

体目当てではなく、あくまで親友として接しているというのが分かれば、見る目がかなり変わります。仮に自分の性格に難があり、それが別れの原因だったとしても、その間に直していき、努力の跡を見せれば成長を感じ取ってもらうことが可能です。

このように、いったん破綻した関係性を再び取り戻すというのは実に大変です。しかし、誠実さを見せ続け、下心を見せないことを続けていけば相手も見直してくれるのは間違いありません。

しかも、最初は体目当てだったとしても、下心を見せないように振舞っているうちにおのずと気持ちもそうなっていくことがあるため、実際に付き合うことになると、達成感というより、絶対に幸せにさせてみせるという気持ちになるものです。

この人を幸せにさせる、結婚したいと思うほどの気持ちであるのかどうかというのも非常に重要な要素となります。

まとめ

いかがでしたか?もう1度ふたりでよい関係を築いていくには時間がかかります。しかし、決して諦める必要はありません。

冷静に状況を把握し、自分を見直し、効果的に相手にアピールできるようにしましょう。みなさんがもう一度、好きな彼・彼女とふたりで関係を築いていけることを願っています。


スポンサーリンク

Check Also

【男子必見!】彼女に指輪をプレゼントしたいときのタイミングとおすすめブランド8選

付き合っている彼女との記念日や …