Home / 美容 / 繰り返す吹き出物の原因と対策

繰り返す吹き出物の原因と対策

吹き出物は、男性にとっても女性にとっても、気になる肌トラブルの一つです。吹き出物は顔にできる場合が多いので、人と接する機会が多い仕事などをしている人には特に悩みの種となります。
周りに目が気になったり、明るく振る舞うことができなくなったり・・・
そこで今回は、吹き出物を撃退すべく、吹き出物の正体と対策について解説したいと思います。まず何よりも吹き出物ができにくい肌、吹き出物ができにくい生活習慣にすることが重要です。
吹き出物の正体と原因、吹き出物への対策が分かれば、肌を改善していくことも可能なので、しっかり読んでいただいて、吹き出物とおさらばしましょう。

スポンサードリンク

吹き出物の原因とは

吹き出物ができる原因って何なのでしょうか。全ての人に当てはまることではないですが、吹き出物ができる原因は、実は年齢によっても違ってきます。
この章では、吹き出物ができてしまう原因を解説していますので、ご自身の現状と比べてみて、改善点がないか見直してみてください。

10代と20代と30代の原因の違い

吹き出物ができる原因は年齢によっても違うと言いましたが、それは加齢とともに肌質が乾燥肌へ偏ってくることと、肌のターンオーバーも上手にサイクルしなくなってくるからです。
では、それぞれの年代別でどのように違うのかを見ていきましょう。

10代の吹き出物は、過剰な皮脂の分泌による不十分な洗顔が原因です。
10代のころは、汗腺や皮脂腺も正常に働き、ターンオーバーも順調ですから、ターンオーバーのトラブルでの吹き出物は、まずできません。
このころの吹き出物ができる原因は、成長ホルモンが大いに関係します。成長ホルモンは皮脂の分泌を促し、皮脂を過剰に分泌します。
皮脂が分泌されると、肌表面のアクネ菌が増殖し、吹き出物やニキビを作ってしまいます。

20代の吹き出物は、不十分な洗顔・生活習慣の乱れが原因です。
20代に入ると、成長ホルモンの作用は減少していきますが、メイクを覚えたり、アルコールやたばこを覚えたり、就職してストレスや生活習慣が乱れたりという肌への刺激や肌荒れの原因になる行動が多くなります。
正しい洗顔と生活習慣を整えることが大切です。

30代の吹き出物は、不十分な洗顔・生活習慣の乱れ・不十分な保湿が原因です。
ターンオーバーは加齢により衰えてくるので、肌の活性化という意味では10代のころのような期待はできません。
なので、より一層の正しい洗顔と正しい生活習慣が必要になってきます。
また、肌の保湿力も衰えてきて乾燥する時間が長くなりますので保湿が大切になります。そして、時にはカサカサしたり、時には脂っこかったりと、人によっては肌の状態が変わりやすいので、スキンケア化粧品も成分などをよく考えて使用する必要性が高くなります。

原因①乾燥


吹き出物は肌が脂っこい人がなるのでは?と思いがちです。たぶんそれは、学生などのときによくできる思春期ニキビのイメージだと思いますが、確かに吹き出物や思春期ニキビの原因は、肌表面の皮脂をアクネ菌が食べることでできてしまいます。
しかし、メカニズムを知っていない人は、とにかく洗顔して皮脂を落とせばいいのだと思っているのではないでしょうか。

皮脂は過剰ではダメですが、肌表面にはなくてはならないものなのです。肌は乾燥すると、肌を守ろうとして皮脂を分泌します。10代のころは無駄にでも皮脂を分泌するので、正しい洗顔(余分な皮脂を落とすだけの洗顔)をしていれば、思春期ニキビを防ぐには十分です。
しかし、年齢を重ねていくと、自分で分泌する皮脂の量が減ってきますから、乾燥肌になる時間が長くなります。乾燥肌になる時間が長くなるということは、外部から肌への水分補給と保湿をプラスしてあげなければいけません。
この外部からのスキンケアが正しくなされていないと吹き出物ができる原因となります。

原因②ストレス

吹き出物ができる原因の二つ目としてストレスがありますが、ストレスは吹き出物に限らず、身体や精神に様々な悪影響を与えます。自分が目指す目標に向かって、いい具合の緊張感からくるストレスなどは、力を発揮するには絶好かもせ入れませんが、マイナス面でのストレスは大敵以外のなにものでもありません。

原因③食生活

食生活の見直しもしましょう。暴飲暴食、寝る前の食事や間食は肌にとって良い影響を与えません。料理も脂っこいものが多かったり、野菜類が少なかったりすると、肌への栄養が不十分になるので、回復力の低下、ターンオーバーの乱れが顕著に現れてきます。
仕事終わりに遅くから飲んだり、飲むような機会が多かったりすると、肌が休息できません。なるべく規則正しい食生活を送って肌の乱れを軽減するようにしましょう。

原因④洗顔料の流し残り

スキンケアもやっているつもりだし、ストレスもないし、食事もバランスよく摂っているのに、なぜか吹き出物が出来てしまうという人は、洗顔した後の洗い残しを疑ってみてください。割と洗い残しに気づかない人がいるみたいです。
洗い流し(洗顔料が肌についた状態)は、肌に刺激を与えていることと同じですから、特に耳の後ろ、あご周辺は流せているようでも流し残しが結構残っているので、すみずみまで洗い流すようにしましょう。

吹き出物の対策

吹き出物は出てしまってからでは、改善に時間も労力もかかるので、最初から吹き出物ができないように対策することが一番です。では、どのようにすれば吹き出物を防げるのでしょうか。
実際に対策を紹介していきたいと思います。

乾燥対策

まずは乾燥対策です。乾燥は吹き出物の大敵ですから、スキンケアをしっかりと行いましょう。間違ったスキンケアというか、スキンケアの意味合いを勘違いしている人がいるようです。
スキンケアは水分補給と保湿ですが、本来の目的は、化粧水などで肌に水分を補充した後、クリームなどでその水分を肌に閉じ込めるというのが目的です。
中には、化粧水とクリームがセットになって水分を補給すると勘違いしている人もいるようです。
また、人の肌が吸収する水分量には限界があります。顔で言えば、500円玉大程度ですから、化粧水をバシャバシャつけても、何の意味もありません。最近では低価格の化粧水をふんだんに使ってセレブ感覚を味わうというようなスキンケアもあるようです。
気持ち的に優雅な気分になるのであれば、肌にも効果はあるでしょう。しかしスキンケアの観点から言えば、意味のないことです。

そして、化粧水をつける方法ですが、顔をパチパチ叩いてつけるのは良くありません。これはパッティングというのですが、やっている本人は刺激を与えて細胞を活性化させる的な考えでやっているかもしれませんが、肌にとってはダメージの何物でもありません。
化粧水やクリームは、手のひらに取って両手に広げたら軽く肌を押さえるように浸透させていきます。

ストレスを溜めない

原因でも解説したように、ストレスは吹き出物だけではなく、身体のバランスに様々な悪影響を及ぼしますから、自分でストレスを発散する方法を見つける必要があります。
とは言うものの、仕事、家庭、近所付き合いなどなど、ストレスが溜まる理由はいくらでもありますし、ある意味避けることができないかもせれません。
だからこそ、運動、旅行、ショッピングなど、ストレスを溜めない方法を自分なりに見つけていく必要があります。

ニキビに効く栄養素

ニキビに効く栄養素はたくさんあります。ビタミンA、ビタミンB群、ビラミンC、ビタミンE、乳酸菌、食物繊維などです。
ひとつずつ解説していきます。

・ビタミンA
粘膜や皮膚を丈夫にする働きがあり、ニキビができる原因であるアクネ菌の繁殖を抑えます。また、肌のターンオーバーを促進させる働きがあります。

・ビラミンB群(ビタミンB2)
体の中の糖質、たんぱく質、脂質の代謝を促進させます。主に脂質の代謝には重要な栄養素なので、ニキビの原因である皮脂の分泌を抑制する働きがあります。

・ビタミンB群(ビタミンB6)
体内のたんぱく質の代謝を手助けして、皮膚炎の予防に力を発揮します。また、女性特有ですが、PMS(月経前症候群)を緩和し、つわりの軽減にも効果があります。

ビタミンC
肌の老化の原因である抗酸化作用を抑制する働きがあり、ビタミンC以外の栄養素の吸収の手助けをします。コラーゲンと一緒に摂るとコラーゲンの生成を手助けし、美肌にもつながります。
また、メラニン色素の生成を抑制するので、紫外線によるシミやそばかすの対策にも活躍します。

・ビタミンE
ビタミンEには、より強い抗酸化作用を抑制する働きがあります。また、血液をサラサラにする働きがあり、肌のターンオーバーのサイクルを正常に戻す働きがあります。

それらを含む食材

では、上記の栄養分を含む料理を紹介します。

・ビタミンA
バター、かぼちゃ、あんこうの肝、鶏レバー、ほたるいか、ほうれん草、モロヘイヤ、にんじん、しそ、ウナギのかば焼き、卵黄

・ビラミンB群(ビタミンB2)
納豆、まいたけ、たらこ、牛レバー

・ビタミンB群(ビタミンB6)
にんにく、かつお、鶏ささみ、まぐろ、ピスタチオ、ごま

ビタミンC
ブロッコリー、カリフラワー、ケール、ゴーヤ、ピーマン、いちご、レモン、キウイフルーツ、柿

・ビタミンE
とうがらし、オリーブのピクルス、いくら、はまち、アーモンド、サフラワー油

腸内環境の改善により肌への良い効果を期待できる栄養素

肌への直接的な栄養分補給ではないですが、腸内環境を整えるということも肌を守ったり、改善したりするには大いに効果が期待できます。

・乳酸菌
乳酸菌は肌への直接の効果というよりも、腸内環境を整える働きがあります。腸の善玉菌、悪玉菌などのバランスを整えることで、美白、肌荒れの改善などの効果が期待できます。

・食物繊維
これは、腸内環境を改善する手助けとなるものです。便秘はニキビの原因と言われていますが、ハズレではありません。腸内環境の乱れは自律神経を乱し、食欲の減退、血流不足などを引き起こし、肌への十分な栄養が行き渡らない状況を生み出しますので、食物繊維をしっかり摂取して、腸内環境を整えましょう。

吹き出物は何でできているの?

吹き出物って言葉はよく聞くし、自分の顔などにもできてしまうことはあるけど、実際吹き出物ってどんな成分でできているのでしょうか。
吹き出物自体の正体を知っておくのも、予防や改善に役立つかもしれません。

吹き出物とニキビの違い

吹き出物とニキビの違いですが、根本的には同じもので区別はありません。ニキビや吹き出物は、皮膚表面の過剰な皮脂をアクネ菌が食べることで増殖し、その部分が炎症を起こしたものです。あえて言うならば、できる原因に違いがあります。
ニキビは思春期に多く現れます。吹き出物の原因で年代別の吹き出物のところでも解説しましたが、ニキビは成長ホルモンの影響で、初めから皮脂が多い肌質(年代)のときに、皮脂が過剰に分泌されてしまうことでアクネ菌が増殖し、ニキビとなって現れます。

一方、吹き出物は、皮脂の量が少ない(年齢を重ねることで乾燥肌になりやすい)ために、肌を守るために皮脂が分泌されますが、その皮脂を洗顔などできっちり落とせなかったり、日中、メイクなどで肌への刺激を与えているにもかかわらず、ほったらかしていたり、スキンケアを正しくしていないと同じく皮脂をアクネ菌が食べて増殖し吹き出物となります。
ようするに、皮脂が多く分泌され、その余分な皮脂をこまめに落とせない場合にできてしまうのがニキビで、乾燥から肌を守ろうと分泌される皮脂の対処を上手くできなかった場合にできてしまうのが吹き出物ということになります。

吹き出物の中身の成分

吹き出物やニキビの原因は余分な皮脂です。この皮脂が毛穴に詰まってしまって、長時間放置状態の時に、そこにアクネ菌が増殖し炎症を起こします。
なので、成分はとしては、皮脂、角質、汚れ(メイクや排気ガス)、アクネ菌などです。

吹き出物に効く薬の紹介

オロナイン、メルライン、クレアラシルニキビ治療薬、ペアアクネクリーム、テラ・コートリル、ディフェリンゲルなどがありますが、使ってみたけど、症状がひどくなってしまっては、意味がありませんので、値段や成分もそれぞれ違いますから、自分に合った治療薬を使うことが大切です。
オロナインH軟膏ってニキビ薬なんですよ!結構知らない人もいるみたいですね。

まとめ

いかがでしたでしょうか。吹き出物についてのことが理解できたと思います。吹き出物やニキビの対策は、何と言っても洗顔と水分補給と保湿です。
正しい洗顔方法で、きちんとした水分補給と保湿をメインに行い、生活習慣と食事に気を付けていれば、いつまでも若々しい肌でいられるでしょう。


スポンサーリンク

Check Also

気になる毛穴の引き締め方を原因別にアプローチ!

鏡で自分の顔を見るときに一番気 …