Home / 美容 / ニキビ / 10~20代におすすめの吹き出物にきくおすすめのニキビ対策は?

10~20代におすすめの吹き出物にきくおすすめのニキビ対策は?

顔にブツブツが出来る肌トラブルを吹き出物といいますが、吹き出物の中でも一番多いのがニキビです。成長期の10代から、大人になってもニキビに悩まされている人はとても多いようです。体質的に出来やすい人もいますが、それぞれの年代ごとのニキビには特徴があり、跡を残さずキレイに治せれば良いですよね?

まずはニキビの原因からおさらいをして、年代に適した吹き出物にきくニキビ薬などについて知識を収集しましょう。1日も早く正しいケアの方法を取り入れて、ニキビに悩まされない美肌を目指して下さい。

スポンサードリンク

そもそもニキビの原因は?

ニキビの種類は、10代に多い思春期ニキビと20代以降の大人ニキビがあります。それぞれのニキビには特徴があります。10代はホルモンバランスが不安定な時期であり、少しの環境の変化や精神の変化でも、ニキビはできやすくなります。また、20代以降では、お肌の老化が少しずつ表れて、ニキビが出来やすくなります。

特に大人になってからも思春期からずっとニキビに悩まされている人は、当時と同じようなニキビケアではなかなか改善されません。 思春期ニキビと大人ニキビのそれぞれの特徴と原因などをまとめてみました。

10代に多い思春期ニキビの特徴は?

中学生や高校生の10代の時期は、成長とともにホルモンバランスが乱れやすく、脂性肌になりやすい時期と言われています。10代に多い思春期ニキビは、皮脂腺が多いおでこや鼻のT ゾーンにできやすいのが特徴です。Tゾーンの毛穴に皮脂がたまり、そこにアクネ菌が繁殖して炎症を起こしニキビになってしまうという特徴があります。

また、10代の思春期は、肌ターンオーバーが活発な時期であり、炎症してしまったニキビを潰してしまい跡が残ってしまうやすいのも特徴です。ニキビをストレスに感じてしまい、ホルモンバランスが乱れる原因となってしまう場合もあります。

早い段階で正しいケアをしていれば、思春期ニキビは治りやすいのですが、同じように何回もニキビを繰り返していると、大人になってもニキビ跡がなかなか治らないということにもなりかねません。

思春期ニキビはどうしてなるの?

思春期ニキビの原因は、ホルモンの影響で皮脂腺が刺激され、皮脂分泌が活性化なことが原因です。思春期には「第二次性徴」に伴いホルモンバランスが変化し、男性ホルモンの分泌量が急激に増え、皮脂腺を刺激して皮脂の分泌を促します。

具体的なニキビができる要因として考えられることは、ストレス、睡眠不足、偏った食生活、紫外線などにより、ホルモンバランスを崩してしまい、ニキビにつながってしまうことです。

20代ニキビの特徴や原因は?

20代からできるニキビは、10代とは違い大人ニキビと言われています。ニキビは、一般的にホルモンバランスの乱れや生活習慣などにより、お肌の機能が低下することが原因です。思春期ニキビと大人ニキビの違いは、お肌のターンオーバーの低下です。

お肌は28日周期で古い角質がはがれ落ち、新しい角質が生まれ、これをターンオーバーと言います。お肌は年齢と共に衰えてきて、ターンオーバーが正常に働かなくなると、古い角質がお肌に残ってしまい、にきびを作る原因になります。

ニキビの進行の仕方

ニキビはある日突然大きくなるわけではありません。徐々に段階を経て、大きなニキビになって放っておくと悪化していきます。ニキビの進行の仕方としては、第一段階では白ニキビまたは黒ニキビができます。このまま放置すれば、ニキビは炎症を起こしてしまい、赤ニキビに進行する可能性が高くなります。

第一段階のニキビで適切な処置をしていれば、ニキビ跡が残ることはほとんどありません。雑菌がついた汚れた手や爪でニキビをつぶしてしまうと、毛穴から雑菌が入ってしまい、ニキビを悪化させてしまいます。また、ニキビが気になる人は、1日に何度も洗顔をしたり、ゴシゴシと強く洗顔をしてしまいがちです。

肌に負担のかかる洗顔をやり過ぎると、お肌のバリア機能を低下させてしまい、お肌に必要な皮脂まで取り除いてしまい、反って皮脂が過剰に分泌されてしまい、ニキビの原因になってしまいます。

まずはニキビ予防対策を

ニキビ予防対策には、自分の肌のタイプを知ることが大切です。脂性肌でも乾燥肌でもニキビが出来てしまう可能は多々あります。お肌の機能を正常化することで、ニキビの予防対策にもなります。

また、偏食傾向にある人や、外食が多いという人は、食生活を少し見直すだけでもお肌に大きな変化が見られるかもしれません。ニキビ予防というよりは、お肌を健やかに保つために次のことに注意して下さい。

保湿ケアは十分に!

ニキビは脂性肌の人だけではなく、乾燥肌の人も注意しなければなりません。お肌が乾燥すると、お肌は余分な皮脂分泌しやすくなり、にきびを招いてしまいます。ニキビを予防するには、毎日の保湿ケアが大切です。

年齢とともにお肌のうるおいが失われていきますので、高保湿の化粧水でしっかりとお肌に水分補給をしましょう。セラミドやヒアルロン酸、トレハロースなど、保湿に効果的な成分配合の化粧水がおすすめです。

紫外線対策もぬかりなく

10代は野外での部活動や、通学など頻繁に外へ出ることで、夏は日に焼けて真っ黒という人が多いです。まだ10代のうちは黒くなってもまたもとに戻るので気にならないのですが、20代以降になると、シミやそばかすができやすくなります。少しの紫外線でもお肌はダメージを受けるので、夏だけではなく、1年中、日焼け止めなどを塗って紫外線対策を行う必要があります。

ビタミンや良質なタンパク質をしっかりとろう

ストレスなどの影響を受けやすいニキビですが、特に普段の食生活が原因でニキビができてしまうこともあります。大人ニキビの予防に効果的な栄養素にはビタミンAやビタミンC、ビタミンE、亜鉛、ビタミンB群、たんぱく質、食物繊維などが挙げられます。

食生活を見直して、これらの栄養素が含まれている食品をバランス良く摂取することが大人のニキビの予防にもつながります。普段不足しがちな野菜をバランス良く摂ることで、便秘が解消されてニキビも予防になります。

ビタミンA:レバー、ウナギ、卵黄、バター、緑黄色野菜など
ビタミンC:イチゴ、キウイ、パプリカ、パセリ、ブロッコリーなど
ビタミンE:アーモンド、くるみ、いくら、ウナギ、イワシ、アボガドなど
亜鉛:牡蠣、レバー、牛肉、たまご、チーズなど
ビタミンB群:うなぎ、レバー、たまご、乳製品、さつまいもなど
たんぱく質:鶏肉、納豆、豆腐、卵、チーズなど
食物繊維:りんご、バナナ、さつまいも、納豆など

ストレスのない生活習慣を

20歳を過ぎてからの「大人ニキビ」は、ストレスも大きな要因になっています。20代からは仕事や家庭環境などのストレスを感じることが多い時期です。ストレスによって自律神経が乱れてしまい、お肌に過剰な皮脂が分泌されてしまうことから、ニキビができやすくなります。特に汗腺が集中しているおでこにできる二キビは、ストレスと密接な関係があると言われています。

日頃から神経質な性格だったり、些細なことが気になるタイプの人は、ストレスが原因のニキビである可能性が高いですので、日常的に少しでもストレス感じたら、解消できる何かを見つけてみてはいかがでしょうか。

洗顔の仕方に注意

洗顔はニキビをケアする上で重要です。正しい洗顔をして、余分な皮脂をすっきりと落とさないまま、化粧水や美容液を使ってもお肌に浸透してくれません。ニキビに効果的で、お肌にも優しい洗顔法があります。洗顔は多くても朝晩の1日2回を心がけて下さい。洗顔のし過ぎは、お肌に必要な皮脂や角質まで落としてしまい、逆に乾燥や肌荒れの原因になってしまいます。

まず最初に、雑菌だらけの手をきれいに洗います。顔をぬるま湯で洗い、毛穴を開かせます。この時蒸しタオルを置くのも効果的です。泡立てネットで洗顔料を泡立てます。弾力のある泡になったら、顔にのせて円を描くように優しく洗います。この時になるべく手が直接顔にふれないように、注意しましょう。最後にぬるま湯で洗い流します。

シャワーでの洗い流しはお肌の負担になりますので、避けて下さい。最後に冷水で洗い流すと、毛穴が引き締まります。

これで改善!おすすめニキビ薬~10代編~

10代に多い思春期ニキビは、一般的に成長ホルモンによる皮脂分泌が活発にあることが原因とされています。大人ニキビと違って、炎症が起きやすく赤ニキビなどの目立ちやすいニキビができやすいのが特徴です。思春期ニキビの予防には、基本的に毎日のスキンケアや食事が大切ですが、それだけではなかなか治らないこともあり、緊急措置として市販の薬で治療することができます。

10代におすすめのニキビ薬をご紹介します。

テラ・コートリル軟膏a (ジョンソン・エンド・ジョンソン)

テラ・コートリルは皮膚の赤みやかゆみをとる成分「ドロコルチゾン」と、市販の薬に配合されているものはなく、病院処方のニキビ薬に配合されている成分「オキシテトラサイクリン塩酸塩」を含んでいます。特に赤くなってしまったニキビの炎症を抑えてくれる効果があるニキビ薬です。口コミでも即効性を感じている人が多いようです。(価格:1,080円(税込))

テラ・コートリル軟膏a

ペア・アクネクリームW (ライオン)

ペア・アクネクリームWは、ニキビの炎症を抑える「イブプロフェンピコノール」とアクネ菌を殺菌してくれる「イソプロピルメチルフェノール」が配合されている軟膏です。ステロイドや抗生物質が入っていないため、安心して使用できます。白ニキビや黒ニキビだけでなく、炎症を起こしてしまった赤ニキビにも効果が期待できます。(価格:1,026円(税込))

ペア・アクネクリームW

ビフナイト(小林製薬)

ビフナイトは、皮脂を吸収する成分が含まれていて、皮脂を吸収することで新しくニキビが出来る事を防いでくれます。アクネ菌も繁殖させないので、ニキビの悪化を防止してくれます。ニキビの改善や予防にも効果が期待できます。油分が含まれていないので、油分でニキビが悪化する心配はありません。(価格:972円(税込))

ビフナイト

これで改善!おすすめニキビ薬~20代編~

20代以降の吹き出物では、大人ニキビが圧倒的に多く、大人にきびは毛穴の詰まりや乾燥からの皮脂の過剰分泌がおもな原因です。大人ニキビを防ぐには生活習慣や、食生活を見直しが必要ですが、仕事など外出の機会も多く、救急の処置として市販の軟膏などのニキビ薬に頼らざるを得ません。20代におすすめのニキビ薬をご紹介します。

オロナインH軟膏((大塚製薬)

オロナイン軟膏は、家庭でも常備薬として使っている人も多いかもしれません。ニキビにも効果的で、アクネ菌の増殖を抑えてくれるので、炎症を起こす前の白ニキビや黒ニキビ、初期の赤ニキビに効果があります。また、保湿力があるため、乾燥が原因の「大人ニキビ」の治療に適しています。ニキビの原因が過剰な皮脂の分泌の人が使用すると、ニキビを悪化させてしまう可能性があります。(価格: 11g 324円 ~500g 3,456円(税込))

オロナインH軟膏

アクネバリア 薬用プロテクトスポッツ(石澤研究所)

アクネバリア 薬用プロテクトスポッツは、大人ニキビに効果があると言われています。赤ニキビや白ニキビにも効果が期待できる薬で、色素沈着によるニキビ跡も予防してくれると言われています。アクネバリアには、ニキビに効果があるとされるアロマのティーツリーオイルが配合されていて、低刺激で保湿効果も期待できます。(価格: 2,160円(税込))

アクネバリア 薬用プロテクトスポッツ

クレアラシル オトナ肌対策薬用アクネジェル(レキットベンキーザー・ジャパン)

オトナ肌対策薬用アクネジェルは、ニキビ洗顔フォームで有名なクレアラシルの大人向けの肌対策商品です。大人の肌に使用することが前提で開発されたので、保湿成分や美白成分も配合されています。商品名に薬用とついていますが、医薬部外品です。オイルフリーのジェルタイプで透明のため、メイクの前後にも使えます。(価格:オープン価格)

オトナ肌対策薬用アクネジェル

まとめ

「10~20代におすすめの吹き出物にきくおすすめのニキビ薬」についてまとめてみました。いかがでしたか?ニキビはとても悩ましい吹き出物で、できてしまうと精神的にもストレスになります。日々の正しいスキンケアと生活習慣を一度見直して、吹き出物に悩まされない健やかなお肌を目指しましょう!


スポンサーリンク

Check Also

毛穴が詰まる原因と対策を徹底解説!

毛穴の詰まりがあるとメイクのノ …