Home / 恋愛 / 片思いの遠距離恋愛を成就させるコツ

片思いの遠距離恋愛を成就させるコツ

大好きな人がいつもそばにいない遠距離恋愛。両想いの遠距離恋愛でも、なかなか難しい恋愛の形であり、片思いとなると、そのハードルは高くなるばかりです。

仲の良かったカップルがある日突然、遠距離恋愛になってしまい、それが原因で破局を迎えてしまうケースも珍しくありません。片思いの恋愛だからこそ、相手との距離がある毎日の生活の中で、思いを伝えるタイミングも大事ではないでしょうか。

片思いの遠距離恋愛をうまく成就させるコツをまとめてみました。

スポンサードリンク

遠距離恋愛を成功させるコツ

遠距離恋愛を成功させるコツとは、どのようなものでしょうか。遠距離恋愛は「会いたいときに会えない」。この二人の距離をどのように埋めていったらいいかに尽きると思います。その方法とは例えば、

① 連絡手段を駆使して距離を埋める。
② こちらから積極的に会いに行き、相手が帰ってくるタイミングを逃さない。
③ 一人の時間を充実させる。

などではないでしょうか。

遠距離恋愛ではなかなか会えない相手との電話・メールが非常に大切で、現在はLINEというリアルタイムに相手と繋がれる手段があるので、それを有効に使うことも重要ではないでしょうか。時には返事が返って来ないなど、疑心暗鬼になりますが、お互いのタイミングもとても大切です。

そして会える機会を逃さない事です。こちらから積極的に会いに行く。相手が帰ってきたタイミングを逃さず、会いに行きましょう。

最後に遠距離恋愛だからこそ、一人の時間を大切にすることも大事ではないでしょうか。自分磨きをして相手に会えた時に成長した自分を少しでも見せられたら、お互いに新鮮な恋愛を継続できそうな感じがします。

メールやLINEを使い、慣れたら電話

連絡手段として、メールや電話がありますが、メールは大した要件がない場合は出しづらいですが、リアルタイムで短い会話のやり取りができるLINEが良いかと思います。返事に困ったり、取り込み中の場合も、今の気持ち、状況をLINEスタンプで送ることが出来るので、楽しみながら、やり取りが出来ると思います。

時には相手の声を聞きたい、直接やり取りをしたい場合があると思います。その場合はやはり電話をすることが一番ですが、相手の都合に合わせて、時間、タイミングを見計らうことが大事です。

SNSを使う

片思いの恋愛だと相手とのLINEにはそれなりの口実が必要になりますが、フェイスブックなどの不特定多数に向けたSNSを使ってきっかけを作ってみてはいかがでしょう。

しかし、フェイスブックは不特定多数の人が見ているものですし、周りの人に気づかれない様に、特定の人にだけコメントをするのは避けましょう。相手にコメントをしたい場合は、他の人にも同じようにコメントをするなどし、集まりの中で自然と仲が深まっていくのではないでしょうか。

口実を作って会いに行く

遠距離恋愛ではとにかく会いたい気持ちを抑える事はなかなか難しいものですね。片思いの相手なら、「重く思われたくない」「気持ちを悟られて引かれてまったらどうしょう」など色々心配になってしまうあまり、悶々としてしまうこともあると思います。

そんなときは、会う口実を相手の負担にならないような軽いものにしてはいかがでしょうか。例えば、旅行で近くまで来たので、時間が合ったら会えないか?」など、あたかもほかの用事で来ていることを強調し、相手がYESを言いやすい口実を考えるのです。

相手が帰ってくるときに会う

遠距離恋愛では、とにかく相手に会えるチャンスを逃さないことが大事です。

相手が休暇で帰ってきた時などは、会える口実を作って会いに行くのです。その為には普段から相手の予定をさりげなくリサーチしておくと良いかもしれません。このチャンスを逃してはいけません。

また、相手が帰って来るタイミングで、仲間同士の集まる機会を作り、相手を誘ってみるのも自然な感じがします。

状況を見極めて告白する

相手に脈がある場合は、会えたタイミングで勇気を持って告白をしてみてはいかがでしょうか。片思いの相手なら、気持ちの温度差に注意し、まずは相手の信頼を得られるまで決してあせらないほうがいいです。

思いを伝えたいという気持ちばかりが先走り、相手が引いてしまっては、元も子もありません。メールなどでもあまり相手の重く思われないような距離感が大事です。

遠距離になって最初の半年が勝負

相手と遠距離になって半年、相手はあなたの思いに気づいているのか、相手にとってあなたはどのような存在なのか。半年以上アプローチしても彼から何のアプローチもない、進展がないなら、その恋愛はあきらめた方が良いかもしれません。

始めは恋心に気づかれないようにする

最初から好きな気持ちを悟られない様にしましょう。相手に重く感じられないように、なるべく自然に接していきながら、徐々に距離を埋めていき、相手に脈ありだと確信した時は積極的にアピールしましょう。

相手が負担にならない距離を維持する

相手の事が負担に感じて、存在が重くなってしまうと、誰でも逃げたくなってしまいます。遠距離では特に相手との距離感が大事です。距離がある分なるべく連絡が途絶えないように心掛け、かつ適度な距離感を保ったほうが良いでしょう。

脈がありそうなら、どんどん会う

脈ありな相手なら、積極的に会いに行きましょう。あなたが会いに行くもよし、相手が帰るタイミングも外さないように会いましょう。日頃からコミュニケ―ションを取って、相手の予定をリザーチしておき、お互いの予定を合わせてどんどん会いましょう。

脈がありそうなら、二人の未来を語る

脈がありそうな相手なら、二人の楽しい未来を共有するために、自分の理想を積極的に語ってみてはいかがでしょう。同時に相手の思いも聞けたなら、あなたは今、二人の将来に一歩前進したのです。

脈ありなのに、告白がない場合は、連絡を一切やめてみる

脈がありそうな相手なのに、なかなか告白してくれない場合、あれこれ考えるより、一歩引いて、連絡を絶ってみることも必要です。

相手はあなたを好きで大切には思っているけど、あなたの気持ちに安心して、なかなか告白をしてくれないのかもしれません。なかなか進展しない関係に焦ってしまいがちですが、相手に考える時間を与える意味でも、連絡を辞めてみるのもいいでしょう。

手紙は重く受け取られるのでやめる

遠距離恋愛だと一人の時間がたくさんある分、手紙など書いて、気持ちを伝えてみようかなんて思うこともあるかもしれませんが、片思いのまだ相手の気持ちがわからないうちは、辞めておいた方が良いかと思います。

手紙を受け取る相手からすれば、「何で手紙?」と勘繰るでしょうし、「返事を書かなくては」と相手に負担をかけてしまうことになり、結果的に重く受け取られてしまうからです。手紙は相手に脈ありの時は有効かもしれませんね。

落ち込んでいるときに励ます

相手が落ち込んでいる時こそ、優しく励ましあげてはいかがですか。そういう状況の場合、相手は電話に出るのも億劫になると思うので、LINEメッセージでも良いですね。

落ち込んでいる内容にも寄りますが、「私はあなたの味方だから」「あなたなら出来る」とか、さりげなく励ましましょう。あまりしゃしゃり出ては、相手に不信感を与えてしまい兼ねないので、あくまでもさりげなくがポイントです。

脈ありのとき

4

遠距離恋愛で相手に脈ありのときは、あなたの事が好きだから心配で、あなたが離れてしまわないように頻繁に連絡をくれたり、時間を作って誘ってくれたりします。出来るだけ彼の気持ちに答えてあげられるようにしましょう。

男性側から頻繁に連絡がある

相手から頻繁に連絡がある場合は、脈ありと思って間違いないでしょう。とにかくあなたの声が聞きたい、あなたが離れていかないか心配なのです。会いたい気持ちは彼も同じです。

男性側から会おうと言ってくれる

相手からあなたに会おうと言ってくれる場合も脈ありと思って良いでしょう。相手も無理して時間を作ってでも、あなたに会いたいのです。遠距離だからこそ、会える時間は限られていますので、チャンスは逃さない様にしましょう。

諦めた方がいいとき

遠距離恋愛の中で連絡手段のメール、LINEの返信が極端に遅くなった場合は要注意です。ただ単に仕事が忙しいとか、疲れている場合も無きにしもあらずですが、気持ちがある相手なら、たとえ忙しくても、どんなに疲れていてもLINEの返信なら可能なはずですし、時間を作ってでも返信はしてくれるはずです。

LINEならメールと違い短文でよいですし、それすら出来ないほど、多忙な人はいるでしょうか。それは相手があなたに関心がなくなったかどうかのバロメターにもなるでしょうし、あなたにも考えるきっかけになるでしょう。

メールやLINEの返信が遅い

最近、相手がなかなかメールの返信をしてくれない、LINEの返信が遅くなったと感じることはないですか?やっと返信が来ても、「忙しい」、「疲れている」などの言葉ばかり言われていませんか。相手の心があなたから離れ始めているかも知れません。

電話での対応が冷たい、もしくは出ない

仕事が終わってるはずなのに、今日はお休みのはずなのに電話になかなか出てくれない。もしくは電話の対応が冷たく感じることはないですか?やっとつながってもテンションがやたら低くて、電話を切りたがりませんか?この場合も要注意です。

あなたの予定に合わせてくれない

やっとお互いに会う時間がとれても、相手は自分の都合ばかりを押し付けてきませんか。
好きな相手なら、相手の事も思いやれるはずです。ただ、自分に合わせろという相手は要注意です。

片思い中にすべきこと

片思いの遠距離恋愛中は相手と会えない寂しさから、一人悶々としてしまう時間も多いかと思います。相手の行動が信用できず、会話の中でも相手の言葉が信用出来ず、嫉妬や束縛の感情が芽生えてしまったりしませんか?

嫉妬をしても何もいいことはありません。まずは相手を信用することから始めましょう。逆に相手を嫉妬させるくらいの余裕を持ち、一人の時間を無駄にするのではなく、自分磨きに使ってみませんか。

自分を磨く

相手に会えないからと悲観してばかりでなく、一人の時間を自分磨きに使ってみませんか。料理が苦手なら料理を勉強してみる。資格試験の勉強をしてみる。習いことをしてみる。普段読まないような本を読んでみる。そこから新たな発見があったり、なかなか会えない相手にも、やっと会えた時にまた違った自分を見せることが出来るのではないのでしょうか。

相手を信じる

相手の行動や発言を疑ってばかりで、自分に自信もなくなり、恋愛が楽しくなくなってしまっては本末転倒です。まずは相手を信じることから始めませんか。猜疑心って意外と態度に出てしまうものです。相手には何も落ち度がないのに、あなたが勝手に解釈したために、会話の中で誤解を招く結果になっては、元も子もないです。

恋愛は信頼関係が大事です。特に遠距離恋愛は顔が見えない連絡手段に委ねられるため、相手の気持ちの温度もわかりづらく、難しい恋愛の形ではあります。、相手が信じられなくなったら、あなたは物事を否定的に見てしまいがちなのです。

嫉妬しない

遠距離恋愛では、あなたは常に我慢しているという感情があるので、相手の周りの人に嫉妬をしてしまいがちです。特に会社の同僚、友人などに妬み、嫉妬の思いから、相手を束縛したい感情が芽生え、あなた自身を支配し始めます。

相手からすれば、あなたに常に行動を制限されるのは、息苦しさを感じるでしょうし、二人の関係を長く続けていけるのかも疑問に思うでしょう。

相手が遠ざかる結果になってしまうかもしれません。
決して嫉妬は見せずに、むしろ相手を嫉妬させるくらいの余裕を持った距離感を保つほうが良いのではないでしょうか。

まとめ

“片思いの遠距離恋愛を成就させるコツ”いかがでしたでしょうか。恋愛に悩みはつきものと言いますが、なかなか会えないから相手だからこそ、時間を無駄にしてしまわないようにしたいですね。大好きな相手と信頼関係が築けたら、積極的にアプローチをしましょう。相手との明るい未来があなたを待っています。

スポンサーリンク