Home / ファッション / いつまでも好印象!同窓会の年代・場所・目的別おすすめコーデ集

いつまでも好印象!同窓会の年代・場所・目的別おすすめコーデ集

お正月やお盆の帰省の時期が近づくと届くのが「同窓会」のお知らせ。普段ばらばらの場所で頑張っている旧友と、久々に会える嬉しいチャンスです。

でも、参加するにも「どんな服がいいの?」「着ていける服がない!」と悩んでしまうもの。

何年かぶりに会うのだから、「老けたね~」と思われたくないのが本音ですね。どうせならいい印象を同級生達に見せたいし、恩師も参加するなら「立派になったなぁ」と安心してもらいたいところです。そのためには、年齢ごとにコーデのコツや、会場に合わせたコーデのポイントを抑えておく必要があります。

適当に自分の好きな服で行くと、大失敗になってしまうことも。場に浮いてしまうことなく、良い印象を残せるように、ポイントを確認してみましょう。

スポンサードリンク

年代別おすすめコーデ

20代

20代で開かれる同窓会は、成人式に合わせて行われたり、社会人になって数年後くらいに行われることも多いですね。

学生の頃はだいたい横並びだった友達が、進む道も様々な中どんな風に変わっているのか気になる年齢です。

高価なものを無理に身につけようとしなくていいので、背伸びせず、若者らしい華やかな色やデザインの服装で参加しましょう。女性は明るい色のワンピ―ス、男性はオシャレなスーツなど、きちんとした中で自分らしいものを選びましょう。学生の頃しかしらない相手がきちんとした服装をしていれば、同級生同士なら自然と「なんだか新鮮だね」と感じさせます。

女性らしさを演出するにも、露出を多くするよりは「TPOをわきまえた大人なコーデ」を見せる方が「素敵になったな」と印象付くはずですよ。

逆に、個性を出して目立ちたいからと芸能人のファッションをまねたり、背伸びしてブランドもので武装する人もいるかもしれませんが、それでは逆に「自分がない人なのね」「いつまでも落ち着かない人だ」等と映ります。

30代

30代になって行われる同窓会は、卒業して何年もたっている分、お互いの外見もやや変化が大きくなっています。そんな中で今までは若さを武器に着ることができていたカジュアルすぎるコーデや若ぶったコーデだと、逆に老けてみえてしまいます。

この年齢の同窓会では、年齢に合った少しきちんとめのコーデが主流になります。スーツやワンピースで、20代の時よりもおちついたシルエット・安っぽく見えないしっかりした素材のものを着用しましょう。

また、結婚していたり子持ちの人も増えている年代なので、女子力を全面に出したものよりもおちついた装いの出席者が多くなっています。あまりに張り切った服装だと悪目立ちするので、ヘアスタイルやメイクも派手過ぎないようにしましょう。落ち着いたコーデに、アクセサリーなどで個性や華やかさを出すようにしましょう。

40代

40代になると、自分を客観的に見れて似合うオシャレを確立している人も多く、また社会的にもそれなりの立場にある人も多く、良いものを吟味したおちついたコーデが主流になります。そんな中で、あまり若作りしても逆に浮いてしまうので、スカート丈はあまり短くならないように、露出も多くならないように、また流行で全身をかためるのでなく、品の良い魅力をまといましょう。

ホテルなどの格式ある場なら、スーツやワンピースで、ジャケットを着用しましょう。(上着を着ることで大人っぽくしっかりしてみえます。)レストランでもカーディガンやストールでオシャレに、居酒屋でもアクセサリーでオシャレしましょう。

アクセサリーもあまり「盛り」すぎず、年齢相応のものにしましょう。靴や鞄は年齢相応に少しちゃんとしたものを持った方が良いですね。 メイクも、肌の色をきれいに見せてくれるようなナチュラルなメイクについてコスメカウンターなどで相談しましょう。

また、年齢を経るにつれて、おちついた色を好むようになりますが、女性は歳を経るほど、やさしい暖色をまといましょう。この年代になると、男性も女性もだんだんと無難な「ダークカラー」を着る人も増えるので、写真を撮るときに明るい色を着ているとそれだけで若々しく見えますよ。自分の肌の色に似合う華やかな色のコーデで参加しましょう。

場所別おすすめコーデ

居酒屋

開催されるのが地元の居酒屋などカジュアルな店であれば、小綺麗な普段着でいいでしょう。座敷でも座りやすく動きやすいように、丈が短すぎないスカートか、パンツスタイルもよいですね。

久々に会う旧友と、ざっくばらんにたくさんおしゃべりを楽しめるように、移動しやすい動きやすい恰好がよいでしょう。あまり気合の入り過ぎた格好だと、少し浮いてしまうかもしれません。普段着より少しオシャレなカジュアル、くらいの感覚でよいのではないでしょうか。

ホテル

ホテルの宴会場などで行われる場合は、そのホテルの出入りにふさわしいセミフォーマルな服装で行きましょう。ただし、あまりにフォーマルすぎても浮いてしまうので、例えば結婚式に参列するようなドレスなどではなくワンピースやスーツなどです。

きちっとしすぎるよりはアクセサリーなどで少し遊びのあるくらいがよいでしょう。また、場所柄、肌の露出は控えましょう。立食の場合、荷物は小さく肩にかけられる方が両手が使えて便利です。

また、広い会場では空調が強く効いている場合が多いので、羽織るものを用意していきましょう。

和室であれば、座ったときにスカートの丈が短くならないように気を付けましょう。また素足は避け、夏でもサンダルではなくかかとのある靴にしましょう。男性もきれいな靴下を用意しましょう。

ホテルの場合、冬はコートやマフラーはクロークに預かることが多いです。コートを脱いだ状態で決まるコーデにしましょう。

高級な飲食店

高めのレストランや老舗の料亭などで開催される場合、少しオシャレな服装を心掛けましょう。デートでいいお店に食事にいくときのような服装です。女性はみじか過ぎない丈のスカートと、清楚なトップスにヒールの靴、男性はジャケットを着用した方がいいでしょう。

基本的にはそのお店の「格」に合わせた服装にします。あくまで飲食店なので、フォーマル過ぎても浮いてしまいます。きちっとしすぎず、スカーフやアクセサリーなどでオシャレ感を出しましょう。

和室の場合は靴を脱ぐことになりますので、靴下やストッキングが破けていたり恥ずかしくないようにくれぐれも気を付けましょう。

結婚式場

結婚式場で同窓会が開かれる場合は、会場がきちんとした場であるため、ホテルでの服装と同じようにスーツやワンピースにジャケットなどが良いでしょう。

また、結婚式場とはいえ、結婚式の時よりはヘアスタイルもアクセサリーもおちついたものを選ぶ方が、同窓会という場にも会場の落ち着きにも合うと思います。ホテルの時と同じく、サンダルではなくかかとのある靴にし、ヒールで大きな音を出さないようにします。

会場のスタッフのマナーも身なりも洗練されていることと思いますので、それに浮かないような上品な装いをしていけば、場から浮くことなく雰囲気を楽しめるはずです。

屋形船やBBQなどその他

最近ではみんなでイベントを兼ねて変わった場所で行われる体験型の同窓会もみられます。屋形船の場合、船は多少揺れるので高すぎないヒールの靴がいいですね。風もあり乗り降りの際にひっかかりやすいかもしれないので、あまりひらひらのスカートもさばきづらいと思われます。座敷もOKなエレガントな雰囲気のガウチョパンツなどに、女性らしいアクセサリーと羽織りもので上品にしてはいかがでしょうか。

BBQなどアウトドアなら、動きやすい恰好で行きましょう。料理など女子力がしっかり発揮できるように、あまり「手伝えない」「よごれたら大変」なかっちりした格好で行くとヒンシュクを買ってしまいそうですね。デニムスタイルなど、元気で女の子らしい恰好で行きましょう。

ただし、ビルの屋上でのBBQなど、店側が用意してくれるBBQでしたら、おもいきりオシャレしてOKですね。街にデートに行くような格好で参加しましょう。

目的別おすすめコーデ

何かの節目で開催されるなどきっちりしたとき

大学の記念式典に合わせてや、恩師の退任記念で開かれるなど、学校のOBや恩師の出席がある場合はややきちっとした服装で向かいましょう。恩師のスーツ姿に合わせる形です。

スーツ、ワンピースにジャケット、またはブラウスとスカートにジャケットなどです。アクセサリーもあまりジャラジャラとつけず、控えめに上品にしましょう。メイクも上品さを心掛けた方が、目上の方にも好印象です。目上の人から見て「悪目立ちしない」ことを最優先に考えた方が、結果自分も周りも楽しく過ごせるでしょう。

気になる同級生を振り向かせたい

共学出身であれば異性の目も気になりますね。独身なら「いいご縁がみつかるかも」と期待してしまいますし、いくら既婚でも「かつて好きだった人には良く思われたい」というものです。

でも、だからといってセクシー路線で参加すると「痛い人」になるだけで、むしろ「遊びたい」異性しか寄ってこないかもしれません。男性だって、張り切り過ぎてホストみたいなスーツだと女子はドン引きですよね。それと一緒です。

振り向かせたい異性がいる人こそ「清楚な美人」を目指しましょう。露出は多くなく、女性にしか着こなせない「白」「ベージュ」「淡いピンク」などのワンピースにゆるく巻いた髪、女性らしいヒールなどで上品にしましょう。同窓会という同い年同士の集まりの中だからこそ「清楚」は最強に目立ちます。きっと遊びではなく「本気」で見てくれるはずですよ。

周囲と差を付けたい

同窓会で気になるのが「周囲の目」。同い年が集まるがゆえに、何となくそれぞれの近況を身なりやお肌の具合、身につけている小物で推測しあう空気があります。特に女性が集うと、女性同士の華やかさが目立つこととなり、暗黙の競い合いを生むこともあります。競う気はなくとも、なんとなく周りには劣りたくない、老けて見られたくない。自然とそんな気持ちになるでしょう。異性の目があればなおさらですね。

周囲と差をつけるなら、張り切って最先端の流行りのコーデで決めるのもありですが、ここは「優雅でナチュラルな美しさ」「品のある美しさ」を感じさせるコーデを目指しましょう。

ホテルなど格式のある場所であれば、女性の場合は「着物」もありですね。お気に入りの着物があるなら、是非披露したいところですね。ただ着物はどうしても目立つので、着物を着るのは勇気がいるという場合は、洋装なら上品な色とシルエットのものを用意し、「靴・かばん・時計・アクセサリー」をしっかりしたものにしましょう。可能であればイミテーションではなく「本物」にしましょう。

髪もきちんとセットしてもらい、メイクは派手に施すのでなく「やりすぎない、肌つや良くナチュラルに見えるベースメイク」に力を入れましょう。男性も小物を良いものを選び、きちんとヘアカットして姿勢よく臨みましょう。

結局、小物にその人の生活がリアルに現れますし、女性は肌が、男性は背格好がモノを言います。そしてどんなに最先端のオシャレな服を着ていても、「毛玉が付いてる!」「靴下穴あいてる」などは恥ずかしいですね。普段の生活が垣間見えてしまうのが同窓会です。周囲と差をつけたいなら、普段からきちんとしていて品がある雰囲気を目指しましょう。久々に会うお友達にも「幸せそう」と思ってもらえるはずです。

「高価なものなんて持っていない」という人でも、服のほつれなどをチェックして、靴や小物もよく磨き、少し前からお肌の調子を整えて、姿勢や立ち振る舞いを意識して過ごすだけでも当日の他者からの印象がグッとよくなると思います。内面から自信を持って過ごせ良いオーラを感じさせるはずですよ。

それから忘れがちですが、同窓会では写真を撮ることが多く、実はこの写真こそがのちのち繰り返し取り出して見る、形の残るものになります。そのため「写真写りのいい色味の服やメイクを選ぶ」ことも大事ですよ。女性なら寒色や細く見えるダークな色よりも、優しく明るい色の方が結果多くの人に「若く見える」「幸せそう」と思わせることができますよ。

まとめ

同窓会のコーデを考える上で一番大事なのは「自分が自信を持てる格好で行く」ことです。せっかく久しぶりに集まるのですから、服装を気にすることなく安心して会話を楽しめる、自分が自分らしくいられるコーデを目指しましょう。基本的には無理に目立とうとせず、会場に合わせ、恩師に失礼のないコーデに気を付けていれば好印象です。

再開した友人たちと「みんなそれぞれいい年の重ね方をしてるね!」と言い合える、十人十色の素敵さを分かち合いましょう。そして「楽しかった!また会いたいね!」と思える場になれば大成功ですね。

自分に自信の持てる服で素敵な同窓会を過ごして下さいね。


スポンサーリンク

Check Also

がさつな女の特徴とその対処法

がさつな女性という評価は、どち …