Home / 恋愛 / 独占欲が強い人の特徴と対処法

独占欲が強い人の特徴と対処法

独占欲が強い人に出会ったことがありますか?付き合い始めは少々振り回されても我慢できますが、それが続いてしまうと疲れてしまいます。

そのような時、どのようにして対処すれば良いのでしょうか。独占欲が強い人の特徴と対処法についてご紹介したいと思います。

スポンサードリンク

独占欲が強い男性の特徴や原因

komesw%e8%ae%92%e3%83%bb8151c2a0a9c2ba2b2237b63ee70b4fa2_s

自信がない

独占欲の強い人は自信のない人が多いです。何らかの原因で自信がないと、もっと自分よりも良い誰かに相手をとられてしまうとか、自分から離れて行ってしまうのではないかという心配の思いが強くあり、過剰に相手を束縛してしまうのです。自信のない男性には自然に自信を持たせてくれるような彼女のサポートが必要かもしれません。

プライドが高い

プライドが高い人ということは、何でも自分の思い通りにしないと気が済まないという人です。人から批判されることを嫌い、融通が利かない人が多いです。柔軟な対応や相手を思いやる気持ちが欠けている人が多くいます。プライドを持っていることは自身にも繋がることですし、良いことかもしれませんが、それが独占欲に変わらないことがお付き合いする上で大切なこととなるでしょう。

家族関係がよくない

家族関係がよくない人が独占欲が強くなる傾向にあります。それは例えば母親や父親といった密接な関係を持つ人物と、小さい頃から密接な温かい愛情を受け取っていない場合に、大人になって親密になった人物に、母親や父親のような愛情を求めて過剰に独占してしまうということがあります。小さい頃からの家族関係というのは大切なものです。

細かいことまで把握をしたがる

好きな人であれば相手のことを知りたいという気持ちは誰にでもありますが、必要以上に細かいことまで把握をしたがる人というのは、相手を独占したい気持ちが強い人です。それは相手を把握して、自分の一部にしたいという気持ちがあるからです。彼女は初めは我慢できるかもしれませんが、それが続けば嫌になってくる可能性があります。ある程度彼女を自由にさせてあげることも必要です。

口下手である

自分の言いたいことや伝えたいことを言えない人、つまり口下手な人は自分の殻に閉じこもり、心配症な人が多いです。その結果、心配を払いのけるように相手を必要以上に独占してしまうことになります。自分の感情を表に出すこと、コミュニケーションをとることは関係を深めるために大切なことと言えます。

完璧主義者である

完璧主義者の男性というのは、自分の理想をしっかりと持っているため独占欲が強くなる傾向があります。自分に対しても彼女に対しても理想があるため、外見や行動をその理想に沿って束縛して誘導することがあります。こうあるべきという観念が強すぎる人は、彼女に対していちいち口を出したりすることも多いでしょう。彼女は付き合いたての時は我慢して頑張れるかもしれませんが、そのうち疲れてしまうかもしれません。

特別扱いが好き

好きな人にとって特別扱いされるのが嫌な人はいませんが、極端に彼女から特別扱いされたいと思う男性は独占欲が強い人が多いです。周りの人に対して優しくしたり、特別な扱いをするとそれに嫉妬してへそを曲げることもあります。周りの人と彼氏との接し方に少し気を遣う必要があるかもしれません。彼氏にとって自分が彼女の一番の存在ということを分かってもらうためにも、彼氏に対して分かりやすい愛情表現をすることも良いかと思います。

ペースを崩されたくない

独占欲の強い男性は、自分のペースを崩されたくないという男性が多いようです。それは自分の生活スタイルが出来上がっていたり、自分なりの仕事や趣味に対する流儀が固まっていて、それを崩されたくないという場合があります。そういった場合、彼女が彼氏の予定やペースに合わせるというかたちになりがちです。彼女にも彼女の生活や時間がありますし、お付き合いをしているのならお互いに融通をきかせていく必要があります。お互いが我慢したりしないようなお付き合いをする方が長続きするのではないでしょうか。

独占欲が強い女性の特徴や原因

8cf45a557e75194660124f7b63625ac6_s

誰かに必要とされたり愛されたい

どんな人でも誰かに必要とされたり愛されたいと思うことは当然だと思いますが、独占欲の強い女性は特に誰かに必要とされたり愛されたいという気持ちが強い傾向があります。彼氏に必要以上に必要とされたい、愛されたいと思うあまり、彼氏が望んでいなくても尽くしたり、束縛してしまうことが多くなります。それがエスカレートすると彼氏が疎ましく思い、一緒にいることが辛くなってきます。自然にお互いを必要とし、愛することができるということを分かってもらうことが先決かもしれません。

彼にとって一番でありたい

お付き合いしていれば彼にとって一番でありたいと思うのは普通のことだと思いますが、あまりにも相手にとって一番であることを求めすぎてしまうと、相手の過去の恋愛や、周りにいる女性に対して不安感を持って過剰に反応してしまいます。彼にとって一番でありたいという気持ちを持つことは良いことだと思いますが、それは彼氏が感じるものなのです。彼氏がそう感じれるように振舞いましょう。

なんでも自分の思い通りにしたい

なんでも自分の思い通りにしたいという自己中心的な考え方の人は、独占欲の強い傾向にあります。相手の行動に関しても自分の思い通りにならないと愛情がないと思ってしまうなど心配性な一面もあります。つまり自分の管理できる範囲で相手と繋がっていたいという自己満足の世界でもあります。お付き合いをすればお互いに譲り合わなければならないことも沢山ありますので、思い通りにならないこともあると分かってもらう必要があります。

ずっとそばにいてほしい

独占欲の強い女性というのは、片時も彼にそばにいてほしいと思う人がいます。彼を独り占めしたいという気持ちと、よそに行ってしまうのではないかという不安からそうなってしまうのでしょう。彼にとっては、忙しい時や時間をさけないときもあります。これを毎回されては息苦しくなってしまいます。

浮気をされたくない

お付き合いをしていると、誰しも相手に浮気をされたくないと思うのは当たり前ですが、独占欲が強すぎる人にとっては、更に独占欲が強くなります。彼がイケメンで、女の子から人気があるならなおさらです。心配になる気持ちも分かりますが、相手を信頼する気持ちも大事です。あまりシビアに疑ってしまっては良い関係を続けていけません。相手に寛容になることも必要です。

監視をしていたい

独占欲がある女性は、彼の行動を監視をしていたいという気持ちがあります。誰かほかの女性と仲良くしていて、良からぬ想像をして疑ったり、ありもしないことを想像しては彼の行動や携帯をチェックするなどしてしまいます。彼氏を心配に思う気持ちからそうなるのでしょう。信頼していたら信じていられることでもできないということは、もしかしたらまだお互いの信頼関係が築けていないのかもしれません。

陰口を言われないか不安

彼氏が他の人から自分の陰口を言われていないか不安になる傾向があります。陰口を言われることで彼氏が自分から遠ざかっていく不安から、そのような気持ちになるのでしょう。彼氏が他の人と接点をもつことをあまりよく思わなかったり、極力自分と一緒にいるように仕向けたりすることもあります。自分に自信が持てなかったり、彼氏を信じきれないとそういった行動をしてしまいます。

独占欲が強い男性の対処法

2b17a5a1f2f6ad53509b37a88c822e5c_s

否定せず彼の話に耳を傾けてあげる

独占欲の強い男性は自分の話や気持ちを素直に話せない傾向にあります。そういうことも考慮して、相手が話をする時には否定せず彼の話に耳を傾けてあげることが大切です。そうすることで自分の考えや話をして良いんだという安心感を与えることができますし、そこから自信になり独占欲が強くなるということがなくなるかもしれません。

喧嘩の時は時と場所を選ぶ

喧嘩の時は時と場所を選ぶことが大切です。独占欲の強い男性の多くは、自分に自信があり、自分が正しいと思っている人がいます。そういった人との喧嘩では相手が一方的に彼女を責めたり攻撃する可能性があります。周りの目もありますので、喧嘩の時は時と場所を選んでお互いが冷静になって話して納得できる方法をとるべきです。

自分の女友達を紹介する

自分の女友達を紹介して、第三者の目から彼氏を見てもらうということが必要かもしれません。彼氏の行動や言動、態度をみれば何か感じるものがあるかもしれませんし、面識があった方が、彼氏の感じも分かっているので、友達に色々なアドバイスをもらえたり、良き相談者にもなるでしょう。何か悩みを相談する上でも有効だと思います。

連絡はこまめにする

独占欲の強い人は、誰かに相手をとられてしまうのではという心配から束縛しようとするため連絡はこまめにするようにしましょう。連絡をこまめにするにすると、相手の心配や不安も解消されますし、そこまで自分を独占しなくて良いことに気が付いてくれるかもしれません。まずは相手に安心してもらうことが第一歩です。

時々愛を伝える

独占欲の強い男性というのは、自分が彼女から本当に愛されているのか不安であることから束縛したり、独占したりします。そのため、彼女から時々愛を伝えるということは大切です。彼女にとって大切な存在なのだと認識すれば彼氏は愛情を感じられますし、安心するのです。お互いを大切にしているのであるのなら愛情を伝えることは重要なことです。恥ずかしいかもしれませんが、言われて嫌な気になる人はいませんので、勇気をもって愛を伝えることに挑戦してみてください。

彼が謝るまで自分からは謝らない

喧嘩をした時などに彼が悪い時には、彼が謝るまで自分からは謝らない方が良いです。こちらから謝ってしまうと、自分から謝らなくて良いという認識になってしまいます。もちろん誤ってくれたら許してあげるということも必要です。お互いが平等な立場でいられるようにしましょう。

独占欲が強い女性の対処法

優しく接する

彼女と一緒にいるときには優しく接することを心掛けることが必要です。そのことにより彼女は安心感を得られますし、愛情を確認できるのだと思います。彼女を不安にさせるような行動をとったり、傷つけてしまうようなことがあっては、彼女はますます彼氏に対して束縛したり独占欲を強めてしまいます。彼女の話をよく聞いてあげ、彼氏の言いたいこともきちんと伝えることは付き合いをしていく上でとても大事です。よくコミュニケーションをとるようにしましょう。

あまり頻繁に会わず会えないときは納得する理由を伝える

あまり頻繁に会わず会えないときは、納得する理由を彼女に伝えることが大事です。理由なしに会えないと彼女は不安が募るばかりです。面倒に思えることでもそれを伝えてあげることが思いやりです。納得できる理由であれば彼女も分かってくれると思います。少し優しく納得するような理由でお話しすると良いと思います。

怪しい行動をとらない

怪しい行動をとらないことはお付き合いするうえでマナーのようなものです。誰しも怪しい行動を相手がとっていたら、信用していたとしても不安になりますし、嫌な気持ちになり、平気な人はいないでしょう。不信感は独占欲をさらに強めてしまいます。何か訳があるのであれば、ちゃんとした理由を言えば分かることもあるでしょう。怪しい行動は極力とらないようにしましょう。

連絡をこまめにする

独占欲の強い女性は連絡がないと極度に心配になり、相手の行動を細かく把握したりするなど独占欲が強くなります。そのため連絡をこまめにしたり、連絡ができないときには連絡できない理由を話すと心配が解消されることでしょう。ちょっとした気遣いが安心感につながります。

感謝の気持ちを伝える

感謝の気持ちを伝えるということは、日常のあらゆる面で大切なことですが、特に恋愛では重要だと思います。何気ない感謝の言葉一つで自分を思いやってくれていることが伝わりますし、幸せな気持ちになります。感謝の気持ちは愛情表現の一部ともいえるのではないでしょうか。恥ずかしがらずに日頃から感謝の気持ちを伝えることは大切です。

彼女の知り合いと親しくしない

独占欲の強い女性というのは、自分の知り合いや友達と彼が仲良くしているのを見ると強い嫉妬や不安を覚えることがあります。彼女の不安を煽らないように、彼女の知り合いと親しくしないといった対策が必要です。

まとめ

独占欲が強い人の特徴と対処法についてご紹介しましたが、いかがでしたでしょうか。独占欲が強いということは、その人自身がプライドが高いなどの問題を抱えている場合と、相手のことが好きすぎるということがあるのだと思います。お互いが窮屈にならず楽しんでお付き合いできる関係を築けると良いですね。

スポンサーリンク

Check Also

絶対喜ばれるプレゼントって?彼氏への誕生日プレゼントおすすめ10選

彼氏への誕生日プレゼントって、 …