Home / ダイエット / 豆乳のダイエット効果と正しい実践方法

豆乳のダイエット効果と正しい実践方法

71eb202acde2cc27c3b29128bde142ff_s

美容面や健康面において、幾つもの効果があることで大きな注目を集めているものの一つに豆乳があります。最近では、ダイエットにも聞くということから、一層の注目を浴びるようになってきました。

スポンサードリンク

豆乳がダイエット効果のある理由

豆乳がダイエットに効果があると言われる理由は幾つかあります。たとえば、牛乳などの乳製品と比べて脂質の量が少なく、カロリーが低いという点を挙げることができるでしょう。

また、大豆から作られている飲み物であるため、筋肉を作るのに重要な栄養素であるタンパク質を豊富に含んでいるという特徴があります。当然のことながら、筋肉の量が増えれば、消費されるカロリーの量も増えるものです。実際に、同じ運動量でも、筋肉量が多い体と少ない体では、消費されるカロリーの量が大きく変わってくると言われています。

さらに、たとえ運動をしていない状態のときであっても、筋肉量の多い人は内臓の筋肉の働きによって、やはり多くのカロリーを消費できると報告されています。このようなわけで、豆乳を飲んで、タンパク質をしっかり摂取するようにするなら、太りにくい体を作ることができるでしょう。

さらに、大豆から作られる飲み物であるため、大豆サポニンと呼ばれる成分が豊富に含まれています。この大豆サポニンには、小腸内の粘膜に生えている小さな突起である腸絨毛を収縮させる働きがあります。

030cfb289046daa4c425fc14570bfab8_s

こうすることで、栄養を吸収できる面積が狭くなり、吸収速度を遅くすることができます。その結果、食べ物が腸内に長くとどまり、満腹感へとつながるというわけです。これもダイエットに効くと言える理由の一つです。

加えて、大豆イソフラボンがたいへん豊富に含まれているため、女性ホルモンのバランスを整えることができます。女性ホルモンのバランスが乱れると、つい食べ過ぎてしまうことが多いと言われています。このように大豆イソフラボンが豊富に含まれていることから、結果としては食べ過ぎなどの傾向を避けることができるでしょう。

ほかにも、リノール酸が多く含まれているため、コレステロールを下げる効果を期待することができます。そのため、血中から悪玉コレステロールを減らすことができるようになります。さらに、リノール酸は必須脂肪酸とも呼ばれ、体内で合成できない栄養素です。それで、このリノール酸を適度に摂取することによって、ダイエット中に不足しがちな大事な栄養素を取り入れることができるでしょう。

正しい実践方法

このように、豆乳には高いダイエット効果があることがわかりました。では、次に正しい実践方法について考えてみましょう。

なぜなら、この大豆から作られた貴重な飲み物が本当に効果を発揮できるようにするためには、ただ単に飲めばよいというわけではないからです。

仮に、普段の食事に何の調整も加えず、余分に飲むだけだとしたら、摂取した栄養は過剰になってしまい、かえって太ってしまうことでしょう。それで、正しい方法は置き換えることです。

もちろん、置き換えと言っても、三食すべてを置き換えるのは賢明ではありません。基本的に言って、一日の摂取量は200ミリリットルほどであると言われています。それで、一日のうちの一食を置き換えてみることができます。

その際、最も良いのは夕食を豆乳に置き換えることです。一般的に言って、夕食は多くの人にとって、最も多くのカロリーを摂取する時となります。加えて、夕食後にはあまり動くことがないため、摂取したカロリーがなかなか消費されません。

これによって、体内に残った脂質や糖質が脂肪へと変わってしまうことでしょう。その夕食を置き換えるなら、カロリーの過剰摂取を抑えることができ、体に脂肪が貯えられるのを防ぐことができるでしょう。

51d938197d14b08f17695e8cc37ba85f_s

しかし、いきなり夕食を飲み物だけに置き換えてしまうと、かえって意欲がなくなりリバウンドを引き起こしてしまう場合があるとも言われています。そのような心配がある場合には、まず手始めに間食を置き換えてみることができます。

そして、徐々に朝食、昼食、最後に夕食といった具合に、調整を加えていくことができるでしょう。このように、様子を見ながら順番に行なうことも、成功の秘訣と言えるでしょう。

もう一つ、正しい実践方法として覚えておきたい点があります。それは、女性であるなら、生理前の時期に豆乳ダイエットを実践すると効果がより一層高くなるという点です。

一般に、生理が来る一週間ほど前から生理が終わるまでの期間が、最も太りやすいと言われています。なぜなら、この時期に、体は水分や脂肪をできるだけ蓄えようとしているからです。そして、生理が終わると、この時期に蓄えた水分や脂肪を体外へ排出しようとして働くことになります。

そこで、生理が来る前に、大豆からできたこの飲み物と置き換えることによって、食べ過ぎや脂肪の蓄積を防ぐことができます。結果として、生理が終わる時の排出によって、体重の維持どころか、体重のダウンが実現できるようになるのです。


スポンサーリンク

Check Also

スタイルのいい人とは!?

一口に「スタイルのいい人」と言 …