Home / ダイエット / ダイエットの停滞期が訪れる理由と乗り越え方

ダイエットの停滞期が訪れる理由と乗り越え方

65f4ad90783cecc18a9949f6f534a2e3_s

順調に体重が落ちていたのに、ある時からぴたりと体重の減少が止まってしまうのがダイエットにおける停滞期です。せっかくダイエットに励んでいるのに、体重が落ちなくなると言うのはやる気が削がれることです。

しかし実は停滞期をどのように過ごすかによって、その後のダイエットの成否がかかっていると言っても過言ではありません。ですから体重が減らないからと言って自暴自棄になることなく、上手に乗り越えることが求められます。

スポンサードリンク

停滞期が訪れる理由

ところで、何故、停滞期が訪れるのかと言うと、その理由は様々あります。

まずは食事制限や運動によるカロリー消費に、体が慣れてしまうと言う理由です。食事制限で摂取カロリーを控えることも、運動でカロリーを消費することも、いわば刺激です。ですから最初の内は、体もその刺激に敏感に反応します。

しかし人間の体は、刺激に対しては慣れるようにできています。そのため、ある程度の時期が来ると、体はそうしたことにすっかり慣れてしまって反応を示さなくなると言うのが理由のひとつです。

それからもうひとつの理由としては、脳が体を守ろうと働くことが挙げられます。食事制限などで体重が減少し、さらにその後も摂取するカロリーの量が低下したままだと、脳は体が飢餓状態に陥っていると認識します。

a080bae40f45e3885fe3bc7ef3b12cd1_s

そして、入ってくるカロリーが少ないのに消費するカロリー量がそのままでは、体に、命に危機が及ぶかもしれないと考えるようになり、体や命を守るために働こうとします。その働きとは、食事からできるだけ多くの栄養を吸収して、代わりに基礎代謝を低くすることで消費カロリーを抑えようとする働きです。

このような働きが機能すると、たとえ食事制限をしても、消費されるカロリー量も低くなってしまっているため、結果としては痩せにくくなります。

またダイエットによるストレスや、女性の場合は生理前後の女性ホルモンの乱れを原因とする自律神経の乱れも、停滞期の原因になることもあります。自律神経は人間の意思ではどうすることもできない体の働きを担っているので、体重の増減に対しても大きく関係しています。加えて女性ホルモンの乱れは、体に水分や脂肪を蓄えやすくすることもあるため、やはり体重減少がぴたりと止まってしまう要因にもなります。

停滞期を乗り越えるためには

このような理由を踏まえた上で、ダイエットの停滞期の乗り越え方としては、まずは気持ちをゆったりと持つことです。

先述したとおり、ここで自暴自棄になって暴飲暴食をしてしまっては、今までの努力も水の泡です。この期間の長さには個人差がありますが、だいたい2週間から1ヶ月程度で終了すると言われています。よって、時間が来れば解決するものと心を広く持つことを心がけて下さい。

ebbf820d0d8d270e42a46be9fae08267_s

過度にイライラしたり、やきもきしたりすると、それがストレスとなって自律神経の乱れを引き起こすこともあるので気をつけて下さい。そして体重を落とすことに注力するのではなく、体重を維持することに注力をするのも乗り越え方のひとつです。焦ってもどうしようもないのですから、今までと同じ方法を継続しながら、体重を維持するように努めた方が精神的にも良いです。

ただしそうは言っても、体重が減らないのは辛いことです。よって、何としてでも体重を落としたい、1gでも良いから落としたいと思う人は多いかもしれません。そのような人に対しては、以下のような乗り越え方がおすすめです。

まずは、2~3日だけ、食事量を増やしてみると言う方法です。そんなことをして大丈夫なのと思う人もいるかもしれませんが、これには脳の働きをごまかす効果が期待できます。体が飢餓状態に陥っているから、脳は消費カロリーを低くするように働いているわけです。

しかしそこで食事量を増やすと、脳は飢餓状態が解消されたと判断します。その結果、消費カロリーが増える可能性が期待できると言う仕組みです。食べたら体重が、脂肪が増えてしまうのではと心配される方もいるかもしれませんが、暴飲暴食でない限りは、体重が激増する可能性はありません。

また食べ物が脂肪として体につくのには1~2週間はかかると言われているので、数日程度ならそれほど心配する必要はありません。この方法にはまた、食事量を増やすことで精神的なストレスが解消されることも期待できます。

それから、運動している場合は、その種類や方法を変えてみると言うのも乗り越え方のひとつです。現在、行っている運動よりも少しだけ負荷の強い運動や方法を選択するのが望ましく、これは体に対する新たな刺激になります。

すると再び、それに対する反応を返してくれるかもしれないと言うことが期待できます。しかし運動をして筋肉をつけたいと言う場合は、しっかりと休むこともまた、重要なことです。

ですからこれまで、1日たりとも休まずに運動を続けてきたと言う人は、この機会に少し休養日を取り入れてみるのも良いかもしれません。体が疲れている時に運動を行っても、あまり効果は期待できません。ですから、自分の体や心の状態を見つめ直してみるのも良い方法と言えます。


スポンサーリンク

Check Also

スタイルのいい人とは!?

一口に「スタイルのいい人」と言 …