Home / 美容・健康 / ダイエット / 国立病院ダイエットの基礎知識と実践方法

国立病院ダイエットの基礎知識と実践方法

c2207037a011e694663395652d71b653_s

国立病院のダイエットは、主に2種類の食材を中心とすることで、太りにくく痩せやすい体質を作る点が特徴です。

基礎知識として、食事は1日3食が基本で、合計2週間の継続を行い、体の内側からダイエットを実現する方法にあるといえます。採り入れる2つの食材は、基本的に1日3回、全ての食事メニューに加えることが原則です。

スポンサードリンク

国立病院がダイエットとは

国立病院がダイエットに選んだ食材は、ゆで卵とグレープフルーツの2種類で、これらを中心とした食事内容を考えることになります。

朝はご飯1杯からトースト1枚と、ゆで卵やグレープフルーツを加え、温かいコーヒーで締めるのがポイントです。

勿論、日本食派の人は緑茶でも構いませんし、他の日本茶でも国立病院のダイエット基準を満たすことが出来ます。
毎食ゆで卵とグレープフルーツが加わるので、食事内容が似通ってしまいがちですから、工夫を行い飽きない2週間の取り組みを実現する必要があります。

朝トーストを食べた場合は、昼にご飯を用意して、そこに脂身の少ない焼き魚を添えると健康的です。夕食は多めに摂る必要があるものの、野菜のサラダや漬物で、アッサリとした食事内容にすることがおすすめです。

ダイエットは正しく取り組むことが大切

国立病院が構築した方法なので、効果に関してはお墨付きがありますが、正しく始めて取り組む点が重要です。このダイエット方法を2週間以上続けると、栄養の偏りが強く出始めますから、最長でも2週間に留めた方が良いでしょう。

もし取り組みの最中に具合が悪くなった場合は、無理をせず中断を行い、少しずつ普段の食事に戻すことが大切です。

女性は鉄分不足になりやすいので注意

女性に限ると、生理中の鉄分不足が発生しやすくなるので、この期間は避けて取り組むことが懸命です。特に注意が必要なのは、高コレステロール状態の人で、心筋梗塞を発症するリスクが大幅に高まります。

体に不安がある時は、国立病院等で検査を済ませ、コレステロール値を把握してから実践を始めると、安全かつ集中的に取り組むことが出来ます。

国立病院ダイエットのポイント

6c75da7e1623700cd93c51f7a391c3a8_s

ダイエット法のポイントは、食事量を減らして効果を得るのではなく、メニューの組み合わせで太りにくい体質が手に入る点にあります。

低カロリー食なので、最初は強い空腹が発生しますが、数日後から慣れ始めて、1週間を過ぎる頃には無理がなくなるでしょう。

しかし、同時に摂取出来る栄養も大幅に減少するので、未成年や妊娠中の女性、薬を服用している人は健康状態に影響が生じます。これらの条件に当てはまり、それでも始めたい場合は、身近な内科医か掛かり付けの医者に相談し、判断を得てからの方が安全です。

空腹に我慢が出来ず、カロリーや脂肪分が多い食べ物に手が出た時は、1度食事内容を元に戻し、暫く時間を空けてから再び挑戦を行います。

2週間の継続で体質が変わる

2週間の継続が行えなければ、十分な体質改善の効果が現れず、期待した通りの結果が得られなくなります。国立病院考案の方法ですが、それ故に取り組み方が厳しく、決まりや約束ごとが幾つもあります。

ただ、2週間を終えた後に得られる効果は、ダラダラと続ける取り組みよりも、明確な変化となって現れるでしょう。

具体的な実践方法

実践方法は、調味料の薄味が基本で、塩コショウや醤油を掛けても問題ありません。サラダに使うドレッシングは、オイルを使わずマヨネーズも避けることが条件です。ゆで卵は、半熟よりも固茹でが理想的で、1個で物足りないのであれば、最大2個まで増やしても大丈夫です。

卵に飽きたり、他の物が食べたくなったら、納豆や豆腐に置き換えることが認められています。野菜は生でも温野菜でも良く、比較的調理の自由度が高い食材なので、健康を考えても積極的に採り入れると効果的です。

きゅうりや人参、トマトはカロリーが低く栄養価が優れていますから、原則的に毎日摂取することが推奨されます。肉や魚は、毎日食べるとカロリー量が増加するので、週1回から2回の1食に留めておいた方が無難です。

魚は白身が良いですが、多少脂身が含まれていても、肉よりは健康的なので安心です。肉の場合は、脂身の部分を取り除き、赤みだけで済ませることが実践の秘訣です。食材を焼く時は、フライパンに油を引かず、網の上で油を焼き切るとヘルシーになります。

他にも蒸すや茹でるといった方法が選べますから、調理に制限を受けることは少ないので、工夫が凝らせる余地が残っています。

飲み物はどうなの?

食後のコーヒーは、砂糖やミルクを含まないブラックが指定されていますが、苦手ならカロリーオフのコーラでも代用可能です。

食事中以外の水分補給は控えますが、夏場は無理や我慢はせず、必要に応じて対応する柔軟性が求められます。サプリメントの摂取は、ビタミンよりもミネラル重視の方が、栄養の偏りが減ってバランスが良くなります。

後は、芋や飲酒を絶対に避けること、1日目の推奨メニューから始めることが、計画的に効果を得る為のコツです。

まとめ

2週間決まりを守って取り組むと、体内組織に化学変化が生じ体質から変わりますから、興味を持てば挑戦する価値があります。

スポンサーリンク