Home / 美容・健康 / ダイエット / ダイエットコーラは太らないの真偽と成分の影響

ダイエットコーラは太らないの真偽と成分の影響

ダイエットコーラと表示されているからダイエットの時に飲んでも大丈夫だろうと考えがちですね。でもダイエットコーラなのに甘いのは、甘味料が入っているからじゃないのという疑問も起きます。

ではダイエットコーラって本当に太らないのでしょうか。そのような点について成分もご紹介しながらご説明します。

スポンサードリンク

太らないって本当なの?

ダイエットコーラと言われるものは、コカ・コーラ ゼロとかコカ・コーラゼロフリーという日本コカ・コーラ株式会社が販売するものなどを指します。カロリーがゼロですからダイエット中にも飲めるコカ・コーラということでダイエットコーラと言われだしました。

でもその中身は実際にどうなのでしょうか。成分的に本当にカロリ-が低いのかどうかについて検証してみましょう。

ダイエットコーラの成分やカロリーは

ダイエットコーラの成分やカロリーは、どのようになっているのでしょうか。

コカ・コーラ ゼロ

100ml当りの栄養成分表示では、エネルギー 0kcalでタンパク質や脂質、炭水化物、糖類は0g です。そしてナトリウム 5mgとカフェイン 34.5mgとなっています。アレルギー特定原材料はありません。

エネルギーは確かにゼロとなっていますし、甘味はあるのですがカロリーは間違いなくゼロと日本コカ・コーラ株式会社のサイトによって示されています。

コカ・コーラ ゼロフリー

100ml当りの栄養成分表示では、エネルギー 0kcalでタンパク質や脂質、炭水化物、糖類は0gで カフェイン0mgです。そしてナトリウム 5mgでアレルギー特定原材料はありません。エネルギーは確かにゼロですね。

「ゼロ」と「ゼロフリー」の違いというのは、カフェイン量です。コカ・コーラ ゼロには、カフェインが含まれているのですがコカ・コーラ ゼロフリーには、カフェインが含まれていませんので、カフェインが気になるという方は、コカ・コーラ ゼロフリーを飲んでください。

糖類の違いは

コカ・コーラゼロとゼロフリーは、カロリーゼロなのですが、甘さを飲んでみると感じるというのはどうしてなのでしょうか。また良く飲むコカ・コーラとコカ・コーラゼロやゼロフリーに含まれている糖類の違いは何でしょう。

コカ・コーラに使用されている糖類は、果糖ぶどう糖液糖や砂糖で100mlあたりに砂糖11.3gを使用しています。

コカ・コーラゼロやゼロフリーに使用されている糖類は、スクラロースやアセスルファムKと言われる甘味料で今のところ使用されている人工甘味料の量は公開されていません。

スクラロースやアセスルファムKと言われる甘味料は、人工甘味料で人工的に合成して製造された甘味料です。カロリーがゼロなのに人工甘味料が入っているので甘さを感じるというのがこれらの商品の最大の特徴だそうです。

ダイエットコーラの注意点とは


ダイエットコーラのカロリーは確かにゼロなのですが、常飲したり大量に飲んだししてもでもいいのでしょうか。人工甘味料の凄さは、砂糖の数倍から数百倍もの甘味があるものが人工的に精製できるということです。食品や飲料にほんの少量でも甘味を出すことができるのです。

しかし人工甘味料をカロリーがゼロだからと無意識に摂り続けてしまうと恐ろしいことになります。というのも脳が毎日しっかりと糖分を摂取していると錯覚を起こすからです。例えば本物の糖分を摂った時に脳が今日もきちんと糖分を摂取しようという指令を出すために糖分を必要以上に吸収してしまうからです。

このようなことが重なると徐々に糖分を吸収しやすい体に変化してしまいます。その結果太りやすい体になってしまうと言われています。人工甘味料を常飲すると体にどのような変化が起きるのかをしっかりと理解しておくことが大切ですね。

カロリーがゼロのコーラを飲んでいるからといっても結果的に太ってしまう体質になったのでは意味がありません。大量に毎日ダイエットコーラを飲むのは止めた方がいいですね。

糖尿病の方は

インシュリンの分泌を食事制限などで抑える必要がある糖尿病を患っている方の場合には、糖分については特に神経質に管理をしていると思います。日々血糖値を上げないように気を使っているでしょう。

カロリーゼロのコーラなら糖尿病でも飲んでいいだろうと考えますよね。しかしすい臓は、人工甘味料のノンカロリーの物に対しても反応してインシュリンを出してしまいます。インシュリンの分泌を人工甘味料が促してしまうのです。

このことを知らないでカロリーもゼロで砂糖も含まれていないから糖尿病でも大丈夫な飲み物だと勘違いして毎日飲み続けたりすると大変危険なことになります。

このようにダイエットコーラは、砂糖も含まれていないしカロリーもゼロなのですが、人工甘味料を毎日大量に摂り続けているとインシュリンが分泌されやすくなります。すい臓に糖尿病を患っていない方でも疲労が溜まり徐々に糖尿病になるという危険性が高まりますので注意してください。
適度にダイエットコーラも飲むようにし、常飲をしないようにすることが重要ですね。

スポンサーリンク