Home / カップル / デート / 割り勘か男性のおごりかどっち?デート代あれこれと年代別デート代予算

割り勘か男性のおごりかどっち?デート代あれこれと年代別デート代予算

皆さんはデートの時、デート代の支払いはどうされていますか?長く付き合いがあるカップルなら、割り勘だったり、おごりだったりとデート代の支払いの暗黙のルールがあるかと思いますが、初デートだったり、まだ付き合い初めの頃は、割り勘にするのか、おごりにするのか、男女共に悩みますよね。

そこで、今回はデート代について割り勘がよいのか、おごりがよいのかを徹底調査してみたいと思います。また、デート代にまつわるあれこれと、年代別のデート代予算についてもご紹介したいと思いますので、是非最後までご覧くださいね。

スポンサードリンク

デート代は男性が支払うべき?

はじめにデート代は男性が支払うべきなのか否か、男性側の気持ちにもそって検証してみたいと思います。

初デートは男性もおごりたい

デート代について、やはり初デートは女性としては男性に支払って欲しいと思いますし、男性もおごりたいという気持ちがあるものだと思います。

初デートの時、女性はもう甘えて支払いは男性にお任せしておきましょう。それは男性のプライドを傷つけないためにも大切なことではないでしょうか?

ただ、おごってもらうのが当然だと思っていると勘違いされないように、バッグから財布は取りだして、払う意思もありますよ、と見せるのも大事だと思います。

そして男性も、たとえば女性がお手洗いに立った時に会計を済ませておくなど、スマートにおごることが出来たら、女性からの印象もぐっと好感度が増すと思いますよ。

2回目以降のデートも男性側が多めに支払う

デート代に関して、初デートは男性がおごる場合がほとんどではないかと思いますが、2回目以降のデートについては、どうしたらよいか悩みますよね。

男性も女性も悩みどころではないかと思いますが、出来れば2回目以降のデートは男性側が多めに支払うのがベストではないかと思います。

出来れば男性がおごりたいという気持ちはほとんどの男性が持っているのではないかと思いますが、実際に全てデート代を支払うのはなかなか大変なことです。

そこで、男性側が多めに支払うというスタイルが良いのではないかと思います。男性の威厳も損ねませんし、女性も支払いの負担が軽くなるのは安心するのではないでしょうか?

ざっくりと計算して、男性から「ここは多く払うから○○円でいいよ。」と女性に少ない額を出してもらえるように提案することで、会計の時にもめることなく、お互い気持ちよく支払いを終えることが出来るのではないかと思います。

支払いはするけど「ありがとう」は欲しい

デート代の支払いをする時、おごる側の男性の気持ちとしては「出来ればありがとうと言って欲しい」という気持ちがあるのではないでしょうか?

おごってもらったら、「ありがとう」というのは当然だと思いますが、なかにはおごってもらうのが当たり前だと思っている女性も少なくはありません。

でも感謝の気持ちがないような彼女なら、男性側も気持ちが覚めてしまいますよね。

デート代をおごってくれるのは、本当に感謝すべきことだと思いますので、女性はおごってもらったら、きちんと「ありがとう」を伝えましょう。

付き合いが長くなればなるほど忘れてしまいがちになりますが、おごってあげたいと思う気持ちと、それに感謝する気持ちが釣り合うように、お互い思いやりを忘れないで欲しいなと思います。

誕生日などの特別な日はおごってほしい

男性はデート代の支払いは自分のおごりの方が良いと思っている方が多いようですが、本音を調査すると、誕生日などの特別な日はおごってほしいと思っている方も多いようです。

女性側としても、誕生日などの特別な日は男性におごりたいと思う方が多いのではないでしょうか?

特別な日は、男性から「今日はおごって」と軽く彼女にお願いしてみても良いかもしれませんね。

女性側もいつもおごってもらっている人は特に、そうでない人も彼に感謝して、気持ちよくおごってあげたら素敵だと思います。

誕生日などの特別な日に男性に財布を出させない女性というのも、いい女の一つのスタイルになるのではないでしょうか?ぜひ男性の気持ちを汲み取って、女性は頑張って男性におごって欲しいと思います。

収入や年齢に差があるならおごりたい

デート代をおごるかどうかについては、男性の気持ちとしては、収入や年齢に差があるならおごりたいと思っている方が多いようです。

デート代は必ずしも男性が払うべきというわけではないと思いますが、やはり収入や年齢に差があれば、女性に負担をかけないためにも男性の方が多く支払ったりするのが自然な流れになるのかもしれません。

ここまでの項目で考えると、デート代は男性が支払うべきかどうかは、初回のデートかどうかなど、時と場合によって変わるようです。

お互い思いやって、臨機応変に支払いが出来るようになると良いのかもしれませんね。

デート代は割り勘が良い?

デート代は割り勘と決めているカップルも多いかと思いますが、実際に割り勘が良いのかどうかについても詳しく見ていきたいと思います。

お互いにデートを楽しんでいるから割り勘が良い

「デート代は割り勘派!」というカップルに話を聞くと、割り勘にしている理由はお互いにデートを楽しんでいるからという声が多かったです。

確かにお互いが楽しく過ごせているのであれば、費用についても割り勘でと考えるのも納得出来ますよね。

お互い平等に費用を負担して、なおかつ楽しく過ごせるのであれば、デートにかかる費用の捻出ばかり気にしなくて済みますし、男性も女性もお互い気軽にデートに誘える利点があるのではないかと思います。

割り勘が嫌な女性は男性も付き合いを避けたい

デート代を割り勘が良いかどうかを調査していくと、男性の本音としては、割り勘が嫌な女性は男性も付き合いを避けたいという気持ちがあるようです。

確かにおごってもらうのが当然だと思っている女性は、おごってもらってもお礼を言わなかったりして、男性からしてみればいくら好きな女性でも気持ちが冷めてしまうのではないかと思います。

割り勘が嫌な女性とは付き合いを続けたくても、経済的負担が大きくなって男性側も別れを考えてしまうかもしれません。

好意の度合いによっておごりか割り勘かが変わる

デート代がおごりになるのか、割り勘になるのかは好意の度合いによっても変わるようです。

やはり男性としては、本当に好きな女性なら出来ればおごってあげたいという気持ちが湧いてきますよね。

長く付き合いをしていれば割り勘が増えてくると思いますが、付き合い初めの頃でおごりが少ないようなら、もしかしたら男性はまだ女性に対しての好意が大きくないのかもしれません。

本当に好きな女性とデートするのであれば、最初はやはり割り勘よりも男性がおごる方がその女性に対しての本気度が伝わるのではないかと思います。

割り勘をする場合は細かな数字の割り勘はしない

デート代を割り勘にする場合のポイントは、細かな数字の割り勘はしないことです。

割り勘だからといって絶対半額ずつ払わなければいけないわけではありませんし、カップルであれば尚更そこはざっくりとした割り勘で良いと思います。

1円単位まで割り勘にしようとスマホの電卓を使っていたら、女性は幻滅してしまうかもしれません。

男性が多く出して、女性には端数を出してもらうなど、細かすぎない分け方で割り勘にするのがお互い気持ちよく支払いが出来るのではないかと思います。

対等な関係性でいたい

デート代は割り勘が良い!というカップルを調査してみると、そこにあるのは「対等な関係性でいたい」という気持ちをお互いに持っているカップルが多いようです。

特に女性が仕事をバリバリこなしていたり、女性の方が年上だったりする場合は、お互い対等な関係でいたいと思う女性も多く、おごられることが負担に感じてしまう場合もあるようです。

また、男女共に付き合っていく上では対等でいたいと思うカップルも多く、デート代の費用も割り勘にしてお互い負担にならないようにしたいと思っているカップルも少なくないようです。

長く付き合いを続けたいと願っているカップルも、デート代は割り勘で払っていることが多いようですので、デートの支払いの仕方として二人が納得しているのであれば、割り勘もベストな方法なのではないかと思います。

年代別平均的なデート代予算

それでは最後に気になる年代別の平均的なデート代予算についてご紹介したいと思います。

デート代の一つの目安として、ぜひ参考にしてみてくださいね。

大学生

はじめに大学生の平均的なデート代予算をみてみましょう。

参照サイト:https://gakumado.mynavi.jp/freshers/articles/10642

【マイナビ調査の結果】

Q.1回のデートの平均予算はいくらですか?

1位 16.5% 3,000円以上〜4,000円未満

2位 14.2% 2,000円以上〜3,000円未満

3位 13.4% 4,000円以上〜5,000円未満、5,000円以上〜6,000円未満

5位 10.2% 500円未満

6位 7.9% 1,000円以上〜2,000円未満、8,000円以上〜10,000円未満

8位 6.3% 6,000円以上〜8,000円未満

9位 3.9% 500円以上〜1,000円未満、10,000円以上〜15,000円未満

その他 2.4%

大学生のうちは自由に使えるお金が少ない人が多いと思いますが、一回の食事代と、デートする場所の入場料を払うと3000円から4000円くらいの予算になる場合が多いようで、この金額帯が1位になっているようですね。

500円未満という回答が10%あるのも興味深いと思います。学生のうちは社会人よりも自由な時間がある分、お金をかけなくても楽しめるデートが出来るのかもしれませんね。

20代社会人

次に20代社会人の平均的なデート予算をみてみたいと思います。

参照サイト:https://toranet.jp/contents/archive/soken/874/

【ラララとらばーゆ総研の調査結果】

1位 34% 5,000円以上〜8,000円未満

2位 25% 3,000円以上〜5,000円未満

3位 23% 3,000円未満

5位 11% 8,000円以上~1万円未満

6位 6% 1万円以上〜1万5,000円未満

7位1% 1万5,000円以上~2万円未満

20代社会人になると、大学生よりも平均値が上がっている結果となりました。やはり収入が入るようになるため、一回に使える費用も増えてくることが大きいと思います。

また、男性がおごる場合が増えるのも、大学生よりも20代社会人のカップルの場合が増えるようです。

30代社会人

次は30代社会人の平均的なデート予算についてみていきましょう。

参照サイト:http://www.minden.jp/clover/love-date-money-thirty/

残念ながらデータとしてはランク付け形式での調査データがありませんでしたが、ある転職サイトの統計では一回当たりのデートの予算平均額は20代と同じく5,000円から8,000円という金額だそうです。

2人分の食事と、たとえばデートで映画を見るとしたらだいたい5,000円くらいは最低でもかかると思いますので、この予算が一番平均的な額になっているのかもしれませんね。

まとめ

今回はデート代について、割り勘か男性のおごりかどっちが良いのか?というテーマで様々な面から調査した結果をまとめてみましたが、いかがでしたでしょうか?

男性も出来ればデート代をおごりたい気持ちがあると思いますし、女性もデート代をおごってもらえたら、大切にされていると思って嬉しくなると思います。

しかしながら時と場合によっては割り勘でも二人が納得するなら素敵だと思いますし、誕生日などの記念日には女性がおごってもまた素敵だと思います。状況にあわせておごったり、おごられたり、割り勘にしたりと出来たらよいですよね。

また、今回はデート代あれこれと年代別デート代予算についてもご紹介しました。

デートの予算も二人で話し合って決めるのも良いのかもしれませんね。たまにはお金をかけてリッチなデートをしても良いし、自宅でまったりと過ごしてお金のかからないデートをしたりして、メリハリをつけても楽しいのではないかと思います。

デートの時間が楽しく素敵な時間となるよう、本記事が少しでも参考になりましたら幸いです。


スポンサーリンク

Check Also

【地域別】デートで使える東京観光のオススメスポット15選!

東京には人や物が溢れすぎて、上 …