Home / カップル / デート / 気になる人をデートに誘うには?タイプ別デートの誘い方

気になる人をデートに誘うには?タイプ別デートの誘い方

デートに誘った時にOKをもらうためには、OKをもらいやすい誘い方をすることが大切です。本記事では相手のタイプ別に、OKをもらいやすいデートの誘い方についてご紹介していきます。気になる人をデートに誘おうと考えている方は、是非本記事を参考にしてみてくださいね。

スポンサードリンク

ガードの固い人へのデートの誘い方

気になるあの人は、ガードが固く、誘っても断られてしまうかも…と不安に思っている方もいらっしゃるかと思います。では、どうしたら「OK」してくれるでしょう。

まずは下記でガードの固い人へのデートの誘い方のコツを見ていきましょう。

一時間だけなどと時間制限を設けて誘う

学校帰りや仕事帰りに「1時間だけお茶しよう?」と制限時間を設けて、デートに誘ってみましょう。そうすると、相手も「ちょっとだけならいいか」と受け入れやすくなり、気軽に来てくれる確率が高まります。

一回だけと押し切る

何度誘っても渋る人には「今日だけでいいからちょっとだけ付き合って」と、少々強引に攻めてみるのもありでしょう。

上記と同じように、一回だけと制限を設けることによってデートを承諾してくれる可能性が高まります。

どこに行ってみたいかなど、実際のデートを想像させる

いきなり誘うのに抵抗がある人は、LINEやメッセージ等の日ごろのやり取りの中で、「ここの景色すごく綺麗なんだけど、行ってみたくない?」「○○(相手)は、どこか行きたいところある?」などと、実際のデート風景を想像してもらいます。

その上で、「今度一緒に行こう」と誘ってみましょう。相手も「一緒に行ったら楽しそうだなあ…行ってみようかなあ」という気持ちになり、OKしてくれる可能性がグンとあがります。

先にチケットなどを用意しておく

興味のありそうなものが予めわかっている場合、先にチケットを用意しておくという方法も良いかもしれません。

例えば、観たい映画のチケットやスポーツ観戦のチケット等、「○○のチケット2枚あるんだけど、一緒に行かない?」と気軽に誘ってみるのもありですね。

日中のランチなどに誘う

平日であれば、お昼休みにランチに誘うのも一つの方法です。

夜二人で出かけるのは、抵抗があるという人でも「ランチくらいなら良いか」と気軽に来てくれるかもしれません。また、休日であればランチに行った後、カフェでお茶デートというのも良いですね。

悩み相談などを目的として誘う

「最近こんなことがあって…相談にのってほしいんだけど…」と悩み相談を目的として誘うことで、相手も警戒心なく、自然に二人でデートができるのではないでしょうか。

一度振られた相手へのデートの誘い方

一度告白をして振られてしまったという方、諦めていませんか?そんなあなたでも、デートにお誘いする方法があるんです。

下記で一度振られた相手へ再度デートを誘う方法について見ていきましょう。

近況報告しつつ様子を探る

相手の連絡先を知っているのであれば、「元気?最近どう?」などと、お互いの近況報告をしながら様子を探ってみてはいかがでしょう。また、もし共通の友人がいるのであれば、相手の様子を聞いてみるのも良いですね。

複数人で集まって遊ぶのに誘う

「やっぱり二人は気まずいなあ…」という方は、何人か共通の友人を集めて、ご飯を食べに行ったり、ボーリングやカラオケに行ったりしてみましょう。すると、自然に話すことができ、気になる相手との距離も縮まるはずです。

相手が行きたい場所をリサーチして誘う

気になるあの人が行きたいというところをリサーチして、デートに誘ってみるのも良いでしょう。「ちょうど行ってみたかったんだよね」とOKしてくれるかもしれません。

自分の変身ぶりをアピールして興味を抱かせる

一度振られたくらいで諦めてはいけません。以前とは違う自分で勝負!外見だけではなく、内面も含めて前よりももっと成長した姿を相手にアピールしてみましょう。すると「なんか最近綺麗になったなあ…」「こんな素敵な一面もあるんだなあ」と振ったことを後悔し、新たな視点であなたを見てくれるようになるはずです。

そして、相手が興味を持ち始めたところで、デートに誘ってみましょう。

以前より低姿勢で誘う

以前よりも控えめに、相手の様子を伺いながら、誘ってみましょう。「○○に行ってみたいんだけど、一緒に行ってくれたら嬉しいな」「一緒に○○に行ってもらえませんか」と謙虚な姿勢で誘うことで、相手も断りにくくなるはずです。

だれよりも魅力的だと伝える

相手の魅力的な部分を伝えるということも大切ですね。「あなたの○○なところをとても尊敬している」「○○なところが素敵だから、もっと一緒に過ごしたい」と自分にとってあなたは特別な存在であることをさりげなく伝えながら、徐々に距離を縮め、デートに誘うというのも一つの方法です。

知り合ったばかりの人へのデートの誘い方

知り合ったばかりで、いきなりデートに誘ってひかれてしまうかも…となかなかデートに誘うことができずに、もどかしい想いをしている方もいるのではないでしょうか。

では、どのようにして誘うのか見ていきましょう。

チケットが余っているからと誘う

ガードが固い相手の場合と同様に、チケットを先に購入し、誘ってみるのはいかがでしょう。例えば「友達と行く予定だったんだけど、その子が行けなくなって…良かったら一緒に行かない?」と気軽に声をかけてみる。

意外とあっさり「いいよ」と返事が返ってくるかもしれません。

簡単な頼みごとをしてお礼をする口実で誘う

少し話せるような間柄であれば、相手に何かお願いごとをするのも良いでしょう。例えば「本を貸してもらったお礼に今度ご飯でも行こうよ」と誘ってみてはいかがでしょうか。

仕事がらみの相談があるとデートと意識させずに会う

「最近仕事が上手くいかなくて…」と相談を持ち掛け「ご飯でも食べながら話したい」と誘ってみるのも良いでしょう。

そうすることで、相手も断りにくいでしょうし、相談にのる、話を聞くという目的であれば、承諾してくれるはずです。

曖昧な誘い方でなく日時や場所を指定して誘う

よく「今度○○へ行こう」→「そうだね、行こうね」という会話で終わり、そこからなかなかデートができない…なんて悩んでいる方もいるのではないでしょうか。

そんな時は、「じゃあ、いつ空いてる?」ともう一歩先に進んで、具体的に日時や場所を決めましょう。そうすることで、実際のデートへとつながっていきます。

今から会おうといきなり誘う

こちらは大胆な方法になってしまいますが「今近くまで(相手の家の最寄り駅や職場等)来てるんだけど、会わない?」といきなり誘ってみるのも良いでしょう。

相手のことをもっと知りたいとストレートに誘う

率直に「あなたのことがもっと知りたくなった」とアピールするのも一つの手段ですね!「あなたともっといろんなことを話してみたい。だから今度ご飯でも行こう」なんて言われたら、嫌とは言えないのでは…

それをきっかけに、相手もあなたに興味を示してくれるようになるはずです。

まとめ

いかがでしたか?デートに誘う方法を大きく3つに分けて、ご紹介させていただきましたが、いずれも相手に警戒されないように自然に誘うということが重要になってきます。

また、中には頭ではわかっているけど、実際に行動するとなると勇気がない、という方もいらっしゃるかと思います。でも、相手の方も同じ人間ですから、誠意を持って伝えれば、きっとあなたの想いも伝わるはずです。

もし、自分に自信がないという方は、自分磨きから始めてみるのも良いでしょう。さあ、勇気を出して、気になるあの人を誘ってみましょう。一緒にお花見デートができる日も近いはず!


スポンサーリンク

Check Also

高校生におすすめの定番デート26選

高校生と言えば、気持ちは子供と …