Home / カップル / デート / ピクニックに行こう!デートで行きたいピクニックコース7選

ピクニックに行こう!デートで行きたいピクニックコース7選

そもそもピクニックってご存知ですか?ピクニックは自然の中でご飯をたべるために出かけることです。これからの季節はピクニックにピッタリの季節です。せっかくなのでデートにもピクニックを取り入れてみましょう。デートで行くにはかなりハードルが高いと思っていませんか?そんなことはありません。オススメのピクニックコースをご紹介します。

スポンサードリンク

ビジネス街の緑のオアシス「日比谷公園」

ビジネス街に現れる緑のオアシス「日比谷公園」仕事を抜きにして歩く日比谷は、都会の洗練された空気を感じることができるはずです。いつもは足早に通り抜ける場所を二人でゆっくりと歩いてみましょう。これだけで特別感がグッと増すはずです。

まずは隠れスポットへ

公園に到着したら、オススメは三角の建物「千代田区日比谷図書館文化館」ここは実はビジネスマンの隠れスポット、普通の図書館機能はもちろんのこと、平日は22時まで開館していたり、館内の本を持って入れるカフェもあるのです。雑誌が豊富だったり、無線LANがあったりとかなり現代人の心を掴んでいるのですが、アート機能とカレッジ機能を加え、来館者が学んだり、交流することができるのです。土曜日は19時まで、日曜日17時までですが、夜の明かりがついた図書館を外から見るのもとても美しいものです。

公園デートから帰るまで

もちろん公園は図書館の外でも楽めます。小音楽堂で行われているイベントに耳を傾けるもよし、ドラマでよく使われる噴水は最高のフォトスポットでしょう。ほぼ1年を通して花を楽しめますので、散策をしながらお弁当を広げてみてはいかがでしょうか。
午後から出かけると、帰りには綺麗にライトアップされた大手町を見ながら充実した気持ちでデートを終えることができます。

開放感がたまらない「代々木公園」

アクセスバッチリの代々木公園もオススメです。代々木公園は都会で一番空が広く見える森林公園と言われています。日頃外に出ることが少ない仕事など、開放感を求めているカップルには最高のデートスポットです。

明治神宮へ行こう

代々木公園に行く時はぜひ明治神宮へ、参道を歩き本道へ向かいながら厳かな空気を感じてみましょう。なかなか行く機会がない場所ですが、沢山の人が平和を願う場所です。二人で平和について手を合わせ心を一つにしましょう。お参りの後は絵馬も売っています。心を込めてお互いに絵馬を書き、後でお礼参りをするのも素敵ですね。

公園デートから帰りまで

代々木公園の原宿門では、屋台も出ていますので。家から手作りお弁当を持って来るのが大変な方も気軽にピクニックを楽しめます。また、芝生で思い思いに過ごす人が多いのも代々木公園の特徴です。ベンチは空いていないことが考えられますので、敷物だけはお忘れなく。人目を気にせず堂々二人で芝生でゴロゴロするのも楽しいものです。
また、公園に飽きた場合でも、ちょっと歩けば表参道や原宿とすぐに話題のスポットにいけるのも魅力のうちです。代々木公園だけで過ごすことを考えず、代々木公園に行ってからどこかへ。とデートの範囲を広げることができます。

水と緑の「葛西臨海公園」

東京駅から京葉線に乗り、葛西臨海公園駅で降りれば目の前が公園です。葛西臨海公園は様々なゾーンがあり、見所も盛りだくさんです。何と言っても外せ無いのが葛西臨海水族園と観覧車です。こちら両方利用すると割引がありますので、ぜひ覚えて起きましょう。

節約しながら楽しむコツ

水族園はなんと入園料が700円とリーズナブル。都内の水族館の半額近い値段ということも嬉しいのに、観覧車のチケットを持っていると1割引の560円になるので、絶対に観覧車チケット700円を買っておきましょう。もし、水族園のチケットを持って観覧車チケットを買う場合は1割引にしかなりません。とは言ってもどちらもとってもお財布に優しいですね。

公園を楽しむコツ

広い公園なので、お弁当スポットは沢山ありますが、海沿いの公園なので、風対策は必須です。よく歩くため、厚着をするよりは羽織るものがあると便利です。公園内には3.1Kmを25分かけて走るパークトレインという汽車の乗り物があります。こちらは300円ですが、晴れた日には遠く房総半島やアクアラインを見ることができます。公園内の名所を回ってくれるので、動き疲れたら乗ってみましょう。葛西臨海公園駅の隣は舞浜駅ですので、海沿いを歩いてディズニーランドを見ることもできます。
観覧車は絶対に夜がオススメです。「ダイヤと花の大観覧車」は日本一大きい観覧車であり、ディズニーランドにスカイツリーやレインボーブリッチまで見ることができるのです。受付時間は20時までです。

武蔵野の面影「井の頭恩賜公園」

井の頭公園として愛されている公園です。最寄り公園的は京王井の頭線「井の頭公園駅」か、JR「吉祥寺駅」ですがオススメは吉祥寺駅です。

公園に着くまでも楽しむ

吉祥寺駅から公園い向かう道に七井通りストリートがあります。ここを二人で歩くのがオススメなのです。こちら丸井右横の通りなので、初めて訪れる方でもすぐ分かる通りです。沢山のお店が並んでおり、小洒落た雑貨屋さんを見て回ったり、テイクアウトができる本格ドイツウインナーを入れた「ケーニッヒ」のホットドックを持って公園へ向かうカップルも多く見られます。

公園デートから帰りまで

井の頭公園についたらお弁当を食べましょう。この公園には比較的ベンチが多く設置されていますので敷物を持ってでかけなくても座って自然を楽しみながら食事を楽しむことができます。すぐに二人の世界に浸れることから公園デートと言えば井の頭公園と言われるようになったようです。食事が終わり一休みしたらボート乗り場へ行ってみましょう。4月〜7月であれば普通のボートだと1時間700円、スワンボートやサイクルボートは30分で700円と600円とボートのレンタルができます。どのボートに乗るかついつい迷ってしまいます。季節によって営業時間が異なるため、事前にホームページで確認をしておいてください。
井の頭公園を弁天様の奥の階段をずっと歩いていくと「ジブリ美術館」があります。日時指定、予約制の美術館ですが、ここにたどり着くまでの道も東京とは思えない爽やかな風が流れる道。もし、予約ができなくても、次への下見と歩いてみるのも楽しいです。
暗くなったらまた七井通りへ、ここは暗くなって明かりが灯るとまた違った雰囲気を醸し出してくれます。オレンジの光が暖かく、どこかアジアの街へ迷い込んだかのようです。

心踊る「多摩動物公園」

京王線多摩モノレールに乗って「多摩動物公園」へ、普段はモノレールに乗ることが無いのでこの辺りからワクワクが始まります。最後に動物園に行ったのはいつでしょう。大人になるとなかなか動物園に足が向かないものえです。しかし、そこで敢えてオススメしたいのが動物園。もう行くだけで非日常で特別なデートであると言えます。

園内の楽しみ方

多摩動物公園では回るコースを5つ提案してくれています。ゆったりと20分かけて回るコースから、園内全ての動物を見て回る2時間半のコースまで。園内が広いと、いつまで歩くの?なんて不安になることこもありますが、初めからコースが分かっていると、途中の休み所が分かって便利です。
園内にはベンチが設置されているため、そこに座ってお弁当を食べるのも良いのですが、入り口入って左のズーカフェもあります。こちら、カフェなので、軽食メニューもありながら、無料休憩所として使用することができるのです。またアフリカ園にも軽食が食べられるカフェもあります。ちらには野外席があるのが特徴です。天候に合わせてお弁当を広げられる場所が多くあるのは嬉しいことです。持って来たお弁当が足りない時も心配要りません。

驚きの入園料

この動物園はとっても広く、多くの動物を見て回れるというのに入場料はたったの600円です。さすが都営と思っていたらもっと凄いことがあります。なんとゴールデンウィークや都民の日など、一年に数日無料公開日があるのです。
自由に過ごす動物を見るのは、とっても楽しいものです。好きな動物を探し合ったり、お互いに似た動物を探すなど、カップルの仲が一層深まることでしょう。

さすがの国営「国営昭和記念公園」

JR青梅線「西立川」駅からが最も近いですが、JR立川駅からも徒歩10分程度です。立川駅からでも案内標識が出ているので迷わず辿りつくことができるでしょう。公園の入り口に入ると花とみどり文化センター、綺麗で広い芝生が広がっています。ここは無料エリア、皆さん思い思いに芝生を楽しんでいます。もっと進むと国営昭和公園の入り口になります。入場料は410円です。

レンタルサイクルは必須です

入ってするレンタルサイルクがあります。1日レンタルして520円(1日)かかりますが、ここは借りるのがマスト。なんと広さは東京ドームの約35倍ととても広い公園なのです。カップル様に二人乗り様の自転車があるので、デートにはこちらがオススメです。一般道は走ることができないこの自転車を思い切り楽しみましょう。もちろん、自分の自転車を持ち込むことも可能なので、近くに住むカップルは自前の自転車でも良いです。
自転車は返却する必要があることをお忘れなく。閉園の1時間前までには返却しなければいけませんので、時間に気をつけて楽しんでください。

公園内の楽しみ方

自転車で走りながら、途中の広場や景色の良い場所でシートを広げてお弁当を食べましょう。公園内にはバーベキューガーデンがあります。売店で食事を買うこともできますが、ここには手ぶらでバーベキューができるレストランもあります。こちらは金銭的に余裕がある時にオススメします。おにぎりだけ持って、売店で串焼き系を買うなんて楽しみ方もできます。
エリアごとに表情が違うので、景色を見ながらサイクリングするのが楽しい公園です。

アメリカ山公園

こちらは横浜、みなとみらい線「元町・中華街駅」の駅舎の屋上に作られた公園です。改札からエレベーターで屋上に行くと目の前に広がるのは芝生の公園になっているのです。こちら入園料は無料、開園時間も6時〜23時とデートするには申し分ない時間です。

公園について

戦後米軍の施設用地として利用されていた場所だったことからアメリカ山公園と名付けられたこの公園内には、アメリカハナミズキやバラなど、アメリカを思わせる草花が私たちを楽しませてくれます。バラは横浜市の花でもあり、公園はバラの名所とも言われています。近くには元町商店街や、横浜中華街、外国人墓地と、誰もが知っているスポットがあります。

公園の楽しみ方

現在公園内にはエアーソファーが天候などをみながら不定期に置かれていますので、見つけたらぜひ横になってカラフルな花や空を楽しんでみましょう。公園内の桜は都内よりもだいぶ遅くゴールデンウィーク前が見頃なので、都内でお花見をしそびれたカップルにもオススメです。
公園内はアメリカにいるかのようなカラフルな花が植えられていたり、レンガの壁沿いに雰囲気のあるベンチがあるなど、手軽に旅行気分を楽しむこともできます。お弁当はぜひこちらのベンチで食べましょう。晴れた日には富士山も見える、気軽に行ける横浜の公園です。場所が良いので、帰りは元町デートを楽しめるのも嬉しいですね。みなとみらいでお買い物をするも良し、映画を見て帰るのも楽しそうです。

まとめ

いかがでしたか?ピクニックは自然の中でご飯を食べることだと考えると、ピクニックデートには公園、水族館、動物園が断然オススメになります。もちろん、カップルが住む街にも素敵な公園があるでしょう。行きやすい公園もあるかと思います。でも、たまには気合を入れて、ちょっと遠くの場所までピクニックデートへ出かけてみてはいかがでしょうか。今回はアクセスの良さや雰囲気の良さを重視し、また水族館や動物園はリーズナブルさにも配慮して選んでみました。
高級店でお食事をするだけがデートではありません。ぜひピクニックデートを楽しんでくださいね。

スポンサーリンク

Check Also

隣を歩きたくない!ダサい彼氏の私服を改善する4つの方法

優しくて顔も悪くない自慢の彼氏 …