Home / 恋愛 / 好きな人にデートを断られた時にしたい上手な対応と相手の心理

好きな人にデートを断られた時にしたい上手な対応と相手の心理

勇気を出して好きな人をデートに誘ったけれど断られた時はショックですよね。でも、断られた時の対応によっては相手に与える印象が全く変わってきます。断られても好印象を相手に残すことが大切です。今回はダメでも次のチャンスに変えられることだってあります。

断った相手の心理を理解して上手な対応で乗り切って下さい。相手に嫌な気持ちを与えないこと、落ち込んだ態度を出さないこと、ショックで自分が傷ついたとしても相手を思いやることを忘れない、上手に対応しておくと次の恋愛に活かすことも出来ますよね。恋愛上手は対応上手だと心得ましょう。

スポンサードリンク

デートを断られた時にしたい対応

デートに誘われて断る側も結構勇気が必要なこと知っていますか。断る理由は色々ですが、「相手を傷つけてしまったかも」と断るほうも感じるのです。こちらが相手の心理を理解して対応すれば、あなたにプラスのイメージを加えることも出来ます。断られてもチャンスに変える対応をしてみましょう。

また誘うね!と相手に罪悪感を与えない明るい対応をする

断った後に、落ち込んだ態度を見せる、恨み言をつぶやく、これは相手にとても嫌な気持ちを与えますね。断ったことで罪悪感を相手に与えない対応をしましょう。「残念!また誘うね」と明るく笑って下さい。

こうすると相手は安心感が沸いて、あなたを信頼してくれます。次回のチャレンジが成功する可能性が高くなりますね。対応次第では嫌われて修復不可能なことにもなりかねないことを忘れずにいましょう。

また予定が合いそうな時に誘うね!とさわやかに引き下がる

断る理由に予定が悪いことを告げられた場合でも、しつこくしないでさわやかに引き下がりましょう。「また予定が合いそうな時に誘うね」と言っておけばこちらも気を悪くしていないと相手にわかってもらえます。断ったことでこちらが傷ついていると思わせないことも重要です。

気を付けることはいつなら予定が合うのかと、しつこくしないことですね。予定が合わないことを理由にすることが相手を傷つけない、と考えている人も多いのです。そのため、”いつ?”と聞かれても困りますよね。「また今度ね」と引き下がりましょう。

今度は皆でいこう!とデートのハードルを低くする

2人だけのデートには抵抗感があっても、「今度は皆で行こう」と提案しておくと相手の気持ちのハードルが低くなって受け入れやすくなります。時には仲間をだしに使うこともいいですよね。皆でワイワイと行く遊びなら行ってもいいかなと思ってくれるでしょう。

デートに不慣れな場合も同様ですね。二人になることが緊張するから、躊躇したかもしれないですよ。少しハードルを低くしてあなたに慣れてもらうといいですね。「二人でも大丈夫かな」となるまで待ちましょう。まずは相手に合わせてハードルを低くしてみましょう。

前後で態度を変えないことが大切

断る前と断った後で態度が変わる人はメンタルが不安定なイメージを持たれがちです。これから先も友人として付き合っていくのに不安を感じませんか。たとえば、挨拶もしてくれない、話しかけても返事がない、など急に態度を変えるとデートを断ったことを責めているようにしか感じませんよね。

これでは、自分の印象を悪くするだけで何もいいことはありません。周りから「この2人何かあったのかな」と勘ぐられて相手も迷惑ですよね。断られても今まで通りの態度でいることは精神的に難しいかもしれないですが、相手を思いやる気持ちが大切です。

落ち込んでてもそれを相手に見せない

デートを断られたら誰でも落ち込みます。でも、それを相手の前で見せてはいけません。これも相手を責めている行動と受け取られるだけです。断られても明るく笑顔で相手と接していれば、あなたの印象が変わってきます。デートを断った後は相手はあなたを意識して見ることが多くなります。

そんな時落ち込んでいる姿ではなく、明るく社交的な姿を見てほしいですよね。その姿を見て好きになることだってあるのですよ。断って失敗したかなと、思われるくらいのあなたを相手に見てもらいましょう。

デートを断られた時の相手の心理

デートを断られた時は相手の心理を考えてみましょう。断る理由がはっきりとわかっている場合は今後の対策もわかります。次回を誘っても嫌がられないか、一度で諦めるか、断られた時の相手の態度から心理を読み取りたいですね。

あなたのことが好みでない

好みでないと断られた場合、諦めた方がいいですね。はっきりと言われるとその時は落ち込みますが、後あと引きずらなくて済みますので諦めも早いですよ。あなたのことが好みでないことは、不可抗力だと諦めましょう。好きになって欲しい気持ちもわかりますが、次の恋を探したほうが自分のためですね。しつこく誘ってもますます嫌われる結果になります。新しい恋にチャレンジして下さい。

しつこくされたくない

しつこくされたくない理由はあなたに興味がないからです。興味がない人からの誘いは当然断りますし、あまり嬉しくないですよね。相手の気持ちを考えてサッと引きましょう。「誘ってごめんね」と付け加えておくと好印象を残せます。

しつこくされたくないと思っている相手にしつこくすることは厳禁でしょう。あなたの評判を落とすことにもなります。デートは断られた、評判も落とされたでは最悪の結果ですね。相手の気持ちを理解して身を引きましょう。

よく知らないからとりあえずお茶を濁す

あなたをよく知らないから一度は断る、この心理はよくわかります。断った後であなたが気になって友人に聞いてみたりするかも知れませんね。意識してあなたを見てくれていれば、次の誘いは断られないかもしれないですよ。

勇気を出してデートを誘った結果がダメでもその後に続くこともあるので、いままでと変わりない態度で相手に接していましょう。明るくいるあなたを知って気持ちが動くかもしれないですね。また、「これから自分を知って下さい」と次に繋がる言葉を掛けておきましょう。

本当にスケジュールが合わなかった

誘われた日はスケジュールが合わないことが理由であればその日は諦めましょう。相手の態度からスケジュールを教えてくれそうか読み取りましょう。その後スケジュールの合う日に、改めてデートに誘ってもいいのか確認しましょうね。

スケジュールが本当に合わなかったことを告げて断る相手の心理は、スケジュールが合えばOKである可能性が高いですね。残念そうな態度の時は、「スケジュールが空いている時に誘うね」と次回を約束しておけばいいでしょう。

他に気になる人がいる

恋人はいなくても他に気になる人がいる場合は一旦諦めたほうが得策ですね。相手の片想いを応援してあげる気持ちで見守りましょう。あなたの好きな気持ちはしばらく諦めて相手の恋愛の動向をみて下さい。あなたの優しい気持ちが伝われば好きな人の気持ちを振り向かせることがあります。でも、好きな人の恋愛が成就した時は喜んであげましょう。そして、次の恋愛を見付けて下さい。

デートを断られた時の再チャレンジは何回まで?

デートを断られた時の再チャレンジは何回までなら許して貰えると思いますか。相手の態度によっては1回目で諦めた方がいい場合もあります。自分の気持ちばかりに走っても迷惑になりますね。断られた時は相手の態度から気持ちを考えて、再チャレンジできるかを見極めましょう。

1回断られたら次は誘わない

1回で諦める理由は相手の気持ちでしょう。相手の態度から2回の誘いも断られる確率が高そうだと感じたのなら諦めましょう。あなたに興味が無いことは相手の態度からわかりますよね。嫌がられている、全く関心が無い、はっきりと断られた、このような時は誘わないようにして下さい。

深追いはお互いにとって良いことはありません。しつこくされると余計に嫌われますし、あなたの信頼もなくなります。断られた時の相手の態度をよく観察しましょう。恋人がいる相手だったかも知れませんね。はっきりと理由を言われた、瞬時で断られた時は理由がきちんとあるはずです。1回で諦めて下さい。

2回まで

1回断った理由があなたにあるのではなく、相手の都合だとしたら次の誘いにOKしてくれることもありですね。予定が合わない、体調が悪い、などはっきりと断るのではなくて「また誘ってほしい」ようなニュアンスが含まれている時は2回めの誘いをしてみましょう。

相手の態度から断ったことを申し訳ないと思ってくれている、と感じた時は次回に期待しましょう。ただし、2回めも同じ理由で断られた場合は、2回で諦めたほうがいいですよ。同じ理由で断る心理は「もう誘わないでほしい」と思っていることが多いですね。

3回まで

恋愛に少し慣れていない相手の場合は、デートにも慣れていないこともありますよね。誘われる事にも慣れていないので、相手も対処に困るのです。断る理由もはっきりとしなくて、戸惑っている風に見えたのなら3回まで誘ってみましょう。

回、2回と誘われてあなたの真剣な気持ちに気付いてくれたのなら、3回めは受けてくれる可能性が高いと言えます。初めてデートに誘われたと心密かに喜んでくれているかもしれません。相手の断った時の気持ちと態度が、2回3回と誘えるかの決め手になります。

断られたとがっかりするよりも、相手の事をよく見ておきたいですね。3回まで誘っても断られた場合は、それ以上はやめましょう。少し時間を置くことや、相手から離れてみることも大事です。そこから気を引くことも出来ますから、しつこくし過ぎないことが重要となります。

再チャレンジでデートに応じてもらうためのコツ

再チャレンジでデートに応じてもらうためのコツとはなんでしょう。あまり強引に誘わない、相手の興味を引くようなデートプランを計画する、相手の都合を第一に考える、このあたりを押さえて再チャレンジしてみましょう。

しつこくしない

しつこくされると大概の人は逃げていきますね。気が引いてしまう、断っても断ってもしつこいから返事するのも面倒、と嫌悪しか感じません。再チャレンジまでは、あまりしつこくしないことですね。挨拶や日常メールなどで1回断られても気にしていないことをアピールして、相手の心象を良くしておきましょう。

あなたが怒ったり、気を悪くしていないことが相手に伝わるまで時間を空けて下さい。安心できる人だと信頼してくれたのなら、再チャレンジでOKしてくれるはずですよ。しつこくしないで、時間をかけることがコツです。

相手の好みをリサーチしてデートプランを練り上げる

時間をかけて相手の好みをリサーチすることはどんな場合でも大事ではないですか。特に再チャレンジの場合、デートプランによってはOKとNGの大きな違いが出ますよね。普段の会話から好きな場所や、行ってみたい場所、食事の好み、デート場所までの移動方法などリサーチして下さい。

相手の好きな場所に興味があるから案内してほしい、といった誘いは受け入れやすくておススメですね。自分の興味に共感してくれることは男女どちらも効果的な誘いです。趣味の共有や、理解出来る人を好きになることありますよね。再チャレンジはデートプランとリサーチが重要になります。

デートのハードルを下げる

デートではないと感じるプランを計画しましょう。デートのハードルとは、2人だけで行くこと、当日のスケジュールを合わせること、デート場所までの移動が面倒などですね。ここを下げる工夫をしましょう。「友人みんなでこれから遊びに行くけど一緒に行かない」と気軽に再チャレンジしてみてはいかがですか。

デートではないし、2人でもない、みんなで移動できる、などメリットがたくさんありますね。その際にはもちろん相手のスケジュールが空いている日をリサーチしておくことがコツですよ。突然の誘いでもスケジュールが空いていて友人も一緒なら楽しそうと、応じてくれるでしょう。デートに慣れていない緊張も少なくて、相手の負担も軽くなりますね。

相手のスケジュールの空きに誘う

スケジュールを把握されている、と感じた場合嫌悪されることがあります。そのため、さりげない態度で相手のスケジュールの空きを狙いましょう。まず自分のスケジュールが空いている日に「〇〇に行こうと計画している」と会話に盛りましょう。相手がその日のスケジュールを話しやすくなりますよね。

そこから、相手のスケジュールの空きを確認しましょう。スケジュールの空きは本人から聞くことが大切ですよ。周りから聞いたと分かるとあまりいい気持ちは起こりませんね。陰でこっそりと調べられているのは”気持ち悪い”と印象づけますから、気を付けましょう。再チャレンジは慌てないで少し時間を置いてくださいね。

まとめ

好きな人にデートを断られた場合の対処は難しいですね。落ち込まないほうが無理だと思うし、相手を思いやる余裕もなくなりますよね。でも、断ったほうも同じような気持ちでいると考えると少し気が楽になりませんか。次回の誘いを待っている、もう誘わないでほしい、相手の気持ちも様々でしょう。デートの誘いを断られても、そこから恋愛に発展していけることもあります。あなたの対処次第だと考えて前向きにいきましょう。


スポンサーリンク

Check Also

彼が心変わりしてしまう原因と兆候、どう対処すればいいの?

あなたは、「付き合ったばかりの …