Home / 美容 / あなたの髪型ダサいと思われてない?男女別ダサい髪型の特徴と対策

あなたの髪型ダサいと思われてない?男女別ダサい髪型の特徴と対策

髪型のセットって難しくないですか?髪型はメイクと違って少しずつ伸びるものなので毎日同じ、というわけにはいかないこともあります。さらには毎朝、寝癖がついたりしてお手入れもいろいろと大変ですよね。

しかしながら、一概にセットするといっても、ただ髪型をセットするだけではダサいと思われてしまうこともあります。毎朝大変な思いをしてセットしたものが周りにダサいと思われてしまうととてもショックです。

どのような髪型がダサいと思われないかを知り、それをしないようにすればダサいと思われることはないことでしょう。本記事と一緒に、どのような髪型がダサいと思われやすいのか見ていきましょう。

スポンサードリンク

ダサいと思われやすい女性の難易度の高い髪型

2

女性の髪型には様々なものがあります。簡単に言えば似合わない髪型というものがダサいとされるものですが、似合わない髪型というのは人それぞれあると思います。

しかし、似合わない髪型ではなく、一般的にダサいとされる髪型というものもあります。簡単に言うと、女性らしくない髪型、ということになります。

近年では、奇をてらったような髪型も多く存在し、そのような髪型をしている人も少なくはありませんが、そのような髪型はビジネスシーンでは通用するものではなく、場合によっては失礼に当たる場合も多くあることでしょう。

それではどのような髪型が失礼ととられ、大人の女性としてふさわしくないものなのかを紹介していきます。

前髪パッツン

最近ではモデルの方が多く前髪パッツンをしているのをよく見かけますね。確かに、前髪パッツンは幼く見えてとてもかわいらしく見えます。また、街中でも若い学生の女性を中心によく好まれている髪型ではないかと思います。

しかしながら、前髪パッツンはとても似合う人は限られていて、特に目鼻立ちのくっきりした人ではない限り、避けたほうが良いかもしれません。

また、ビジネスシーンにおいてはまったくもって論外とも言える髪型ではないでしょうか。このような髪型をしていると特に営業の場合は相手にとてもふざけているような印象を与えかねません。

前髪パッツンは若い学生やファッション関係の仕事をしている人のみに許される髪型であり、自分のご年齢に合った髪型をするべきでしょう。

ベリーショート

海外の女優さんやミュージシャンにはよくベリーショートの女性を見かけます。彼女たちはとてもはっきりとした顔立ちで、顔も小さくよく 似合っています。

しかしながら、日本人女性の多くは顔のくっきりとしていたり、頭の小さな女性はあまり多くはありません。したがって、ベリーショートという髪型は流行しにくく、敷居の高いものとして位置づけされています。

少数派であるということは奇をてらったともとることができダサいと感じられてしまうこともあります。

また、男性の多くは女性らしさというものを多からずとも求めてしまうものです。ベリーショートに女性らしさを感じるという男性は多くはありません。したがって、ベリーショートは男性から見てもダサいと感じられてしまうことでしょう。

刈り上げ

ベリーショートでも述べましたが刈り上げをしている海外の女優さんやアーティストは多いですが、やはり同様に日本人女性には敷居の高いヘアスタイルと言えるでしょう。

刈り上げにも様々なスタイルがありますが、どのようなスタイルであってもかなりボーイッシュに見え、やはりベリーショートと同様に女性らしくみられることは少ないでしょう。

ツインテール

ツインテールはとても幼く見え、かわいらしいという印象を与えてくれます。なにより、女の子らしさを最も出せる髪型ではないでしょうか。

しかし、ツインテールはとても年齢層の限られた髪型です。なぜなら、先ほども述べたように幼く、かわいらしく見せてくれるものであることから、若い学生などには効果的な一方で大人の女性がするととても痛いといった印象を受けてしまうからです。

また、アニメキャラ等によくみられる髪型であることから、より一層ダサく思われます。大人の女性としてツインテールの合う状況はとても考えられません。高い位置でのツインテールは極力避けたほうが良いでしょう。

お団子ヘア

お団子はおばあちゃんがしているものというような印象を持つ方も少なくないのではないでしょうか。やはりこのお団子も年齢の限られたものであって、若年層もしくは高齢者といったほほえましく見える年頃の方に似合う髪型だといえます。

そういうことから、子供っぽいといった印象を受けてしまいます。大人の女性としては致命的なことではないでしょうか。

三つ編み

三つ編みはまじめそうで清楚といった印象を受けます。しかし、流行に乗り切れていないというような印象も同時に受けます。そのため、とてもお団子と同様に、古臭い、昭和感が漂ってしまう可能性もあります。男性からもダサいと思われてしまうかもしれません。

なるべく、現代風にアレンジして、ゆるく崩してみるとか、きっちりとした三つ編みではなく編み込みのようにしてみるといったことをしてみるといいかもしれません。

ひとつ結び

ひとつ結びは子どもを持つお母さんのような方が多くしているように感じます。社会人の女性としては雑にまとめられた髪型ともとられてしまうこともあるのではないでしょうか。

ふわっとした感じにまとめてみたり、編み込みをするなど一工夫を加えるだけで大きく違って見えることかと思います。

ダサいと思われやすい男性の難易度の高い髪型

3

男性のヘアスタイルはもしかすると女性よりもセットが大変かもしれません。女性に比べると髪の長さはとても短く、長く伸ばし続ける女性に比べるとこまめに美容室に通う必要もあるのではないでしょうか。

男性のヘアスタイルは女性のようにごまかしの効かないものといえるのではないでしょうか。男性はその短さ故にちょっとしたバランスが崩れると大きく雰囲気が崩れてしまうのではないでしょうか。

いくら顔がイケメンであっても、髪型がダサければ、相手にダサいという印象を簡単に与えれてしまいます。そうならないようにどのような髪型がダサいと思われてしまうのかをまとめてみました。

ロングヘア

ロングヘアはビジュアル系バンドなど芸能界においてはよく見られる髪型で、とてもカッコよく見えます。しかし、それは芸能人であるから許されるのであって、一般人がしてしまうと、清潔感を失い、ダサく思われてしまいます。

キノコヘア

キノコヘアは学生とみられる方がよくしているのを見かけます。しかし、キノコヘアはいわゆる個性的な髪型で、大人の男性のとしてはふさわしくない髪型ともいえます。個性を出すことは悪いことではありませんが、大人としてあまり主張が激しいのもよくないでしょう。

アフロヘア

アフロヘアといえば思いつくのはお笑い芸人のような方たちです。アフロヘアをしていると笑いのネタにされてしまうのではないでしょうか。そういうことから、ロングヘアと同様に芸能人ならまだしも一般人には少し苦しいでしょう。

オールバック

オールバックはとても威圧感があり、強面に見せてしまいます。そのような男性には誰しも近寄りがたく、暴力団のようなイメージを持ってしまうのではないでしょうか。また、数年前に流行った髪型ということもあり、とても古臭い印象を与えてしまうかもしれません。

ウルフカット

ウルフカットの伸びた襟足などがとてもチャラいといった印象を与えます。このような男性は少し浮いたような雰囲気を醸し出し、男女問わず敬遠されがちになってしまいます。大人の男性のような落ち着いた雰囲気はまったく感じられません。

モヒカン

個性的などというレベルの髪型ではなく、かなり浮いた髪型となってしまいます。大人の男性としてはありえないというレベルでおかしいとも言える髪型であり、また、威圧感も与えるため、まともに相手されないといったこともあるかもしれません。

ダサいと思われやすい人妻女性の難易度の高い髪型

4

結婚された女性は少しファッションに疎くなりがちになってしまうのではないでしょうか。

確かに、これ以上未婚の時のようにモテる必要性はまったくありません。しかしながら、モテる必要がないからと言ってずぼらになってしまうと旦那さんの横に立った時に旦那さんに恥をかかせてしまうかもしれません。

また、おしゃれをしているつもりでも、流行に乗り切れずにダサい髪型になってしまっているかもしれません。そこで、旦那さんにはもちろん、お友達と遊びに出てもダサくない、人妻の雰囲気に見合った髪型をしなければなりません。

人妻としてどのような髪型をしてはいけないのか、ダサいとおもわれてしまうのかを紹介していきます。

ひっつめ

ひっつめは落ち着いた、まじめな感じを出し、人妻の魅力をぐっと上げてくれるものですが、これはよほどバランスをうまくとらなければ、また似合っていなければ、実年齢よりも数段の老け顔に見えてしまいます。

あまりきっちりとセットしてしまうとより老けて見えるので、トップをふんわりとする
といった緩い雰囲気をだせるようにしてみるといいかもしれません。

バサバサのロングヘア

人妻であるということは家庭を持つということです。お仕事をされている方もいれば、育児に追われている方もいるのではないでしょうか。それでありながら、家事にも追われるとどうしてもずぼらな髪型になりがちですよね。

バサバサなロングヘアはそういうずぼらな感じをダイレクトに出してしまうのでとてもミットもなく見えてしまいます。しっかりと髪の毛をまとめて束ねるだけでも大きく印象が変わります。

ベッタリヘア

家事、仕事その他様々な用事があって、どうしても髪型に時間がかけられないと前髪などがべったりとしたボリュームのない髪型になってしまいます。べったりとした髪型は不潔感を与えてしまいます。

編み込むなどの工夫でボリューム感を出したり、忙しくても髪型が崩れてべったりとしないような工夫を加えると清潔感が出て、人妻として見合った雰囲気を出せるのではないでしょうか。

短すぎるショートヘア

短すぎるショートヘアは女性らしさを大きく欠きます。そのため、人妻としてふさわしくない髪型ともいえます。大人の女性のとても短いショートヘアーは奇抜なスタイルととられてしまいます。

個性的なのはとても素敵なことですが、あまりにも浮いた髪型にしてしまうとどうしてもダサくなってしまいます。年相応だと思う髪型で少し個性を出すような工夫を見つけてみるのがいいかもしれません。

おでこ全開オールバック

おでこ前回オールバックはとても老けた印象を与えます。とても簡単にまとめられて髪型としては作りやすいですが、老けて見え、ダサいと思われてしまいます。

ただオールバックにして後ろでくくるというのはとてもダサく見えてしまいますが、そこに編み込みを入れるなどの工夫をいれることでとてもかわいらしく、若く見えます。

ぱっつん前髪

ぱっつん前髪は若い学生に多く見られる髪型ですが、たとえ、若い学生でもぱっつん前髪は似合う人を選ぶものです。つまり、人妻としてふさわしくない、年相応といえない髪型である上に、似合う似合わないがとてもはっきりするためとても難しい髪型と言えます。

まとめ

5

以上一般的にダサいと思われてしまいがちな髪型を具体的にまとめてみましたがいかがでようか。上記の中でしてしまっている髪型はありませんか?

髪型には年齢によってふさわしいかどうかが大きく変わってくるものです。数年間同じ髪型をしてしまっていると流行に乗り遅れることはもちろんですが、自分の年齢に合った髪型ではなくなってしまいます。

また、奇抜な髪型が特にダサいと思われがちな傾向にあるようです。大人として奇抜な髪型は絶対にやってはいけない髪型だと思います。

そういったことに気を付けて、最大限自分を客観視することによって自分の年齢やキャリア、シチュエーションに上手く合わせた髪型を選んでみてください。

スポンサーリンク