Home / 恋愛 / モテ / ファッション / ダサいと感じられてしまう女性のファッション、髪型、メイクの特徴

ダサいと感じられてしまう女性のファッション、髪型、メイクの特徴

街を歩いていると思わずあの女性ダサいなって思うことはありませんか。たとえば、派手なメイクだったり、地味すぎる服を着ていたり。人によっておしゃれのセンスは様々ですが、誰にでも共通してダサいと感じてしまうファッションやメイクはあります。

あなたが普段着ている服、メイク、または髪型は本当におしゃれでしょうか?周りの人にダサいと感じられていませんか。自分ではおしゃれだと感じていても、他人からダサいと思われてしまうことはよくあることかもしれません。

しかしながら、たとえば、仲の良い友人がダサい恰好をしてきたとしても、それを指摘することは難しいことかと思います。逆も同じで仲の良い友人からあなたを見たとき、ダサい恰好をしているからと言ってそれを指摘することはないでしょう。

一概に客観的に見るといってもとても難しいことです。本記事ではどのようなファッション、髪型、メイクが一般的にダサいと感じられやすいかにちてご紹介していきます。自分の日頃のファッションをチェックして、ダサいと思われていないかを気をつけてみてみましょう。

スポンサードリンク

1.女性のダサいと思われやすいファッションの特徴

2

何を着ればおしゃれで何を合わせれば、おしゃれになるのかなんてそう簡単にはわからないですよね。今自分が着ている服は周りの人からダサいと感じられていないか心配ですよね。

自分自身の服装を客観的に見て本当にダサくないか考えてみてください。

1.全てが派手

派手な服は目立ちます。目立つことは悪いことではないのですが、全部が全部派手な格好をしてしまうと周りの人からはとてもうっとうしく見え、ほとんどの人にはダサくかんじとられてしまうことでしょう。

派手な服が好きなのは悪いことではありませんが、全てに派手なものを取り入れるのではなく、靴や手袋のようなワンポイントに取り入れてみてはいかがでしょうか?

2.毎日同じような服

毎日違う服を着るということはとてもコーディネートに困りますよね。確かに、毎日似たような服を選ぶと毎日悩むことなく、楽にお出かけすることができます。

しかしながら、プライベートや学校など私腹を着ていく場面はたくさんあります。その私腹が毎日似たようなものであると同じ服だけしか持っていないように思われ、とてもダサく感じられてしまいます。

3.同じブランドの服ばかり着ている

ブランドというものは製品にある似たようなの特徴を持たせ、ブランドイメージの統一化をするものです。そのため、先ほども述べましたように同じような服を着ているといった印象を受けてしまいます。

コーディネートにブランド統一感を持たせることはいいかもしれませんが、毎日同じブランドの服を着ることは避けたほうが良いかもしれません。

4.サイズがおかしい

ファッションに無頓着な人はサイズ感のあってない服をよく着ていたりするものです。サイズ感のあってない服を着ていることはとてもダサく感じられてしまいます。

服を買うときにはちゃんとフィッティングをして、サイズのあったものを買うようにしましょう。サイズが合っているかあってないか、それだけでも大きな違いですので少し注意してみてはいかがでしょうか。

5.数年前の服を着ている

ファッションの移り変わりはとても早いです。去年流行っていたものが今年になると古く感じられダサい、と思われてしまいます。今頃になって「ゲッツ」などと言っていると古いと思われてしまいますよね。それと同じことなんです。

毎年、その年に流行ったものを選んで買うのが一番無難ですが、流行の薄いものを買うというのも一つの手段です。

6.似合わない服を着る

十人十色というように、人には様々な特徴や性格があります。したがって似合う服があるとすればまたその逆もまた然り。似合わない服も多からずともあるのです。そういった似合わない服を着てしまうとダサいと感じられてしまいます。

顔の形や体型、その他の要因をすべて加味して考えて、流行などをよく調べてから服を選ぶことで似合わない服を着てしまう、といったことはなくなるのではないのでしょうか。

7.下着のラインが出ている

下着のラインが出ている女性は男性の目から見てもとてもダサく感じてしまいます。それ以外にもはしたないなども思われてしまいます。

特に日本では昔から女性はおしとやかで奥ゆかしいものが良いとされてきた文化であることからそういった下着のラインが見えた女性は敬遠されがちになってしまうことでしょう。

8.小物が安っぽい

アクセサリーやお財布が安っぽいものを使っているととてもダサいです。お財布のような必要最低限のものは少しでもいいものを買うほうがいいですが、安いアクセサリーをつけるくらいなら、何もつけないほうがマシです。

9.お洒落な人のマネができていない

世の中にはおしゃれな人がたくさんいます。ファッション雑誌などに目を通すとおしゃれな人はたくさんいます。もちろん、仕事場や町中を歩く人、学校などにもたくさんいることでしょう。

しかしながら、そのおしゃれな人を真似するのは簡単なことではありません。彼女たちは日々おしゃれに見える努力をして、日々研究を重ねています。そのような人たちを真似するというのはかなり高度な技術だとおもいませんか?

簡単に真似をしようとしてできてないといった人がほとんどです。もし真似しているファッションなどがあるならば本当にその服が似合っているのか、またその服がどういった目的でコーディネートされているのかをよく知ってみるべきではないでしょうか。

2.女性のダサいと思われやすい髪型の特徴

3

髪型は女性の第一印象を決める最も大事な部分のひとつではないでしょうか。その大切な部分がダサいとたとえ、他の部分がおしゃれだとしても髪型ひとつでダサいとおもわれてしまいます。

髪型はその人を表しているのではないでしょうか。色から長さ、形、といった多様性を一番多く持っている箇所ではないかと思います。そのため、その人自身がどのように髪型を扱っているかでその人となりが見えてしまうものです。

社会人の女性として、髪型には年齢やTPOに見合ったセットをしなければなりません。しかし、それがどういったものなのかはよくわからないことかと思います。ではどのような髪型がダサいと思われ、非常識に当てはまるのかを考えてみました。

1.ベリーショート

ベリーショートはとても男性らしく見え、とても女性らしいとは思えません。また、日本人女性は海外の女性のように頭の小さな女性は多くはありません。そのため、似合う女性が少なく、日本社会では一般化されていません。

そのため、少数派であることからダサいと思われてしまうのかもしれません。

2.刈り上げ

刈り上げもまた、男性的であり、女性には似合うとされているものではないためにダサいと思われてしまいがちです。

3.ツインテール

ツインテールには似合う年齢層が限られています。小学生低学年までの幼い女の子に似合うとされているものです。大人の女性がツインテールをすると一般的に「痛い」と思われ、とてもダサい髪型となってしまいます。

4.耳より低い位置での一本縛り

耳より下での一本縛りは実年齢よりとても老けて見えてしまいます。おしゃれしている感はとても薄く、無造作な髪型ととらわれてしまいます。三つ編みやおしゃれなゴムやピンを使うなど少し工夫を加えることで大きく違って見えます。

3.女性のダサいと思われやすいメイクの特徴

4

顔は自分自身のすべてを表すといっても過言ではありません。そのため、メイク一つでも自分のとらわれ方というものが大きく変わってきます。ダサいメイクが顔の一部分を含まれていると自分自身全体がダサいと思われてしまうかもしれません。

特に現代ではナチュラルメイクが流行っています。しかし、同時にカラーコンタクトといったナチュラルとは程遠い存在のメイクアップアイテムも流行っています。

ナチュラルであるのがいいのか、それとも濃くメイクしたほうが良いのか、意見は人それぞれ様々にあるとは思いますが、今回は大人の社会人の女性として恥ずかしくない、ダサくないメイクにするためにどういう点に注意すればよいのかということで考えてみました。

1.濃すぎるアイライン

人と話すときに一番注目するのは目です。その目、周辺であるアイラインが濃いととても圧迫感をあたえ、化粧が濃いという印象を与えてしまいます。そして、化粧が濃いとダサいと思われてしまいます。

アイラインはできるだけ薄く引き、ナチュラルメイクであるという印象を与えるとさわやかでかわいらしく思われることでしょう。

2.目の下に白いライン

先ほども述べたように、目には印象を大きく与える力があります。そのため、目の下に白いラインを引くと人間の顔としてとても不自然に見え、人によっては不気味に感じるといったこともあります。

3.真っ白なハイライト

真っ白なメイクをしてしまうと、とても不気味に感じ取られてしまいます。真っ白なハイライトは顔から浮いてしまい、とても不自然に目立ちます。そのため、化粧が濃い、または不自然だと感じる人が多いのではないでしょうか。

自分の顔に自信のない人ほど濃い化粧にする傾向が強いのではないでしょうか。人それぞれには顔に限らずいい部分というのはたくさんあります。もっと自信をもってメイクをすることで濃すぎるといったメイクを防げるのではないでしょうか。

4.二重つけまつげ

二重つけまつげと同等のまつげを持つ人はこの世にはいません。そのため、二重まつげはとても不自然に見えます。ギャルのようなイメージを与えてしまうため、大人の女性としてしてはいけないメイクの一つかもしれません。

5.カラーコンタクト

カラーコンタクトはいわば瞳の化粧ともいえるのではないでしょうか。「目は口程に物を言う」ということわざがあるほど目で訴える情報というものはたくさんあります。

その目の中心部分である瞳が不自然であれば、受け取る側の人がとても不気味に感じてしまい、本来受け取る情報がより少なくなってしまうのではないでしょうか。つまり、アイコンタクトができなくなるということです。

6.細い眉毛

確かに細い眉毛は数年前までは流行っていたものですが、今はナチュラルメイクが主流であり、今では古くてダサいものとされています。また、細い眉毛には圧力があり、ヤンキーのような印象を持ってしまう方もおられます。

今は太めの眉毛が流行り、ナチュラルメイクをしている方が芸能人の中でも多いように感じます。細い眉毛より、お手本にしやすいモデルが多いので彼女たちを参考にしてみてはいかがでしょうか。

まとめ

5

以上読んでみて、自分のダサいところは発見できたでしょうか。もし当てはまる箇所があれば少し考え直してみるといいかもしれません。

また、流行というものは移り変わっていくものです。今ではおしゃれとされているものがいつダサいといったことになってしまうのか、また逆にダサいとされているものがおしゃれとされる時代が来るかもしれません。

ダサいと思われないようにする一番大事なことは上記のことを参考にするのもよいですが、最新の情報をこまめにチェックし、それを実践していくということが重要です。

そういったことはとても大変ではありますが、一人の立派な女性としてダサいと思われないように努力することもまた自立といった面のひとつではないでしょうか。そうするといつしか、おしゃれな女性だと認識されるかもしれません。

スポンサーリンク