Home / カップル / 恋愛不器用さが魅力~男子校出身者を落とすポイント3選

恋愛不器用さが魅力~男子校出身者を落とすポイント3選

男子校出身者は思春期の時期を男子ばかりで過ごしているため、普通に女子と接したり話したりする機会が少なく、彼女が出来ても緊張したり構えたりしてしまうケース、案外多いんです。そのため、けっこうなイケメンなのに、恋愛に対してうぶで奥手な人がいることも多く、女子たちを戸惑わせることもあるのです。

でも、イケメンなのに女性や恋愛に不慣れ、といったところも魅力の一つでしょう。

ここでは、男子校出身者に的を絞って、そんな彼らの恋愛事情や攻略法をチェックしたいと思います!

スポンサードリンク

男子校出身者の特徴は?

中学までは男女共学で、高校から男子校というケース。結構多いと思いますが、一番異性と接点を持ちたいと願うこの15歳から18歳の時期に、男子ばかりで過ごすと、どうしても女子に対して不慣れになってしまいます。

ましてや、小学校・中学から男子校に通っていた場合、思春期の最初から最後まで女子との接点がなく一度も同世代の女子と親しく接したことがないというケースも決して珍しくはありません。

積極的な性格の男子やよっぽど自分に自信のある場合は別として、学校でも遊びに行くときも男同士になる率が高く、同世代の女子とあまり接点が持てないまま大人になるケースは案外多いのです。

ではそんな男子高出身者には、どんな特徴があるのでしょう?今からそれを見ていきましょう。

草食系と肉食系に二分化って本当?

男子高出身者は、草食系と肉食系に二分化するっていうデータがあるのですが、本当でしょうか?

実際は、ほんの一部の自分に自信のある自称イケイケ男子が、肉食系となり、残りの大多数は女子との接点が少なく不慣れな男子になってしまい、結果草食男子、もしくは肉食なのだけれど一歩が踏み出せず、肉食になりきれない隠れ肉食の草食男子が増えることになります。

自称イケイケの積極的な性質の男子は、男子校時代から女子高とのコンパやパーティ、学園祭などにアクティブに参加し、女子との接点を持って共学校の男子よりも高い経験値を積んでいきます。それは学校の中には女子がいないという事態が反動となり、より積極的に女子を求める結果となるからです。

結果、積極派と消極派の差が開き、二極分化するという現象が見られるのです。

男同士の絆を大切にする

男同士の絆を大切にする、という特徴も男子校出身者には見られます。運動部でなくとも、様々なクラブ活動や学校以外での遊びやつながりのなかで、男同士の友情をはぐくみ、絆を尊重するというタイプです。彼女が出来ても、友達の方を優先して彼女に「どっちと付き合っている訳?」などと、文句を言われるケースはこのタイプです。

思春期という一番多感な時期に、交わされた友情や先輩や後輩とのつながりは、その後も貴重なものとして続いて行くのです。

女性に理想を抱きがち

女性に理想を抱きがち、というのも男子校出身者の特徴と言えるでしょう。これは、女子に非常に興味を持ち、接したいと願いながらも実際にはほとんどの男子には異性との接点が少ない分、頭の中であれこれと想像をしているからです。家族に、姉や妹などがいれば多少違ってくるのですが、「一人っ子もしくは男兄弟+男子校=女性を理想化する」、という図式が成り立ちます。

女性というものは、こうだろうか?きっとそうに違いない!という想像と願望がミックスされて、自分の頭の中で理想化してしまっているため、彼女のしぐさや言動に、ちょっとしたことで驚いたり、幻滅したりしてしまう、というケースが見られます。要するに、女性に対する免疫が出来ていないのです。

良くも悪くも素直

異性に対し、免疫が付いていない訳ですから、恋愛にも不慣れな分、良くも悪くも素直だと言えます。 ちょっとしたガサツな女子のしぐさや言葉遣いに大きく幻滅したりもしますが、恋愛そのものが未知の世界であるケースが多く、ちょっとしたことで喜んだり盛り上がったりしてくれるという、良さもあるのです。

男子校出身者と付き合うメリットは?

では、男子校出身者と付き合うメリットにはどういった点が挙げられるでしょうか。

恋愛に不慣れだとか奥手だとか、ネガティブな要素しか見えてこないっていう人もいるかもしれません。ところが、これが意外にもたくさん素晴らしい点が見つかるのです。

是非確認してみてください。

反応が新鮮

男子校出身者の恋愛に不慣れであるところや、女子に対する奥手感、リードしてくれないというのが欠点と思いがちですが、実は裏を返すとそのまま長所なんですよね。

例えば、恋愛の経験値が低い分、何に対しても反応が新鮮。ちょっとしたことで、喜んだり驚いたりしてくれ、女子の方の恋愛経験値がそれほどでなくても、余裕をもって付き合えるんですね。相手にとっては初めてのことだらけ。彼にとって、生涯忘れられない女性になる事間違いなしでしょう。

イベントを大事にしてくれる

彼にとっては初めてのことが多いため、誕生日やクリスマスといったイベントやデートスポット選びにも、気合が入ります。

自分の誕生日やバレンタインデーには、彼女が用意してくれたプレゼントやシチュエーションに、大きく反応して喜んでくれるでしょう。それぞれのバースデー、記念日、バレンタインデーやホワイトデー、クリスマスなど、今まで頭の中で想像してきたことが目の前にあり、男子校出身者の中では大きく盛り上がります。

恋愛に真面目

女子との付き合いはおろか、まともに軽いコミュニケーションすらしたことがない、という男子も男子校出身者には多いのです。家族やバイト先に同年代の女性がいて、それなりに軽口をたたいて接する機会があった人はともかく、そういうケースはそれほど多くはありません。

当然、女子とじっくり話したり、冗談を言い合ったりはもちろん、女性と二人きりで食事をしたり、手をつないだり、キスをしたことがないまま社会人になっているケースは少なくありません。ですから、皆初めてのことが多く余裕もない分、恋愛や付き合い自体に真摯に取り組み真面目であるという長所があるのです。

イケメンでも自覚がない

男子校出身者のなかには、これはモテるだろうなと思うようなかなりのイケメンが手つかずに残っているケースがあります。

絶対彼女いるよね、と諦めていたら実は不器用で今まで彼女と付き合ったことがないって聞いてびっくりしたりすることって、ありますよね。男子校で、体育会系のクラブで頑張っていたりすると、チヤホヤされることもなく女子から熱い視線を送られている対象であるという自覚もないまま、時を過ごしてしまいます。

その後、まわりからの反応で意外と自分はイケメンであるという自覚を持ったとしても、その実戦経験の少なさからなかなか自分から行動を起こせず、結果としてイケメンなのに彼女がいないという状態が続いたりします。カッコイイのに反応も新鮮で、女子としてはゆとりを持って臨める絶好の彼氏になる可能性を秘めているのです。

男子校出身者を落とすポイント3選

ではここからは、そんな男子校出身者のアプローチの仕方や攻略法について見ていきます。女子の方が不器用な彼を包んであげるように、大人に育てるようなおおらかな気持ちで接してくださいね。ちょっと恋愛に奥手な、でも真面目で夢見る男子校出身のタイプを逆手にとって、魅力的な彼を攻略しちゃいましょう。

1.逆にリードしてあげよう

ちゃんとしたデートなど、実は初めてだという彼。本当はリードしてほしいという女心はちょっと横に置いておいて、ナイーブな彼をそっとリードしてあげましょう。デートの場所の提案や雰囲気、話題づくりもゆとりある女子の方が積極的に用意するのが良いでしょう。

しかし、ここで肝心なのは、彼女がリードしているというのを極力見せず、いかにも一緒に決めているように持っていくことです。経験がない分だけ、それをコンプレックスに思う傾向もあり、そんな彼のプライドを傷つけないことが大切です。最初のイベントは、意表をつかず、オーソドックスな展開にもっていき、彼の頭の中の、案外とベタな空想を満たしてあげましょう。

2.自信をつけてあげよう

経験がないのだから、自信が持てないのも言わば当たり前です。男らしく振舞い彼女をリードしたいという気持ちはあっても、なかなかそうも行かず、ぎこちないままです。

そんな彼がしてくれることや言ったことを最初はあまり否定せず、少し大げさに喜んだり、反応したりして彼に自信をつけてあげましょう。彼女が喜んでくれる反応をみて徐々に自信が付き、慣れてくるものです。

3.優しく見守ってあげよう

経験値が低い彼は、デートの時もなかなか積極的にアプローチできません。頭の中ではああしたい、こうしたいという思いで溢れているのに、それを口に出して行動に移すことが出来ないのです。拒否されたらどうしようという不安も伴っていますので、そんな彼が行動を起こし易いように、彼女の方がお膳立てを用意してください。

たとえば、なかなか手も繋いでこない彼に「手をつないでもいい?」と可愛く甘えてみるとか、もしくは何も言わずに彼の手に自分の手を絡める。また、隣に座っている時ちょっともたれかかってみるとか。そんな彼女のスキンシップを通じて自信の無い彼も大きく勇気づけられるのです。

実は彼女にコントロールされ誘導されているのですが、そこまで理解する余裕ははじめはありません。そんな彼を頼りないとは思わずに、優しく見守ってあげましょう。

男子校出身者と付き合うことで気を付けるべきこと

次に、男子校出身者と付き合う上で、どういった点に注意すればよいのか見ていきたいと思います。

彼らが異性や恋愛に接してこなかった分頭でっかちになり、女性を理想化しすぎている傾向にあります。そんな彼とのデートや日常で気をつけるべきポイントがいくつかあります。

理想を壊しすぎない

男子校出身で、家に姉や妹もいない。バイト先でも同年代の女子と接したことがないと、「女子のリアル」を知らないまま社会人になっているケースも少なくありません。自分の頭の中で想像している時間が長ければ長いほど、女性を理想化しているパターンが見られます。実体験がないので、恋愛ドラマやアニメと自分の理想や願望がミックスされてしまっています。

初めて付き合った彼女がちょっと男っぽい言葉遣いやしぐさを見せただけで、驚いたり幻滅したりすることがあります。付き合って行く中で女子の現実を知ることになるとは思いますが、最初彼の空想や理想をいっぺんに壊さないように気をつけましょう。

女らしさを見せる

異性へのあこがれは、自分がないものへのあこがれと言ってもいいかも知れません。特に女性と接した経験が少ない男子にとって、女というのは未知そのものです。未知でありながら、ああに違いない、こうに違いないと、女性らしさをもオーバーに考える傾向がありますが、逆にそれも利用して、存分に女性らしさをアピールし、彼の願望や空想を満たしてあげましょう。

焦らず一歩ずつ

恋愛経験がほとんどない彼の場合、スマートなデートをしたいと思ってもどうしてもぎこちなくなって思い通りには行きません。

かといって、男子のプライドも有り、あからさまに女性にリードされている自分というのも、あまり居心地のいいものではないのです。リードされているという事を感じさせないような、でも実は計算された助け船をタイミングよく出すことによって、だんだんと慣れて自然に振舞えるようになるものです。

焦らずに一歩ずつ、2人の距離を縮めて彼女が自分に甘えてくれたら、徐々に自信もつきリードしてくれるようにもなるはずです。

まとめ

男子校出身者の彼氏って、こう考えてみると意外とメリットありますよね。恋愛に奥手で不器用だからこそ、こちらがゆとりをもって付き合うことも出来るし、そっとリードをしながら、自分の思い通りの展開に持っていくことも可能です。

手をつないだこともない、もちろんキスも初めてという彼を、敬遠しないで、むしろ育てるくらいの心のゆとりをもって付き合ってみてください。付き合い自体がいつか終わったとしても、きっと彼にとって生涯忘れられない女性になるんじゃないでしょうか?


スポンサーリンク

Check Also

デートを重ねても告白してこない人の心理とその対処法

気になっている男性と仲良くなっ …