Home / 恋愛 / 恋愛相談・心理 / 彼氏に抱きしめて欲しい気持ちを察してもらうためのコツ10選

彼氏に抱きしめて欲しい気持ちを察してもらうためのコツ10選

彼氏にぎゅっと抱きしめて欲しいときがある…でもそこで言い出すのは恥ずかしいなあ…と思われている方々はいませんか?確かに彼氏に思っていることをきちんと伝えることができればよいのですが、女性の方からストレートに抱きしめてとはなかなか言い出しにくいことも多いでしょう。かと言って、自分から彼氏を抱きしめるのも勇気がいるはずです。

できれば男性の方からその気持ちを察して欲しいですよね。しかし、彼氏にしてみれば、それはなかなか気づかないものかもしれません。

よって、ここでは彼氏に抱きしめて欲しい気持ちを察してもらうために、そのコツ10選をご紹介します。

スポンサードリンク

目次

  1. 遠まわしに伝えること
  2. 察してもらうための行動
  3. 特定の条件を利用する

遠まわしに伝えること

彼氏に抱きしめて欲しいとき、ストレートに伝えるのが苦手ならば、遠まわしに伝えてみるのはどうでしょうか?あまりにもまわりくどく言うのも変なので、彼氏と目を合わせながらさらっと言ってみるのがいいでしょう。そうすると彼氏も気づいてくれるかもしれません。もちろん、場合によっては演技する必要もあることでしょう。

それでは具体的に言う内容を、ちょっとした注意点を付け加えながら見ていきましょう。

1.寂しいことを言う

元気がない素振りを見せて、寂しいことや悲しいことを彼氏に言ってみるのはどうでしょうか?もちろん、抱きしめてくれないので本当に寂しいと思っているのならば、ありのままの気持ちを伝える方がよさそうです。そうすると、真意を察した彼氏が優しく抱きしめてくれるかもしれません。

場合によっては、涙まで見せることもよいと考えられますが、彼氏を逆に心配させてしまいそうなので、気をつけたいところですね。

2.愚痴や願望を口にする

たとえば、友達が彼氏と仲睦まじいことを溜息交じりで話したり、芸能人のカップルがうらやましいなど、言い方は悪いですが彼氏を挑発することも有効かもしれません。そうすると、対抗心を燃やした彼氏がそれを察して、ぎゅっと抱きしめてくれることが想像できそうです。プイっとちょっと可愛く拗ねてみるのも効果的でしょう。

しかしこれは使いどころが難しく、場合によっては喧嘩の元になることもあり、察してもらうために彼氏の性格や状況を考えて伝えるべきでしょう。

3.笑顔で褒める

彼氏の長所などポジティブな内容を、笑顔をキープしつつ彼氏と目を合わせて褒めてあげるのはどうでしょうか?笑顔の彼女を嫌がる彼氏はなかなかいないはずなので、突然笑顔で話す彼女には彼氏もドキッとしてしまい、愛おしく感じることでしょう。そして、彼女が抱きしめて欲しいことを察してくれるかもしれません。

ただ、笑顔がぎこちないと彼氏に何かを疑われたりする可能性もあるので、自然な笑顔で話すことを心がけた方がよいでしょう。場合によっては練習した方がよさそうです。

4.愛を語る

愛を語るといっても人それぞれでしょう。飾らずに好きと伝えるのか、自分の彼氏のこういう所を愛しているなどいろいろと言い方はあるはずです。彼女の愛する気持ちを聞くと、彼氏もその気持ちを察して、抱きしめることで返事をしてくれるかもしれません。できれば、景色がきれいな場所などで伝えるとなおよさそうです。

ただ、恥ずかしがって言ってしまうと、うまく察してもらえないかもしれないので、言うのならば恥を捨て覚悟を決めて言った方がよいでしょう。

察してもらうための行動

遠まわしでも口で伝えるのでは、彼氏にうまく察してもらう自信がないならば、行動で抱きしめて欲しい気持ちを察してもらうのはどうでしょうか?ここで大事なのは抱きしめてもらうための雰囲気作りでしょう。何となくやってもなかなか難しいかもしれませんので、できるだけ彼氏に甘えるように行動するのがポイントと言えます。

それでは、具体的にいくつか見ていきましょう。

5.無防備な状態を見せる

無防備と言っても裸になれと言っているわけではなく、隙を見せるということです。たとえば、後姿を見せる、寝ている姿を見せるなどが考えられます。そうすると、男性は守ってあげたい、独占したいという感情が湧きあがると共に彼女の抱きしめて欲しい気持ちもわかってくれそうです。

もちろん、意識して行う必要があるので、チラッと彼氏の顔を見る、さりげなく手を握るなどの工夫が欲しいところです。

6.恋愛ものを見る

恋愛ものの映画やドラマなどを彼氏と一緒に鑑賞するのもよい手ではないでしょうか?特に劇中の恋人同士が盛り上がるシーンなどで、彼氏の顔をじっと見つめるのが察してもらうためのポイントかもしれません。もちろん、彼氏との距離は近い方がよいでしょう。

しかし、彼氏に興味がないストーリーだと効果も半減しそうなので、できるだけ彼氏も興味がある恋愛ものを選びたいものです。

7.寄り添う

これは彼氏もわかりやすいのではないでしょうか?彼女が寄り添ってきたら、抱きしめて欲しいと察するのは容易でしょう。そこで、彼氏の手を握ってあげたりするとなおよさそうです。

しかし、理由もなく女性の方から寄り添っていくのもなかなか難しい場合もあるでしょう。その場合はマッサージをしてあげるなどと言って、寄り添うための口実を作ってしまうのがいいかもしれません。

8.一緒にお酒を飲む

アルコールを摂取すると気分が高揚するので、抱きしめてもらうことを察してもらう雰囲気作りにはよい選択でしょう。しかも、彼女の方からお酒を飲むことを提案するならばなおさらです。できればちょっと高級なお酒を飲むのが雰囲気的にもよいかもしれませんね。

ただ、飲みすぎたりすると雰囲気が台無しになる可能性があるので、ほろ酔いあたりがちょうどいいかもしれません。

特定の条件を利用する

誰にでも、いつでもというわけにはいきませんが、ある特定の条件を利用するという方法も考えられます。要するに、その恋人同士にだけ通用する条件をうまく使って、彼氏に察してもらうのです。彼女側から積極的に動く方法になりますが、やり方によっては即座に察してもらえそうです。

具体的にご紹介します。

9.特別な日を使う

これは、お互い付き合い始めた記念日やクリスマスなどの恋人同士にとって特別な日をうまく使う方法です。二人にとって特別な日ならば、彼氏に甘えるなど積極的によい雰囲気を作ることは容易でしょう。そこで、彼氏が彼女の気持ちを察することも難しくはないはずです。

ただ、その日だけにしか使えないので、それ以外の日はどうしようもないのが欠点です。

10.彼氏特有の抱きしめたくなる条件を満たす

たとえば、彼氏に手料理を作ってあげた、がんばっている彼氏にプレゼントをあげたなどの行動で、彼氏に抱きしめられた経験があるならば、もう一度それを実行して彼氏に察してもらうのです。つまり、彼氏特有の抱きしめたくなる条件を満たしてあげることになります。もちろんある程度の期間恋人同士であることが前提ですが、自分の彼氏のことをよく理解しているのならば、この方法もかなり有効でしょう。大げさかもしれませんが、できれば彼氏が条件反射的に抱きしめてくれるようなことを探すのがポイントと言えそうです。

ただ、自分の彼氏のことがいまだによく理解できていない場合や抱きしめてくれるような条件が見当たらない場合、この方法を使うのは無理そうですね。

まとめ

彼氏に抱きしめて欲しいとき、それを直接伝えるのに躊躇しているのならば、上記の方法を試してみるのはどうでしょうか?彼氏自身も彼女を抱きしめたいという気持ちは持ち続けているはずなので、あきらめず彼氏に自分から何かアクションを起こすことをおすすめします。そして、察した彼氏から優しくぎゅっと抱きしめてもらえたならば、この上もない幸せでしょう。

彼氏と目を合わせただけで、彼氏から自分の抱きしめて欲しい気持ちを察してもらえる…そんな恋人関係になりたいですね。

スポンサーリンク