Home / ダイエット / 今流行りのダイエットシェイクを解説!

今流行りのダイエットシェイクを解説!

食事制限や運動+補助食品などの古典的な方法が根強い人気を誇る一方で、毎年新しい方法が編み出されるダイエット。

そのダイエットの分野で今注目を集めているのが「ダイエットシェイク」を毎日のライフスタイルに取り入れたダイエット方法です。

そこで従来のダイエット方法にはない「ダイエットシェイク」ならではの独自のメリットといった点からも新たに取り組む人も増えつつあるこの「ダイエットシェイク」を活用した、忙しい毎日のライフスタイルにぴったりのダイエット方法をご紹介します。

スポンサードリンク

ダイエットシェイクって何?

最近ダイエット方法の1つとして話題になっている「ダイエットシェイク」。

でも一口に「シェイク」と言われても、今ひとつどんなものかピン! とこないという人も多いのでは。

そこで一般に「ダイエットシェイク」とされている痩身用飲料の1つである「ダイエットシェイク」の定義や、どういったポイントがウケている秘密かをまずはご紹介します。

アスリートだけじゃない!薬局や通信販売で話題

TVでの健康番組やCM、あるいは雑誌の広告などで目にする機会も増えたダイエットシェイク。

実際のドラッグストアの店頭や健康関係のネットショップなどでもその取り扱いが増えてきています。

一昔前までは、栄養補助食品としてのシェイクと言えば、アスリートなどの日常的にフィジカルを気にする人たちが多くライフスタイルに採り入れているもの、といった認識でしたが、今では、自分の体重コントロールを考える男女・年齢を問わない全ての人たちから支持される栄養補助食品の1つとなっています。

ダイエットシェイクの中身はプロテインが中心

ダイエットといっても身体的な活動に必要な栄養素までカットしていては、仕事などに弊害が出るばかりか、「肌がカサつく」「小ジワが増える」といった美肌キープに赤信号が点灯することも。

そういったダイエットに伴う健康や美肌リスクを避けるためには上質なたんぱく質をきちんととることが欠かせません。

その点、ダイエットシェイクの中身はプロテインが中心となっており、安心。

さらに料理などでたんぱく質をとる際についでに過剰摂取しがちな油分などの心配もありません!

他のダイエットドリンクとの違いとは

ダイエットシェイクの多くが免疫機能を補助し、生物学的に健康の身体を保つのに必要とされる食品栄養素を多くカバーするような成分を配合しています。

さらに身体への余分な脂肪の新たな蓄積を防ぐ一方で、既に身体についている脂肪を減らす作用が優れていることを意味します。

これは食物繊維だけで単に膨満感を増やし、空腹感を抑える事で『暴飲暴食を防ぐ」→「ダイエット効果を狙う」といった従来のダイエットドリンクとは違い、身体の中から健やかさを実現するのに必要な効果をダイエットと共に可能とするダイエットシェイクならではのこうしたW効果が現在の「ダイエットシェイクブーム」の大きな要因の1つです。

置き換えダイエットはホントに便利!

ダイエットの基本は現在の摂取カロリーをより低くすること。

例えば、ファミレスメニューで人気のチーズ入りハンバーグ。

女性でもぺろりと食べられてしまう美味しさが人気の秘密とはいえ、カロリーはなんと約750キロカロリー。

和食メニューなら、と思っても焼き魚定食やえびてんぷらそばでも同じく約750キロカロリー前後となってしまいます。

まして居酒屋での楽しい飲み会などで、ちょっとアレコレつまんでみたりすると「卵焼き」+「おでん盛り合わせ」+「お茶漬け」だけで軽く800キロカロリーのオーバー!

これが揚げ物中心のおつまみだったり、さらに飲み物のカロリーも含めたらと思うとゾッとしますよね?

そんな時に強い味方になってくれるのがダイエットシェイクが叶えてくれる「置き換えダイエット」。

「今夜は飲み会だし」「今日のランチは皆と一緒に外に食べに行く予定だから」とあらかじめ予定が分かっている時には、その日の朝食や夕食などの1食分をダイエットシェイクによる置き換えダイエットにして1日単位の総摂取カロリーをダウンすることが容易になります!

ダイエットシェイクの見逃せないメリットとは

①バランスよく栄養がとれる

ダイエット中の問題の1つとして、特定の食材のみを食べたり飲んだりする傾向が強くなり、全体的にみる栄養バランスが崩れがちなことが挙げられます。

そうした点から考えると「ダイエットシェイク」の多くが、ミネラルや食物繊維、ビタミンなどの特に毎日の普通の食事では不足しがちな栄養素を補ってくれる成分を含んでいるのはその手軽さからも大きなメリットの1つです。

②置き換えが手軽

自分で朝・昼・夜の食事の時間や量などの配分をコントロールしやすい休日とは違い、仕事や学校のある平日は、いくら「ダイエット、がんばらなきゃ!」と思っていてもなかなかダイエットに的を絞った食事制限が難しいのが現実です。

その点、「ダイエットシェイク」の多くは水や牛乳などと混ぜ合わせればすぐ服用できるという準備に時間も場所も必要なく、身支度であわただしい出勤前の朝食や、残業などで遅く帰った時の夕食と置き換えての服用がとってもカンタン。

さらに「かなり理想体重からオーバーしているから」という人は毎日かかさず1食をダイエットシェイクに置き換える、あるいは夕食をダイエットシェイクに、という方法でダイエットに採り入れる方法での使用が可能。

「そんなに積極的に減量する必要はないけれど、現在の体重をキープしたい」という人には、飲み会や女子会などでちょっとカロリーオーバー、という日の1食を置き換える、または、1週間単位での総摂取カロリーを考えて週末だけダイエットをするという時に使う、などといったそれぞのライフスタイルと理想体重に合わせての採り入れ方も自由自在です。

③味のバリエーションが豊富

ほとんどのダイエットシェイク製造メーカーが、マンネリ化を防ぐためにさまざまな味のバリエーションを用意しています。

1つの食材のみを食べ続ける、といったようなダイエットにありがちな「もう見るのも匂いをかぐのもうんざり」といった苦痛を感じながら続ける必要がダイエットシェイクにはまったくなく、継続しやすい要因の1つとなっています。

ダイエットシェイクを選ぶ際に譲れない基準とは

①ダイエットシェイク、気になるお値段は

ダイエットシェイクの実勢価格は個別パッケージか否か、あるいは1カ月分などのまとまった単位での一括購入が可能かどうかで多少のばらつきはありますが、概ねコンビニやスーパーなどで売られているスムージーなどと同様か、より手軽な価格となっています。

急激過ぎるダイエットで内臓や肌などに負担をかけないよう、じっくり腰を据えてとりくみたいダイエットだからこそ、商品を選ぶ際はそのコスパをよく考えてから選択したいものです。

②美味しさや好み

ダイエットシェイクをあくまでも食事の代替品として考えるか、もしくは食べ過ぎやカロリー摂取オーバーを防ぐための補助食品として考えるかで、どんな味を好むかや求める美味しさも変わって来ます。

食事の代替品と考える向きの場合は、「飽きずに続けられる」ことが第一条件なので、なるべく味のバラエティーが多く、さらに満足感のある美味しさのものを選びたいものです。

それに対して、補助としての役割を多く求める場合は、コーヒーやちょっとしたおやつがわりに採り入れやすい、甘みの強いものなどがおススメです。

おすすめダイエットシェイク5選!

それでは流行の「ダイエットシェイク」の中から、特におススメの5品をご紹介します!

①周囲に気付かれずに「ダイエット」できる! アサヒフード『カフェラテタイプ』

「休日ならともかく、仕事のある平日はどうしてもダイエット食品を採り入れるのが難しくて」というのは、働く女性にとって誰しも思い当たる「ダイエットお悩みあるある」です。

実際問題、置き換えをしようにもオフィスに「いかにもダイエット食品」といったモノを持ちこんで周囲にからかわれたり、変に気を使われたりするのもなんだかイヤな感じ。

そんな時便利なのが食品大手のAsahi系列のアサヒフードが発売している「スリムアップスリム シェイク カフェラテ味」。

見た目は普通のカフェラテながら、コラーゲンに乳酸菌、さらにビタミンやミネラルといったダイエットだけでなく美肌キープにも欠かせない栄養素がたっぷり。

さらにアイスでもホットでもおいしく楽しめるといったお手軽さ。これならデスクでのティーブレイクの際にこっそり「置き換えダイエット」として楽しんでいても周囲にバレて気まずい思いもナシ! 他に「ロイヤルミルクティー味」なども。

②シェイクでもジュレでも! 『スーパーフードジュレ&シェイク』

ダイエットの大敵の1つがマンネリ化による中だるみ。特に最初のうちはドンドン面白いように落ちていた体重の減少が一時的に停滞する時に、そうした飽き飽き感やマンネリ感に襲われやすいものです。

そこで「やーめた」となったら元のもくあみというのはよくよくわかっていても、中々人間『地道な持続」が難しいのはダイエットでも何でも同じこと。

その点、この「スーパーフードジュレ&シェイク」はシェイクとしてはもちろん、デザートに最適なジュレとしても手軽に毎日の食生活に採り入れられるという「マンネリ防止」にぴったりの一品です。

さらになかなか手に入らない希少価値の高いスーパーフードを始め、毎日の食生活に採り入れることが難しい400種類もの素材の栄養素をぎゅっと凝縮。まさにイイトコどりの「ダイエットシェイク」です。

③ダイエット時のもう1つの悩み解決!『オオバコ ダイエット』

ダイエット時の悩みの1つが食事の絶対量が減ることで起こりがちな「便秘」。

そのお通じの悩みを解決してくれると同時に、ダイエット時の満腹感も与えてくれる天然食物繊維のオオバコを100パーセント使用したのがこの『オオバコ ダイエット』です。

食品添加物不使用・無香料のナチュラルさと保水性・膨張性にすぐれた食物繊維オオバコ使用のため、飲んだ時の満腹・満足感はもちろん、お通じの強い味方食物繊維を手軽にライフスタイルに組み込むことができるという優れもの。

牛乳でも水でもさっと溶けて飲みやすいので男性にもおススメです。

④プロティンもしっかり『PILLBOXダイエットシェイク』

結婚式や大事なデート、パーティーや同窓会といったイベントの前に「大至急」ダイエットしたい時ってありますよね。

そんな「短期決戦」ダイエットの時にぴったりなのがこちらの『PILLBOX(ピルボックス) ダイエットシェイク』。

1箱の中にココアや抹茶ミルク、ロイヤルミルクティーといった飲み物系とマンゴー、アサイーといったデザート系の味5タイプが用意されており、その日の気分や食事内容で自由に好みの味をチョイスできます。

さらにプロテインやビタミン、カルシウムやマグネシウム、さらに食物繊維といった普通の食事ではなかなか一気に摂取が難しい栄養素もたっぷり。

ダイエットしたからといって「シワシワ、カサカサになるのはイヤ」と言った我がまま?な悩みにも応えてくれる便利な一品です。

⑤カカオ成分たっぷり『ドクターシーラボ 美禅食 カカオ味』

女性の美力向上に対してさまざまな商品を提供してくれるドクターシーラボから発売されている『ドクターシーラボ 美禅食 カカオ味』。

カカオ風味のもつコクや甘み、ほろ苦さはそのままに、腸内フローラに働きかけることで整腸作用が期待されるカカオプロテインや、活性酸素の働きかけで肌の健やかさを保ち、さらに動脈硬化などを防いで血液サラサラ効果が期待されるカカオポリフェノールなどを多く含んだカカオエキスとカカオパウダーがWで配合されています。

さらに水分を吸収する際の膨張性のおかけで、空腹感を抑え、ダイエットの辛さを軽減してくれるサイリウムも配合。

豆乳もしくは牛乳で作れば、大豆ポリフェノールとの相乗効果も期待できる一品です。

まとめ

ダイエットが長続きするための秘訣はなんといっても「おいしくて」「手軽で」「バランスが良い」ことです。

これにさらに「コスパが良く」「持ち運び便利」「バリエーション豊か」といううれしいメリットが付帯してくるのがご紹介した「ダイエットシェイク」を活用したダイエット方法。

食欲の秋から、どうしても毎日の運動量が減りがちになる冬を控えたこの時期、ぜひこの「ダイエットシェイク」を毎日の生活に上手に採り入れたダイエット方法で理想の「健康美」を実現して下さいね。


スポンサーリンク

Check Also

下腹はなぜ膨らむのか!?原因と、撃退のために継続できるダイエットをご紹介!

下腹はなぜ膨らむのでしょうか。 …