Home / カップル / 長く続くカップルの会話の特徴と会話のコツ

長く続くカップルの会話の特徴と会話のコツ

せっかく大好きなあの人と付き合うことができた…けど、何を話していいのかわからない!そんな人はいませんか?恋人と話をするにしても、あまり淡泊では面白くないし、かといってマシンガントークするのも嫌がられそう…

そこで、長く続いているカップルは普段どんな会話をしているのか探ってみました。これから紹介する会話の特徴やコツを参考にして、恋人との会話を楽しんでくださいね。

スポンサードリンク

長く続くカップルの会話の特徴

まずは長く関係を続けられるカップルの会話の特徴をみてみましょう。あなたと恋人との会話はこれらに当てはまりますか?

無理はしない

恋人であっても相手に気を遣うのは当然のことですが、気を遣いすぎたり相手に合わせすぎたりすると、少し心がきつくなりますよね。

無理をして会話をするのはつらいものです。そうしているうちに心が離れてしまうかもしれません。

そうならないためにも、無理はしないことが大事です。長続きするカップルは、無理はせず、嫌なことは嫌と言ったり、きついときはきついと言います。そしてそれを相手が受け入れてくれることももちろん必要です。

相手に注意できる

恋人に嫌われたくない、と思うのは必ず思うことですね。かといって何か相手に嫌なことがあったり非常識なことがあったとき、あなたは恋人に指摘することができますか?

どうしてもためらわれてしまう「注意」ですが、長く続くカップルはちゃんと相手に注意することができているのです。

相手のことを大切に思うからこそ本気で向き合って注意もできる、素晴らしい信頼関係が築かれている証拠ですね。

尊敬することを忘れない

 

注意できることにも共通しますが、相手を尊敬するということが重要なのです。いくら相手のことが好きでも、ただべたべたしているだけでは何も進展しません。また、注意をするにも文句を言うだけの形になっては相手を傷つけることもあります。

相手のことを尊敬し、相手のことを思いやることが人とお付き合いをする上でベースとなる重要なことなのです。彼氏、彼女という肩書き以上に、1人の人間として相手を尊敬しましょう。

長く続くための会話のコツ

特徴を見てきましたが、今度は会話のコツをお伝えしたいと思います。「やばい…こんなことできてなかったよ」というあなたも、まずは以下のこと実践してみませんか?

きっと少しずつ二人の関係が良好になっていくはずです!

自分の話もするし、相手の話も聞く

相手に自分の話ばかりしたり、逆に自分は何も言わずにただ恋人の話を聞いているだけ…というのはどちらかにストレスが溜まってしまいがちです。

相手にもっとあなた自身のことを知ってもらいましょう。恋人のことをもっと知りましょう。そのためにはお互いが話をすることが大切なのです。

一方通行の会話ではなく、双方向の会話を心がけましょう。

相手の話に共感する

恋人の話を聞くのはとても楽しいですよね。相手のことをもっと知ることができるし、思いや経験を共有することができます。そうやって恋人の話を聞くとき、ついつい批判的に聞いてしまっていませんか?

例えば彼が「今日はこんなことがあって…俺はこう言ったんだけど」と話し始めると「それは言ったらだめでしょー」などと相手を否定しすぎたりしていませんか?それでは相手が悲しい気持ちや寂しい気持ちになりますよね。

楽しく会話したいのなら、相手の話に共感することが大切です。自分の話に相手が共感してくれたら嬉しいですよね。相手がアドバイスを求めているようなときでも、頭ごなしに否定せず、まずは共感するという姿勢を見せるだけでも全然違いますよ。

「ありがとう」を忘れない

どんなに親しい間柄でも感謝の気持ちを忘れてはいけません。相手に何かしてもらったら、きちんと「ありがとう」を伝えましょう。挨拶やお礼は人付き合いの基本です。どんなに長く付き合っているカップルでも必ず「ありがとう」はあります。

たとえば、何か連絡をもらったときに「連絡ありがとう」と言ったり、荷物を持ってもらったときに「ありがとう、もう大丈夫」などと一言「ありがとう」を添えれば、相手もやってよかったという気持ちになります。

そうすることで、相手はもっと何かしてあげよう、ありがとうと言ってもらおうという気にもなります。

家族や恋人同士であっても、感謝を伝えることを恥ずかしがっていてはいけません。「ありがとう」は双方を幸せな気分にしてくれますよね。そのことを忘れずにぜひ今からでも実践してみてください。

あなただけでなく、恋人にも知ってもらう

長く続くカップルの会話の特徴や会話のコツを3つずつお伝えしましたが、いかがでしたか?これらのことは、あなただけが知っていてもうまくいかないことが多いということに気付きましたでしょうか。

あなたがいくら相手を尊敬しても、あなたがいくら感謝を伝えても、恋人である相手があなたを尊敬してくれない、感謝の気持ちをもってくれないのでは、あなたに不満が生まれてしまう可能性は十分にあります。

それでは自分で自分を苦しめるようなものですよね。是非恋人と2人でこの記事を読んで、確認しあってください。二人で努力すれば、さらに絆は強くなり、長くお付き合いできるに違いありませんよ!

スポンサーリンク