Home / カップル / 恋人カップルの相性が分かる診断項目14選

恋人カップルの相性が分かる診断項目14選

恋人とは、何も言わなくてもわかりあえているし次のデ-トの場所も何気なく言ったら同じ場所だったなどということはありませんか。そのような二人は、ラブラブで相性の良いカップルといえるかも知れませんね。

そのような二人の相性を14の項目でチェックしてみてはどうですか?きっと「私たち相性が良いよね!」と言えるような恋人との結果になることでしょう。

スポンサードリンク

相性が良いか分かるカップルの相性チェック14選

自分では、恋人との相性は抜群だなと思っている方は多いと思います。でもカップルとして実際に相性が良いのかどうかは気になるところですよね。相性の良いカップルかどうかの条件を次のようにまとめていますので、チェックしてみて下さいね。

一緒にいることが自然で無理をしていない

相性の良いカップルであれば、一緒に居ても不安を感じるというようなことはまずないでしょうね。というのも不安を相手に対して感じてしまうというのは、なかなか相手を信用できていないということになってしまいますよね。

不安に感じることがないという場合に付き合っている相手をだんだんと信用できるようになったという場合もありますが、そうではなく最初から相手を信用することができたという方も多いのではないでしょうか。

相性の良いカップルであれば、相手を付き合い始めてすぐに信用できたという場合もあり、それは本能的なことなのかも知れませんよ。付き合いはじめた時にこの人となら大丈夫だと思えるような相手をみつけられたということもあるでしょうね。

普通であれば、一緒に居られないような時間があると些細なことでもやきもちをつい妬いてしまいますが、相手を信用しているカップルの場合には不安を感じないものなのです。

時間をおける期間を設けられる

相性のいいカップルでは、べったりとお互いが依存するという関係にはならないようですね。お互いに少し距離を置いて冷静に見つめることもできるし相手のことを観察しようとする距離感もあるんですね。

それは、やはりお互いの信頼感があるからでしょう。そしてお互いの意見を尊重することができるし、例え意見が合わなくても相手に対して一歩譲れるという心の余裕があるのです。例えしばらく会えなくても必要以上に相手に対して気を遣って疲れるということもないのが特徴ですね。

良い気持ちも悪い気持ちも伝えられる

何かを決める時に話し合いをして決めることができるのが、相性の良いカップルでしょうね。相手に対する良い面も悪い面も気軽に話し合うことができるし、お互いの意見を出し合って物事を決められるということです。

反対に相性が悪いカップルというのは、お互いの話し合いがうまくできずに喧嘩をしたり、どちらか一方の意見だけを優先してしまったりするのです。もともと基本的な行動として話し合いをして物事を決めるというのは、普通のことですよね。でも案外カップルで話し合いをする場合に実はうまくいかないということも多いのではないですか。

それには、お互いに自分の意見を譲らない性格だったりすると話し合いもうまく成立しませんし、喧嘩になって揉めることでしょう。そして結局、物事をどちらかが折れて決めることになったりしています。相手に対して遠慮がなく何でも言えるのは、相手を信頼しているし尊敬しているからこそできることなのです。

心から笑える

本当に相性の良いカップルであれば、解放的になれるので驚くほど素直になれますね。そして何かを言ったり行動したりして、ちょっとした面白いことやうれしいことがあると心から笑えたり笑顔になれるのです。これは、ラブラブで相性の良い方でないと味わったことのない感覚でしょうね。

そのような相性の良い人をみつけるためにたくさんの人との出逢いの機会をつくって良いと思える人を探すというのも一つの方法ですね。
現在そのような相性の良い相手をすでに見つけているよというのであれば、付き合っていて不安も感じないし心から素直になれているのでしょう。そのような相手がいるのであればこの項目には、チェックを入れてくださいね。

おばかなこともできる

どちらかが、ちょっとばかげたことをしたり間違いを犯したとしてもきっと相性の良いカップルであれば、パニックになったり過度に怒るということはないでしょうね。2人の絆は、そんな少しの衝撃で壊れないほど強く成長しているのです。そして二人には似ているところがあるので、バカな間違いも安心してできるのです。

家族に紹介できる

親に恋人を合わせるということも抵抗なくでき、相手の親とも自然体でいられる状態だと結婚へのゴ-ルも近いかな!相手の家でもまるで自分の家のように過ごせるし、ほっとできるのであれば、かなり相性がいいですよね。

しかも相手の親とずっと一緒に過ごしていたわけでは、もちろんないのに居心地がなぜだかいいし緊張感がないというのであれば相性の良さは、間違いなしですね。

離れている時も不安を感じない

たとえ恋人にしばらくの間、会えなかったりまた連絡がなかったりという場合でもあまり不安にも思わないし、二人の関係が壊れるというような心配もしないという関係ですね。

きっと話し合ってしばらく離れるけどという事前の連絡は、しっかりととれているのでしょうね。そのようなことがあるのでお互いに安心できるし、相手の行動に対しても信頼しているのです。二人で物事をしっかりと決められるカップルというのは、相性が良い証拠ですね。

無言の時間も気まずい空気が流れない

たとえ仲の良いカップルでも二人でいる時に無言の時間というのは、気まずいと感じてしまうでしょう。でも相性の良いカップルの場合には、はなしは別でたとえ無言の時間が多少あっても気まずいという空気感はないのです。

それは、相性が良いからこそのことで気まずさを無言でも感じないのです。一般的に相手への遠慮があると無言になった時に気まずい気持ちになるものです。そして相手にだまっているとどう思われるかなと気になりますよね。さらにあなた自身も無言の時間をどうにかしなくてはと焦る気持ちになります。

そのようなことでは、一緒にいる時間はいつも相手に対して無理をしていないといけないということになりかねません。そして一緒にいても無理をしているので、自然体ではいられませんしね。でも相性の本当に良いカップルでは、無言でいるという時間も気になりませんし、いつも自然体でいられるのです。

お互いの大切なことをそれぞれ大切にできる

デートをお互いに楽しみたいという気持ちがありますので、自分の言動でデートが台無しになるようなことはまずしません。お互いに相手が満足できるようにすることの大切さなどを分かっているからです。お互いへの配慮があれば、喧嘩になるというようなことはきっとないでしょう。

それだけお互いのことを思いやることができているので、どちらか一方だけというのではなく二人ともが相手に対してそう思えるということが相性が良い証拠ですよね。

相手のことを知りたい

理屈ではないのですが心地よさを相手から感じるのは、何か共通することがあるからではないのでしょうか。よくある知らない場所のはずなのに、前からずっとそこにいたのではないかと思えるような感覚を持つ場所がありますよね。

そしてなぜか居心地がいいと感じるし、心が安らぐというあの感覚です。それを互いが相手と過ごしている時に感じるのであれば、好相性といえることなのです。そしてなぜこんなにも安らげるのかとお互いのことに対しても興味を持ちますので、相手の事をもっと知りたいと思うのではないですか。

このようなカップルの場合には、お互いに不安に感じるということは少ないので当然喧嘩になるというようなこともないでしょうね。信頼関係が何もしなくても成り立つというのは、相性の良いカップルの証拠です。

物事に対するスタンスが似ている

育ってきた環境がまったく違うはずなのに、考え方や行動が似ているという場合には、きっと相性がいいんですよ。特に生活習慣が似ているとさらに好相性でしょうね。

たとえ習慣が違っていても考え方が似ているのであれば、なおさら希少性が高いというものです。たとえば自分と同じような食べ方をするなとかそのようなことだけでも一体感を覚えるものですからね。

そして食べ物でもそれを好きだと相手が言ったものを試してみたくなるというのでしたら、もうお気に入りということです。恋をしている場合によくあることなのですが、自分の中に理屈抜きで相手の好みを取り入れるということなのです。

そして一緒にいて考え方も似ているので居心地がよくて疲れないという状態になります。お互いに共感し合えるという部分があることは、メンタル面でもいい影響となりますよ。良い状態にメンタルが保たれるということは、会った時にもきっといいことが起き始めることでしょう。目で見ても相性の良さがわかるといえる状態ですね。

生活時間帯が近い

住んでいる場所が近いと生活時間帯も近くなります。人間の心理にこのような条件は影響を受けやすいとも言われています。物理的に近くにいる人ほど、人というのは好きになりやすいという性質があるのだそうです。単純接触の効果と言うそうですが、心理学では一般的なことで顔を合わせることの機会が多いとか、自然と会う機会が多いほど好意を持ってしまうのです。

よく職場や学校などで近くにいる席の異性を好きになるということは非常に多いですよね。男女の恋愛心理は、交際に適した環境にいることでうまくいくということが案外多いのですね。このような場合には、長期間継続して付き合ってもうまく行くということです。

恋愛対象として身体的特徴である外見的な相手の顔やスタイル、体型、容姿やルックスなどは、そこまで重要視するものではないのだそうです。そのようなことよりもお互いにどれだけ関わり合いを深くできるかで相性も左右されるようですよ。

美味しいものを二人とも美味しいと感じる

生活していく中で大切なことは、食の好みが似ているというです。というのも食事をする機会は、平均的に1日に3回もあるのですからね。美味しいものを二人ともが同じように美味しいと感じるこのことは、重要なことです。

食事の好みが合っているというのは、カップルが付き合っていく中でもやはり大切なことで、相性の良いカップルというのは食の好みも似てくるものなのです。もともと最初から食の好みがお互いに似ているというカップルももちろんいるでしょう。

でも相手に付き合っていくなかで影響を受け、好みが似てくるというカップルも多いのです。カップルとしてどちらにせよ食事の好みが似ていると言うのは、相性が良い証拠です。

どうしても食の好みが違うと、食事をする機会でも意見が合わないので気まずくなります。そしてデートで行く場合でも行きたいお店が全然違うとか食事をしてもその後の感想が全く合わないと相性がいまいちだなとどうしても思ってしまいますよね。

食事の好みが似ていると行ってみたいと話題に上がるお店も同じだったり、食事をした後でも感想もよく似ていて、自然に会話が盛り上がり自ずと気が合うなと実感できますよね。そしてこのようなことは、カップルとしてだけでなく、もし結婚しても食の好みが一緒の場合には、食生活も毎日が楽しくなるでしょう。

手をつなぐと嬉しい

イチャイチャいつまでもできるカップルというのは、結婚してからも長続きするのだそうです。そういうことから考えると手をつないだりボディタッチなどで触れ合うことも大切ですね。

これは、遺伝子的にも体の相性が良いということなのだそうで肌が合っているという可能性が高いのです。だから触れ合うことで喜びを感じられるというのは、相手との相性がいいということですね。

こういうカップルでは、無言でもラブラブで以心伝心の世界が成り立っているのでしょうね。でもこのような例は、かなりレアなケースですよ。やはりカップルは相手の目をしっかりと見て話すということが大切ですし、そうしないとなかなか分かり合えないということもありますから努力も必要ですね。

まとめ

いかがでしたか。相性の良いカップルの条件に当てはまっていますか。自分たちでは、案外相性の良いカップルだと思っていても、実際には無理をお互いにしていただけというカップルもいるかも知れません。上述した条件に多く当てはまるようであれば、本当にカップルとして相性が良いのかも知れませんよ。

でもなかなかぴったりという相性の良いカップルは、いないのではないでしょうか。いつも喧嘩しているので私たちは、カップルとしては相性が悪いのだと悲観する必要はありません。今相性がいいというカップルでも過去には、いろいろな問題を抱えていた場合もあるものです。そのようなことを二人で乗り越えた結果として、今は相性の良いカップルになっているということもありますよ。

今はまだ相性がいいとは言えないなという二人であっても大事な場面などでは、真剣に話し合って行動してみてください。きっと素敵なカップルになっていきますよ。


スポンサーリンク

Check Also

都内に住むカップルにオススメの日帰り旅行スポット集

日頃はバリバリ仕事をして、週末 …