Home / 美容・健康 / 美肌 / 意外に知らないコンシーラーを使う順番と使い方

意外に知らないコンシーラーを使う順番と使い方

b8e90701ec353e98e4bca40800fae3b9_s

目の下のクマやニキビなど、気になる部分をピンポイントで隠してくれるコンシーラーは、きれいなベースメイク作りに欠かせない頼れるアイテムですよね。

肌の気になる部分を隠して、肌を均一に見せてくれるコンシーラーですが、意外と正しい使い方やどのタイミングで塗るかを知らないという人も多いのではないでしょうか?

いつも使っているコンシーラーを正しい順番通りに使うだけで、もっと自然に気になる部分をきれいにカバーできるんです。今回は意外に知らないコンシーラーを使う順番と、クマやシミなど気になる部分ごとの正しい使い方をご紹介します。コンシーラーを使いこなして、肌をさらにきれいにトラブル知らずに見せましょう。

スポンサードリンク

目次

1.基本のコンシーラーを使う正しい順番

ファンデーションの種類によってコンシーラーを重ねる順番が違うことをご存知ですか?

ファンデーション別のコンシーラーを重ねる順番と、基本的なコンシーラーの使い方をご紹介します。

リキッドファンデーションの場合はファンデーションの次

リキッドファンデーションの場合は、まずコンシーラーで気になる部分を隠してから、ファンデーション。ではなく、下地やリキッドファンデーションを塗り終えてからコンシーラーを使います。

リキッドファンデーションをしっかり肌に密着させてからコンシーラーを使うことで、より肌になじみます。

コンシーラーの後はベタつく感じがあるので、仕上げのフェイスパウダーなどを重ねてください。
コンシーラーが肌に密着し、境目が目立ちにくくなる効果もあります。

パウダーファンデーションの場合はファンデーションを塗る前

パウダーファンデーションの場合は、下地などをすべて塗り終えたパウダーファンデーションの直前にコンシーラーを塗りましょう。

コンシーラーの上からパウダー状のものを重ねることでより肌に密着し、コンシーラーを塗った境目が目立ちにくくなります。

液状のものやクリーム状のものを塗ってから最後にパウダー状のものを重ねるのが、ベースメイクの基本的な手順です。

コンシーラーは肌の状態をしっかり整えた後に使う

これはメイク全般において言えることですが、化粧水などでしっかり肌を整えた後にコンシーラーを使いましょう。

カサカサと乾燥した肌に塗ってもコンシーラーがきれいにのらずに、塗った部分が浮いたりシワっぽく見えてしまいます。

また小鼻やTゾーンなど脂っぽさが気になるところも、きちんと保湿をしてからコンシーラーを塗ること皮脂で崩れてしまうのを防ぐことができます。

メイクの仕上がりをきれいにするためにも、メイク前のスキンケアは念入りに行いましょう。

狙ったところに確実に塗れるブラシを使う

コンシーラーは気になる部分に、できるだけ少量にピンポイントで使うことが自然になじませるポイントです。
指よりも確実に細かい部分にも塗ることができる、コンシーラーブラシを使うことをおすすめします。

ブラシを使うことで肌につきすぎてしまったり、ムラになるのを防ぎます。

コンシーラーブラシを使った後はティッシュで軽く拭き取り、できれば月に一度中性洗剤や無水エタノールなどで洗いましょう。
汚れたブラシはメイクの仕上がりが悪くなるだけでなく、雑菌が繁殖してしまい肌のトラブルの原因になってしまいます。

スポンジで叩いてコンシーラーをしっかりとなじませる

コンシーラーを塗ったらスポンジで軽く叩いて、周りの肌としっかりと馴染ませましょう。
ドラッグストアなどで売られているような、安くてたくさん入っているスポンジを汚れたら使い捨てるのがおすすめです。

スポンジで叩くと、周りの肌と馴染ませてコンシーラーを塗った部分を目立たせなくするだけでなく、肌に密着させて崩れにくくする効果もあります。

ただし塗った部分全体をスポンジでなじませすぎると、せっかく乗せたコンシーラーも取れてカバー力が落ちてしまうので、塗った境目だけをなじませましょう。

仕上げのフェイスパウダーでコンシーラーの存在をぼかす

コンシーラーを塗った後には、仕上げにフェイスパウダーを重ねましょう。
特にリキッドファンデーションの後にコンシーラーを塗った場合、塗った部分が少しべたつきます。
フェイスパウダーを重ねて、表面をさらさらにしましょう。

フェイスパウダーを使うことでコンシーラーを塗った部分が自然になじむだけでなく、肌に密着させて崩れにくくなります。

2.色々なコンシーラーのテクニック

0bc885a341f70704d5da8a237b67301e_s

クマやシミなどの気になる部分の隠し方や、コンシーラーを使った色々なテクニックをご紹介します。

リキッドタイプコンシーラーで目の下のクマを隠す

目の下のクマを隠すには、リキッドタイプのコンシーラーがおすすめです。
目の下の皮膚は薄いので、固いペンシルタイプやスティックタイプのコンシーラーではなじみにくいです。

皮膚の薄い部分はリキッドタイプを薄く重ねてカバーしましょう。

一度手の甲に取り薄く重ねていくことでなじませる

コンシーラーは薄く塗ることが自然になじませヨレにくくするポイントです。
厚く塗り重ねるほど、塗った部分が目立って崩れやすくなります。

一度手の甲にとって塗る量を調整することで、ボテッと重くついてしまうのを防げます。
コンシーラーは気になる部分に薄く塗り、必要に応じて重ねるようにしましょう。

シミそばかすにはペンシルタイプのコンシーラーで直接カバー

はっきり色の違いが目立ってしまうシミやそばかすは、ペンシルタイプのコンシーラーでしっかりカバーしましょう。
ペンシルタイプは気になる部分に直接塗ることができ、他のタイプのコンシーラーよりもピンポイントでカバーできます。
そのため小さいシミやそばかすを隠すのに向いています。

大きなシミの場合にはリキッドタイプやクリームタイプがおすすめです。
暗いシミを明るい色で消そうとすると、かえって浮いて目立ってしまうので、ファンデーションや肌の色よりも少し暗い色を選びましょう。

小鼻の周りはメイクが崩れやすいのでクリームタイプのコンシーラー

赤みや毛穴が気になる小鼻は、皮脂の分泌も盛んでメイク崩れが起きやすい部分です。
クリームタイプのコンシーラーをしっかり密着させることで崩れにくくしましょう。

厚くコンシーラーを重ねるのはメイク崩れの原因になるので、ブラシを使って塗る量も最小限にしましょう。
塗った後はポンポンと叩いて、少ない量をしっかりなじませるのが小鼻の周りのポイントです。

動きのある口の周りもリキッドタイプでくすみを隠す

くすみが気になる口の周りは、口の動きに合わせて皮膚が動きやすいのでメイクが崩れやすい部分です。

乾燥や肌荒れが起きやすい部分でもあるので、固めのコンシーラーよりもリキッドタイプのコンシーラーをできるだけ薄くつけ、しっかりなじませましょう。

自分の肌より明るめの色を選んでほうれい線をとばす

年齢と共に気になるほうれい線は、肌より明るめの色を選び、ほうれい線の溝の暗さをとばしましょう。
筆ペンのように直接塗れるリキッドタイプがおすすめです。

ほうれい線に沿ってコンシーラーでなぞると、かえって浮いて目立ってしまうので、ほうれい線にちょんちょんと点でおいて、軽くたたいて馴染ませましょう。

メイク直しをするときにも、ほうれい線にファンデーションやコンシーラーを埋め込んでしまわないように注意しましょう。
ほうれい線にファンデーションなどが溜まると、溝をさらに強調させてしまいます。

ティッシュで皮脂を押さえ、コンシーラーを軽く塗り直してフェイスパウダーをふわっとのせましょう。

唇のラインを整えるのにも効果的

コンシーラーは唇のラインをくっきりと整えるのにも効果的です。
ぼやけがちな口角をコンシーラーではっきりさせることで口角が上がって見え、若々しい印象になります。

唇に使うコンシーラーは直接ブラシで塗れるリキッドタイプのものか、クリームタイプのものをブラシにとって塗りましょう。
口元はよく動いて崩れやすいので、柔らかい質感のコンシーラーを選びましょう。

口角に沿って、リフトアップして見えるように上げ気味にブラシで塗りましょう。
コンシーラーで口角の輪郭をとると、口角が上がって見えるだけではなく、口紅やグロスも映えて印象的な口元になれますよ。

ニキビはしっかりカバーできるスティックタイプがおすすめ

気になるニキビはスティックタイプでしっかりカバーしましょう。
固いテクスチャーのスティックタイプは、ピンポイントでしっかりカバーしたいときにおすすめです。

ニキビの上にブラシでコンシーラーを置いたら、コンシーラーの境目を指でポンポンと馴染ませます。
ニキビの上までなじませるとコンシーラーが薄くなり、ニキビがカバーできなくなってしまうので、ニキビの上はあまりさわらないようにしましょう。

3.自分に合ったコンシーラーの選び方

c15f1cdda1b1664b0ba350cbf63327c6_s

クリームやリキッドなどさまざまな形状や色味があるコンシーラー。だからこそ目的に合わせてぴったりの一つを見つけるのはなかなか難しいですよね。

目的別にどのようにコンシーラーを選べばよいかをご紹介します。

自分の肌になじむ色味を選ぶと自然な仕上がりに

クマやニキビなど隠したい部分はいろいろありますが、まずは自分の肌色になじむコンシーラーを選べば失敗しにくいです。

気になる部分を隠したいからと、自分の肌の色とかけ離れた色を選ぶとなじみにくく、かえってコンシーラーを塗った部分が浮いてしまうので気を付けましょう。

茶クマにはイエローやベージュ系を選ぶ

肌がくすんでいたり、色素沈着で目立つ茶クマには、イエローやベージュ系のコンシーラーを使いましょう。
イエロー系はくすんだ茶クマを明るく見せる効果があります。

目の下で皮膚が薄い部分なので、リキッドタイプがおすすめです。

青クマにはオレンジ系で色味を中和させて解消

血行が悪くなると目立ったり、目の下の皮膚が薄く青みがかって見える青クマにはオレンジ系のコンシーラーを使いましょう。
青の反対色のオレンジ系のコンシーラーは、青クマを中和させる効果があります。

目の下で皮膚が薄い部分なので、リキッドタイプか柔らかいクリームタイプを薄くなじませましょう。

シミそばかすには自分の肌より暗めでカバーすると浮かない

シミやそばかすは肌やファンデーションよりも少し暗い色でカバーしましょう。
茶色いシミやそばかすを明るい色のコンシーラーで隠そうとすると、かえって浮いて目立ってしまいます。

色が暗すぎてもなじまないので、普段使っているファンデーションの上から試して色選びをすることをおすすめします。

小さなシミやそばかすは固めのペンシルタイプでピンポイントにカバーし、大きなシミはクリームタイプでしっかりカバーしましょう。

ニキビはグリーン系のコンシーラーで赤みを消す

赤みが目立つニキビにはグリーン系のコンシーラーがおすすめです。
赤の反対色のグリーンがニキビなどの赤みを中和させてくれます。

赤く膨らんでいるニキビには、しっかりカバーできるやや固めのクリームタイプやスティックタイプのコンシーラーがおすすめです。
ブラシでニキビに乗せ、コンシーラーと肌の境目をなじませましょう。

ニキビ以外に頬の赤みが目立つ人にも、グリーン系のコンシーラーがおすすめです。

赤みの少ないニキビには自分の肌より明るめの色でOK

赤みの少ないニキビやニキビ跡には、肌やファンデーションより少し明るめの肌色で隠すことができます。

リキッドタイプやクリームタイプを薄くのせ、周りの肌となじませましょう。

肌の色みを隠したい時には反対色を使うとうまくいく

肌の色味が気になるときには、先程クマやニキビのコンシーラーを使った隠し方でご紹介したように、気になる部分の色みの反対の色を使いましょう。

青クマにはオレンジ、赤みが気になるニキビにはグリーン系といったように、反対色を使うことで気になる部分が中和され、うまくカバーすることができます。

まとめ

based-texture-1142094_640

意外と知らないコンシーラーの使う順番と使い方についてご紹介しました。

コンシーラーを使うと、ひと手間で肌の気になる部分がカバーできて、メイクの仕上がりが一段ときれいになります。
気になる部分を隠す以外にも、口角を上げて見せてくれたりいろんな使い方ができる便利なアイテムです。

たくさんの種類の中から選ぶのは難しそうですが、一つ持っていればいろんな使い方ができるパレットタイプのものや、ブラシいらずでそのまま塗れるリキッドタイプのコンシーラーが初心者の人にはおすすめです。

コンシーラーを使いこなしてさらに美肌に、悩み知らずな肌にみせましょう。

スポンサーリンク