Home / 結婚 / チャペルウェディングとは?

チャペルウェディングとは?

チャペルウェディングは、キリスト教の結婚式の段取りに沿って行われるのが特徴です。

チャペルは本来キリスト教の「礼拝堂」という意味で、教会などに併設されている小さな礼拝堂を指します。
ただし、日本でいうチャペルウェディングは、ホテルの中やリゾート地に結婚式のために建てられた挙式専用の施設を指すことが多いです。

披露宴なしで親族や親しい友人だけゲストとして招いて、挙式をしたいカップルに人気があるスタイルです。

スポンサードリンク

どんな形式なの?

海外の挙式でよく出てくる、長いバージンロードをボリュームのあるウェディングドレスを着て歩くということができます。
ステンドグラスや彫刻などの装飾が美しく、厳かなムードの中で式を挙げることができます。

祭壇の後ろの窓から海が見渡せたり、緑豊かなガーデンを眺められる自然の中でできる会場もあります。
開放的な雰囲気の中で挙式を行いたいカップルにも使えるでしょう。

どのくらいの費用が掛かるの?

チャペルウェディングの費用は、10万円〜20万円程度です。
式を執り行う牧師、BGMを演奏する聖歌隊や演奏者へのお礼のお金と、キャンドルやリビングピロー(指輪を置いておくクッションのようなもの)、結婚誓約書、チャペル使用料などがその内訳です。衣装やヘアメイク、ブーケ、写真の費用まで入っていることもあります。

大規模な結婚式会場で挙式を行うのに比べて、比較的費用を抑えてできるのがメリットです。

非日常の雰囲気の中で厳かに式を挙げることができますし、ウェディング写真もこだわりの一枚を撮ることができるのが魅力です。
非日常でありながらリーズナブルな挙式を希望するカップルに適しているでしょう。

どうやって選べばいいの?

会場を選ぶ時には、ビジュアル要素にだけとらわれる選び方は避けましょう

ついロケーションや外装、内装といった見た目に気を取られてしまいますが、重要なのは立地です。
リゾート地で挙式を行う場合、ゲストの移動手段などを考える必要があります。

交通手段が少ないのでは、ゲストが来るのは大変です。
自分たちの都合だけではなく、ゲストの移動手段や手間も考えておくことが大切です。
レストランが併設されていたり、披露宴もできるホテル内の会場だと移動の手間が省けるので、ゲストの負担を減らすことができます。

チャペルに入るゲストの人数はだいたい30〜40人が一般的ですが、もっと少なくして少人数ウェディングにすることもできます。

大勢を呼んで行うのではなく、本当に新郎新婦をよく知った間柄の親族や友人だけを呼びたいのであれば、少人数ウェディングが適しています。
人数が少ないと新郎新婦とゲストとの距離が近く、みんなに祭壇の近くから見守ってもらえます。
ゲスト人数が少ないほど宿泊や移動の費用や調整も楽になります。
子供連れのゲストなど、大勢の人たちと一緒の結婚式は居づらいというケースもあるので、この場合にも少人数は便利です。

どんな人がチャペルウェディングしているの?

30代を過ぎると派手すぎる結婚式は恥ずかしいということで、あえて少人数にする人も多くなります。
また、再婚や授かり婚といった事情があるカップルにとっても、少人数ウェディングは気兼ねなくできるのが魅力です。

演出で人気があるのは、挙式会場から退場する際にゲストが花びらをふりかけるフラワーシャワーです。他には定番のブーケトスも人気があります。
屋外でのセレモニーが許されている会場であれば、ゲストにバルーンを持ってもらい、最後にバルーンを飛ばすバルーンリリースもいいでしょう。
子供を参加させたいならば、リングがのったリングピローを祭壇まで子供に持ってきてもらうリングボーイ(リングベアラー)も見ていて微笑ましい演出になります。

色んな演出をして、ゲストとの一体感を味わうといいでしょう!


スポンサーリンク

Check Also

憧れの国際結婚までの道のり!国別の特徴解説と国際結婚の心得

海外ドラマや映画などに憧れて、 …